漏れ鍋の奇跡。

~私の私による私のための妄想・幻想・真実日記~


テーマ:

異性にもてる要因として、

セオリー通りではあるが、


ギャップ


というものが挙げられるだろう。


例えば、

さばさばした女性が、実は家庭的であったり、

遊んでいるばっかりに見える適当男が、意外と仕事出来るヤツであったり、

不良が、放課後、体育館裏にいる子猫にそっと餌をあげていたり。


今流行のツンデレも、

「皆の前では、そんなことないが、自分がいるときだけ、たちまち可愛い娘になっちゃう」

というギャップに起因している。


特に、全くこれっぽちも予想していなかった事象であればあるほど、

相対的にこのギャップ効果はすばらしく大きくなるだろう。



さて。

先ほど。

23時30分。

電車の中にて。


僕は勉強もせずに遊び、帰路についておりました。


ガタンゴトン。

単調な音と単調な景色と共に、電車はぐんぐん進みます。


ふとお向かいさんの席を見ると。


これまたびっくり。

もこみ○に似たイケメンが座ってらっしゃるじゃありませんか!


おおー。似ておるわい。

スラリとした体躯。ほどよく焼けた肌。

切れ長の目。美しい鼻筋。

どれをとってもぱーふぇくっ!

僕もあんたみたいに生まれたかったッ!!


犯罪ぎりぎりの予感がしながら、それをガン見しておりますと。


それは。

かこーんと。

寝てしまいました。


白目を開けて。


しかも、よく見たら、Gパンのチャック開いてました。


予想GUYーーーーーーーーーッ!!!


え?これギャップ?

僕はFALL IN LOVEしなくちゃいけない場面ですか神様。


あわあわと挙動不審しておりますと。

はす向かいの乗客(サラリーマン)に不審な目でみられておりました。


うん。色んな意味で美味しいです。


ごちそうさまでした。(泣)



ば、ばかっ!

イケメンなんか見てなんかないんだからっ!!(せいいっぱいのツンデレ風


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

前略、ご友人一同様。


昨年度の目標が、

スタイリッシュかつクールかつドライ

だったので、

本年度の目標は、

エレガントかつセレブかつロハス

かな、と思う今日この頃、皆様におきましてはいかがお過ごしでしょうか?


いやまぁ、

もうすぐ誕生日なんですが。

今年は引きこもってやる!!

と息巻いていたところ、

本日、

誕生日、遅くまで実験いれといてあげるね♪

と直属の先輩に素敵笑顔☆で言われました。

ありがとう先輩!ありがとう神様!


僕には、引きこもる権利すらないようです。

つーか元々普通に学校なんですが。)注;本当にありがたいと思ってます。


さて。そんなわけで以下本日の日記。


朝の眠い時間の満員電車の中。

少々チェケラッチョ気味な高校生らしき少年二人が僕の目の前で会話しておりました。


少年A 「お前、とうとう入れたんだって?」


少年B 「そうなんよ!やっと大人になれたとって!」 ←朝用の話題?


少年A 「いいなー。俺、まだ。 痛くなかった?


少年A 「あー。最初は。でも慣れた。」 ←イタイんだ。知らなかったです


少年A 「すっげー!俺も早く入れてー!ねぇ、今日は?」


少年B 「おう。朝から入れてきた。」 ←若さってすばらしい。


少年B 「でもこの前、入れたまま寝ちゃってさぁ。」


少年A 「え?それ危なくね?」


少年B 「大丈夫やろー」 ←無責任ー!



・・・・・・・ってうん。

よくよく聞いてたら、コンタクト の話でした。


はいはい。一度ゲッヒンズの谷を転がった人間がそうそう簡単に

上品な元の世界に戻って何てこれませんて。


うん、人生は楽しいアルヨー。

棒読み口調で


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

福岡市美術館にて、ポーラ美術館の印象派コレクション展を鑑賞してきた。


モネ、セザンヌ、ドガ、ゴーガン、ゴッホ。

世界の名だたる印象派の本物の絵画が今、私の、目の前に。


彼らは、「一瞬の美」を一枚のキャンヴァスに捉え、「永遠の美」にした。


その紙切れ一枚で、もしくは、筆の一降りで。

風のなる音、もしくは耳鳴りのするほどの静寂、

光の、熔けるような暖かさ、もしくは全てを凍てつかせるような冷たさ。

生命を彷彿とさせる春の川のせせらぎ、夏の若草のどこか力強いそよぎ。秋の夕方の雲の流れ。冬の夜陰に消えていく蒸気。

暖かい人肌の温もり。冷たく堅い金属の感触。

そして、愛、喜び、悲しみ、諦観、怒り、嫉妬、切なさ、痛み、

などといった人間の感情ですら表現してしまう。


それは、正に「神の仕事」以外のなにものでもない。


その中で、私が惹かれたのは、


ルノワールの裸婦画


何て美しいのだろう。


全てを包み込む様な優しい造作。

透き通る様な白い肌にほんのりそまる桜色の頬。

優雅に、しなやかに伸びる手足。

軽くウエーブのかかった豊かな金髪。

ぷっくりとした薔薇色の唇にかすかに微笑をたたえ、まっすぐ何かを見つめている。

その肌から今にも血液の流れが見えてきそうだった。生命力に溢れていた、と言い換えてもいい。


それは「女性の美しさ」の集大成といっても過言ではないでなないか。


「女性とは、何て 美しい生き物だろう。」


私は、その絵を30分ほど見つめていた。

はっきり云うと、魅了されてしまった。

できることなら、この絵をずっと見ていたい。

そういう思いに駆られた。


さて。

そんな美術館からの帰り。


電車の中にて。


向かい側(注:ロマンスシートじゃございません)に座ったおねーさんの黒いスカートから

ちらりとのぞくおみ足が大変麗しゅうございましたので、

思わず、凝視してしまいましたところ、

めちゃめちゃ不審な目で見られました。

やったぁ☆(無意味にガッツポーズをとりつつ


~warning~

男性諸君、見つめるのは、2次元の世界と、自分の彼女だけにしといたほーがいいっぽいよ!

気をつけてね!おねーさんとの約束だよ!


あ、関係ないですが、電車の中で、足をきちんと閉じて座っている女の人は

とても好感がもてます。

いい感じです。

もう何がなにやら



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

愛情」は朧気で、不定形で、曖昧だ。


自分だけでなく、

自分と他者。

この二つが存在して、始めて成り立つモノだから。


「他者」を明確に分析し、

「他者」が求めているモノを理解し、

その求めているモノを正確に実行する。


その能力がある人間が、

つまりは

「モテる」

ということなのだろう。


だが、しかし、他者が求めていることは千差万別であり、

100人いれば100人とも得てして同じモノはない。


そのモノの条件が偶然合致し、

偶然タイミングが重なったとき、

ヒトは愛情を育むことになる。


ここで、「愛情の育み方」に

正誤は存在しない


それはただ、二人の思考や嗜好の問題だからである。


・・・・・・・。

うん、それは分かっているけど、


そこの見知らぬカップルよ


電車の中でいちゃつくのはやめて下さい。


なかよさげに、彼氏の髭とか抜くのお止しになってください。


こっちは実験で疲れてるんです。

鼠の脳をみっつほどくりぬいた帰りなんです。


うん、向精神薬とか投与してやりたくなった。

もしくは彼氏の膝に座ってやろうかしら。


・・・・・・。

そんなわけで。

こんな病んでるあたしに誰か愛情とか注いでくれるとよいと思うYO☆

いっぺん自分の方が脳くりぬかれろよ



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

であります。


町行く人々が皆、クリスマス、つまり商業主義に華麗に踊らされております。

僕たち、みんな、社会の歯車なんだ!青春アミーゴォ☆

って。

何か懐(ふところ)とかすっげー寒いし。

バイトも出来なさそうだし。

物理的にも寒いし。

(ところで、この時期小中高でやらされた持久走は、自分いじめによって快感を得ることの出来ない私にとって、国民的狂気としか思えませんでした)


寒い寒い寒い。

ちゅーか、痛い。


懐の暖かさ=心の余裕


と、この二つがマジにもうダイレクトに直結する僕にとって、


金欠。


というのは、忍び難きに忍び、耐え難きに耐えるものであります。


でも、だからといって、愛する我が友人や家族に八つ当たりする訳にはいかんじゃないすか。


心の狭いヤツ☆だなんてレッテル張られちゃうじゃないですか。


そーゆー場合はどうするか。


カラオケだのショッピングだのスポーツだの。


人によって、「いらいらしたときの対処方法」は様々でしょう。


でもどうしても、「人に八つ当たりしたい時」ってあると思います。うん。僕はある。(どーん)


ちなみに、

僕の場合は、仮想敵国を想定します。

それに怒りをぶつけてしまうのです。


レッツビギン☆


・・・さて。


本日、そこそこに混んだ帰りの電車にて。

寒さにイライラしながら僕が立っていたら、

目の前におばちゃんが座っていました。


いやまぁ。

それはどーでもよいのだけれど。


そのおばちゃんの左横(つまり僕の右手側)には、


すっげーホスト並みの麗しいイケメン が座っていらっしゃいました。


反対側つまりおばちゃんの右側には、


鼻息も荒く、電車男って実は僕なんですぅ!と云わんばかりのばりばりヲタク系男 が鎮座しておりました。


両名とも文庫本を熱心に読んでいます。

でも、とても「同じこと」をしているとは思えない。


・・・。

・・・・・・。

・・・・・・・・・。


誰じゃい。

人類皆平等」なんて云ったヤツ。


生まれつきの容姿ごときでここまで他人様に与える印象全く違うやんか!!

おんどれがそんな無責任なことぬかしたって遺伝的に否定されとるやついっぱいおるんじゃ!!

お前なんぞデスノートに名前書いてポイしたるわ!!


・・・なんて「仮想敵国」に対して八つ当たり。


・・・うん。全く生産性ない。

まぁ、でも、したかないよねー。金欠だもん☆心の余裕が無いんだもん☆

(心の狭いヤツとレッテルを貼られながら




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

最近の若者ってやつは!


この言葉が嫌いです。

青春の終わった自称社会派コメンテーターが若者だたきにのためによく使う台詞ですが、若者の若さに対する嫉妬以外のなにものでもありません。



さて。

帰りの電車の中にて。


お向かいの席に座っていた中学生くらいの女の子二人がおしゃべりしていました。


女の子A「でさーうるるん滞在気候みたいのしたいよねー。」


女の子B「あー。したいしたい。じゃぁさー、どんな国に行きたいー?」


女の子A「うーん。っぽい国かなー。」


・・・・・・


女の子B「わかるわかる!!岩っぽいのってどんな国かなー。」


女の子A「うーん。モナコとか?」


・・・・・・・モナコの方々に謝ってください。


女の子B「あ、確かにー。ちょっとゴロゴロしてるよねー。」


何がですか。

(モナコ、コンタクト疑惑)


女の子A「あ、間違った!モコナだよー!」


間違ってませんから。


女の子B「そっか。モコナかー!」


確かにそんな漫画ありましたけど。


女の子A「でさー、最近あれやっと見た!」


話題を変える前にするべきことがあると思います。


女の子B「えー?何見たのー?」


女の子A「えっとー。なんだっけ。そうそう。ァイティングニモ!!」


戦っちゃうんですね。(ベタベタたです。)


女の子B「あー、私もそれ見たー!」


いえ、決して見てないと思います。


女の子A「すごい感動したよー!」


確かにどこぞの狂言師よりかは視聴率とれそうですが。

(必殺技:空中クマノミチョップ。)



女の子B「でさでさー・・・!」


☆その後少女二人の会話を約30分聞き続けた総評☆


・・・・・・最近の若者ってやつは。

                       完。




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

メタボリック・シンドローム(代謝症候群)


生活習慣病といわれる「高血圧」「糖尿病」「高脂血症」はいずれも自覚症状がない事が多く、軽視されがちな病気である。
しかしこれらの病気が重複すると、動脈硬化を促進し、致命的な脳卒中や心筋梗塞などをひきおこしやすくなる事がわかっている。
こうしたリスクが重なって存在する病気は、最近ではメタリック・シンドローム(代謝症候群)」 と呼ばれ、生活習慣病治療の新たな指標として注目されている。

 参考文献:e治験ネット


さて。

本日、授業がさっさか終わったので、さくっと電車に乗っていました。


そこで、中年のおっさんが二人、お向かいの席に座っておりました。

でっぷり脂ぎったおっさんと、その同僚っぽいおっさん。

どーやら健康の話をしてるみたいです。


脂系のおっさんいやー、私、医者にメタリックシンドロームっていわれちゃいましてねぇ!


・・・・・・。

metallic

(形) 金属(性・質)の~


・・・そうですか。人間に見えたんですが、アンドロイドの方だったんですね。

(あられちゃんも真っ青です)


饒舌におっさんは続けます。


おっさんやっぱ食事が悪いんでしょうなぁ!!


ハイブリッド

にすれば問題ないかと。

(地球にも優しいし、一石二丁です)


・・・いやいや。ちょっと待て。

いやしくも、わたくしは、薬学生。

化学の子です。

そんな、おっさんがアンドロイドなんて話、信じるわけがありません。ありません、ったらありません。


おっさん最近、物忘れも激しくって。頭のネジがはずれとりますわ!!


・・・・・・。

・・・・・・アンドロイド決★定ーーーーーーー!!!


・・・・・・うん。

まぁ、電車の中で、「図解 科学捜査マニュアル(第一章:死体の組み立て/バラバラ死体の復元作業)」なんぞ読んでる女にそんなことつっこまれたくないよねー。


わかってる、わかってるさ!!

頭のネジを締めながら

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

夜九時半。


帰りの電車の中で、勉強で疲れた頭で、隣の席の、

あれ系な女性のあれ系な小説を覗き見るわたし。


以下その一部抜粋。


コスプレをして俺は目の前の」


理不尽投石を受けているのに」


お前が男だって俺はかまわねぇよ!!

・・・。

・・・・・・いやん☆(かわいく)


・・・つーか、隣の席のあれ系な女性のあれ系な小説をのぞき見る、


あれ系な、 自分が、 一番、 怖い。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

午後11時。電車の中にて。


ブラックスーツに派手な紫のシャツを着て濃いめのサングラスをかけた、いかにもヤンキーな兄ちゃんが携帯に向かって、がなっていた。


「だから俺がなにやってるかいうなよ!!」

「俺の職業いったらお前どうなるか分かってるだろうな!!」

「お前も命欲しかったら絶対俺の職業しゃべるなよ!!」

 

・・・アンタなにやってるんですか?


気になって兄ちゃんがどなってる立ち位置から最近距離の座席に座る。

電車が混むも、兄ちゃんはとことん前述の「己の職業口外するな」という趣旨の台詞を13分に計54回叫ぶ。(私調べ)

計算すると一分間に約4.15回。一時間に換算するとなんと249回


結局その兄ちゃんは私が降りる駅の手前で降りてしまったので、何の職業かわからんのだけれど。

最後に、その兄ちゃんの台詞から彼の職業を当ててみようと思う。



「そんなんやからお前いつまでたっても糸つむげんのやろがぁああああ!!!(怒)」


・・・。

・・・・・・羊飼いですか?


・・・これだから電車通学はやめられないNE☆(自分の存在意義に疑問を感じながら)







いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さんは「思い出し笑い」しますか?


自分はそれはあんまないんだけれど、「思いだし恥ずかし」ってよくしちゃうんです。


高校の旧友に会ったときとか、「ぎゃー!体育祭の時あんなこっぱずかしいこというたわ!」とか

青春の1ページ思い出して勝手にあわあわ。


でもね、あの、それよかひどいのが、「想像恥ずかし」。


これ、本当に、困る。



あのー、自分、「地下鉄七隈(ななくま)腺」に乗って毎朝通勤してるんです。


そこに、なんだ、


《「ちかななグッズ」販売中!》


ってポスターがあった。


いやいやいや!

誰もそんな略し方して君のこと呼んでないから!


皆「七隈腺」ですよ、うん。


「わー、こいつ、ひとりで頑張っちゃってるよ感」が、そこには、あった。



・・・あのー、でも、これ、人間にも、当たり前に当てはまるんじゃないか。


例えば、ほら、「渡辺 一護(ワタナベ イチゴ)」って男がいたとするじゃない。

(某漫画より一部拝借)

本人は、なんだ、「一護」って名前が超お気に。

誇りに思ってます。


でも、周りからは「なべちゃん。」って呼ばれちゃう。


わー!違いまーす!一護って呼んでくださーい!!


で、本人、頑張ります。


あのー、ほら、いきなり友人に「一護」の由来語っちゃったりとか。

ノートの表紙に名前書くとき名字書かず「一護」しか書かないとか。


でも、努力の甲斐なく、最後には


「なべいち。」


になっちゃった。


きゃー!これ、かなり、恥ずかしい!というか空しい!!

あの努力はいったいなんだったの!!


・・・そんなこと想像して勝手にあわあわ。


・・・・・・で、結局、地下鉄略称は


「ななせん。」


に落ち着いた。











いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。