名古屋 宗次ホール

テーマ:
{1C163E57-B0E7-495F-AB94-40FD2C326012}

完売御礼!
ことしのコンサートも終了いたしました。
ありがとうございました。

Merry Christmas !!

{A396B538-8B9C-458C-81BB-0ADEB583B275}


AD

浜離宮朝日ホール クリスマスコンサート

テーマ:
{EDBB3F93-353E-46F4-811C-6A852F19367B}

明日はいよいよ浜離宮朝日ホールにてクリスマスコンサートですトナカイクリスマスベル

曲の見どころについて少しお話ししたいと思います! ネタバレしてるところもあるので、楽しみをとっておきたい方は、公演終了後に覗いてください^^

リーダーの大坪さんの記事もSNSや音楽雑誌記事など多数出ていますので、検索してご覧くださいね♪

一曲目の三隻の船、イングランドに古くから伝わるクリスマスキャロルで、歌詞の中では、クリスマスの日に三隻の船がやってきて、キリストと聖母マリアを乗せてベツレヘムへ向かう様子が描かれています。

打楽器の名手でもある、染谷ゆかりちゃんと波崎百合子ちゃんのベルツリーによる掛け合いから静かにオープニングが始まり、わたしのなかでは、密かにクリスマスボルテージがじわじわと来た来たーとMAXまで上がっています!
一年の中でいちばんクリスマスか好き。
この時期にこの楽器でコンサートができることがすごく恵まれているなと思います。

2人の打楽器演奏はもちろん、ハンドベルでの細かい連符を正確に刻む技術はとても素晴らしいので、ノクターンNo.2や、カプリス、レスギンカなど、是非2人に注目してください!

アレンジも転調したり、ロック調になったり、ベルだけではなく、クワイヤチャイムや太鼓類も入りとても楽しめるアレンジとなっています。
たくさんのアレンジ楽譜を探し続けてくれた小山恵理ちゃんに感謝です。

ショパンのノクターンNo.2は大変有名であり、とてもロマンティックな曲。しかしながらメロディが修飾されながら反復が繰り返される、低音泣かせな曲だと思います。
低音の名手、福田義道さんのカバー範囲も広く、隣でちまちま動いているわたしでも少し叫びたくなるような疲労度、この曲はとてもキツイのでは無いかと想像します。
終わった後のスポンジや楽器に滴る汗の数が尋常ではありません。
それとは裏腹に美しく奏でられるメロディをじっくりご堪能ください。

私的、一部のオススメはレスギンカ!!
乾いた小太鼓の響きと、速く激しいパッセージ、燃える!この曲大好き。

ハチャトゥリアン作曲によるバレエ組曲ガイーヌ。
レスギンカとはコーカサス地方の民族舞踊・伝統音楽・舞曲のこと。

ステージ真ん中で、金管パートを演奏する、若手2人、津布久涼子ちゃんと、小島多佳子ちゃんにご注目ください!
真ん中のベル、一見軽そうですが、持ち替えが激しく、時に2つを片手でもったり。けっこう重い、というか、指の股が痛いと思います。俊敏な動きでそれなりのヴォリュームをり出せるのはこの2人にしかできないと思います!若さって素晴らしい、時に残酷。

みんな大変そうだ、、、と苦しそうなメンバーを横目に、悪魔のわたしがみんなをあおれと囁きます。
フェドセーエフ指揮のモスクワ交響楽団が演奏するテンポまで上げるのが密かなわたしの野望です。

クワイヤチャイムもハチャトゥリアンの奇抜な和音をナイスな響きで存分に引き立てているので、是非、小山恵理ちゃんにもご注目ください。クワイヤチャイムを立ててマレットで叩いて演奏しています。

アレンジは、山岸智秋さん。
今回のコンサートはママがサンタにキスをしたもアレンジしていただいています。
キレイだったり、ぎりぎりな和音がたくさん使われて、山岸さんのアレンジはとてもカッコイイです。

ママサンタでは、大きな福田さんの隣で小動物のような可愛らしさでベルをプラックしている小島多佳子ちゃんも見どころです。ハイベルもローベルも器用にこなす彼女、時折感じる根暗臭、絶妙♡


2部の頭は、シベリウスがフィンランドに対する熱い愛国心を込めて作曲した名曲フィンランディア。
余談ですがダイハードのBGMにも使われていましたね。
フィンランド国民にとっても特別な意味を持つ作品となっており、この曲が作曲された19世紀末から20世紀初頭にかけてフィンランドはロシアの圧政下にありました。ロシアからの独立の気運に燃えていたフィンランド国民を鼓舞したのがこの「フィンランディア」でした。
曲全体を聴いたことのない方でも、ストーリーが見えて存分に楽しめる曲だと思います。

こちらの曲では、昨年からきりくのメンバーとなった柏原順子さんと一緒にクワイヤチャイムを演奏しています。
いつもネイルもメイクもキレイにしており、お顔も小さいので、出来れば、隣に並びたく無いです。あしたは遠近法ではなく確実に隣に立っていますので、そちらにも注目ください。

ベルの得意とする音色で、泣かせどころでもろあるフィンランディア賛歌を歌い、勝利に向かうファンファーレ、さいごにシンコペーション、このパートは羨ましい!!津布久涼子ちゃんが長い手をふんだんに使って、まるで民衆を導いているかのような天を仰ぐような姿は必見。
クライマックスでは全員で雄大さを表現したいと思います!

記事も雑になってきたところで、(スミマセン 汗)またあした、会場でお会いしましょうv(^-^)v

{205716F9-FB3C-4490-BEF1-978659345DF7}



AD