品良く可愛く美しく&ちょっと色っぽく♡柴崎マイオフィシャルブログ

イラストレーター&エッセイスト柴崎マイのBlogです。著書は「1秒で一目惚れされる見た目になる!」他4冊。現在のBlogにはファッションとヘアメイクをイラストでイメージすることで、なりたい姿になる方法を書いています。

ベル開催予定ワークショップベル
満席御礼!キャンセル待ち受付中!<なりたい自分になって未来に花を咲かせる!カウンセラー高橋未樹×イラストレーター柴崎マイビジョンメイクコラボセミナー>●1回目:3月28日(土)13:30~16:45●2回目:4月25日(土)13:30~16:45 ●3回目:5月30日(土)13:30~16:45


ベル連載ベル
「ソーシャルトレンドニュース」にて恋×映画×ファッションイラストコラム連載中!

ベルメディア出演&取材歴ベル
<TV>神奈川テレビ「はまらんちょ」美的女塾 /J:COM「ステキLife」美容コーナー
<雑誌・新聞・Web>集英社「MORE」/実業之日本社「Body+」/ベネッセコーポレーション「たまごクラブ」/読売新聞埼玉版/朝日新聞埼玉版/東京新聞埼玉版/朝時間.jp/ほか


手紙お仕事やメディア出演のご依頼、本の感想などは、
お申し込みフォームからお送りください。
NEW !
テーマ:
{6046BA8B-129A-4750-AA9E-E84D5954E091:01}


あなたがもし、好きな仕事で輝いて人生を変えたいと思っている人なら、

仕事のときは、いつも同じ系統のファッションにしましょう。

これは、以前私が、学ばせていただいたファッションプロデューサーの先生から教えていただいたことです。


とくに、お仕事でメディアに出ていこうと思っている人は、いつも同じような服の方が良いそうです。

自分ブランドを、ファッションでもブレずに作っていく感覚です。

確かに、あなたがもしカフェをしたいとして…お店で働く店員さんの制服は統一しますよね。私服なら、今日はヒップホップ系、今日はエレガント系、なんてしないですよね。

芸能人に例えるともっと分かりやすいかもしれません。

私が学んだファッションスタイリングマップの授業で、好きな芸能人の切り抜きをマッピングしてテイストを調べる課題がありました。

堤慎一さんを調べたとき、演技やプライベートらしき画像以外、イベントや雑誌のインタビューに出ているときのファッションが、同系色のワントーンコーディネイトがすごく多かったのです。もちろんわざわざ色々なテイストを着ないようにしているのです。

芸能人の方々は、スタイリストさんがついていますし、自身のブランディングもブレずにされているので、私自身もとても参考になります。

また、モデルの梨花さんをマッピングしたときも、服の系統を変える時期は、ある時期は徹底的にそのテイストのファッションで統一して、人の記憶に印象つけているのが分かりました。やはり、むやみには変えていないのです。

好きな仕事で輝くには、いつも同じ系統のファッションにして、自分で、タレント兼スタイリストになると良いんですね♡
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


自分も相手も心地よく、着ていてお互いが楽しいファッション

を、具体的に考えてみた受講生Cさんの例です。

彼女は、学生時代から黒づくめのエッジの効いたクリエイターらしいファッションが好きでした。好きになる相手も、同じようなモノトーンで、尖ってシャープな装いのクリエイターばかり。でもなぜか毎回辛い恋愛で終わってしまいます。

上手くいかない恋愛から卒業して結婚したい!と一念発起、自分に本当に合う相手と、どんな価値観を共有にしたいか?を考えました。

意外なことに、1番大事にしたい価値観は「育った環境」でした。

Cさんは、おじいさまが画家で、お父さまが企業の社長で地主、お母さまは専業主婦という、いわゆるお嬢様育ちでしたが、夜遅くまで働くお父さまと、家の中で家庭を支えるお母さまの生き方に反発し、社会でバリバリ働く女性を目指してきました。

でも、いざ結婚となると相手は、自分と同じような家庭環境で育ってきた人と、両親がしてくれた教育の価値観を共有したいというのが、本音だったそうです。

それからのCさんは本音に従い、実母からレクチャーを受け、ファッションも変えることにしました。

「幸せな結婚生活を送るために、彼と彼のご両親からも好かれる装いをしよう」

と、考えて実母からレクチャーを受けました。
同じような家庭環境なら実母の好みをリサーチすれば、外さないだろうと考えたのです。

お母さまが長年Cさんに着せたがっていたのは、お嬢様ファッション。Cさんが子どもの頃は嫌っていた柔らかい色あいのカーディガンや、ベーシックなフレアスカートやワンピースでした。

着てみると、以外にも着ごこちが良かったのと、それまで嫌っていたお嬢さまファッションも、奥深いことに気づきました。

早速、お嬢さま雑誌ヴァンサンカンも用意して熱心に研究。

トップスとスカートのバランスを考えて着たり、カーディガンもボタンの留め方や、袖のまくり方で垢抜けて見えることを知って、お嬢さまファッションの中でも、おしゃれに着こなすことに夢中になりました。

そんな日常の中で、商社に勤める彼、Dさんと知り合いおつきあいすることになったのです。

最初のデートでなぜか、自分の家族といるような安心感を覚えたのが不思議でした。色々話してみると、Dさんのお父さまと自分の父が、同じく企業の社長で、社長や自営業者が集まる団体に属していることを知ります。

そんな共通点が、おつきあいを続けていくうちいくつも重なり、ついに彼の両親に会うことに!

Cさんは、実母からも好評で自分も気に入っていた、ピンクのカーディガンとネイビーのフレアワンピースか、フレアスカートのセットアップのどちらを着ていこうと決めました。

そうして彼の家へお邪魔したところ…ファッションはご両親とも都会的で趣味の良い装い。お嬢さまファッションの中でも、クリエイターらしいセンスを取り入れているCさんと世界観がとても似ていたのです。

ご両親との会話も自然と進みました。そして、

「あ!私はこのお家にお嫁に来るんだな」

と自然に思ったそうです。

それから間もなくして、彼からプロポーズされて結婚したCさん。

わずか一年以内の出来事でした。

人生を変えたファッションストーリーは、あなたの元にもきっと訪れます♡



セレブ奥様になるファッションコーデも掲載中❤️↓
1秒で一目惚れされる”見た目”になる!/大和出版

¥1,404
Amazon.co.jp


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
前回、叶えたい願いがあるときは、ファッションを変えると良いって伝えましたが、具体的には日常の中で

「自分だけが心地よく、着ていて楽しいファッションのとき」と、「自分も相手も心地よく、着ていてお互いが楽しいファッションのとき」

を、上手く分けると良いと思うんですね。


と言っても、

「私はファッションが苦手で…」

という人も、このBlogは見てくれていると思うので、いきなりハードルが高いでしょうか?

私のワークショップでは、苦手だという方はだいたい

「自分に何が似合うか分からない」

とおっしゃいます。


なので、私が取得したファッションスタイリングマップという分析軸を使って、自分に似合う色、形、素材を知っていただくと、皆さん、
 
「ファッションってこんなに楽しいものだったんだ!」

と笑顔になって帰っていってくれます♪


ファッションに苦手意識がある人、または興味が持てない人は、一度ファッションのプロの元で、自分に似合うものを知ると良いと思いますよ。(と言いつつ私のスタイリングマップワークショップはしばらくお休みに入ってしまうのですが、ゴメンなさいね)

似合うものと、似合わないものを身につけたときの自分の魅力の差が目に見えてわかると、ファッションの威力が分かって、装うことが楽しくなるんです♡

「ファッションで、こんなに魅力的になれるんだ!」

って。

「魔法みたい!」

と言っていた受講生さんもいます☆

{452CAE1F-EF8F-4B52-91F0-D698B8C745C4:01}

それから、
「ファッションは好きだけど、願いを叶えたいときの、具体的な変え方が分からない」という人もいますよね?


スタイリングマップでは、相手のテイストも分析して、自分に似合うテイスト+相手の好みも取り入れた新しいスタイリングイメージを持つこともできるんです。

つまり、自分も相手も心地よく、着ていてお互いが楽しいファッションがイメージできるのですが、でも自分で変えるときも、まず気分を優先して構わないですよ。とくに女性は、気分と直感の生き物だから♡

今の自分がまずワクワク、心がすっきりキラキラするイメージを探してみる良いです

ワークショップでは、雑誌で探して切り抜きをしたあと、イラストでひとつのイメージに描き上げてみることをオススメしていますが、イラストを描くのが楽しくない、というなら、雑誌の切り抜きでも構いません☆


自分も相手も心地よく、着ていてお互いが楽しいファッションってなんだろう?ってイメージしながら、やってみてくださいね♪


いいね!した人  |  コメント(0)