漏れ鍋の奇跡。

~私の私による私のための妄想・幻想・真実日記~


テーマ:

問: これは、「誰かさん」による日記です。

誰の手によるものか、考えながらお読みください。



私は、決心した。

夢を掴もうと。

いや、前々から決心はしてあった。

後は、一歩先行く為の、ほんの小さな勇気だけだった。


昔から、私は、引っ込み事案であり、他人の影に隠れることが多く、特技は?と聞かれれば、「いっぱい食べること!」と答えることしか出来ない子供であった。


寒い地方の小さな島で生まれた私は、5歳の頃にきらびやかな東京に引っ越してきたとき、言葉も何もかも田舎めいていた。

それのせいでいじめられたことはなかったが、それが私の引っ込み事案を助長させたのは、確かだ。


そんな私が唯一心満たされたのは、「おかしないきもの」という本を読んでいるときだけだった。なかなか友達と呼べるものも出来なかった。


そんな私の手をひいて、遊んでくれたのが、今、隣にいるただ唯一の親友であった。

彼は、私を色んなところへ連れて行ってくれ、様々な世界を見せてくれた。

彼の隣にいれば、退屈というものは、この世には存在しないのではないかという錯覚を起こさせた。

彼は、ある種、特殊な才能を持ち、体操、ボウリング、フィギュアスケートと、何でもこなした。

それは私の事ではないのに、まるで私自身のことの様に思われ、私の密かな誇りでもあった。



そしてとうとう彼は、念願の夢である、宇宙飛行士となった。


宇宙から帰還し、大勢のマスコミに囲まれ、「今のお気持ちは?」と聞かれた時、

「やっと夢が叶いました」

と満面の笑みで、彼は、答えた。

そして続けた。

「僕には、親友がいるのですが、彼の夢もかなってくれると嬉しいです」と。



私は愕然とした。

私には、夢がない。


自分自身について数日間悩んだあげく、手に取ったのは、昔読んでいた、一冊の本、「おかしないきもの」であった。


本に載っている多くの生き物。

地球上には、私達以外の多くの生き物がいる。

それは、生命の神秘と、地球の未知の可能性を私に示した。


そうだ、私のやりたいことは、未知なる生物を探すこと。これしかない。

その時、私は決心した。

そして、宣言する。






わたしは、UMA(未確認生物)ハンターになるのですぞ!







そう息巻くムックの背中を見て、ガチャピンは、「雪男の君が一番のUMAなんじゃないかなぁ」とこっそりため息をついた。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。