京都・上京人のひとりごと ~京都に住みたい人に伝えたいこと~

ご先祖さんが300年前には住んでいた京都。しかもずっと上京区の中でウロウロしていました。私には当たり前やけど、京都に住んでない人・住み始めて間もない人にはビックリの京都人の頭の中。京都の風習といっしょに、ちょっとずつお見せしていきましょ。


テーマ:

こんばんは、kiritsuboです。

 

もう一つのブログ

「京都桐壷日記」で

同志社大学学生支援センターの

学生団体ARCOの新歓行事で

お話をさせてもろたことを書きましたが、

学生さんには是非

知ってもらいたいことがあります。

 

それは

「京都に住む醍醐味」。

 

京都ていうたら

お寺や神社、有名なお祭りや年中行事が

すぐに頭に浮かぶかもしれんけど

京都に住んでる人間から言うたら

もっと身近なことが

京都の意味合いを持ってると思います。

 

それが今回お話させてもろた

「伝統文化と地域の行事」です。

 

まず今日は「伝統文化」。

伝統文化ていうたら

京都で大きい意味を持ってる中のいくつかに

茶道とか華道があります。

 

そら最近は京都でも

若い人はやっぱりよそと一緒で

お茶やお花を習(なろ)てる人は

激減してます。

 

でもそんな文化に触れるチャンスは

京都は他の地方より

うんと多いことは間違いないと思います。

 

ちょっとお寺や神社を覗いてみたら

例えば大徳寺や北野天満宮、

梨木神社、真如堂とかでは

毎月お茶会やってたり(月釜=つきがま)、

上京区役所は

「上京茶会」とか

お手頃なお値段で

お茶会に参加できるように

してくれたはるし~

 

そんなお茶会に行くと

結構まだ人はたくさん来やはります。

普通の服を着て

お茶会やってる「在釜」のしるしを見て

ふらっと入って来やはる方もありますよ。

そんな気軽な感じで

お茶を楽しめるのが

京都のステキなところです♪

 

そやし

半年でもええし

ちょっとだけ

お茶を習(なろ)てみたりして

伝統文化の中身を

チラッと覗いてみてほしいなぁ、て

思いますのん。

 

そら全然知らんのと

ちょっとでも知ってるのとでは

全く違いまっせ(^^)


 

「京都に住む醍醐味」を

ちょっとでも味わってほしい。

 

京都に4年間住んで

京都で学んだ、て言えるように

何かを京都から

持って帰ってほしいです♪

 

ほなまた。

「京都・上京人のひとりごと」

でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。