キレイゴト。でもキレイは綺麗!

 
 
 
貴方の人生を1mm変える、何かを作りたい。

都内で、演劇を中心に活動している表現団体「キレイゴト。」のブログです。

  


テーマ:

もう更新しないつもりでいたけれど、
ここにしか書けない気がすることができたので。

ご無沙汰しております。
ヒナタアコです。
今はカタカナで名乗っております。

書かなきゃいけないことが出来た時、書く前までは「あれをこう‥‥」「こんな言い回し‥‥」って考えているのだけど、いざ書こうとするとありがとうとかごめんなさいしか言えなくなるタイプで。
でも今回は、出来る限り、書きたいように、書いていこうと思います。

キレイゴト。に親交の深い方が、8/10に、亡くなりました。
そのお知らせを聞いてから、13日18:54までの、記録と、記憶です。
そういったものを読みたくない人は、ここまでで引き返していただいて構いません。



{FA5BAF80-FFFC-434E-A5DD-9A8D88D091DA}








2017年8月12日 AM10:27
その日、野球を観にZOZOマリンスタジアム(海浜幕張)に行く予定だったのだが、なんとなく、行きたくないなぁとなり、少し遅れていくことにする。仲間内に「頭痛がするから1h遅れていく」と伝えて、ゴロゴロする。

AM11:26
IさんからLINE。Xさんが亡くなったと、くる。
すぐに通話。意味が分からなくて少し笑いすら漏れる。人間、受け入れられないことが起きると笑いが出るらしい。
キレイゴト。経由で知ったから、とりあえず私に、ということで連絡をくれたそうだ。
Iさんもまた、共通の知人からそのことを聞いたらしく、情報が入り次第また教えてくれるとのことだった。

AM11:38
野球に行ける状態ではなかったので、仲間にキャンセルの連絡を試みる。が、基本的にTwitterがメインの付き合いのため、少々もたつく。
今回の会の中で特に仲良くしてくれているお姉さん、会を主催してくれたお姉さんにのみ本当のことを話した。ドタキャンになってしまったにも関わらず、気にしなくていいと言ってくれたお2人に感謝。他のメンバーには体調不良で通すことに。
人との繋がりの暖かさが有難い一方、まだ信じられないのに淡々と進められる気持ちとのバランスが取れなくなる。

PM12:38
Iさんはその時他県におり、連絡があまりとれなかった。突然すぎて処理が追いつかない。誰かと共有しようにもできない。パニックに陥る。
堪らず、母にLINE。通話していいか聞き、「そんなのいちいち聞かなくてよい」と怒られる。
母と通話。ごちゃごちゃした気持ちや、今後どう動くといいかなどを一旦整理する。落ち着く。
母に、「事故ならニュースに出る可能性もあるから調べてみれば」と言われる。母は保険関係の仕事の経験があるため、このような知識がある。
が、調べても調べても出てこない。
ここで、「もしかして壮大な嘘なんじゃないか」と思い始める。今思えば現実逃避に他ならないが、あの時は本当にそう思っていた。
人の言葉なんて、当てにならない。そう思い込もうとすらしていたように思う。
確認する方法は一つしかなかった。

PM13:26
Iさんから、Rさんに話したと連絡が来る。自分は連絡をこまめに出来ないから、とフォローを頼まれる。
RさんにLINE。Rさんはとても落ち着いて接してくれたので、必要以上にボロボロにならずに済んだように思う。有難かった。
何も分からない、恐ろしい気持ちが続く。

PM13:43
嘘なら嘘で死ぬほど怒ればいい、本当ならせめてやれる限りがしたい。
最後の手段に出る。
XさんのLINEに、「明日暇?」「飲みに行こう(ノ)`∨´(ヾ)」と、送る。

PM13:54
返信が来る。お姉さんからだった。私もお会いしている。話したこともある。顔も覚えている。
信じたくないことが真実になった瞬間だった。
カマをかけて聞いたことを明かして謝罪し、色々なことを確認させていただく。
某駅近くの会館に眠っていること、13日までなら会うことが出来ること、ぜひ会ってほしい、喜びます、と。また、SNSを使用せず、個々での連絡であれば伝えても構わないと言ってもらえた。

この時、少しの間だけ、キレイゴト。の日向あこに戻ろうと思った。
Xさんは、私がキレイゴト。の主宰であること、リーダーとしての私を評価してくれていた人だったから。
私が、キレイゴト。の日向あことして、最後に出来ることをしようと決めたのはここだった。

PM14:02
お姉さんと連絡を取り合いながら、Rさんに連絡を取る。
お別れを言いに行くと伝えると、「いっしょにいく?」と言ってくれた。そのまま、何時に待ち合わせするか簡単に擦り合わせる。
Iさんに、会うことができそうなことを伝える。もし会えるなら他県から戻ると言っていたから。
シャワーを浴びる。気合いを入れ直す。
気を抜くとしゃくりあげて泣いてしまうから、ぐっと噛んで堪える。

PM14:35
シャワーから上がり、連絡を取るべきだと思う人に連絡を取りながら支度をする。
これはここだけではなくずっとそうだったのだが、なるべく文字ではなく通話するようにした。恐らく、文字で書きたくなかったのだと思う。何故かは分からないけれど。
Mに連絡を取る。Xさんに出会うきっかけとなった舞台公演の団体に繋がりがあるため、知らせておきたかった。LINEを交換していなかったので、TwitterのDMで連絡。ちょうど某所で打ち合わせ終わりだったらしく、電話ができた。
状況を伝え、私が知らないXさんに繋がりある人への連絡を依頼する。引き受けてくれた。
16:00にRさんと某駅で待ち合わせだったのだが、Mと打ち合わせ相手の数人も会いに行きたいとのことで、一緒に行くことにする。
連絡が増えてめんどくさくなり、MとLINEを交換する。

PM15:14
バス停に向かう。頭が痛いが食欲も時間もないため、飲むヨーグルトと水だけ買う。
バスで揺られている時、この道はXさんの運転するバイクの後ろに乗せてもらって走った道だなぁなどと考えてしまい涙が止まらなくなる。
某駅近くをバスで通った時、眠っているという会館の脇を通る。そこは某劇場に向かうまでの道の途中にあり、前から存在は知っていた。自分が入ることになるとは思っていなかったなぁなどと思って、また泣く。
感情のバランスの制御が難しかった。

PM15:42
バスが早く着く。駅前のカフェに入りホットコーヒーを飲むことにする。Rさんに早く着いたこととカフェの名前を伝える。
Rさんが来る。二人で暫しコーヒーを飲む。

PM16:00~
改札前でMとTさん、Hさん、Yさんと合流。先ほど通り過ぎた会館へ向かう。
会館の前で警備員さんに「〇〇家の方ですか?」と聞かれる。いえ、と答えたら、「Xさんの方ですね」と言われ、ガーンと殴られたような気持ちになる。99.9%が100%になった瞬間だった。

部屋を訪ね、ノックをする。扉が開く。ご家族の方がいらっしゃった。普通の公民館のような小さな部屋の奥で、Xさんは眠っていた。
本当に、眠っているようだった。
お線香を上げる。家族の方と話す。
お母さんに、あこさんって芸名なのね、本名だと思ってたわと言われる。家ではあこちゃんあこちゃん言っていたから、と。
お姉さんと、お別れを言うことの出来る時間を確認する。色々な人に伝えていいのかも、改めて。

会館を出て、駅に向かう。
改札で予定のあるRさんを見送る。最後まで、落ち着いていてくれた。本当に支えていただいた。
駅前のファミレスに入り、ぽつりぽつりと話しながら、待機する。会いたい人と繋げられるように。Mと2人で、連絡を取ったり通話したり。
観劇帰りのOさんが来る。Yさんが、会館まで連れて行ってくれた。このタイミングで、TさんとHさんはお帰りになった。いい作品を作ってください。
OさんもYさんも本当に久々にお会いした。Xさんが亡くなったことで久々に会うとは、何だかなぁ、という気持ちであった。
T.Tが来て、Mが連れて行ってくれた。人が割といたらしく、すぐ戻ってきた。ずっとコーヒーばかり飲んでいたのだが、私がトイレから戻ったら生ハムのサラダが来ていた。3人で食べた。

PM20:00
駅前で帰省から戻ってきたゆたを拾う。
MとT.Tとはここでバイバイした。Mがずっと付き合ってくれて助かった。
ゆたと会館に向かう。部屋には、他県から戻ってきたIさんとIさんの作品の関係者の方が3人ほど来ていた。Iさんが間に合ったことにほっとした。
2回目でも涙は出るもので、やっぱり寝てるみたいだなぁと思った。
1時間ほど滞在させていただいた。

帰り道、某駅の乗り換えの際に母と電話で話す。
気が抜けたのかホームで大泣きしてしまい他のお客さんに戸惑われる。
明日も行きたい顔が見たいが迷惑かなと思うと行けない、という私を、母が行きたいだけ行きなさいと諭す。車の仕事をしている母に、事故に気をつけてねと声をかける。
最寄り駅につき、そのままカラオケに駆け込む。音を適度に大きくして、歌を歌いながら、泣く。
発散しないと帰れる気がしなかった。

12日深夜
帰宅後、住んでいるアパートの道路向かいの家の階段(もう使っていない診療所の入口)でお酒を飲みながら、色々な人に連絡を取る。
深夜だし目上の方だしと迷ったが、こういうことは迷ってはいけないと思いながらAさんに連絡を取る。Aさんは演出家さんで、私の作品きっかけでXさんと知り合った方だから恐らく私が連絡をしない限りお別れできない気がしたのだ。
この辺りはずっと迷いながらだった。連絡していいのかと戸惑いながらずっと走っていた。
Iさん、Rさん、MがLINEに付き合ってくれる。全員から身体の心配されて申し訳ない気持ちになる。ありがたい話だが。
結局13日も、Xさんにスタッフをお願いした公演に関わっていたKさんと行くことになる。
正直、もう1度行く理由ができて嬉しかった。

0時前、Dさんから電話が来る。
Xさんと昔から仲のいい人で、詳細は私が知っていると言われてかけてきたそう。
あ、窓口なんだなぁ私と思って少し笑う。窓口は窓口らしく、きちんと情報を渡す。伝言も引き受けた。
このことがきっかけで、久しく会っていなかった人と連絡を取ったり会ったりしている。



2017年8月13日 AM11:00
10:30の予定だったが、少し早すぎるかと思い直して待ち合わせを11:00に変更する。
昨日と同じく飲むヨーグルトと、小さな黒霧島のボトルを買う。Xさんはいつも芋焼酎を熱燗で飲む人だった。前夜、色々なことがあってお酒を買うことにしていた。
バスの中でまた1人、伝言を預かる。13日の朝に連絡した人で、会うことはできないから、と。祈ってくれると言っていた。
バスはやっぱり早く着き、昨日と同じ店でコーヒーを飲む。Kさんが来る。2016年の2月の公演依頼で、何も変わってなくて安心する。
本当はしれさんも一緒に行く予定だったのだが、何故か40分ほど遅刻するという。(10:30の待ち合わせには間に合いそうだったのに)
「しれきちはー、もうー」というXさんの声が頭に残って仕方ない。今もまだ聞こえる。

会館に向かう。
全員昨日より口数が少ない。仕方ない。
MちゃんとO君、Mちゃんのお母様が来る。O君は、神妙な顔つきで眠るXさんを見ていた。
しれきちが来る。喪服を着ている。私と違う形で、Xさんと仲が良かったのだ。彼が言葉を失うのを見たのはこれが初めてだった気がする。
Nさんが来る。Rさんから知らされてきたと言っていた。帰り際、Nさんに無言で何かを伝えられる。私も、Nさんに無言で何かを伝える。
Aさんが来る。来れるか分からないと言っていたので驚いた。後程、舞台公演の写真を送ってくれた。
MとCさんという女の子も来て、結局2h程滞在させていただく。私が顔を見たのはここが最後だった。何度もお伺いさせて頂いて、本当に有難かった。ありがとうございますとしか言えない。

pm14:30ごろ
改札前でAさんを待つ。前述の人ではない。
Aさんの顔を見る。困ったように笑い合う。ついていくか聞いて、1人で行くと言われたので荷物を預かる。間に合ってよかった。
会館へ連れて行く。Kさんに会う。Aさんを見送り、入口でKさんと話しながら、待つ。
Fさんが来る。稽古の合間だという。見送る。
ライターを秒で無くし、Kさんが貸してくれる。二度目ましてなのに本当に優しい人だった。
AさんとFさんが出てくる。四人で駅まで歩き、2人を見送る。Aさんと少し話す。バスに乗るのを見届けてから、少し駅前のベンチでぼんやりする。
Nさんと、Rさんに報告をする。
そのままバスに乗る。子供が座席の背中を蹴ってきてびっくりする。お母さんに謝られたが、元気なら何でもいいよ、という気持ちになる。泣く。

pm16:30
某駅に着く。元々母と食事をする予定だったのだ。某駅ビルのカフェに入り、ただひたすらぼんやりしながら待つ。
母が来る。少し話す。日常に戻りたいからと言って、駅ビルのユニクロに入る。2周して、服を2着買ってもらう。
熟成肉の店に入る。母と色々なことを話す。お酒を飲み、美味しいものを食べる。美味しいものを食べると、すぐに、Xさんを思い出す。

pm18:54
Dさんから、連絡。
会えたよ、とのことだった。
全て終わった。キレイゴト。の日向あことして、Xさんについての全てが、終わった。
トイレで少しだけ泣く。
終わったことが辛かったし、本当はこんなことないほうがいいんだ。Xさんが生きてるほうがいいんだ、よっぽど。




これで全部です。

これを残すことが正しいかも分からないけれど、残しておきたかったのです。
本当はXさんに褒めてもらいたかった。ありがとうって言ってもらいたかった。私はいつも、Xさんにありがとうって言ってばかりだった。

私にとって、キレイゴト。にとって、Xさんはとても大事な人でした。紛れもない仲間でした。


もうこれ以上、何も書けないので。
これはここで終わります。
私とXさんについても書き残したいのだけど、それは方法が見つかってからにします。


お付き合いいただき、ありがとうございました。





2017.8.17
ヒナタアコ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


もうすぐ2016年が終わりますね。
こんばんは、日向あこです。




{BA10FA0F-7C8E-4253-84BF-9A0E37CA29F6}




今年が終わると同時に、キレイゴト。はなくなります。
まだ備品整理終わってないので今後もTwitterアカウント等は動かしますが、ブログはこれで最後です。折を見て削除しようと思っています。




{E9247E3F-AD1E-4DC6-9675-DC48DB9D0D21}



本当は色々書こうとしてたのですが、やっぱり書けませんでした。

キレイゴト。から離れてから、みんながキレイゴト。を愛してくれていたのを改めて知って、本当に本当に本当に幸せでした。
嬉しかった。

なのに、信じきれなかった自分が情けなかった。
続けられなくて、ごめんなさい。



{A4D6A758-910F-497B-A224-51568C225E20}





まだ何も知らなかった私を受け入れ、仕事を教えてくれた皆様。ありがとうございました。
高校演劇しか知らない私に小劇場を教えてくれた師匠。ありがとうございました。
至らないところが沢山ある主宰についてきてくれたメンバーのみんな。ありがとうございました。

キレイゴト。を好きでいてくれたファンの皆様、ありがとうございました。
本当にありがとうございました。
幸せを沢山もらいました。




{B337D01B-EC01-4553-88FE-E6E31DF63EAD}




2月からずっと劇場恐怖症で、舞台を観るのも辛くて、情報すら得たくない時期が続いていました。
一人前に嫉妬するくせに戻る勇気もない自分を責め続けた時期もありました。
でも、いま、ようやく。いつか戻ることが出来たら戻りたいと言えるようになりました。
それも全て、支えてくれたり側にいてくれたみんなのおかげだと思います。
ありがとうございました。




{AAE669EF-19CA-4AD0-8A8C-1495CC14495E}




ありがとうしか出てきません。
もう少しまともなこと喋れって感じですね。。

でも、ありがとうだけしか出てこないから、せめてこれだけはいっぱい言います。

ただただ、ありがとうございました。
有り得ないくらいの幸福を、ありがとうございました。

いつかどこかでまた会えると信じて、筆を置こうと思います。



ではでは、お元気で。
また会えたらその時は、笑っておかえりと言ってください。




大好きで大好きでたまらない
愛する、あなたへ。



{41F76BC2-769F-4473-A1A4-097342FBDC77}





2016.12.31
キレイゴト。
日向あこ

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



今回、お世話になったスタッフさんや師匠に、事前に解散の旨を伝えていました。みんな、「分かっていたよ」という顔をしたり声をしたりしていたのが印象的でした。
それくらい、私のことを分かっている人とやれていたのだなぁと嬉しくなりました。




とても長くなります。
お付き合いいただけたら幸いです。





解散することにしました。

私が演劇を続けていようが、キレイゴト。が存在しようがしなかろうが、誰かの生活に大きな穴が開く事はないと思ってしまったから。
信じ切ることができない自分を、許すことができなかった。
私の弱さが招いた結果です。申し訳ございません。

一生をかけてやる、は100。
一切触らない、は0。
0か100しか許せない私が、選ぶために選んだ一年間の休止。そして、0を選んだ。
ただそれだけなのに、どうしてこんなにグダグダものを書いてるか、よくわからないままです。





私は演劇で食おうとしない人になります。

就職することになりました。今までやってきたことと全く関係ない業務です。
演劇をやめよう、と思った瞬間に降ってきたご縁ですから、しっかり大切にしようと思います。

一生やらない、というつもりはなかったりします。私の中には、まだまだたくさんの物語やアイディアが渦巻いているからです。
やりたいこと、やりたい戯曲は沢山ある。
いつか50の演劇を許せる自分を見つけられたら、その時は思う存分その50の中で楽しみたいなぁと思っています。

私は、元気です。
小さなことで一喜一憂、過去の辛いこと悲しいことにしがみついて振り回される事は多々あれど、体力のなさから死にかけそうになりながらも、私は、生きています。

演劇から離れて、自分に「ただ、この世界で生きる」ということを許せるようになりました。
「ただ生きる」ということを目標に生きていていいのだ、と思えた瞬間、思わず泣きました。大きな安堵を得ました。
よく「生き急いでいる」と言われていましたが、こういうことなんだろうか。
ただ、生きていく。当たり前のようですごく難しいそれすらないがしろにしていたのだなぁ‥‥としみじみ思いながら過ごしています。

たまに、出来事すべてに心揺らして苦しい辛いと言っていると、見ないふりして自分を守ればいいのにと言われます。
でも、私は、それをしません。したくありません。
揺れる私こそ、私なのです。揺れることそのものが私のアイデンティティなのです。
難儀で生きづらいのは確かですが、その私を見ないふりしたらいずれ崩壊する。そんな気がするので、今日も私はひとりでぐるぐるゆらゆらしています。
ちゃんと、私と向き合いながら。



誰に何を感謝しても足りません。

旗揚げからついてきてくれた、ゆた。ありがとう。道を反らせてしまったかもしれないと、密かに悔やんでいます。ごめん。でも、貴方がいなかったらもっと早く終わってました。ありがとう。

突然呼び出して無理やり引き込んでメンバー
にした、しれさん。ありがとう。苦しめてごめん。貴方が舞台に立つ姿が大好きでした。

まーしー、とーるさん。ありがとう。ワガママばかり言ってごめんなさい。いつか笑ってまた会えたら、そのくらい強くなったら、また、かならず。

てっぺいさん、ありがとう。貴方はメンバーではなかったけど、紛れもなく同志でした。もっと何かをやりたかったよね。ごめんなさい。貴方のデザインに、貴方自身に、何度も救われました。ありがとう。

今まで出会ってくれた俳優の皆様、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。弱くてわがままな演出家かつ主宰でごめんなさい。
あなたがたに貰ったひとつひとつが、幸せでした。
どうか、この先も、今までどおりに、今まで以上に、健康で、素敵でいてください。


私に出会ってくれたお客様みーーんな。本当にありがとうございました。
貴方のおかげで今ここに生きていられます。
たくさんの出会いを、奇跡を、ありがとうございました。
大好きでした。愛していました。


日向あこはいなくなりますが、これからも私はきちんと生き続けます。
気になる!なんていう物好きな方は、見守っていただけたら嬉しく思います。

 
12月まで先はあれど、一旦の解散のご挨拶とさせていただきます。
ここまでご覧いただき、誠に有難うございました。




キレイゴト。総合演出
日向あこ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
お久しぶりです。
北岡ゆたです。

この度、キレイゴト。は解散することになりました。

思えば、私が未成年の頃からキレイゴト。はあって
振り返るととても長く感じますね。
あの頃の私なんてまだまだ青臭くて若かったなぁ…
とはいえ成人してからも未成年の役が多く与えられていましたが。笑

女優としてならば様々な客演先でもお世話になりました。
暗中模索しながら、迷惑をかけながらも最後までやらせていただくことができました。

ここまで来られたのも、そして生きてこれたのも、皆様のおかげでした。


待っていてくださった方、応援してくださっていた方、戻ってこれなくてごめんなさい。


そして支えてくださった皆様、共演してくださった皆様、ご指導くださった皆様
本当に、本当にありがとうございました。


皆様の目に映ったキレイゴト。の光景は、アルバムみたいにしまったり、たまに取り出して思いを馳せてみたりしてもらえると幸いです。
キレイゴト。に足を運んでくださった皆様、光景のためにお時間を頂きありがとうございました。


あなたにお会いできて本当によかったです。


それでは。
ごきげんよう。



北岡ゆた
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


皆さま、キレイゴト。の屋久梅知吉です。

これまでキレイゴト。の活動を見守ってくださいまして本当にありがとうございました。


今までキレイゴト。の役者としていろいろな舞台に携わり、いろいろな命を受け、死んでいくのを体験しました。
活動休止が決まってから自分の中の葛藤していたこともあるのですが
最終的にまとまった答えも出たので、自分自身の話をしようと思います。



自分が舞台に立つ理由はただ一つ、生きている意味が欲しかったからです。
高校の中盤で演劇部に入り卒業し、その後は音楽の専門学校に入りました。
しかし、課題などについていけずに退学することになり、やはり自分は心底ダメな人間だと
生きる意味を感じないようになり、演劇をしていた頃がとても楽しかったということを思い出しました。
そんな時に声をかけてくれたのが同じ演劇部だった日向あこさんでした。

久々に舞台に立って見ると、その上では自分は生きているということが実感でき
とても嬉しかったことを覚えています。
それから何度も苦しみながら舞台に立ち「生きている、俺は生きているぞ。」
と自分の生きている実感が嬉しく、日頃の醜悪な自分とあまり向き合わなくなっていました。

そうして過ごしていたある日のこと、自分の生き方をふと変えるきっかけがあって
今まで何事も100%でやらなければ気がすまなかったのを60%でも良いと思えるようになり
40%の心の余裕が自分自身を考える余裕になりました。
その心構えが出来た途端今までうまく出来なかったことが驚くほど上手くいくようになり
大嫌いだったアルバイトも全く苦ではなくなりました。

今まで何も出来ず無能な人間だと思っていたのですが
初めて実生活の根源であるアルバイトでの評価が自分への自信へとつながっていました。
遅すぎるとは思いますがようやく自分に自信が出て、実生活にも生きる意味を感じるようになり
自分自身を考える時間が必要になっていました。

演劇の面ではセリフ覚えが悪いのは相変わらずで、ここは量でどうにかすれば良いと思っていたので
稽古でセリフを合わせ、合間には書き取りをして、家に帰っても出来る限り書き取りをして
早く頭に入れようと努力をしていました、こればっかりは40%の努力でどうにかなる部分ではなかったのです。

毎日役のことを考え自分自身の事を考えられない生活
稽古でも、日常でも、舞台上でも
毎公演新しい命をもらい、それについて考え、終われば死に、また新しい命について考える

舞台の上でなければ死んでいると思いっていたのが
舞台に立ち続ける以上永遠に他人を生きなければならないと思うようになっていました。

自分が本当に演劇人で、この考えで自分を楽しむことが出来たなら更に輝けると思うのですが
それほどの根性があるわけでもなく趣味にするには精神の負担が多すぎるし
自分の楽しみのためにほかの人の足を引っ張りたくはない。
自分自身に生きる意味を感じてしまった以上、演劇を続ける意味もない。
これが私の出した答えです。


長々と書きましたが
屋久梅 知吉はキレイゴト。の解散と共に役者を辞め、この名前も捨てます。
皆様、いろいろとご迷惑をお掛けしました。
応援してくれたり終演後声をかけて下さったことも大変嬉しかったです。


これからは本名の呉林樹一として生きていきます
こっちのほうが姓名判断も良いので良い人生が待っていればなと薄い期待をしています。


それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます
本当に有難うございました、みなさまどうかお元気で!



屋久梅 知吉
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。