ブログを終了します

テーマ:
長い間、更新できなくてすみませんでした。

この度、本気でやりたいことがみつかったため、
このブログを終了させていただくことになりました。

毎回、見てくださっている読者の方もいて
今までどんなに励みになったかわかりません。

本当にありがとうございました。

また、ご縁がありましたら、そのときはどうぞ宜しくお願い致します。
AD

Happy Thanksgiving!!

テーマ:
実は
今、アメリカに住んでいます。

そして
昨日は
サンクスギビングデーでした。

日本人にとっては
馴染みがないイベントですが

アメリカでは
一大イベント。

もしかしたら
一番盛り上がる時期かもしれない。

そもそも
サンクスギビングデーって
何ぞやと思われているかもしれません。

私は思っていました。

ヨーロッパから
アメリカにやってきた移民の人たちは

アメリカの冬に
食料もなく
瀕死の危機に直面しました。

それを
原住民の人たちが
助けてあげたんです。

だから
移民の人たちは
その恩を忘れないでおこうと
感謝祭を年に一度行うようになったんです。

この時期
多くのアメリカ人は
人にお菓子とかケーキとか
プレゼントします。

そして
家では
ターキーをメインに
サンクスギビングディナーを楽しみ
今年一年の感謝の出来事を
改めてシェアしあったりします。

もちろん
学校も会社もお休み。

私も
ディナーに招かれて
ターキーをお腹いっぱい食べてきました。

アメリカに来て
多くの人に支えられて
今の充実した生活があります。

今年一年あった
すべての感謝を紙に書いて
瓶にしまいました。

皆でそんなことをして
過ごすサンクスギビングデーはとても素敵な日になりました。

いつも私の記事を読んでくださっている
皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

なかなかお伝えする機会がないので
サンクスギビングにあやかって
心から感謝をお伝えします。

どんなに励みになっているか
わかりません。

本当に本当にいつもありがとうございます。

明日は
ブラックフライデーです。

お店の商品が
大幅に値引きされ
多くの人がお買い物に出かけます。

深夜の12時からお店がオープンしたりしますし
お店の前で並んでいる人も多くいます。

ある大統領が
サンクスギビングデーを11月末にしました。

それは
商業的に大成功で
11月のサンクスギビングと
12月のクリスマス。
年間売り上げの8割は
この時期の売り上げだとも言われています。

そんな政治家の陰謀もあったりしますが
とにかく感謝するって素敵なことですよね。

私はというと
明日から
ラスベガスに旅行に行ってきます。

またそのことについてもシェアするつもりです。

今日もここまで読んでくれて本当にありがとう。

AD

勇気と冷静さと知恵。

テーマ:
変えることのできることを
変える勇気を

変えることのできないことを
受け入れる冷静さを

そして
変えることのできることと
変えることのできないことを
見分ける知恵をください

私の大好きな言葉で
ニーバーっていう人の祈りの言葉。

これは
とても人間の真理をついている。

私たちは何かを知ったら
白か黒かに極端に考えてしまいがち。

何事もあきらめてはいけない

っていう偉人の言葉を聞いたら
すべてに当てはめて考えがちだけど
実際には状況による。

変えることのできることと
変えることのできないこと

このことを見分けることって
意外と難しい。

判断に困ることももちろんある。

でも
変えることができることと
変えることができないこと

この2つのことが存在するんだって
知っておくことが大切。

でないと
環境をうらんだり
親をうらんだり

無駄なエネルギーをつかってしまう。

受け入れて
今あるものに感謝すると
もっと楽に生きられるのに。
もっと幸せを感じられるのに。

気付かず嘆いてばかりいる。

逆に
考え方とか
人とのかかわり方とか

そういうことは
自分さえ変われば

他の人だって
状況だって
絶対変わっていく。

なのに
他のせいにして愚痴っている人は
そのことに気付いていない。

結局
自分次第だって
気付けた人は
お得な生き方をしている。

勇気と冷静さと知恵

あなたが望んで
変わりたいのなら
今すぐにだって
手に入る。

1秒もかからない。

一瞬で人生が変わる。

大げさに言っているんではない。

それぐらい
自分の在り方って
とってもとっても大切なこと。

こんな風に
勇気と冷静さと知恵を
持った人たちであふれたら
日本はもっともっと幸せな国になれるのにな。

まずは
一人ひとりが変わること。

もっと多くの人に幸せを感じて
生きていってほしい。

切に願っています。

今日もここまで読んでくれて本当にありがとう。

AD