ご挨拶

テーマ:

今年は、壮年部に行くだろうと思っていましたが、壮年進出は、私の地域では全面凍結。私自身は、思いもしない立場を受けることになり、青年部最後の戦いに突入しました。副役職のまま男子部生活を終えると思っていましたが、そうはいかなかったようです。もう今年で40歳になるんですけどね。(笑)

誠に勝手ながら、毎朝御書及び教学関連の記事は、しばらくお休みとさせていただきます。復活するかどうかは、来年の夏以降に壮年部に進出できた時に考えたいと思います。そんなわけで、しばらくブログの更新は滞ってしまうと思いますが、今後も御書根本の姿勢で信行学に取り組んでいくことに変わりありません。


ともあれ、大聖人の仏法を、また創価三代の思想を学び尽くすには、人生は短すぎると感じています。

「譬(たと)えば鎌倉より京へは十二日の道なり、それを十一日余り歩をはこびて今一日に成りて歩(あゆみ)をさしをきては何として都の月をば詠(なが)め候べき、何としても此の経の心をしれる僧に近づき弥(いよいよ)法の道理を聴聞(ちょうもん)して信心の歩を運ぶべし。」

P1440 新池御書)


「此の経の心をしれる僧」とは、日蓮大聖人のことであり、御書に肉薄していくことによって、信心を磨くことができます。また、現代で言えば、御書を身で読み、不惜身命で広宣流布を進めてきた創価三代なかんずく池田先生が「此の経の心をしれる僧」と言えます。

臨終のその時まで師匠を求め抜くことによって、来世もまた創価三代の師匠にめぐり会えるのではないでしょうか。

共々に仏法探求の歩みを止めずに突き進んでまいりましょう。

今まで、いろいろとありがとうございました。

AD

御本尊への開眼5

テーマ:

法華講員との対話の番外編を紹介します。
私が、「御本尊には三十二相も心法も具わっているので開眼供養する必要はありませんよ」と御書を通して教えてあげたことに対して、彼らは、以下のように難癖をつけてきました。
「だったら、あなたの家の御本尊をコピーして、それが御本尊になるなら、どんどん作っちゃえば良いじゃないですか。何故、やらないんですか?」との難癖です。私が「自分の御本尊を実際にコピーしてる学会員なんていないのに、そんな話をしても意味ないでしょ。」と説明しても執拗に迫ってきます。御書では太刀打ちできないので、ここは一歩も引けないという感じでしょうか?
聞く耳持たない輩でしたが、誠意を持って回答させてもらいました。
「創価学会では、御本尊のことは会長に権限があると規定されています。ですから、一会員が勝手に御本尊をコピーして配ったりするのは、創価学会という和合僧の規律を破る破和合僧になるから謗法であり、誰もコピーなんてしないのですよ」と。
それでも、ごちゃごちゃ言ってきたので、こちらから逆に質問させてもらいました。
「それでは、あなたの家にある御本尊をコンビニでコピーして、そのコピーした御本尊に対して、法主に開眼供養してもらったら、御本尊になるんですか?」と。それに対する法華講員の回答は以下のとおりです。
「私たちは、自分の御本尊をコピーなどしません。そんな“仮の話”をしないでくださいよ。」
これを聞いて、皆さんは、どう思うでしょうか?
彼は、真剣な顔をしていたので、冗談ではなさそうです。さんざん、私に対して“仮の話”をしておきながら、自分が同じ内容で詰められると上記のような回答を平気でする。日顕宗など、所詮こんなレベルで、誠意もへったくれもありません。ちなみに彼は妙観講です。私の経験ですが、純粋な法華講員の方がもう少し、まともなように思います。
いずれにしても私たちは、これからも堂々と正論を語っていきます。御本尊を蔑む輩を許すわけにはいきませんから。

AD

毎朝御書572

テーマ:

本日の御書です。

「日蓮又ほうじがたし、しかれども又返すべきにあらず此の帷(かたびら)をきて日天の御前にして此の子細を申し上げば定めて釈梵諸天しろしめすべし、帷は一なれども十方の諸天此れをしり給うべし」

(P968富木殿御返事)


富木殿からの帷のご供養に大聖人も報いることができないと仰せになります。しかし、せっかくのご供養なので、返すべきではないと言われながら、日天に対して、この帷のご供養にまつわる子細を申し上げ、全ての諸天善神に知れ渡らせると仰せになります。事実、この帷は、富木殿のお母さまが丹精込めて作られたものでした。帷一つであっても大聖人にとっては、その奥底にある門下の思い、ご供養の精神を知るのに十分だったことでしょう。これが御本仏の大慈大悲の御心です。
残念なことに、日顕宗には、もはやその精神は全く流れていません。
創価学会も、この大聖人の御精神を絶対に忘れてはなりませんね。

AD

毎朝御書571

テーマ:

本日の御書です。

「仏返して告げて云く「汝が身をば誰か生みしぞや汝が母これを生む此の袈裟の恩報じぬべし」」(P968富木殿御返事)


比丘の問い掛けに対して、仏は次のように答えられます。「あなたを誰が生んでくれたのだ。あなたの母が生んでくれたのではないのか。であるならば、この袈裟のご供養は母に報いるべきであろう」と。
差別的な思想をくつがえし、恩に報いる生き方、道理を教えられます。
本来のご供養の精神とは、このように恩に報いる心から生まれてくるのでしょう。

毎朝御書570

テーマ:

本日の御書です。

「此の比丘、仏に云く「仏は此れ三界の中第一の特尊なり一切衆生の眼目にてをはす、設い十方世界を覆う衣なりとも大地にしく袈裟なりとも能く報じ給うべし、我が母は無智なる事、牛のごとし羊よりもはかなしいかでか袈裟の信施をほうぜん」と云云」(P968富木殿御返事)


尊い仏に供養すればこそ報いられるのであり、牛のように無智で、羊よりもはかない母に供養すべきとは、どういうことでしょうか?という比丘の問い掛けです。これが当時の常識的な考え方だったのでしょう。あまりにも差別的で悲しい発言ですね。創価学会が財務を始めた頃、宗門も同じような感覚で学会に対して「在家の団体が供養を集めるのは、けしからん」と批判したようです。浅はかで冷たい差別思想に凝り固まった宗団が日顕宗だと言えます。

毎朝御書569

テーマ:

本日の御書です。

「仏云く「袈裟はこれ三世の諸仏・解脱の法衣なり、このあたひをば我ほうじがたし」と辞退しましまししかば此の比丘申すは「この袈裟あたひをば、いかんがせん」と申しけれ」(P968富木殿御返事)


比丘が袈裟を売ってご供養しようとしたことに対し、仏は、「袈裟は、解脱のための大切な法衣であり、このご供養に報いることができません」とご供養を辞退しました。それに対して比丘は、「しかし、この袈裟を売って得たお金をどうすれば宜しいでしょうか?」と問いかけます。
果たして、仏はどのように答えられるでしょうか?


「仏の云く「汝悲母有りや不や」答えて云く「有り」仏云く「此の袈裟をば汝母に供養すべし」」(P968富木殿御返事)


仏は、言いました。「あなたにお母様はいらっしゃいますか?」
比丘は答えます。「はい。おります。」
それに対して仏は次のように仰せになります。
「ならば、この袈裟は、あなたのお母様に供養しなさい」と。
袈裟を売って得た尊いお金を誰に供養すべきかという話しが続きますが、仏ではなく、母に供養しなさいという仏の言葉に比丘は、大変驚いたようです。

毎朝御書568

テーマ:

本日の御書です。

「夫れ仏弟子の中、比丘一人はんべり、飢饉(ききん)の世に仏の御時事かけて候いければ比丘袈裟(けさ)をうて其のあたいを仏に奉る」

(P968富木殿御返事)


大聖人は、富木殿からご供養をいただいたお返しに、一人の比丘(僧侶)の物語を語られます。
その比丘は、飢饉で仏に供養するものが無かったため、自身の袈裟を売って、そのお金を仏に供養しようとしました。
ご供養の精神、また、ご供養を受ける側の御心に触れることができる御書ですので、数回に分けて、仏と比丘のやり取りを確認していきたいと思います。

毎朝御書567

テーマ:

本日の御書です。

「年は、わかうなり福はかさなり候べし」(P1135四条金吾殿女房御返事)
(年はますます若くなり、福運はますます重なっていくであろう。)


先生のご指導
「妙法を修行する人は、年をとっても若々しくなり、福運も、ますます積み重なっていく、と。大聖人の仰せに絶対に嘘はない。また、法華経では『不老不死』と説く。これも、たゆみない仏道修行によって『鍛えぬかれた生命』をいうのではないだろうか。釈尊は高らかに宣言した。『つとめ励む人々は死ぬことが無い。怠りなまける人々は、つねに死んでいる』(『ブッダの真理のことば 感興のことば』中村元訳、岩波文庫)と。そのとおりである。勇猛精進の人は、永遠の仏の大生命力を全身に漲らせていける。反対に、要領だけの、インチキの人間は、『生きながら死んでいる』のである。」(1998年1月8日)


要領だけになっていないか。自分自身を見つめなおしたいと思います。
そしてヤング男子部のように、若々しく戦ってまいりたい。

毎朝御書566

テーマ:

本日の御書です。

「而るにさえもん(左衛門)殿は俗の中日本にはかたをならぶべき者もなき法華経の信者なり、(中略)今は左衛門殿を師とせさせ給いて法華経へみちびかれさせ給い候へ」(P1135四条金吾殿女房御返事)


あなたの旦那である四条金吾は、俗の中でも日本に肩を並べる者もいない法華経の信者である。その四条金吾を師匠として法華経に導いてもらいなさいとの仰せです。
よく日顕宗は、在家信者を師匠とするなどけしからん。僧侶を師と仰ぎなさいと主張します。しかし、大聖人の仰せを見れば、分かるとおり、在家・出家の違いではなく、法華経の強信者であるのかどうか、行動者であるのかどうかが師匠とする基準です。日本で肩を並べる者がいない四条金吾を師匠としなさいとの仰せを見るならば、世界中で肩を並べる者がいない広宣流布の大指導者である池田先生を師匠と仰ぐのは当然の帰結です。
誰にも文句を言われる筋合いはありません。

御本尊への開眼4

テーマ:

以前、対話した法華講員は、「学会の御本尊に何が不足しているのですか?」という私の質問に対して、口を滑らせたのか「魂を入れるんだ」と言った後に、必死になって訂正し、「いや、目に見えない何かですよ。私には恐れ多くて、分からないとしか言えません」と逃げていました。法華講お得意の逃げ口上ですね。「分かりません」とか「勉強不足です」と言えば、許してもらえるとでも思っているのでしょうか?
“勉強不足”の人間がよく御本尊を誹謗できたものです。私が許しても、御本尊様が許さないでしょう。せっかくですから、魂について考察してみます。

日顕宗では、開眼供養によって果たして誰の魂を入れるのでしょうか?
日顕、日如の魂でないことだけは確かでしょう。もし、入れるとしたら、日蓮大聖人の魂ということになるかと思いますが、大聖人の魂とは何でしょうか?

御金言を確認したいと思います。
「日蓮がたましひを・すみにそめながして・かきて候ぞ、信じさせ給へ。仏の御意は法華経なり。日蓮が、たましひは南無妙法蓮華経に・すぎたるはなし」(P1124経王殿御返事)

つまり、大聖人の魂とは、南無妙法蓮華経以外にありません。
ご存知のとおり、日寛上人の御形木御本尊(創価学会の御本尊)のど真ん中には「南無妙法蓮華経」と書かれていますが、それでも彼らは、魂が無いと言い切れるのでしょうか?
ここまで説明しても強硬に魂が無いというのであれば、彼らは御本尊に書かれているものをたんなる文字としか思えていないということでしょう。大聖人が「文字と思食す事なかれ」(P469)と言われているにも関わらず、彼らは文字としか見えていない。結局、日顕宗は、その程度のレベルだから、祈りがまったく叶わないと言えるでしょう。

様々、見てきましたが要するに、日顕宗では“法主の有り難さ”を強調したいがために、すべてが満たされている御本尊に対して、“開眼供養”という形だけの儀式を執り行っていると言えそうです。
その証拠に創価学会の草創期に下付されていた御形木御本尊は、法道院という末寺で作られ、法主の開眼など無いまま、各末寺に発送されていました。
後年になって、日顕は、開眼供養の義を込めて丑寅勤行を行なっているので、本山を経由しなくても問題ないのだと“後だしジャンケン”のような主張をしています。温泉豪遊や芸者遊びなどで丑寅勤行をすっぽかしてきた法主がよく言うものだと思いますが、これこそ、法主が開眼供養しなくても(代理の人間が丑寅勤行を勤めることで)、事足りているという証拠になりますし、彼らの主張する開眼供養など、所詮その程度のものだということが分かります。
対話してきた法華講員も最終的には、御書によって、学会の御本尊をニセ本尊と証明することは、不可能だと認めていました。御書で証明できないのに、御本尊を偽物だと誹謗できる神経が私には理解できません。
日顕・日如を盲信し、日寛上人の御形木御本尊(創価学会の御本尊)を偽物だと誹謗し続けている末端の信者さんたちが本当に憐れですね。