漏れ鍋の奇跡。

~私の私による私のための妄想・幻想・真実日記~


テーマ:

これは、ある素直な国の人たちのお話です。

数十年前のことです。
あるところに、とても素直な人たちが住む、素直な国がありました。

そのころは、世界のあちこちで、世界を自分達のものにしようと、色んな白い国の人達が他の白い国、あるいは黒い国相手に戦っていました。

戦いに勝った白い国は、次々に負けた他の白い国や黒い国を支配していきます。
そして、大きくなった白い国は素直な国と、その周りの国のCやKに目をつけるのでした。

これは大変です。

素直な国も、黒い国のように白い国のものになってしまうかもしれません。

現にCやKはある白い国に支配されてしまっています。

素直な国の人達はあわてました。


すると素直な国の中で〈誰かさん〉がいいました。


「黄色い国が皆集まって、大きな国をつくりましょう。そうしたらきっと、白い国に負けません。」

(素直な国は黄色い国の内のひとつでした)

それはそうだ道理だと素直な国の人達は納得して、素直に準備を始めました。


戦争の始まりです。


どかーんどかーんばこーん。


素直な国は、とてもとてもひどいことをしたり、とてもとてもひどいことをされたりしながら、戦いました。

(戦争ですから、仕方ありません。おあいこです。)

いっぱいいっぱい兵隊さんが死にました。だけれど、そのいっぱいの兵隊さんはみんな、神様(英霊といいます)になって天に昇っていきます。


素直な国は最初はいい感じで戦争を進めていましたが、戦争に使う鉄砲や飛行機や兵隊さんが足りなくなっていきました。

そして、追い詰められて しまい、ある正義の国にまでケンカを売ってしまいます。


正義の国の人達はとても正義感の強い人達でした。

間違った方向に頑張る素直な国(と正義の国の人達には見えました)をほっとくわけにはいきません。

正義の国は正義感にかられて準備を始めました。


戦争の始まりです。


どかーんどかーん。


なんとたった2発の大きな爆弾で素直な国に勝ちました。


素直な国は負けてしまいました。


勝った正義の国は正義をふるいます。

だって勝った者に正義は宿るのですから。

負けた素直な国は、悪なのです。(と正義の国は信じていました)

極東軍事裁判を開き、素直な国の人達を裁きます。

「平和に対する罪」ということで、<誰かさん>をA級戦犯だと言って殺しました。

(決して罪が重い順にA、B、Cだとしたわけではないことを私たちは識っておかなくてはなりません。

それに、素直な国は、CやKの道路や水道や学校などをつくることを頑張ったことも忘れてはいけません。

そのお金は、Kだけでも戦争の終わった時点で47億ドル(53億ドルというヒトもいます)と

とてもとても大きな額だったのです!)


悔しい思いをした素直な国の人達ですが、正義の国を恨むことなく、正義の国の人たちのいうことを素直に聞いてもう一度国をつくりなおすことに決めました。


数十年がたちました。


あれから、素直な国の人達は、いっぱい働いてとてもとてもお金持ちになりました。
もう二度と戦争はしません。

そう誓いました。

素直な国は、平和で安全な国になりました。


皆、戦争のことを忘れてしまいました。


そこに目をつけたのは、CやKでした。


CKは素直な国に向かってこう叫びます。

「私達はあなたのせいで、お金持ちになれなかったのです。謝罪しなさい。」

ごめんなさいごめんなさい。

素直な国の人達は、素直に謝って素直にいっぱいのお金を渡しました。


またCやKは素直な国に向かってこう叫びます。

「まだまだ誠意が足りません。もっと謝罪しなさい。」

ごめんなさいごめんなさい。

素直な国の人達は素直に謝って素直にもっといっぱいのお金を渡しました。


またCやKは素直な国に向かってこう叫びます。
「悪い人の<誰かさん>が神様なのはおかしいです。謝罪しなさい。」

ごめんなさいごめんなさい。


素直な国の人達は、素直に謝って、国立追悼施設を建てて神様になった<誰かさん>を追い出してしまいました。

素直な国では政教分離という考えがありましたし、悪い人の<誰かさん>が他の神様と一緒なのは確かにおかしい、それは道理だと一見思えました。


しかし、しかしです。
国立追悼施設は国が作った新しい宗教ではないのでしょうか?

それに、一度ある場所で神様になってしまった場合、他の場所で祭ると、その神様がもう一人増えてしまうことになるのです!ちょうどろうそくの火を他のろうそくに移す時の様に。

素直な国の中ではそんなことをいうヒトもいましたが、たちまちCやKと仲のよい、情報やさんと、左側に羽の生えたヒトに黙らせられてしまいました。

そんなことも全くさっぱりちっとも知らない、多くの素直な国の人達は、今日も素直に謝り続けます。

ごめんなさいごめんなさい。

いつまでも謝り続けます。


ごめんなさいごめんなさい。

それを天からいっぱいの神様が見ています。いつまでも悲しそうに見ています。


おわり。


-----------------キリトり-------------------------------------------------------

注意)

特定の団体・国とは一切関係ありません。

戦争は、外交手段のひとつですが、最大限の努力をして避けなければならないモノです。

我々は、正しい歴史を知る必要があると思います。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

「バーバパパ」をご存じでしょうか?


実験中など眠気と戦う狂ったアタマで彼について考察してみるのですよ。

するとドエフスキーもびっくりの新世界が見えちゃったりするわけです。


■バーバパパ及びその生物学的形態・社会形態についての考察■


彼らは如何にして『家族』という社会構成単位を成したのか?

分かりやすくいうと『殖えた』のか?


外見から推測するに、彼らの繁殖方法は


『無性生殖』


だと思われる。


まず、一個(あるいは複数個)の単体が存在し、アメーバ状に分裂した、と考えるのが妥当だろう。

仮に、その『オリジナルの単体』として『バーバパパ』と『バーバママ』が存在したと仮定する。


しかし、しかしである。

ここで矛盾が生じる。


分裂した個体は、オリジナルのいわばクローンであるので、


『個性』


というものは存在しないのだ。


ではなぜあの一家の子供は、個々に別々の色がついているのか?


しかもそれぞれ『名前を持つ』という社会性を持ち合わせる。


つまり、『個』というものが確立している。


この点についてあり得ると思われる可能性は以下の二つである。


①あの色は後天的に着色(?)されるということ。

 一卵性双生児だとしても、環境的要因によって将来的に全く異なる成体となる。

 現に、病院で取り違えられた双子が別々の家庭で育った後、大人になって再会した時に思考や行動、嗜好で一致することは

 ほとんど無かった、という例が過去にある。


もう一つは、本当に恐るべき可能性であるが、あの生物が『有性生殖』という方法をとっているということだ。

 

『バーバパパ&バーバママ 大人の物語 ~昼間編~』

夫は、リビングのソファーでブラックコーヒーを片手に本を読んでいた。

日曜の昼下がり。晴れた空から日の光が気持ちよく室内にも降り注ぐ。

妻が焼くアップルパイの甘い香りが部屋いっぱいに充満し、男の鼻腔をくすぐる。

なんでも、-ソースにオレンジキュラソーをほんの少しきかせるのがコツなのよ-と以前妻は言っていたっけ。

この家を建てる際、リビングとキッチンの間には仕切りをしない間取りにした。

子供達の食育に必要だという妻の提案により、このオープンキッチンにしたのだが、彼もこれを気に入っていた。

採光にも工夫を凝らし、他の部屋より高い位置に、大きめの窓を作ってある。

その窓からこの家自慢の庭が見える。今は妻と先月植えたガーベラが赤と黄色の花を一斉に咲かせていた。

ガーデニングが夫婦共通の趣味なのだ。

-今度はサフィニアでも植えようか-と彼がふと思ったところで、妻のハミングが聞こえた。

男はリビングのソファーから、キッチンに立つ妻の姿を見つめる。

彼女は、アップルパイに添えるのだろう、生クリームを泡立てている。

カシャカシャという泡立てる音が小気味よくリズムを刻む。それが妻のハミングと重なって、調和する。

「・・・なぁに?ニコニコして」

こちらの視線に気がついたのだろう。妻が手を止めて聞いてくる。

我知らず微笑んでいたらしい。

彼はソファーから立ち上がり、リビングまでゆっくり歩き、妻の側に立った。

「・・・・・・?」

大きな目で疑問を投げかけるようにこちらを見上げる妻。

彼は学生時代、そのぱっちりした瞳を誉めて彼女と初デートに誘ったことを思い出した。

ふ、ともう一度微笑んで彼は妻に告げた。優しく抱きしめながら。

「-なんでもないさ。僕は、ただ、幸せだなぁ、と思っただけだよ-」


(以下略。)


・・・・・・・・・・・・・・・。

なんつーか書きながら身もよだれる事実が確認されちゃう訳ですよ!

これはまだ『昼間編』だから、まだじんましんくらいですみますが、なんつーか時間帯違ったら(具体的には『夜編』)すっごいことに。あわわ。


というわけで、『無性生殖』に決定。

 

あーすっきり。


・・・・・・・うん、ただ今、午前一時53分。

こんな僕にだれか『有意義な時間の過ごし方』とか教えてくれたらいいんじゃないかなー?

あれー?大学生最後の夏休みだよ、自分ー。気がついてるのかしら、自分ー。


庭では、昼間、おーしんつくつくが鳴き始めてました。

夏モ、モウ終ワリデスカ???


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。