princess tiara

花とゆめで連載中の「スキップ・ビート!」の二次創作サイトです。原作者の仲村佳樹先生及び出版社の白泉社様とは一切関係ございません。また文章の無断転載や二次加工はお断りしております。ご了承下さい。


テーマ:
ご無沙汰しております。ローズです。更新がなくてすみません…

えーとですね、スキビは未だに大好きで離れておりませんが、更新は控えめになるかと…

しばらくマイホームに来ていなかったので、アメンバーの承諾ができずにいました。メッセージを送ったのに承諾されてないかたはもう一度申し込んでくださいませ。お手数をおかけします。

本誌でキスが見れてキャアキャア言ってるローズでした


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:


…の、はずだったのだが。

二人がホテルから出ると、金ピカのリムジンの前で“セバスチャン”…そして蓮がいた。

「敦賀さん…!?どうしてここに!?そ、それに…その後ろの車は…?」

彼を見つけたキョーコは、ドレスが汚れないように気をつけながら蓮に寄る。

しかし、蓮は目を大きく開いて質問に答えないため、首を傾げて再び彼を呼べば、ハッと我に返ったような表情を蓮は一瞬したが、

「…!あ…ああ…えっと…後ろのは社長の車だよ。それから…俺は君のエスコート役。」

次にはとろけるような笑みを浮かべていた。

「え、ええ!?エスコート役って敦賀さんなんですか!?わ、私はてっきりクオンさんなのかなって思ってて…。」

ジュリエナが飛びっきりのと言っていた為、てっきり彼女の息子がやるのかと思っていたらしい。

『…私はそのつもりでボスに頼んだはずなのだけど…。』

ちょっと怒ったようにジュリエナは言ったが蓮を苦笑いするだけ。

『クオンさまは、仕事の都合で来られないそうです。』

そこに割り込む形で言ったのは“セバスチャン”である。

『仕事…?ああ…なるほど…それは知らなかったわ。』

納得したようにジュリエナは頷く。

『…まぁ、いいわ。キョーコは彼と知り合いなのよね?』
『あ、はい!』
『なら、いいわ。この子のこと宜しくね、“敦賀さん”?』

ジュリエナはキョーコの肩に手を置いてニコリと笑う。

『ええ、もちろん。』

蓮もニコリと笑ったが、すぐに“セバスチャン”とアイコンタクトをとると、彼が車のドアをあけた所で、蓮はキョーコに視線を移せば、

『それではお嬢さん。お手をどうぞ?』

再びとろけるような笑みで手を差し、

『は…はい。』

キョーコは頬を染めて、大きな手の上に自分の手を置く。

そのまま蓮が背中から先に車の中へと入り、キョーコは彼の手を借りながら恐る恐る乗れば、

「よう。」

この金ピカなリムジンよりも金ピカな衣装を纏ったLME事務所の社長がいて、彼はバーのカウンターの席に座っている。

「しゃ、社長…!?お、おはようございますっ。」

頭をぶつけないように気をつけながらキョーコは一礼すると、

「いや~、最上くん!窓から見てたが、君だとまったくわからなかったぞ!」

あははと笑い、君は大粒のダイヤモンドの原石だったんだな、とローリィは言う。

「あ、ありがとうございます…?」

だが、キョーコ自身はよく分かっていないらしく、首を傾げた。

「じゃあ、好きなとこに座ってくれ。」

ローリィにそう言われて、キョーコはキョロキョロするが、どこに座ったら良いのか分からないでいたら、

「最上さん、ここに座って?」

蓮に手を握られたままだった彼女は手を引かれ、

「あ…ありがとうございます。」

言われるがままにそこに座ったら隣に蓮が座り、ジュリエナも車の中へと入ってくると、彼女はカウンターのほうに座る。

必然的にキョーコの目の前にはローリィとジュリエナがいる形になり、

「つ、敦賀さん?」
「なに?」
「あ、あの…その…手を…。」

未だに手を握られている為、キョーコは恥ずかしくなったが、

「ああ…嫌かな?」
「い、嫌じゃないですけど…でも…。」
「ならいいよね?」

にっこりと笑う蓮。

「は…はい…。」

思わずキョーコは頷いていた。と言うよりも頷く以外の選択を与えない笑顔だった。

蓮は彼女の回答に満足したのか、さっきとは違う笑顔になる。

そんな二人は端から見れば、恋人同士なわけで…。

『ねぇ、あなた達…実は付き合ってない?』

ジュリエナが聞いてしまうのも仕方ないことだろう。

「…ち、違います!」

しかし、すぐにキョーコが否定した。

「敦賀さんにとって私は妹みたいなもので…!」
「…妹なんて一度も思ったことないよ?」
「え…ええ!?そうなんですか!?じゃ、じゃあ私は敦賀さんにとって何なんですか!?」

キョーコは蓮を兄のように慕っているつもりだった為、相手もそうだろうと思っていたら否定された為、軽くショックを受ける。

「…何だと思う?」

またにっこりと蓮は笑う。

「と、友達ですか…?」
「…君は男友達と手なんか繋ぐのかな?」
「つ…繋がないと思います…。」
「…他には?」
「か、家族とか…?」
「…少なくとも、君を姉とも母とも思ったことないよ、俺は。」
「じゃ、じゃあ…。」

そこでキョーコは固まった。他に思いつくものがない。

(そ…そんなわけ…。)

否定はしたが、途端にあることを思い出す。それはマリアとの勝負で使った乙女ゲーム。

あのゲームをプレイして、もしかして自分は蓮に口説かれているのではないのかと思ったのが、その事をすっかり忘れていた。

(ま…まさか…。)

信じられない気持ちで蓮を見れば、彼はまたあのとろけそうな笑みで自分を見つめ、握っていた己の手に口づける。

「っ…!?」

真っ赤になるキョーコ。蓮のその行動で否定することはできなくなってしまった。

「好きだよ、最上さん。」

耳で告白される。甘い声で。

「…っ。わ、私…。」

なんて言えばいいのか分からない。ただ分かるのは嫌ではないこと。

「大丈夫、ゆっくりでいいから。」
「え…?」
「だから…俺のことを好きになって…?」

そう言って彼は彼女の頬にキスをしたのだった…。



゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。☆


おまけ

ローリィとジュリエナ(お前ら(貴方たち)絶対俺(私)のこと忘れてる(でしょ)だろ…。)



AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:


パーティー当日。

本物の魔女をキョーコは見つけた気がした。

「私はジュリー・ウッズ…魔女と呼ばれる女。その名において貴女の人生を180度変える!」

その人物は、まるで魔法のようにメイク道具を出したテンであり、 のちにテンはキョーコの中で“ミューズ”と言うあだ名を貰うのだった。

そんなこんなでテンの渾身の作品が出来上がり、ジュリエナを呼びに寝室から出れば、彼女はうろちょろしていたため、

「…相変わらず、ジュリは待たされることが嫌いよね、本当に…。」

思わず呆れたように言うテン。

『…!テン、出来たのね!?』

呟きは恐らく聞こえなかったのだろう。ジュリエナは表情を明るくさせた。

『ええ。言われたとおり、まったく別人にしてみたけど…予想外にダイアモンドの原石だったわ。』

最初に顔を見たとき、顔のパーツが左右対称でメイクしたら変わりそうだな~とテンは思ってはいたのだが、予想外に彼女は変わる人間で、自分の才能が怖くなるくらい素晴らしい出来になった。

『まぁ!そうなの!?テンがそう言うってことは、凄く綺麗になったのね!』

彼女の言葉を聞いてジュリエナは興奮すると、

『綺麗どころじゃないわ。貴女みたいに歩く美術品になっちゃったんだから。じゃあ、早速みてちょうだい。』

テンはそんなジュリエナを寝室へと招き入れる。

『…!』

ジュリエナは一瞬、呼吸を忘れた。そのくらい本当にキョーコは綺麗すぎたからだ。

『…ほ、本当にキョーコなの…?』

ストレートのプラチナゴールドの髪に、透き通るような空の瞳。そして、極めつけに白のマーメイドドレス。

まるで月の女神がそこに現れたかのようで…ジュリエナは本当にキョーコなのか疑い、

『あ、あの…?』

疑われたキョーコはわけが分からないとでも言い出そうに首を傾げる。

『どう、ジュリ?確かに歩く美術品でしょ?』

そこに助け舟と呼べるのかは分からないが、テンがキョーコの隣に経つ。

『え…ええっ。凄いわ、テン!キョーコ、凄く綺麗よ!』

感動したジュリエナはキョーコに抱きつき、抱きつかれた彼女はビックリした声をあげ、

「あ、あの!ミスウッズ!わ、私は今どんな姿をしてるのか分からないんですけど!」

あわあわとしながら、テンに鏡を要求し、

「ああ、鏡ね!ごめんね、忘れてたわ!はい。」

彼女は鏡をキョーコに向ける。

「…!こ、これが私…?」

鏡に映ったのは月の女神で、キョーコはとても自分とは思えなくて信じられない。まるで魔法にかかったようだ。

(魔法…ミスウッズは本当に魔女だったんだわ!)

そうとしか思えないくらいの大変身にキョーコはテンをキラキラした目で見る。

「気に入ったかしら?」
「はい!凄いです!ミスウッズは本当に魔女なんですね!」
「ありがとう。そう言われるとメイクしたかいがあるわ。。」

クスクスと笑ってテンは礼をいい、ジュリエナに視線を移すと、

『ジュリ、そろそろいかないとパーティーに間に合わないわよ?』
『…あ!そうね!じゃあ、行きましょう!キョーコ!』
『あ、あの!!や、矢張りいかないとダメですか?』
『もちろんよ!』

キョーコの願いは却下され、ジュリエナにグイグイ引っ張られる。

『行ってらっしゃい~!!』

そして、テンに見送られながら、二人はパーティー会場へと向かったのだった。



゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。☆


あとがき


ジュリエナさんとテンさんの口調が安定してない気がします。

気のせいだと思いたい…


それではノシ


ローズ



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


あれから、キョーコはジュリエナに捕獲され、ホテルに連れてこられてしまった。

「…と言うことでして…今日はここに泊まることに…あ、はい。おやすみなさい、敦賀さん。」

耳に当てていたケータイを耳から放して、電話を切る。そんなキョーコは広いベッドのに座っており、パジャマではなく、ネグリシェを着ていた。

『電話は終わったかしら?』
『あ…はい。』

ジュリエナがシャンパン二本とグラスをもち、こちらにやってきてキョーコの隣に座る。彼女もネグリシェ姿で、

『はい、キョーコ。』

グラスにシャンパンを注ぐと彼女に差し出すため、

『わ、私は未成年なので…。』

キョーコは断ろうとしたら、ジュリエナは笑って、

『大丈夫よ。アルコールは入ってないから。』
『え…?』

よくよくボトルを見れば、ノーアルコールと書いてある。つまり子供用のシャンパン。

『じゃ、じゃあ頂きます…。』

グラスを彼女から受け取り、二人は乾杯した。

『…綺麗な髪ね。』

そっと、ジュリエナはキョーコの髪を撫でる。

『そ、そうでしょうか…?』
『ええ。アジア人特有の美しさだと思うわ。』
『あ、ありがとうございます…。』

照れくさくなって、キョーコは俯く。考えてみれば女性に髪が綺麗だとあまり言われたことがない。

そのまま、ジュリエナは手で髪をとかしていく。

『ねぇ、キョーコ。お願いがあるのだけれど。』
『は、はい。なんでしょうか?』
『実はね。私、明後日パーティーに呼ばれてるのよ。良ければ、一緒に参加してほしいのだけど…。』
『え…ええ!?』
『ドレスはあの中から気に入ったのを着ればいいわ。髪とメイクは…テンでいいわね。あとは…。』

勝手に事を進めていくジュリエナ。キョーコは真っ青になって、

『む、無理です!パーティーなんて!』
『あら。どうして?』
『ど、どうしてって…それは…。』
『大丈夫よ。あなたにはエスコート役がいるんだから。』
『え、エスコート…?』
『ええ。それはもう…飛びっきりのね。』

クスっと笑うジュリエナ。彼女は一体なにを企んでいるのだろうか。

それを知っているのは神と彼女だけであった…。



゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。☆


あとがき

うーんイマイチ、キョーコとジュリエナさんの距離を縮めるのには、どうしたらいいのか分かりません(^_^;)

何かキッカケを作れればいいんですけど…。


それでは、また次回


ローズ



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
魔人さまのリク罠です。ギャグで書きました。ええ、ギャグを狙って書きましたよ。大事なことなので二回いいました。あと魔人さまが二話がいいとおっしゃいましたが、あえて無視です(`・ω・´)それではどうぞ!


゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。☆


最上キョーコはドッキリ番組で仕掛け人をすることになった。

内容は記憶喪失になってしまい“仕掛ける人だけ”思い出せないと言うもの。

ここまでは問題ない。多少は相手を騙せる演技力があるとキョーコも思っていた。

しかし、その自信は消え去った。仕掛ける相手がなんと先輩であり信仰している敦賀蓮である。

仕事とはいえ、彼を騙すことに罪悪感と恐ろしさが彼女の心を支配してカチカチに身体が固まった。

だが、これは仕事だ。己の力を全て使って全うしようとした。

それなのに、彼女の努力は水の泡。

相手はキョーコが自分を思い出せないと知ると悲しんでいたのだが、

「そうか…じゃあ、覚えてないんだね…昨夜はあんなにも愛し合ったのに…。」

蓮はキョーコの頬をなぞるように触れ、妖しく笑う。

(よ…よよよ夜の帝王ぅうううう!!)

キョーコは目を見開いて固まった。かわりに動いたのは同じく仕掛け人の琴南奏江。

「あ、あんた!いつの間に敦賀蓮さんと付き合ってたのよ!!私に隠してたわけ!?」

どうやら彼女は本気で蓮とキョーコが付き合ったと思ったらしく問い詰めてくるが、記憶喪失のフリをしているキョーコは首を横に振ることすら出来ずに口をパクパクさせた。

「そ…そんな…敦賀くんとキョーコちゃんが…。」
「リーダー、今度合コンしようや…。」
「そうや…失恋に一番きく薬は新しい恋やで、リーダー…。」

蓮とキョーコが恋人同士だと知り、奏江と同じく仕掛け人の光が落ち込むとその相方二人が慰める。

「…あの、みなさん。」

そんな中、冷静なのは同じく仕掛け人天宮千織だけだった。

「カメラあるの、忘れてません?」

彼女が隠しカメラを指差すと、我に帰ったのかハッとした奏江は顔を真っ赤にして黙り込む。

「…カメラってどうことかな?」
「言葉どおりですよ。ドッキリです、敦賀さん。」

物陰に隠してたあった看板を千織は出して、蓮に見せる。

「参ったな…すっかり騙された。」

苦笑いを浮かべて、あははと笑う蓮だが、ここで彼はキョーコに留めを刺した。

「俺を騙すなんてイケナイ子だね、キョーコ。」

そう言って蓮は彼女の唇にキスしたのだ。妖しく笑って…。

当然、天然記念物の乙女な彼女の頭の中は真っ白になる。りがざわめいたのも蓮が去っていくのも気づかないくらい頭の中が白に埋め尽くされた。

ハッと我に返った時には、もの凄く怒り顔の奏江。

「…も、モー子さん…?」
「絶交よ!!」
「え…ええ!?なんで!?どうして!?」
「隠し事したからでしょうが!!」
「か、隠し事なんてし…。」

してない、とキョーコは言おうとしたが、蓮が飛んでもない発言をしたことを思い出した為、続きが言えなくなってしまう。

「ち、違うの!私、敦賀さんと使ってなんか…!」
「キスしたじゃないのよ!」
「あれはされたの!」
「だったら、いくら記憶喪失の設定だからって、抵抗しなさいよ!!」
「だ…だって!」

そこでハッするキョーコ。今、とんでもない言葉を言おうとしていた気がする。

「…なによ?」
「と、とにかく!!本当に敦賀さんと付き合ってなんかないの!!信じてモー子さん!!」

神に訴えるような気持ちでキョーコは奏江に言うと、

「ふーん?まあ、あんたの言うことが本当だとして、もう遅いと思うけど?」
「え…?」
「だって、交際宣言しちゃったんだから。」

キョーコは固まった。固まる以外の反応が出来なかったと言ってもいい。

「…い、いやぁああああああ!!」

数秒後、ロケ現場として借りた病室でキョーコの悲鳴が響き渡ったと言う…。

ちなみに、その後にプロデューサーに交際宣言は嘘だからオンエアしないでくれと頼んだのだが、照れてると思われて流されてしまい、見事オンエアされてしまった。

キョーコが灰になったのは言うまでもない。

けれども、このままでは蓮のファンに殺されるので、その件に関して、蓮に発言を取り上げほしいと頼みに言ったのだが、彼はキュラリと笑うと、

「やだ。」

たった一言で拒否なさった。あげくの果てには、

「君が俺とつき合うか、俺が君と付き合うか選ばせてあげるよ。」

選びようの選択を責められる。もちろん、どっちも選ばないと言う選択などない。

試しに口にしてみたら案の定、

「じゃあ、俺が選んであげるよ。」

選んだ答えのかわりに、唇にキスされる。おまけに腰砕けにされ、そのままベッドに連れてしまった。

その後、ベッドの上で蓮が好きだと認めさせれ、散々好きと言わせられたキョーコは何だかんだで幸せ?な朝を迎えたのである…。




いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。