こんばんは^_^



僕は女性専用のシェアハウスを運営している。

シェアハウスは女性の方がニーズがあるからです。


新年が明け 新年早々僕はこの入居者に対しての対応策を練っていた。


1月4日に家賃の振込みを催促、鬼電とメール


{BDBE834F-02D0-463E-9972-754ED27A8A35}





しつこさに観念したのか6日に振込みあり。


ただ危険人物であるのは間違いないので
気を抜けない、どう退去に持ち込めばいいだろうか。。




1月に入って内覧するごとに次々と入居が決まり
1月末には 3/9から 9/9になった。


振り返ってみたら12月は内覧が7件あったのは多い方 だが入居申込みはなかった。


その理由がすごく大事なので理由を確かめるべく、過去の内覧者に連絡をとってみた。


すると一部返答を頂き、分かったのは実際に ほとんどの方が 引越しをする必要性がなく安いから何となく見に来た。



そんな感覚だった。


あとはこの入居者が6月中旬に何事もなく退去をすればいい。


そう願っていた。


がその考えは非常に甘かった。


続く





AD
こんばんは^_^



僕は女性専用のシェアハウスを運営している。

シェアハウスは女性の方がニーズが高いからだ。


都内で運営してるシェアでのトラブルメーカーだった入居者の一部をご紹介したいと思います。



不良入居者=A氏


去年の12月にA氏は入居し、実際内覧はせず
ネットで部屋を見ず 入居を決めました。


北海道にいるからと電話で応対し
デポジットを受け取り 入居を受け入れた。


当日 会った瞬間 服装は派手
態度も少しキレ気味。顔もなかなか合わせない。


入居を受けるとは言ってしまっていたのでその際は引き受けた。


12月の日割り家賃と1月分は25日に入るからと言いまとめて払うよう約束。


当時一時的にトラブルで募集がストップし、再開した後
なんと内覧7連敗中だった。
かなり焦りを感じ、一刻も早く入居を決めたかった。


家賃を今よりも下げても連敗続きでメンタル的にも弱っていた。


何故こんなに立地よく、家賃も安いのに。。。と

そのような状況だから入居を受け入れてしまった。




A氏が入居してから
タバコの臭いはするは
門は開けっ放し


ルームも全く守らない


そして約束のA氏からの25日 振込日



振込みないじゃん。。。


電話したところ

A氏
「確かに振込みました!」

「振込み用紙用意してと言いましたよね?」

A氏
「なくしました。
送金したにも関わらず銀行エラーになったのかと思います。私のお金もどこかにいきました。
どうしようもありません。」

「明細書探してください。
このまま振込みがなければ
入居条件を満たしていないので
2週間後に退去してください。」



と伝える。


A氏

「そこまで一方的に言われるのであれば
消費者センターに行きます。」


「大変申し訳ありませんでした。一方的な部分もありましたので一部修正したく思います。
メールのやり取り等の記録を元に
専門家にお伺いし 然るべき処置を取らせて頂きます。」
と連絡。


A氏
「あーそうですかー」


2016年の最後。
2つ目の物件のゴールは
まだまだまだまだ先が遠そう

だと思った。


お参りの時に
「何のトラブルもなく、無事に運営できますように」と祈った。


続く


最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

AD

稼ぐだけでは幸せになれない

テーマ:
こんにちは^_^


そう、です。

突然ですが質問です。

・あなたはどれくらい年収があれば幸せだと感じますか?


①10億
②1億
③5000万
④3000万
⑤2000万
⑥1000万
⑦600万
⑧400万


多ければ多いほどいい!

と思うかもしれません。

10億あれば幸せだなぁと思う人
1億なければ幸せだと思えない人
400万でも幸せだなぁと思う人


様々だと思います。




アメリカの経済学者リチャード イースタンが唱えた説で





貧しい時には収入が増えると幸福感が増す



と言います。
しかし





年収が一定レベルに達するとそれ以上収入が増えても幸福感は変わらない






というものです。

アメリカの調査でも

7.5万ドル(800万ドル)



を超えた辺りで幸福感の増加がストップするという結果が出ています。






例えば
年収が500万→700万になれば幸福度は少しずつで高まっていくと思います。







お金のストレスも軽減し、好きな物も買えるようになり すぐに欲しいと思えば 手に入れれるようになります。







ですが一番大事なのはそれからです。

自分が幸せになるためにはいくら必要だろうか?


もっと必要なのだろうか?

もう必要ないのだろうか?


ここで重要なのはお金の

使い方

です。


どれくらいあれば幸せになれるか?




それはお金以外のことがかなり重要になってくるかと思います。

・ワークスタイル
・人間関係
・家族
・趣味
・成長




例えば 投資で有名なウォーレンバフェットさんは
巨額の資産を持っているにも関わらず


普通の家に住み質素な生活をしていたそうです。


稼いだお金は寄付などをして奉仕しているそうです。

まずはこれだけあれば 自分は「幸せだなぁ」と思える額を設定しましょう。

例えば月一で海外に行き、
タワーマンションに住むこと

これが絶対に幸せ!

だと自分でも分かったら年収3000万はいると思いますし


逆に

私は普通の家で 旅行もほどほど
毎日子供と生き生きした生活がしたい


と思う方は年収400万円でも
幸せな数字だと思います。


僕も


普通のマンションで
車も興味ないですし
服も普通でいいし
未来の子供に関しては未知数ですが



そこそこあればいいかなぁと思うくらいです。


都内には


稼いでます!


アピールしてる方がウジャウジャいますが
全く惑わされる必要はありません。


自分の人生の軸を持って
楽しみましょう^_^


最期までお読み頂きまして誠にありがとうございました。












AD