漏れ鍋の奇跡。

~私の私による私のための妄想・幻想・真実日記~


テーマ:

出演:あきのり&育子


あきのり「駅長になりたい。


育子「はい?いきなり何をのたまうかと思ったら。五月病?」

あきのり「うむ。全く違う。社会人生活は概ね上々だ。」


育子「ああ、分かった。あれでしょ。自分の好きな温泉を駅長お薦めの湯に認定とかする気でしょ。」


あきのり「まぁ、それはそれで夢のリベート生活や耀きの管制談合を目指そうと思うのだが。」


育子「それはそれで幻の獄中生活や栄光の家族総員村八分が待ち構えてると思うよ。」


あきのり「はっはっは。たわけ者め!僕が目ざすはかような狡いことに非ずッ!

      我を駅長に任命せよ!

さすれば、総ての病の権化、21世紀の国民病、

メタボリックシンドロームを解消しよう!」

育子「へぇ。」


あきのり「うむ。このようにマニフェストにも記載してしんぜよう。」


育子「そんなノートの切れ端に書かれても。で、具体的には何するの?」


あきのり「具体的にはだな、運賃を、体重に比例させる。


育子「はい?」


あきのり「体重の、重たいヤツほど、高くなる。


育子「無理矢理俳句調にしなくても。」


あきのり「重たい人間:運賃高額

      →体重の重たい人間『仕方ない、一駅歩こうかしら』

      →体重減少

      →メタボ解消☆

なんとなくCO2減少☆

運気も上がって女の子にモテモテ☆

      ついでに身長も伸びます。


育子「伸びないから!」


あきのり「今なら、この縁起のいい七福神ストラップもおつけします。」


育子「新聞の勧誘か!てか、なんでそもそもそんなことをのたまい出したのさ?」


あきのり「うむ。僕は毎朝、ぎうぎうずめの電車に乗って通勤してるのだが。」


育子「うん。」


あきのり「何か、でかいやつが、二人分くらい席を占領しているのに凄い腹がたつのだ。


育子「うあ。そんなしょむないことなの。」


あきのり「うむ。それだけではないぞ。

      高身長の輩は、、なんつーか、高いとこのフレッシュ☆オキシジェンが吸えて羨ましい!

      こちとら他人の残り物でガス交換を行っているというのに!

      ええい口惜しい!光合成をしてやろうかッ!!!」


育子「光合成は、DNAレベルで才能がないんじゃないかな。」


あきのり「ミトコンドリアの神よ!我に勇気と葉緑素を分け与えたまえ~。」


育子「葉緑素ゲットしたらピッコロみたくなるよ?」


あきのり「それは困る。なぜなら神様を口蓋から産まなくてはならなくなるからな!顎関節症がとても恐い。」


育子「根本的に色々突っ込みたいけど、とりあえず無視するよ。てか、体重と運賃云々の話に戻すとさ。」


あきのり「うむ。建設的かつ合理的な意見を期待しよう。」


育子「社会人になって☆㎏増加した君も運賃上がることになるよ?


あきのり「うむ。建設的かつ合理的に無視することにする。具体的とかいう言葉は大嫌いだ。」


育子「うーん…とりあえず社会人になっても、何も変わってないことは認められたね。」


あきのり「はっはっは。人間そんな急激に成長などせぬわ!」


育子「そんな誇らしげに。」


あきのり「うむ。明日も仕事ゆえ、もう寝る。」


育子「あ。社会人っぽい。おやすみ。」


あきのり「おやすみ。」


☆本日の教訓☆

● 人間、ちょっとやそっとでは、変わりません。

● 誰か何か色々語り明かしてくれるといいよ!


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

A氏は、胸に堂々と秘めたる恋心を突発的に失ったが故に自暴自棄になり

「男らしさ」を追求しようとした、と

後に関係者に語った。



そんなわけで。

友人(乙女)と夜道を歩く時乗用車が後方より急接近した際に自然と肩を抱き、

後輩(乙女)の髪型が変わったことを褒めちぎり、

マイナビの広告の大塚愛嬢の髪型が自分の好ましからぬものにチェンジしたことに憤慨し、

バイト先の更衣室にて自分より以前に着替えた婦女子の残り香がとても素敵なことに大興奮し、

友人(雄)と女性にまつわるフェティシズムについて夜通し暑苦しく語り、

先輩(雄)と所望する車種及び改造に関して激しい議論を交わした。


そして男らしくもりもり食べたが、これは元々だった


A氏は、

「これは男らしさを極めたのでは!」

(専門用語ではktkr!という)

と確信めいてみたが、

先輩(雄)が、昨晩見た「男らしすぎる夢(dream)」を耳にしてドン引きし

その確信は水泡に帰した。


「やはり男らしさを追求するのは土台無理だ!

 しかし乙女ちっくでもない!

 どっちつかずだ!」


A氏は憤慨したが、その叫びはパルプンテの如く

虚しく夜空に響いただけであった。


そしてポルノグラフィティの新藤晴一氏が婚姻関係を結んだことによって

俄に失った恋心を今度は誰にぶつけようかと思案した。


「ううむ。しかし人妻ならぬ人夫か!

なんだか語呂がよくないがとゆーかそもそも意味が違ってしまうが、

なんだかそそるものはある!じゅるり!」


A氏は、口元にぎらりと涎を輝かしながら独りごち、

やはり新藤氏にこれからもどうどうと恋心を抱くことを

固く決意したのであった。



はるいちさん、ごけっこん、おめでとうございます。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

恋愛が、「身体の問題」でなく、「心の問題」であったのはいくつまでだったろうか。



「○○くんが××ちゃんのこと好きなんだってー」

などという風聞がまことしやかにクラス内に流布されることが

気恥ずかしかった小学校生活。

その為、硬派を気取り、

「異性と話す」ということを己の中に禁じ、

小学生生活を送った方も少なくないであろう。


そう、最初は、皆、もだえるような甘酸っぱさをそれぞれ心に秘めた恋愛をしていたはずだ。


しかし、高校生や大学生になると、

ほとんどの人間が、異性を「純粋」に好きになるということを忘れ、

やれ同衾だなんだと己が内に案惨と輝く暗黒神(=性欲)に恋愛を捧げるようになる。


レ・ミセラブル!!

純粋たる我々の「心」は、いつの間に「身体」に乗っ取られてしまうのだろうか!!


ああ、いずこへと旅立てば、それはきっと見つけられる気がする!!







僕「んな訳で、ピュアラブを探す旅に出たいのですが。


先生「いいから、さっさと実験報告書けドキドキ



・・・・・・。

そんな訳でまだ学校にいます。(24:20現在)


エヘ☆そろそろ帰りたいNA☆

ピュアラブも逃げちゃうYO☆

(恋愛に一番遠い顔をしながら)


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

戦友(とも)が幸せを手に入れた。


それは、

とても、

素敵なことで、

ちょっと、

泣けた。


電話でそのことを

報告してくれた時、

幸せであることを、

素直に幸せだと言える戦友は、

やっぱりいい奴で。


そんな戦友を、

心からおめでとうと喜べる自分は、

いい友人に恵まれたのだと思えて、

何だか嬉しかった。



おめでとう、戦友よ。



ミュージシャンが、

未知なる唄を

自分の中に発見するのは

きっとこんな瞬間で、

俳優が『幸せな演技』をするのは、

きっとこんな瞬間を

思い出しながらなのだと思う。


残念ながら、

僕は、

歌い手でも、

演じ手でもないから、

上手く表現できなくて、

とてももどかしいのだけれど。


僕は、自分のことのように嬉しい。

とてもとても嬉しい。


お前が、その腕(かいな)に抱く幸せが、

どうか永遠(とわ)に続かんことを。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

問: これは、「誰かさん」による日記です。

誰の手によるものか、考えながらお読みください。



私は、決心した。

夢を掴もうと。

いや、前々から決心はしてあった。

後は、一歩先行く為の、ほんの小さな勇気だけだった。


昔から、私は、引っ込み事案であり、他人の影に隠れることが多く、特技は?と聞かれれば、「いっぱい食べること!」と答えることしか出来ない子供であった。


寒い地方の小さな島で生まれた私は、5歳の頃にきらびやかな東京に引っ越してきたとき、言葉も何もかも田舎めいていた。

それのせいでいじめられたことはなかったが、それが私の引っ込み事案を助長させたのは、確かだ。


そんな私が唯一心満たされたのは、「おかしないきもの」という本を読んでいるときだけだった。なかなか友達と呼べるものも出来なかった。


そんな私の手をひいて、遊んでくれたのが、今、隣にいるただ唯一の親友であった。

彼は、私を色んなところへ連れて行ってくれ、様々な世界を見せてくれた。

彼の隣にいれば、退屈というものは、この世には存在しないのではないかという錯覚を起こさせた。

彼は、ある種、特殊な才能を持ち、体操、ボウリング、フィギュアスケートと、何でもこなした。

それは私の事ではないのに、まるで私自身のことの様に思われ、私の密かな誇りでもあった。



そしてとうとう彼は、念願の夢である、宇宙飛行士となった。


宇宙から帰還し、大勢のマスコミに囲まれ、「今のお気持ちは?」と聞かれた時、

「やっと夢が叶いました」

と満面の笑みで、彼は、答えた。

そして続けた。

「僕には、親友がいるのですが、彼の夢もかなってくれると嬉しいです」と。



私は愕然とした。

私には、夢がない。


自分自身について数日間悩んだあげく、手に取ったのは、昔読んでいた、一冊の本、「おかしないきもの」であった。


本に載っている多くの生き物。

地球上には、私達以外の多くの生き物がいる。

それは、生命の神秘と、地球の未知の可能性を私に示した。


そうだ、私のやりたいことは、未知なる生物を探すこと。これしかない。

その時、私は決心した。

そして、宣言する。






わたしは、UMA(未確認生物)ハンターになるのですぞ!







そう息巻くムックの背中を見て、ガチャピンは、「雪男の君が一番のUMAなんじゃないかなぁ」とこっそりため息をついた。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

教室内の、

唯一ならぬ唯二のノン自己採仲間が

いなくなってしまったからではありませんが。


ウエンツを探す

旅に出ます。


ああっ、地球の裏側で、

僕を呼ぶ声がするッ!

(幻聴です)


それでは皆さま、

ごきげんよう。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

いやー、終わった

なんか、こう、二つの意味で、ね。


平成19年 3月11日(日) 16時15分。


第92回薬剤師国家試験終了。


とりあえず、約半年間、頑張りました。

それは、他の薬学生の皆さんも胸を張って云えると思います。

これだけ、自分の時間を割いて勉強したのは、MY有史以来ございませぬ。

これでもし、落ちても仕方ないです。

悔いはないと言えるくらい勉強しました。



まぁ、

初日、腕時計を忘れたことを除けば。



初日。3月10日。

人生最大の分岐路、国家試験の始まり15分前。



腕時計忘れ 発覚。


とりあえず、日頃、その抜けてるっぷりとか、どじっぷりとかを遺憾なく発揮しているわたくしですが。

例えるなら、産業廃棄物並に垂れ流しているわたくしですが。


何も、こんなところでその本領を発揮しなくても。(泣)


これは、なんだ。


うっかりハチベエもびっくりだよ。


うっかり92ベエとでも呼ぶがいいよ。

(もしかして血でもひいてるかな?)


すぐさまダッシュで教室を飛び出、その辺にいた友達手当たりしだいに聞くも、皆、持って無し。


近くのコンビニに行っても、売り切れ。

(今度から、入試日にはシャープペン、消しゴム、時計をいつもより多めに仕入れるという素敵なビジネスアイディアを提供いたしますローソンさん)


思いあまって、その辺にいた、全く見知らぬ塾の先生に「貸して下さい」と言うも断られる。

(意味もなく、インパルスの堤下が嫌いになりました。ええ。特に意味はありません)


こうなりゃ、最後の奥義です。

者ども、携帯を取り出せ!!

 

送信メール

2007/3/10 9:14


subject 緊急事態。


本文  ごめん。12時半に腕時計持って第一薬科集合。




返信メール

2007/3/10/ 9:19


subject Re:緊急事態。


本文 かしこまりました。



まさかの秘技・友人召還。最☆低☆


本当に、人って優しいよね・・・・・・。(いい笑顔で


どうやらこうやらで、友人の、強制イベント友情出演によって、終わりました。

(ちなみに、友人は、折りたたみ傘まで持ってきてくれてました気が利くヤツだよ全く。)


受かった皆さま、おめでとうございます。


え?僕?

すみません。

未だに○つけしておりません。(ただ今、終了後4日目。)



・・・・・・・うん。

速攻○つけする皆が、勇気あるのか。

合格発表まで○つけしない僕が勇気あるのか。


ひたすら後者の方が愚か者だという真理にさいなやまされながら

4月5日まで待とうと思います。


4月5日に、

「ウエンツを探す旅に出ます。」

という書き置きを残して僕が消えたら、

つまりは、そーゆーことだと思って下さい。


では、皆さま、20日にお会いしましょう☆о(ж>▽<)y ☆

(奥義・現実逃避☆発☆動☆







 






いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

えー、皆さま、あけました。

今更ながらおめでとうございます。

薬学生の皆さまにおかれましては、「大学受験もこのくらい勉強しときゃぁよかった・・・!!」と人生前向きな後ろ向きに

感情がほだされること多数でございましょうが、是非ともみんなで合格いたしましょう!!


そんなわけで、今更ながら、今年の僕の目標でも掲げたいと思います。

今年は、院生になり、研究、病院実習、就活が控えており、人生のターニングポイントとも云える年でございます。

去年から今年の春にかけては勉強だけを考えればよろしいですが、春以降はそうも参りません故、頑張る次第であります。むひょー!!

(今回は・・・若干真面目に書かせていただきまっする。)


☆僕の強化年間☆


計画性及び速攻的な実行性を身につけること。

 今まで人生無計画になおかつ嫌なことは先延ばしに生きてきたので、それは止めようと思います。

 いい加減未来のビジョンを描かねばならぬ年に相成りました。2年間先延ばししたにしても遅いですけど。

 生産年齢の減少に伴い、働き手の流動が起こる時代が来ます。一生同じ会社に勤めることはまずないでしょう。

 特に僕の場合、今のところ病院や調剤薬局に勤める気はありませんので。


コミュニケーション能力を身につけること。

 本来の意味/英語の「コミュニケーション」てのは「情報意志伝達」の意味でしかないらしいですが。

 今回の場合のコミュニケーション能力は、カタカナ英語の方で。

 どんな生き方をしていても、必ず「人とどこかで交わる」のが大前提のこの社会。この能力はどこにいっても必需品です。

 今年は特に、「自分が知らない世界で住んでいる人」と出会いたいものです。


プレゼン能力を身につけること。

 特に薬学生は苦手とすることが多いです。文系の学生さんとかゼミで発表したりするけど、

 僕ら、大学で一回もしたことないし。だけど、一般の会社に入ったら必需じゃないかしら。

 ほら、学会とか行っても偉い先生の話だって、

 「いや、それ、あんたが気持ちいいだけの自慰行為と変わらんから!!」

 と突っ込んでしまいたくなるよーなきいてて面白くない話っておおいでしょ。

 僕がアタマ悪くて理解出来てないだけとかツッコミなしの方向でお願いします。


自分だけの付加価値を身につけること。

 去年、MRつまりは一般企業の就活を(ほんの少しだけ)やってみて思ったのは、

 「自分はこれが出来ます!!」と胸を張っていうことが出来ないなぁってこと。

 もちろん、現在の薬を巡る社会の一端を勉強出来たのは、自分にとって大きな一歩でしたが。

 今はよっぽどのことが無い限りありえませんが、

 これからは、「ただ薬剤師免許(まだ持っていないけど)だけを持っていて」も、きっと首にされる時代がくると思います。

 「+α」を身につけなければ競争化社会の波に飲み込まれるでしょう。



後、2年後に最後の4年制が卒業して、6年制の方々が卒業するまで、国家試験をやらない「空白の2年間」がきます。

また、今年の秋口から、団塊の世代の方が一斉退職します。

我々は、限りなく恵まれたビッグチャンスの世代なのです。

それを利用して、なんとしても自分の行きたいところにねじり込みたいと思う次第です。
 

・・・・・・・。

というのを母親に懸命に伝えところ。


「いいから、国家試験受かりなさいねドキドキ


とあっさりジャブを食らわせられました。やるなマミィ。


皆さま、そんなわけで、今年もよろしくお願いしたしマウス。(落ち無し。←だって試験落ちたら駄目だからね!!)


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


オタク。


すっかり定着し、市民権を得た人種だ。

元は、日本の一つの街、秋葉原から発信された概念であろうが、

今ではsushi、karaokeと並ぶ「世界に通じる日本語」のひとつだ。


その人種に、時に眉をひそめ、「自分たちとは生きている世界が違うのよ」と

一線を引いて付き合う「自称 通常のヒト」もいるだろう。


だが、元をただせば、かの有名なウォルト・ディズニーだって、宮崎駿だって

いち「アニメオタク」なのだ。


ビル・ゲイツだってコンピューターオタク(もしくは経営オタク)だからこそここまで世界を制覇できたのであろうし、

我々、薬剤師(予定)も医者に負けない薬オタクでなければならないと思う。


そう。この世界構築しているのはオタクなのだ。



さて。


こないだ、映画「手紙」を見に行ったんですよ。

最近、原作者の東野圭吾に最近どんばまりしててですね。

もー、一人でわくわくはしゃぎながら友人と見に行ったんですよ。

映画の要約(原作本一部抜粋&改)すると、

「弟の学費欲しさ犯した強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志(玉山)。

弟・直貴(山田)の元には獄中から月に一度、手紙が届く・・・・・・。

しかし、進学、恋愛、就職、お笑い芸人になる夢と、

直貴が幸せを掴もうとするたびに「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる過酷な現実。

人の絆とは何か。いつか罪は償えるのだろうか。犯罪加害者の家族を真正面から書ききり、感動を呼んだ普及の名作。」



映画自体も原作に負けないくらいすごくよかったんですよ。

ひとつの犯罪が起きた場合、どれだけの人間が巻き込まれ、被害者になりうるかをものすごく考えさせられました。

でもね、途中で山田君を見ながらふと気がついた。

山田孝之 と、大好きなお笑い芸人磁石の佐々木優介 って似てね?


あ。もしかして、佐々木君ってもしかしてこーゆー人生を送ってるんじゃないの?(んなわけねぇ)

それからは


「佐々木君っ・・・!!こんなつらい人生を送ってきたのねうああああうううう(ノДT)」


「頑張れ佐々木君っ・・・!!負けないで佐々木君っ!ぐほおおおぅうう(/TДT)/」


もう、涙涙。

ノン・ストップ・ザ・滝涙。

終わった後、友人は、

「お前は感動屋さんだなぁ」

と感心するやあきれるやらしてましたが。


ごめんなさい。

オタクのオタクによるオタク涙なのでした☆テヘ☆←可愛く

・・・・・・うん。

自分、感情移入の方向、かなり間違ってるZO☆

まぁオタクだから許してNE☆

日陰な人生送りながら

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

異性にもてる要因として、

セオリー通りではあるが、


ギャップ


というものが挙げられるだろう。


例えば、

さばさばした女性が、実は家庭的であったり、

遊んでいるばっかりに見える適当男が、意外と仕事出来るヤツであったり、

不良が、放課後、体育館裏にいる子猫にそっと餌をあげていたり。


今流行のツンデレも、

「皆の前では、そんなことないが、自分がいるときだけ、たちまち可愛い娘になっちゃう」

というギャップに起因している。


特に、全くこれっぽちも予想していなかった事象であればあるほど、

相対的にこのギャップ効果はすばらしく大きくなるだろう。



さて。

先ほど。

23時30分。

電車の中にて。


僕は勉強もせずに遊び、帰路についておりました。


ガタンゴトン。

単調な音と単調な景色と共に、電車はぐんぐん進みます。


ふとお向かいさんの席を見ると。


これまたびっくり。

もこみ○に似たイケメンが座ってらっしゃるじゃありませんか!


おおー。似ておるわい。

スラリとした体躯。ほどよく焼けた肌。

切れ長の目。美しい鼻筋。

どれをとってもぱーふぇくっ!

僕もあんたみたいに生まれたかったッ!!


犯罪ぎりぎりの予感がしながら、それをガン見しておりますと。


それは。

かこーんと。

寝てしまいました。


白目を開けて。


しかも、よく見たら、Gパンのチャック開いてました。


予想GUYーーーーーーーーーッ!!!


え?これギャップ?

僕はFALL IN LOVEしなくちゃいけない場面ですか神様。


あわあわと挙動不審しておりますと。

はす向かいの乗客(サラリーマン)に不審な目でみられておりました。


うん。色んな意味で美味しいです。


ごちそうさまでした。(泣)



ば、ばかっ!

イケメンなんか見てなんかないんだからっ!!(せいいっぱいのツンデレ風


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。