赤髯王の呪い

¥1,100
株式会社 ビーケーワン

1948年ロンドン。エチエンヌは故郷アルザス在住の兄から届いた手紙に驚愕する。ある晩、兄が密室状態の物置小屋の中を窓から覗いてみると、16年前 “赤髯王ごっこ”をしたために呪いで刺殺されたドイツ人の少女エヴァの姿があったというのだ。エチエンヌは友人から紹介された犯罪学者ツイスト博士に、当時の状況を語り始めるが…。『第四の扉』刊行以前に私家版として発表された幻のツイスト博士シリーズ第1作。アルザス=ロレーヌ作家協会賞受賞作。ほかに、短篇「死者は真夜中に踊る」「ローレライの呼び声」「コニャック殺人事件」収録。

ポール・アルテの出版物としては13番め、日本では5番めにあたり、現在(記事投稿日参照)では最新刊。
しかし実質的には処女作らしい。というのも元々は友人がコピーして私家版を作り、仲間うちで配っていたものだった。自費出版といえるほどでもないものだったらしい。
これを地元の文学賞に応募して入選。しかしここでも出版までには至らなかった。その後のことは巻末の解説に経緯が詳しく載せられている。

この作品の第一稿(つまりアマチュア作品として)では探偵役のツイスト博士は登場しておらず、カーが生み出した探偵ギデオン・フェル博士が使われていたらしい。版権上で無理があり、ツイスト博士が代役となったという。

これは大学のミステリ研やアマチュアサークルで、発表作品に日本の名探偵を登場させるようなものだろう。そんなエピソードも素人作品らしい。

肝心の内容はというと、コピーで私家版で済ませるには完成度が高すぎる。よくぞ出版にこぎつけたと思う。
しかしその反面、素人臭さというのも漂っていることは否定できない。
いくつも出てきた謎の殺人事件をこんな形で解答をしめし、はたして読者は納得するのだろうかという部分もある。
しかし推理そのものもはいたって論理的なので犯人がわかったときの気持ちよさはある。

ミステリで重要なのは提供される謎の面白さと解決したときの爽快感だが、それをどれだけのページ数で表現するかという読者の労力への配慮も必要だと思う。
そういう意味でも良いバランスに仕上っている作品だといえるだろう。
AD
黒い蘭の追憶

\971
株式会社 ビーケーワン

最愛の夫とふたりの子供にかこまれ幸せな生活を送るキャロライン。
だが彼女には、19年前に当時5歳だった娘のヘイリーが誘拐され惨殺体となって発見された過去があった。
犯人が逮捕されぬまま月日は流れ、その間キャロラインは傷心のままに新しい家庭を築いた。
そして今、キャロラインの周りで奇妙なことが起きはじめる。
生きていればヘイリー24歳になる誕生日、死んだはずの彼女の声がどこからともなく聞こえ、墓には黒い蘭の花束が供えられる。
さらにヘイリーと一緒に消えたはずのピエロの人形が自宅に忽然とあらわれ…
19年前にヘイリーを拐った犯人がまた?
全米大絶賛のスペンス、型新人のデビュー作。


ちょっと古いせいか表紙の画像はないようです。(笑)

読んだのはだいぶ前だが当時の読後のインパクトは充分だった。
サスペンスらしいサスペンスで味付けされている。
少女誘拐に惨殺死体に謎のピエロと、事件の内容はいたって嫌なもの。
だから解決してからも爽快感はあまりない。(笑)
評判通りの良作で、謎が解けた気持ちの良さはあるが、子供が誘拐され殺された事件をハッピーエンドというわけにはいかない。
迷路

\1,000
株式会社 ビーケーワン

ロンドン郊外の高級住宅地で著名な実業家が自宅の書斎で殺害された。
捜査の結果、外部からの侵入は不可能。よって当夜屋敷に滞在していた十人の男女の中に殺人犯がしぼられた。容疑者たちは被害者の家族と友人たち、そして使用人。
だが検死と審問によって彼らの意外な動機が明らかになっていき、真相究明は迷路の中へ。
ロンドン警視庁は休暇中の名探偵ゲスリン大佐に証言記録を送り、助言をこう。
そしてゲスリン大佐が証言記録だけで推理した事件の真相とは如何に?

書簡と証言記録だけで全篇が構成され、読者は探偵と同じ情報を与えられる。
さて犯人は誰だ? と読者を挑発する本格推理小説の名作。
あなたは論理的に推理で真犯人に辿り着けるだろうか?



ページ数が少なく登場人物の数も適度なので読みやすかった。
書簡と証言記録で構成されているだけに、物語より純粋に推理のロジックを楽しむ作品。
慌てて解決篇を読むのは我慢して、自分でもしっかり推理しておきましょう。
寒くなっていく季節にこういう作品はなぜかあいます。
赤い霧
\1,100
株式会社 ビーケーワン


1887年英国のブラックフィールド村に、『デイリー・テレグラフ』の記者と名乗る男が十年振りに帰郷する。
この村で昔起こった密室殺人事件を正体を隠して調べ直すためだった。
十年前に娘の誕生日に手品を披露するはずだった父親が、カーテンで仕切られ密室状態になっていた部屋で、背中を刺されて死んでいたという事件だ。
当時の関係者の協力で事件を再調査するが、そのうち新たな殺人事件が起こってしまう…。

奇妙な密室殺人と犯罪史上最も有名な連続猟奇殺人を融合させた冒険小説大賞受賞作。


『フランスのカー』と言われるポール・アルテの冒険小説大賞受賞作です。
ミステリでいいじゃんかと思うのですが、後半から冒険小説らしさにはなります。
ちゅうかですね、この方法を使えばミステリはすべて冒険小説になるのではと思うのですけど。

密室殺人ではポール・アルテらしさがでています。
犯罪史上最も有名な連続猟奇殺人がなんで何であるかは、1887年英国という設定からもだいたいわかるかと思います。
ポール・アルテとしては実験的な作品だったかもしれません。
それでも読者に支持され成功しているのだから、やっぱりポール・アルテの評価はフランス内外問わず高いですね。
カーテンの陰の死
\1,100
株式会社 ビーケーワン


発見された刺殺体は頭皮が剥がされていた。
偶然殺人現場に居合わせたマージョリーは、自分の下宿に犯人と同じ服装をした人物が入ってくるのを目撃する。
この下宿屋には、変り者のピアニスト、若手の新聞記者、作家を名乗る青年、酒浸りの元医者、盲目の元美容師など、一癖ありそうな連中が住んでいた。
そしてその住人の一人が、カーテンで仕切られた玄関で、背中にナイフを突き立てられて殺される。
しかしそれはカーテンで仕切られていたというだけで、実質的には密室状態であり、なんと同じ建物で七十五年前に起きた迷宮入り事件とそっくりだったのだ…。
ハースト警部とツイスト博士が密室殺人の謎に迫るシリーズ第三作目。


本格ミステリ好きを唸らせる設定が上手い。
そしてもうちょっと気の利いたタイトルはなかったんだろうかと思わせる手口も上手いことにしておこう。
冒頭に起こるのは猟奇的な殺人、それを室内へと導き密室殺人を触発させ、そして過去の迷宮入り殺人とだぶらせるテクニックには、こにくいまでの上手さがある。
容疑者の設定にもミステリらしい魅力があった。

しかしあまり広げすぎたものを畳みすぎて小さくまとめてしまうと、大した事件ではなかったように思ってしまいます。
死が招く
\1,100
株式会社 ビーケーワン


内側から錠がかかった密室。書斎で死んでいるのはミステリ作家。
その様は煮えたぎる鍋に顔と両手を突っ込み銃を握りしめていた。
傍らの料理はまだ湯気が立っている。しかし何故か遺体は死後二十四時間以上が経過していた。
しかもこの現場の状況、作家が構想中の小説『死が招く』の設定とそっくり同じではないか…。

登場人物にはミステリ作家に奇術師など、クセのある者揃い。
犯罪学者アラン・ツイスト博士シリーズ第二作。



『フランスのカー』だけあって、設定からしてあの作品を彷彿させます。
だいたいこれで「ポール・アルテと言えば密室と奇術師」というのが固まってきました。
「これは新本格ミステリ(海外ではそうは言わないだろうが)の幕の内弁当や~」というぐらい、好きなおかずが並べられています。

食べた感想も幕の内弁当らしいものでした。
密室トリックというのは解決のときは単純なものですから、大きく広げた風呂敷をどれだけ簡潔に畳むかが作家の腕のみせどころです。
その答えを「驚きの解答」と受け取るか「論理的帰結によるシンプルな答」と思うかは、読んだ者の感覚です。
第四の扉
\1,100
株式会社 ビーケーワン


オックスフォード近郊の小村にあるダーンリー家の屋敷。
ここには数年前に密室状態の屋根裏部屋で全身を切り刻まれて死んだダーンリー夫人の幽霊が出るという奇妙な噂があった。
その屋敷に霊能力を持つと称するラティマー夫妻が越してくると、さらに不思議な事件が続発する。
隣人の作家アーサーが襲われ、と同時にその息子ヘンリーが失踪。
数日後ヘンリーは同時刻に別々の場所で目撃される。
そして呪われた屋根裏部屋での交霊実験のさなか、またしても密室殺人が…。



紹介する『第四の扉』は著者のデビュー作で、ニャック・ミステリ大賞受賞作。
探偵役には犯罪学者 ツイスト博士が登場する。

ポール・アルテのことを何で知ったのかは忘れたけれど、たぶん何かの書籍を読み終わり、その巻末の解説の中で『フランスのディクスン・カー』と紹介されていたから興味を持ったのだと思う。

密室殺人というものは、今でも日本では新本格として、おもしろパズルとして、名作へのオマージュとして発表されることが多いけれど、はたして外国にもまだあるジャンルかなと思っていた。

そこにフランス人作家のディクスン・カーが現れ、しかも密室トリックの作品を連発し、それが国内外で高い評価を得ていると知ったとき、これは読まずにはいられないと思った。