漏れ鍋の奇跡。

~私の私による私のための妄想・幻想・真実日記~


テーマ:

教室内の、

唯一ならぬ唯二のノン自己採仲間が

いなくなってしまったからではありませんが。


ウエンツを探す

旅に出ます。


ああっ、地球の裏側で、

僕を呼ぶ声がするッ!

(幻聴です)


それでは皆さま、

ごきげんよう。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

そんなわけで。


世界第4位の製薬メーカー(万◎)の最終面接東京で受けてきましたよー!

うっきゃー!!((((((ノ゚⊿゚)ノ (気持ちテンションTA☆KA☆ME☆)


20日(木) 天気:横やりの雨のち何事もなかったよーな晴れ。


最終面接最寄りの駅、九段下くだんした)に行く際に、

ほんのり、申し訳程度に、奥ゆかしい感じに迷子になった時に、

駅員さんに、


僕「すみません、きゅうだんしたに行きたいんですが・・・」


駅員さん「は?何を糾弾したいんですか?」


と微笑ましいやりとりがあったことは、決して恥ずかしくない!

むしろ胸を張りながら宣言するッ!!


まぁ、僕の面接におけるモットーである、


女優であれ。ホステスであれ。


を、面接官に完膚無きまでに露出してきたので、悔いはなし!

結果なんて気にしない、気にしないー!

聞こえないー!わー!わー!わー!(耳を塞ぎながら


まじめな話、僕は、面接の際、


自分をいかにアッピールするか


ではなく、


人事の人の話をいかに聞き出すか


に重きをおいています。


営業も、調剤も、つまるところ、接客であるし、

やっぱおっちゃん達(人事の人)も若い人に話を聞いてもらえたら嬉しいじゃん?(じゃんて。)


極意は聞き上手にありッ!!


まぁ、自己分析も企業研修も出来ていない僕の、最大にして最終奥義。(つーかできてるかは謎だけど)


だから、面接時も、


へぇ~、そうなんですか!



ありがとうございます!勉強になります!


を多用。


トリビアのへぇ~ボタン化してましたよ!


うんまぁ、そうは云っても、最終用にちゃんと云うこととか考えてましたよ。


2次面接(最終一歩手前)であまりに

「MRの素質」について語れなかったのが悔しくて、

「最後に聞きたいことはありますか?」と云われたとき、

「あのすみません。MRに必要な素質ってなんですか?」

と恐れ多くも逆聞きした際の面接官の答えをまんまパクる気でしたから!

聞かれなかったけど(ちっ。)

しかも2次の時、面接官に若干嫌な顔されたしね!


ちゅうか、「文章書くのが好きです

って云ったら、

じゃぁ一分間時間あげるから、その魅力を僕たちに語ってよ

って云われたのありえないんだけど、ありえないんだけど!(星野卓也風に

ちなみに僕の答え:

「もし、私が、お二人(面接官は二人だった)の心を打つような言葉を云ったりしても、

その記憶はいつか薄れてしまいますよね。だけど、文章なら、その言葉は、永遠に残ります。

その点がすばらしいと思います。」

・・・うん、一分間も話せないから!


まぁ、くらげのごとくへらへらと面接を受け、

仲良くなった他の面接仲間と靖国神社参拝して、

渋谷で、ギャル系の聖地109にスーツ姿二人で踏み入れて菓子箱の中の乾燥剤のよーに浮きまくって、

泊めてもらう予定のいとこのおにーさんと合流して。


ばたばたと急がし楽し♪

で一日目は終了しました。


んなわけで続きます。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

そんなわけで。


孤島の大都会、世界の中心地、なぜか21歳3度目のTOKYO

20日朝からオトナの修行をしに行って参ります。


何が人生舐めきっているかというと、

未だに準備が整っていないことでしょう。

(ただ今20日;午前1時20分)


帰福したとき、

ネオな感じのわたくしになっておったら幸いです。


では皆様、ごきげんよう!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

4日(金):晴(だったらしい。)


おれは、お前だけのものになるつもりは、ない


知っていた。それを知っていた上で彼を自分のものだけにしたかった。

彼は、多くの人に愛されるべき存在なのだ。


もし、「待って」という言葉を自分の口から漏らしたとしても、彼を引き留めることは不可能だということは分かり切っていた。

彼との関係を成り立たせているのは、「愛」という陳腐なものではないのだから。


視界が歪み、熱いモノが頬を伝う。

それでも、彼は去っていった。

それが始めから決まっていた法則であるかのように。

まるで何事もなかったかのように。


その後に、私は、ただ、立っていた。財布を握ったまま立っていた。


・・・・・・。

そんなわけで。


諭吉さん、お願いだから、戻ってきてええぇぇぇぇぇぇぇぇ!(シャウト)

いや、この際、一葉さんでも、英世さんでもいいですから!!


財布の中を見たとき、思わず、「愛の劇場~諭吉さんと私~」とかゆーショートストーリーが流れてしまいましたよ!


・・・うん、嘘です。


今回の旅行のキャッチフレーズ(その2)は、


とりあえず、を満たせ。


だったから、(めずらしく?)消費(格好良く云うなら「自分に投資」)しまくりました。


そのお陰で、美味しいモノいっぱい食べれたし、色んなトコ行けたし、色々勉強になりました♪


だから、睡眠欲まで満たしてしまったのは、その延長です♪

朝起きたら実は夕方4時だったのも、その為です♪

納得しろ!納得するんだ自分!!(泣きながら)


そんなわけで、この日は「東京タワー」に行ってきました!


福岡在住系の皆さん、福岡タワーって知ってます?

あ、知ってますか。失礼しました。

あれのカタチって、単純に云うと。

四角錐の上からアンテナ、生えてる。

ってやつですよね?


では、「東京タワー」は?


上のスキンを見てもらったらわかるんですけど、

三角錐の下から足、生えてる。

ですよね。

例えるなら、「カメラのスタンドがおっきくなった」みたいな。


・・・それがですね、真下から、東京タワーを見たら、ものごっついことに気が付いてしまいました。


東京タワー、意外と足、開いとるーーーーーーーー!!!∑( ̄口 ̄;)!!!


いや、思ったより、彼、開脚しとるとです!!(180度くらい?)

まじで、まじで!!
あの角度、本気で、びびった。
井上マーが普通の髪型して、普通の格好したら意外と可愛いことに気が付いた時」くらい、びびった。


ついでにタワー内のカップル&親子率の異常な高さにもびびった。


タワー内でいちゃついている外国人カップルの足の長さにもびびった。


実は、せっかく連れて行ってもらったのに、こんな感想しかもてない自分に一番びびった。

ごめんね!生きててごめんNE☆
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

3日(水):晴(お昼休みはうきうきウオッチング♪←いや新宿「アルタ前」で待ち合わせしたものだから。)


時間は、立ち止まることなく、僕らを迎え、抱きしめ、そして通り過ぎていく。

その流れを、誰もとめることはできない。

「今」という瞬間は「今」しかなく、二度と僕らが掴むことが出来ない。


その「今」を凍結し、永遠に残すことが出来たなら。


それは人類の共通の夢であり、一部のスペシャリスト-絵描きや作家達-の仕事である。


また科学者は、物理的には不可能としても、それを「見る」ことで、「今」を思い出すことが出来る方法を模索した。


そして、現代、僕らは「写真」というカタチで「今」を残すことを確立した。


・・・・・・。


そんなわけで。


「ルミネ・ザ吉本」で「チュートリアルフレーム」プリクラ撮ったーーーーーーー!!!!(≧∀≦)☆★


これは、色んな吉本の芸人さん(レギュラーとかオリエンタルラジオとか)がフレームになっているプリクラなのです。

いやさ、お前さん、これは鼻血ものだってばよ!!ひゃっほう♪


画像は悪いんですが、テンションだだ上がりでしてよ?あたくしったら!

あのテンションで、きっと僕はスーパーサイヤ人3位には確実になれると、僕は、確信した。

(もちろん一緒に撮ったYちゃんは軽くヒイてましたYO☆)


おにーさんともプリクラ撮ったけど、それもあわせて、これは永遠の宝物です!!

てか、家宝?ねぇ?家宝かな?やべえ、これは遺言書を書き直さなくては!!


あとは、(時間の関係でお笑いライブ自体は見れなかったんですが)、築地でお寿司食べたり(やっぱパック寿司とは違うよ!)、お台場冒険王再び(色んな意味で自主規制。)だったり、コップ半杯のカルちゅーでべろべろになって電車の中でたったまま寝るという快挙をなしとげたり。


幸せでした♪


残念だったのは、東京在住のノックアウト友人達に会えなかったことかしら。

今度は事前にちゃんと連絡するね!!


(ほら、見てご覧なさい!あたしだってやれば普通の日記書けるんです!・・・いや、コメントしづらいと指摘されたもので/笑。)


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

そんなわけで。


東京に!


行ってきました!!


~警告~

今回の日記にはやむえなく、多少の妄想、幻想、虚偽、偽造、真実、その他色々含まれている可能性があります。

疑問点等は遠慮しながら個人的に本人に問い合わせてください。

諸事情により、コメント、トラッシュバック等を拒否させていただきます。


2日(水):晴れ(秋ってなんだか切なくなるねん、って云いたくなる気温)


本当は、2日の昼間の飛行機に乗るはずだったのが学校が配属教室(文系のゼミみたいなもの)説明会とか急に言い出すものだから急遽夜の便に変更。

お陰で飛行機会社にキャンセル料ぼったくられました。

なんつーか、これ、学校側に要求したらキャンセル代もらえませんかね?


まぁ、他にも、行きがけの家からのバスにいきなり乗り遅れたり、一つしかターミナルのない福岡空港で軽く迷子になったり、くそ重たい教科書(辞書並み)を間違って荷物の中に入れてしまったぐらいではめげませんから!

僕、強い子ですから!(泣きながら)


あー、前も書きましたけど、飛行機の離陸する瞬間って、本当にぞくぞく しますよね!

めっちゃテンションあがる。あのGがたまりません。ひゃっほー!!七面鳥撃ちだぜみんなー☆★みたいな?一人で乗ると、そのテンションを自分の中にとどめなきゃいけないから、ツライ。


そんでもって、結局羽田に着いたのは夜遅く。

そこから大都会の中心地!若者の街!SIBUYAまで、従兄弟のおにーさんに迎えにきてもらいました。


渋谷の駅から徒歩3分の東京人の定番の待ち合わせ場所。ハチコウ。渋谷駅からそこまでたどり着くのに、5人に道を聞く、というスペクタクル田舎臭まるだしで向かいます。重たい荷物を抱えて。(笑うとこだよ!)


やっとハチコウにつく田舎者。それだけなのに男泣きに泣きそうです。我、任務、成し遂げたり!

だって後は、何も考えずおにーさんの後をついて行けばどーにかなるもの!なるもの!

だけど、おにいさんはもう少し時間がかかるらしい。

(渋谷にはいるが、友達と遊んでいたため、そこからハチ公まで直行する、とのこと。)


しかし、


今から行くよー、もうちょっと待っててね!


というメールを最後におにーさんからの連絡が途絶える。


それから。

5分経過。:人の多さに挙動りつつも109の巨大スクリーンに感動する田舎者。

      うんうん、やっぱ、この巨大画面を見ると東京にきた、って感じがするわ♪


10分経過。:周りを見渡す余裕の出てきた田舎者。

      つかここ、カップル率高くねー? 男「わっ!」女「きゃっ!・・・もー、タカ君かぁ。驚かせないでよー」男「悪い、悪い(笑)」と待ち合わせているカップルの女性に肩ぶつけられて多少空しくなる。しかもぶつかったの女の方なのに、なぜか男に謝られる。なぜにー?むなしさ助長。


15分経過。:景色を見るのも空しくなってきた田舎者。

     どなどなどーなーどぉなー。田舎者がいーくーよー。(いくよー)というメロディが脳内でエンドレスで流れ始める。おにーさん、遅いなー。どうしたのかなー。


20分経過。:ぱにくる田舎者。招集狼狽。上から下への脳内大騒ぎ。

    ぎゃー。これはおにーさんに騙された!つか、にーさん冗談だと思ってるよこれ!冗談じゃないから!ちゃんと来てるよ、僕、東京来てるよ!!一人にしないで!いやああああ!!


まぁ、結局、かなり本気で、ここ数年連絡をとっていない東京在住の友達に「今日泊めて!」を連絡とろうとした時におにーさん、現れましたけれども。(後は「送信」ボタン押すだけだったもの!)

半分半泣きだったことは否めません。(最初からおばさんとかに連絡とれよ。)


そんなわけで。

東京初日は、

とうとうロンブーが素人にまでブラックメールを打つようになったのか。

という疑念と、

それならば素人らしからぬリアクションとってくれるわ!」

という決意をする

人生でなかなかない経験をいたしました。

(綱渡り人生と呼んでください。)


まぁ、ちなみに今回の旅のキャッチフレーズは、「後先考えずに、つっこめ!」だったので、これくらいの始まりがちょうどよかったんでしょうなぁ。


ちゅーことで、つづく!(のか?)








いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

7日(日);晴(朝~夜)


出演:あきのり&育子


あきのり「古人はかくもうされました」


育子「唐突だなぁ」


あきのり「ファンタジーに入りては、ファンタジーに従え、と」


育子「はじめて聞いたよ」


あきのり「この日は東京ディズニーシーに行ったんだ」


育子「へぇ」


あきのり「あれ?『千葉にあるのに東京かーい!!』っていうつっこみはなし?」


育子「そんな今更」


あきのり「まぁあれは『象徴としての東京』だからいいんだけどね」


育子「なら云わなくていいじゃん」


あきのり「晴れ渡った空に楽しいアトラクション、可愛らしいディズニーキャラクターたち」


育子「面白そうだね」


あきのり「まさにそこは秋葉系の人たちの天国だ、と確信したよ」


育子「いや意味分かんない」


あきのり「そこはディズニーワールドだから、やっぱりディズニーグッズが沢山売ってるわけで」


育子「ああ、お菓子からTシャツから文房具からキッチン用品までなんでもあるよね」


あきのり「その中で最たるものは『耳用品』だった」


育子「耳?」


あきのり「うん、英語にするとイヤーズ。フィンランド語ならコルヴァ」


育子「わざわざそんなコアな言語になおさなくても」


あきのり「世界陸上に便乗したんだけど」


育子「いいから」


あきのり「ミニーちゃんの耳用品だよ」


育子「耳用品」


あきのり「そう、いわゆる、『ネズミ耳』というやつさ」


育子「いわゆると云うほど一般的ではないよね」


あきのり「装着することにより、ミニーちゃんになっている気分になれる変装グッズさ。

これにより、よりディズニーワールドを楽しむことが出来る。

さらに今時の『ネズミ耳』はカチューシャの上にミニーちゃんの耳がついているのではないんだ。

ミニーちゃんの耳がついているヘアピンが2個で1セットとなって売ってる」


育子「カチューシャ流行ってないからかな」


あきのり「よりリアルにその女性自身から生えているように見せるためだ」


育子「その自信はどこからくるの」


あきのり「さらに」


育子「まだ続けるの」


あきのり「『お洒落キャットのマリィちゃんの耳』も売ってる」


育子「『白ネコ耳』?」


あきのり「うん。ディズニーシーは『白ネコ耳』を装着した女性が大多数闊歩していた。さも当たり前のように。堂々と」


育子「ディズニーシー行ってそんなことに着目してるの君だけだよ」


あきのり「『日本一ネコ耳の多いランド』に改名していいと思う」


育子「そろそろ謝った方がいいよ。各方面に」


あきのり「『ネコ耳大好き☆』という多少変わった性癖をもったヒトたちにお勧めするよ」


育子「ちなみに個人的理由により『萌えー(≧∀≦)!!』という単語は使いません」


あきのり「この『白ネコ耳』のすごいところは」


育子「うん」


あきのり「ディズニーシーから一歩でたら、『ディズニーグッズではなくただの白ネコ耳になってしまう』ところだ」


育子「もうどうツッこんでいいのかわからないよ」


あきのり「そんなわけで君もこれを着けるといいよ。」


育子「結局買ったんだ。っていうか手渡されても」


あきのり「ファンタジーに入りてはファンタジーに従え、だからね」


育子「後々のことも考えてから購入しようよ」


あきのり「ただ困ったことに今の僕には使い道が見つからない」


育子「君だけじゃなくて普通日常生活じゃ使用しないよ」


あきのり「そんなわけで、友人に無償で貸与しようと思う」


育子「どこからその発想が湧いてくるの」


あきのり「名前と、期間と、使用目的を明記の上、こっそりと(或いは堂々と)、僕に連絡をして欲しい」


育子「使用目的を明記、ってあたりが人間として卑しいなぁ」


あきのり「ああ、ディズニーワールドって素晴らしいよね」


育子「あんま説得力ないよ」


あきのり「そうかな?僕ほどディズニーを愛してやまないひとはいないよ」


育子「とりあえず病んでることは確かだね」


あきのり「初恋はスナフキンだからね」


育子「それムーミンだよ!」


あきのり「ミナ テュッカーン ムーミスタ!(ムーミンが好きだ!)」


育子「もうフィンランド語はいいから」


あきのり「おやすみ」


育子「おやすみ」


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

6日(土);晴(朝~夜)


まぁいろいろとあったおかげで前夜はあまり睡眠をとれなかった私とYちゃんは

「やっぱ時代は癒しでしょ」ということでお台場の「大江戸温泉物語」へひとっとびしました!


ここでは地下4000mから湧き出る天然温泉の他、露天風呂など全13種類の風呂が入り放題です。

風呂上がりには浴衣に着替えて敷地内にあるミニ江戸(縁日?)も楽しむことができます。


ああ癒される・・・。日本人に生まれてよかったとです・・・(悦)!


ちなみにこの日の夜、「お台場冒険王」にもいってきましたよ。

まぁ、どこもかも閉店してたので、夜のお台場散歩ってのが正しいですが。

(お台場ってのが分からない福岡在住系の君!概ねマリノアとか百道浜あたりを想像するがいいよ!)


ゴーイングメリー号の出発を見つつカップルをなぎ倒しつつ


ああ麗しき女二人旅。


っつーか同姓二人でこんな夜景のきれいなお洒落な浜辺を散策している僕らの方が、


真の お台場 冒険王 だと 思う。


・・・はーい、これが云いたかっただけですよ!

ごめんね、ここまでひっぱってごめんね☆(めいいっぱいかわいく)


・・・続きます。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

5日(金);晴(夜)


多くの女性が憧れるもの。

その一つに「ローマの休日」が挙げられるのではないだろうか。

オードリー演じる王女様が一日だけ身分を隠し、一般人として一般男性とデートするロマンチックなストーリー。


また多くの男性が憧れる(た)もの。

その一つに「ウルトラマン」や「戦隊もの」などの「ヒーロー」ではなかろうか。


これらの共通点は、「普段の自分を隠す、という非日常性と変身願望」であると思う。


その願望は、誰しも持っているし、憧れることは否めない。


そんなわけで。


初日夜はSIBUYAでナースの卵×3とノックアウト大学の男子大学生×4との異種間合同コンパに飛び入り参加ですよオーライ!!IYAAAA!!


ええ、もちろん、福岡(ってゆーかほぼ佐賀)在住ってのは内緒です極秘ですシークレットです!

(私以外は全員ちゃんと東京在住。)


これは「誰しもが持つ非日常性への憧れと変身願望」ってやつですからね!

器用に納得しましょう。


「どこの大学~?」

「どっかの薬学部だよ」

「分かった!×××大学(関東有名私立大学)だ!」

「おしい(あと1000キロ西やけど)!」
 

ってな問答を何回繰り返したことか。


ちゃんと福岡弁も隠してましたよ。これでももと演劇部です実力発揮です面目躍如です。

例)

 「~やないと?」→「~じゃないの?」

 「~やけんね~」→「~だからね~」

 

てか途中で、僕、正体を明かせない正義のヒーロー気分だった。

世界の平和は俺の手にー!」とか思っちゃったもの。熱かったもの。


飲みに行った後のカラオケで、ノックアウト大学の一人のポルノにめろめろどっきゅん(古)になりながら、

2コ下の10代の男のコの可愛さにくらくらきながら。

(ノックアウトにノックアウト。って全然うまくない。)

戦うナース(女性陣は全員自衛隊所属)というキャッチコピーに脳天を砕かれながら。


都会のヒトはやっぱ洗練されとるのう・・・と首都の初夜は更けていくのでした。


追伸:ちなみに諸事情によりこの日はホテルではなくネットカフェに泊まりました。

    初めてのネットカフェだ、わー!・・・って、うん。

    カップルでご利用するそこの君!お前だよ、お前!

    周りに迷惑だから止めなさい。止めなさいったら止めなさい。今すぐ。

     

    まぁ、とりあえず、10年ほど気になってた「赤ずきんチャチャ」の最終回を読めたから、オーライ!

   

  

追伸の追伸:ちゃんと最後に皆様には正体明かしましたよ!

        男性諸君の微妙な反応が面白かった。


次回予告:☆恋する東京日記VOL3☆~ノリの神が来たりて罪をなす~ 

        (何か、普通の日記になっていってますな、ごめんなさい)    







いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

そんなわけで。

ただ今です!

福岡(しかも佐賀より)の田舎者が大都会、東京まで行(生)きました!

4泊5日の旅、始まりです!

(この日記は適当人間な私の適当なお願いを全て叶えてくれた、東京在住の高校からの親友、Yちゃんに感謝してキーボードを打ちたいと思います。)


☆恋する東京日記VOL1☆~終わりは悲しいけど始まりは楽しい~

 5日(金):晴(朝~夕)


お昼12時。福岡空港出発。

ってかまず福岡空港で迷子になりかけましたよ!

ああ先行き不安。

誰かあたしにカーナビ機能プリーズ(結構切実)!


お昼2時。さくさくっと羽田に到着。

(どーでもいいですけどなんで飛行機の離陸の瞬間ってあんなにテンション上がるんでしょ?)

東京在住の高校からの親友、Yちゃんがお迎えに来てくれました。


そのまま渋谷へ。

はわわわわわ!!皆さん!!

あの噂の「ハチコウ」ですよ?!

「モヤイ像」ですよ?!

「SIBUYA109」ですよ?!

なんかトリビアとかでよく見る!!

一気にテンションも上がるってもんよわっせろーい☆

(ああ不審者。)

しかも全国津々浦々から来る田舎者がまず罠にかかるという有名ショッピングセンター、


OIOI


に連れて行ってもらいました!

はーい、今「OIOI」を「オイオイ」と呼んだ目の前のお前!

田舎者だなざまーみろ!

正解は「マルイ」だぜ!

勉強になっただろ、HAHAHA!


ってこのままのハイテンションで書くのが困難なため、続く!


次回予告:☆恋する東京日記VOL2☆~今後の非生産性と目の前の享楽性に揺れるヲトメゴコロ~

(内容は一部変更してお送りすることがあります)



いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。