1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2010-01-25 14:55:27

ブログ移転のお知らせ(1年ぶりver)

テーマ:ブログ
どうも、どうもみなさま。
お久しぶりでございます。フジハラです。

なかなか更新されないとお嘆きの声
今頃「60億色の世界」読みましたという
タイムスリップな声が頻発するなか

これではいけないと報告に踏み切りました。

え~ブログは移転しております。

↓↓今メインのブログはこちらです↓↓

ヒトゴトがシゴト~アーチコアCBOフジハラセイジのblog

で、ここの「心動」は、形を変えて
個人的なレビューサイトに変更しようかなと思ってます。

ではでは、これからも皆様
どうぞごひいきに!
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2009-04-27 14:08:27

カミングス~~~~~ン

テーマ:ブログ
どうも、セイジです。

いよいよ、というか

そろそろ、というか

いずれにしても、おっひさしぶりに

ブログを更新していこうと思います。

この数カ月、100数冊近い本を読破し
数十本の映画とDVD、馬鹿みたいに
YOUTUBE、ニコニコ動画などにて映像を研究し
はては体をはった未知なる挑戦による体験を蓄積し
圧倒的にインプットしておりました。

皆がブログ、ブログと言い出すと
まったく書きたくなくなる天の邪鬼な
性格は相変わらずで、
その天の邪鬼をやっつけるのに
とっても手間取ってしまいました。

で、一気に3本のブログを立ち上げようと
決心いたしましたので
ウソにならないようにご報告しておきます。

公開は近日です。
カミングス~~~~ンってやつです。

・1本目
 「かたやぶりな恋の格言ブログ」
 
 これはですね、ものすごく僕自身恋愛の相談を
 受けることが多いのですね。
 そのつど感じていたことは、人は無意識のうちに
 世間にはびこる「格言」的なものに
 自分の恋愛をあてはめていく傾向があると
 思っていたのです。

 たとえば「喧嘩するほど仲がいい」とか
 そういうたぐいのものです。
 ジンクスとかも、そうかもしれません。

 でも僕は、まったく違った感じ方で
 それらを無視して(笑)長く続く恋愛を
 幸せを手に入れております。

 そのエッセンスを時に過激に時に優しく
 一つでも多く奇跡的にめぐりあった男女を
 長続きさせていくために、書いていこうと思います。


・2本目
 「ヒトを創る関係」

 僕は、世の中の皆がみなクリエイターだと信じています。

 その証拠に、いろんな人がいろんな色の服を着て
 いろんな人との関係を結び、いろんなことを感じて生きています。

 僕自身が出会う人や出来事の中から
 僕がこういうところに「クリエイター魂」(クリタマ)を
 感じるんだということをシェアしたいと思います。

 どちらかというとプライベートブログ的です。


・3本目
 「少しまじめにお仕事ブログ」

 ケンチャンと立ち上げる新しいわが会社
 「ARCH CORE inc.」(アーチ・コア インコーポレイテッド)

 の新しいビジネススタイルを紹介
 毎日どういう仕事をしているのか、
 またどういう新しいサービスを提供しているのか
 どんなものから僕たちは発想をふくらませているのかなどを
 紹介したいと思います。

 また以前から要望の多かった

 「どんな本を読んでいるのか」
 「どんなものを使用しているのか」
 「どんな視点からそれを選び出すのか」

 なども具体的なものを出しながら
 紹介していくつもりです。

 とっても勉強になるはずです(自画自賛)

 と、こんな感じで書いていきます。

 またOPEN前にはここで告知したいと思います。

 更新しなかった間も見てくれていた皆様に
 感謝しつつ、それをも上回る期待にこたえつつ
 ぼちぼちやっていきます。

 これからもよろしくお願いいたします
  





AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2008-10-02 17:13:53

心理学第一講にて

テーマ:ブログ
昨日は、心理学第一講に行ってまいりました。

思ったより人数が多くてびっくりしましたが
それでも「人気がある講義」というのは
それだけで期待感が高まりますね。

講義内容については、詳しく言えないのですが
とにかく衛藤先生が、面白すぎますね(笑)

小芝居も例え話もリアルに場面を
想像できて、久しぶりに「うまい講師の方だなぁ」と
感心しまくってしまいました。

肝心のプログラムもあらためて聴く事も
多かったですが、白紙での聴講だったので
全てを吸収できたように思います。

それよりも驚いたのが、その学校の
受付の方に

「ザ・講座をされた藤原さんですよね」
「心動の藤原さんですよね」

と声をかけられた事です(笑)

その方は、今次回の大阪ザ講座の
応援団をされているとかで
僕のDVDを観てくれて、とても感激してくれたみたいでした。

本当にありがたいことです。

そんな僕が、基礎講座を受けていて
いいものかどうか(笑)一瞬考えましたが
本当に、表現したものって
自分の知らないところでも
どんどん伝播していってるんですね。

いつか自分のもとに
ブーメランのように反応が返ってくるんだと
心に誓って、本当に真剣に心の底から
いろんな表現をしていきたいなぁと思いました。

二回目も楽しみです。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2008-09-30 11:51:42

繰り返し上昇する世界

テーマ:ブログ
「時代は繰り返す」

これは、使い古された格言だけれど
ドッグイヤー(1年が7年分)とか
マウスイヤー(1年が13年分)とか
言われるスピードの早い現代において
今こそ有効な格言なんだと思う。

例えば

手紙に変わって電話が出現し
電話に変わってEメールになって
時代は今、言葉と感情が融合する形で
ボイスメールになろうとしている。

考えてみると

手紙の時代も長かったし
電話の時代も長かったけれど
携帯電話になってからEメール
そして更に映像やボイスメールに
なっていく流れは、あっという間なのではないか?

それは、人の価値観にもあらわれる。

競争によって個性を重視した
ナンバーワン時代から
協調性を重んじる時代になり
そしてまた、個性だ、自分探しだと
オンリーワン時代になり
人との調和と個性が融合した形の
コミュニティ時代になろうとしている。

ようやく皆が

「オンリーワンって言葉に
 たいして意味なんてないよね」

って気がつきはじめている。

なんだかんだ言っても結局人は
「そもそも自分はたったひとつの個性だ」と
自分で自分を納得させつつも、やってる事はその実
「誰にでもとって変わられてしまうような仕事」
だったりして、そしてそこに自分の価値の重点を
置いてしまうから話がややこしくなる。
出来事>自分、仕事>自分で考えてしまう。

だから

「オンリーワンでなければならない」



「オンリーワンであるべき」

なんて、訳のわからない「べき論」が発生する。

オンリーワン=オリジナルなアウトプットであること

だと錯覚している人もいる。

オンリーワンは、つまり「1は1である」であって
決して「0から1を生みだす」という事ではない。

バラはバラで、スミレはスミレという事と
芽が出て花を咲かせ、それによって人を感動させる事とは
そもそも別個のことがらなのだ。

と、ここまで気がついてハタと思うのが
「オンリーワンだ!と叫んでいったい何になるのか?」
という事で、そこまではそもそも「あたりまえ」なのである。

僕が「60億色の世界」の中で書いた「みんなグレーじゃないか」という
一節は、つまりは「そう思いたかった」だけの「消えそうな自分の叫び」で、
本当はみんながそれぞれ「違う色」なのだと気がつくそんな話だ。

逆にみなが「オンリーワン」と言う事に重きをおいてしまえば
もうそれは、オンリーワンなんて誰もいないという
状況にもなってしまうのである。

人は生まれてから死ぬまで間違いなくオンリーワンだ。
が、しかしだからといって他とは違うと我をはっても、
一人では結局そんなにたいした事はできない事に気がつくだけ。

だから「一期一会」が大切な事なのであって
それに目覚めた人はコミュニティを誕生させたり
コラボレーションに力をいれたりする。

そして僕は「心動」という
「それぞれの心を重ね合わせ力にする」事の
大切さを自分の中心に置いた。

でも、また「時代は繰り返す」のだから
きっと先の時代は、この考えも変わっていくのだろう。

そんな未来をただ、憂うでもなく
期待するのでもなく、単なる予測でない
予見するとてもいい本を読んだ。

ヘーゲルやマルクスの「弁証法」を下敷きにした
この本は、これから先の世界が少し垣間見える。

もうぐずぐずしてはいられない。
自分が自分として、今から何かできることが
この世界には必ずあるのだ。

未来を予見する「5つの法則」/田坂 広志

¥1,680
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2008-09-27 15:16:29

名前の伝え方

テーマ:ブログ
最近は、電話よりメールが主流になってきたために
少なくなってきたけれど、それでも電話予約なんかで
たまに聞かれるのが

「お名前はどういう漢字でしょうか?」

という質問。

で、35年も生きてきてこの問いに
未だに会心の答えを繰り出したことがない。(笑)

「藤原」

という名字も下手すると

「ふじさんのふじに、はらっぱのはら」

と伝えやすさを優先して、それだと

「富士原」

に、なるという間違った漢字を教えてしまう事もしばしばだ。

「藤原」に関しては

「ふつうの”ふじはら”です」

というのが一番伝わりやすい(笑)

下の名前になるともっと困難で

「聖」と「仁」を伝えるのは一筋縄ではいかない。

最近多用してるのが

「聖なるの”聖”に、笑福亭仁鶴の”仁”」

というやつで、これは「聖なる仁鶴」という
自分のリスペクトにも反しない、なかなか笑いのとれる
伝え方だと、結構気にいっている。

なぜ、こんな話をしだしたかというと
先日、友達の女の子にヤッキーというあだ名の子が
いるのだけれど、この子が、電話口で
名前の漢字を聞かれたらしく

「焼き肉の”やき”です」

と答えたのが、どうにも面白かったからだ。

で、「いつもそう言ってるの?」と聞くと

「そうですよ、ちなみにお兄ちゃんは
 焼き鳥の”やき”って言ってます」

兄妹そろって、食べ物シリーズかい!

「そしたらお母さんは?」

「焼きめしです」(笑)

一家揃って、焼く=食べ物で伝える

というのが浸透しているのが面白かった。

みんなはどんな伝え方をしてるのだろう?
ふと浮かんだ疑問なのだけれど、
伝え方という部分において、これは結構
深い問いかけなのではないかなぁ?と
思ったりしたのだけど、
やっぱり面白いだけかなぁ(笑)




いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

God's messege god.jpg ザ・講座「心動」 2008.6/28 ドーンセンター講演 a636c34d 「心動」講演 2008.7/2 5e28

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。