森進一ってさー、いっそ歌手からの引退を表明してみたらいいんじゃないかな?

「川内さんの歌詞を歌えないなら歌手森進一も存在できません」とかいってさー。

それで川内さんが歩み寄ってくれればそれでいいし、本当に引退することになっても自分を伝説化できるだけプラスなんじゃないかな?

客入りが悪いといわれるコンサートなんかやらなくてよくなるよ。

かわりに生で聞けなくなった歌をCDで聞こうとするから売上げ伸びるんじゃない?

これがそれを見込んだ森さんと川内さんの仕込みだったりしたら二人に脱帽しますけど。

川内さんは脱毛してください。
AD

田原俊彦の人気凋落原因は「ビッグ発言」ではない


 1月24日に新曲『上海慕情』を発売した“マッチ”こと近藤真彦(42)..........
≪続きを読む≫


そりゃまあ、あれだけ人気が凄かった時代に比べれば落ちているとい言われても致し方ないでしょう。
でも、まがりなりにもまだ芸能活動で食えているということは認めなきゃいけません。

光ゲンジの元メンバーなんて他にも仕事持ってやってるでしょ。兼業してるだけでもまだマシなほう。
完全に芸能界から引退して知人の会社でサラリーマンというケースだってあるんだし。

じゃあ田原俊彦が今の芸能界に苦労しながらしがみついているのかという印象はどうでしょう。
あれだけテレビや映画の仕事をしていた人間が、ぱったり出なくなればそう思えてしまいますか。
でも本来の芸能活動なんてものは地方の小さい会場でのコンサートだとかディナーショーが本道でしょう。
テレビや映画で活躍していることが凄いだけ。

全国区が普通でドサまわりがみじめ
というのは逆で
ドサまわりが普通で全国区を続けることが凄い
じゃないでしょうか。

実際のところ、主催公演で客を集めるほうが直接金が行き交うぶんだけシビアで難しいですよ。
テレビのようにパックで使われたり出演料が保証されているほうが楽。
日本全国の中に、それでもこの人のためにいくらかお金を使おうという思ってる人がいるんだから。

結局ファンも歳をとるから、お金を使わなくなるからね。でもコアなファンほど大きくお金を使ってくれる。
大きな会場で客を集めるには浅いファンまで連れこないといけないから、自然値段はリーズナブルになってしまう。
小さな会場でコアなファンを集めれば、経費も掛からず金額も悪くない。

年間3000人のファンが3万円ほど使ってくれれば、それだけで9000万円の商売ができる。
諸々の経費で三分の二が飛んでも手元には3000万円が残る。
この時代、年収3000万円もあれば十分じゃないですか。
税金を考えたら億を稼ぐより能率いいかもしんない。
そこそこの贅沢だってできるでしょう。

昔の大スターは、そのそこそこの贅沢で我慢できないから莫大な借金を背負って死んでいったんだな。

それを思えば、田原俊彦は身の丈に合わせた仕事と暮らしをしているだけですよ。
それで一般人より良い収入で良い暮らしをしてるのだから、それを落ち目といってたら我々の立場がございません。

我らみじめな税金奴隷、資本家に搾取をうける労働者、一般人でござ~い。ってところなんでしょうな。

X-JAPAN再結成か TOSHIと小室哲哉がブログで示唆


 1997年に解散した、日本を代表する人気ロックバンドX JAPANが今、再結成に向け動き出しているようだ..........
≪続きを読む≫


人気絶頂の頃のスタイルでするのかな?

でもいまさらTOSHIのあのメイクアップを見たところで、ああなった後の今じゃあ、無理してるなとしか思えないけどねえ…

まあ無理してる感も含めてX JAPANだなって感じもしなくもない。(笑)

しかし昔つきあってた女が大物と一緒になってしまうと、後々に同じ畑じゃ仕事やりにくいだろうなあ。

「僕妹」と「ピンカー」

テーマ:

松本潤主演映画『僕は妹に恋をする』の原作はエロ少女漫画


 双子の兄と妹の“禁断の愛”を描く映画『僕は妹に恋をする』(PG-12指定)が1月20日から公開される..........
≪続きを読む≫


こういうテーマの作品はいつの時代になっても出してくるもの。
いまさら倫理がどうこうだ言っても仕方がない。

漫画だけじゃなく小説も入れたらかなりのもんだろう。
小説の中には官能もあれば純文学に入れられる作品もある。
まあいわば永遠のテーマちゅうか、メシの種なんだな。

昔はジョージ秋山の漫画「ピンクのカーテン」は話題になってたよ。

ピンクのカーテン/美保純

¥3,471
Amazon.co.jp

ポルノ女優として人気絶頂だった美保純が主演をしております。
できれば原作の漫画を紹介したかったが無かったわ。

しかしテーマは繰り返され使われるというものの、確実に時代は進んでおりますね。
「ピンクのカーテン」時代は兄妹の危うい関係を描いて18禁。
18禁といっても日活ロマンポルノなので一般上映じゃないよ。
ポルノ映画舘なんて、実質女性なんか観にいけね~。

それが今やアイドルを起用して、危ういどころかそのまんまを描いた原作を映画化して12禁だもんな。

しかし「ピンク」の美保純も「僕妹」の榮倉奈々も、「ひとつ間違えばの微妙」な可愛さに共通項がある感じ。(笑)

鷹化する慶太

テーマ:
久しぶりにテレビでw-inds.を見た。

なんか知らんが真ん中に大きなオッサンが踊っていた。

よく見たら前からいる橘慶太だった。

育ちすぎてオッサンになっとるじゃないか。

もうちょっとで加藤鷹と見間違うところだったぞ。

モー娘。新メンバーは中学2年13歳


 人気アイドルグループ・モーニング娘。の第8期オーディションが、10日『ハロー!モーニング。』(テレビ東京)で放送された。6883人の中から選ばれたのは、滋賀県出身の光井愛佳さん(13)..........
≪続きを読む≫


モー娘のネタになると、まだやってたのかと言う人が多いね。
でも中身が入れ替わるのなら外枠を解体する必要なんかないわけだ。
稼げるうちはまだまだ辞める必要はない。

飽きたのはそれ相応の年齢になった人であって、子供にはまだまだ人気があるわけだし、子供からの人気を支えるために憧れの対象にすべく子供から新メンバーを選んでいるわけだし。
ターゲットから選んでターゲットに売るという、シンプルかつ理想のビジネスだと思うよ。

後からゴシップの出そうな奴は入れない、既に垢のついている元タレは入れないという、これまであったオーデショングループの崩壊例を参考にしているところも立派だと思うけどね。

これからアイドルになる新メンバーには一貫して処女性を求めるという方向性もモー娘に限っては間違いじゃない。
なってから後にそれを失ったとして、それから残るか出るかは世間の顔色を窺いながらの判断なんでしょう。
それが容認できるキャラもいれば、できないキャラもいるしね。

ま、そんなことより、「そのうちの1人がブログで喫煙の過去を暴露していたり、男性とのキスプリクラをアップしているような問題児だった。」という一文が気になった。

たぶん落ちることを想定しての確信犯だな。
AVデビュー時に「モー◯ング娘。オーデションで最終選考まで残った」という肩書がつくことでしょう。
しかしこれにしても今や二番煎じだけど。
リリー・フランキーの『おでんくん』ってさ、アンパンマンと同じポジション狙いのあざとさを感じるね。

でも儲かりそうだから狙いとしては大正解だね。

しかしこれを先に思いつかなかったところが、こっちとしてはジェラシーだな。

リリー・フランキー、さすがだよ。

僕も今のうちに『おせちくん』とか、『幕の内くん』とか書いておこうかな。

関係ないけど、安めぐみとへっふふしたいな~。

おでんくん(2007年度カレンダー) 229

¥1,300
株式会社 ビーケーワン

おでんくん あなたの夢はなんですかの巻

¥1,400
株式会社 ビーケーワン

おでんくん 2

¥1,400
株式会社 ビーケーワン

おでんくん

¥700
株式会社 ビーケーワン

おでんくんひみつじてん

¥800
株式会社 ビーケーワン

リリー・フランキーのおでんくんマガジン

¥619
株式会社 ビーケーワン