矯正歯科専門 人形町の歯医者ブログ 子供~大人

歯並びの歯列矯正専門 子供から大人まで幅広く対応。見えない矯正 裏側矯正(舌側矯正)やハーフリンガル、セラミック矯正 クリア矯正やホワイトワイヤーの紹介 治療経過 治療例 費用 期間 痛みなど日本橋 東京  錦糸町 豊洲 周辺リポート 矯正医日記 


テーマ:
子供の矯正 ~歯並びの歯列矯正~


歯並びの症状は、出っ歯、反対咬合、歯のでこぼこ、前歯がかみ合わない等様々です。



子供の矯正は、開始時期によって第一期と第二期にわけられます。

第一期は、小学校低学年~4年くらいで乳歯と永久歯が混じっている時期に治療する場合です。子供の歯から大人の歯へ交換する時期でもあります。すべて、永久歯列では、ありませんので歯並びのすべてを治すことは残念ながらできません。 上顎と下顎の前後的なずれを治したり、顎を側方に拡げたりします。第一期の治療目標として、上の前歯が4本がきれいに並んだ状態になります。



この時期に治療を開始した方が有利な例として、
重度な出っ歯、反対咬合、将来非抜歯(歯を抜かない)治療を希望する場合などがあげれます。

第二期の治療開始時期は、すべて永久歯列(大人の歯)になった時期となります。はえかわるスピードは、男女差や個人差があります。
第二期では、女子で中1~2 男子で中3~以上である程度成長がおさまってから治療を行うのが、好ましい時期と言えます。それは、身長の伸びと顎の成長が比例することが多く、しっかり待ってから治療するほうが後でずれたり、治療期間が延長したりしないので安心して治療をすすめることができます。



第一段期に矯正治療
小学校低学年~ あごの成長が見込める時期
期間1年半前後 費用総額 45~50万円

第二段期の矯正
小6以上 成長がある程度おさまってから
期間2~2年半 費用総額 45~50万円前後

第一段階を行わず、第二段階から矯正を行った場合
小6以上 成長がある程度おさまってから 
期間2~2年半 費用90~100万円前後



第二期にスタート時期の目安

女子の場合、12歳前後に第二大臼歯がすべて萌出していれば、スタートして良い時期と言えます。小4くらいから初めてしまうと、成長(身長が伸びる)があったときに、顎も成長することが多く、かみ合わせがズレてしまいます。あるいは、治療期間が長くなることが予想されます。

男子の場合、中学校に入学してから、3年間に20cm以上伸びる場合も珍しくありません。身長が伸びるとそれに比例して、下顎が前下方に伸びます。かみ合わせが、ズレてしまうことや期間が延長されることが予想されます。特に反対咬合の場合は、下顎の成長がかなり影響しますので、注意が必要です。

中2以降第二大臼歯がすべて萌出して、成長がある程度落ち着いていれば、スタートして良い時期といえます。

※永久歯を抜歯して矯正を行う場合、スタート時期は十分注意してください。





第一期を他院で行って、途中から高学年になり、塾や習い事が増えあるいは、部活等で曜日が合わなくなり、第二期から医院をかえる場合は、矯正費用は、最初からとなります。


このように習い事や部活で忙しくなり、曜日が合わなくて困っている例が結構あります。小学校高学年~中学生は、塾や部活で忙しくなりことが予想されます。


矯正専門クリニック 優位性 矯正歯科専任で20年

矯正治療に約20年専任してきた実績や経験からいろいろな治療方針や方法を提示できる 患者さんの希望に寄り添ったプランの構築ができる。さらに、資料(検査の結果)の管理がしっかりしている。しっかり資料をとり、経過を確認できる等の特徴があります。

一方、検査をあまり行わないところでは、最初の状態と比較することができず、何が治ったか?治ってないか確認することすらできません。

※最初に行う検査による資料は、長期に渡ってとても重要といえます。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
子供の矯正は、どこで始めるべきか?

矯正治療のきっかけの多くは、かかりつけの一般歯科でのすすめだったりします。そこに月1~2回矯正日があって、治療を行っているケースが結構あります。

当然すごく良い先生もいますが、多くの場合、大学病院在籍のアルバイトが多く、途中でやめたり、交代してりして治療の責任所在がはっきりしません。

困るケースは、装置が壊れても処置が次の矯正日まで2~3週間待たないと治してもらえない。

子供の矯正 第一期と第二期にわかれる場合があります。第一期は、顎の成長を利用した治療が多く、第二期にすべての歯にブラケットつけて治療を行います。第一期が小学校低学年くらい、第二期が女子の場合、小6~中学生くらい 男子は中学~高校生くらいだと思われます。

第一期の小学校低学年時は、良いが第二期の小六や中学生になると習い事や部活があり、矯正の先生が来る日と日程を合わなくなり治療ができなくて困っているケースが多くあります。

第一期で料金を約40~50万前後払いこんでいるため、医院を変えられなくて困っています。仮に医院を変えると料金は、初めからになってしまいます。

一方で、一般歯科の先生が矯正治療も行うケースがあります。矯正治療は特殊な分野で知識や技術や経験が必要で、誰でも歯科医師であれば、行って良いのですが、誰でもできるわけではありません。

メインに一般歯科の治療を行っている場合は、矯正装置がマウスピースや床矯正に限定される場合もよくあります。取り扱う矯正装置が限られているため、症例によっては、適応症ではなく上手く治療がいかないケースも出てきます。一つ一つの症例にあった矯正装置を選択できる矯正歯科専門医院の方がはるかに安心感があるかと思われます。

矯正歯科専門であれば、多くの矯正装置の取り扱いがあり、ベストな治療が選択できます。小さい子供を連れて、月1回病院に行くのは大変ですが、都内では、多くの矯正歯科専門医院が予約制ですが、矯正無料相談を行っていますので、実際に相談にいってみると良いでしょう!

子供の矯正治療は、成長発育にかかわり、長期にわたりますので、冷静な判断が必要です。

日本橋人形町ジェム矯正歯科 公式ホームページ
AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:
矯正歯科のすすめ方

歯並びの矯正治療を行うには、矯正治療をおこなう歯科医院を選ばなくてはなりません。
選び方もそれぞれで、いろいろな基準で選ばれているようです。

1.場所 
仕事場や学校の近く?家の近く?特に子供を連れて行く場合は近い方が良いといえます。大人の場合は、 1時間以内が一つの目安かと思われます。

2.クリニックの設備
長期に通院するにあたって、院内が清潔かどうか?は重要な項目です。豪華である必要はないが、清潔かどうか。 プライバシーは保たれるか。

3.矯正専門(矯正治療のみを行う)
クリニックは矯正歯科専門かどうか?矯正治療は特殊な技術が必要なので一般歯科をやりながら矯正治療を行うところより矯正専門の方が安心に思えます。

4.担当医?
担当する先生が日本矯正歯科学会の認定医以上か。担当医は固定制か?助手に治療をかわったりしないか?助手がおこなうと装置が取れたり等のトラブルが多くなる。


写真提供 日本橋gem矯正歯科 http://gem70.jp/

5.歯を抜きたくない?
できるだけ抜歯をしない治療がいいと希望される方が、多く見受けられますが、抜歯した場合と抜歯を行わない場合で同じ結果にはなりえませんので、抜歯をしないで、口元はどのくらい引っ込むのか?良く確認する必要があります。

6.部分矯正
部分矯正が料金も抑えられて良いと希望される方も多く見受けられますが、上だけとかの部分矯正で、下の歯と咬み合うようになるのか?確認する必要があります。うまくかみ合わず、最初から別の歯科医院で再治療(お金も最初から)になる場合もあります。

7.極端に不安をあおる医院?
矯正しないと、歯が1本もなくなってしまう。今すぐ治療しないと顎がはずれてしまうなど極端に不安をあおるようなクリニックは、回避すべきです。矯正治療をしないことで、どんどん病気になったりはしません。長い年月を経て、かわることはあるかもしれません。

8.転勤に転院の対応
やむを得ず転院となった場合に、転院先を紹介 or 治療費の進み具合によって、一部返還に応じてもらえるか。

9.最重要項目
治療にあたってくださる先生を信頼できるかどうか。
正直、感覚的な問題なので、どこをどうすれば「信用」に足るかと問われると難しいのですが、質問にあまり答えてくれない所は回避し、少なくとも、何でも質問しやすく、その質問にきちんと答えてくれる、もしくは答えようと努力してくれる先生だと安心だし、頼もしいと思えます。

それぞれ優先する項目や順位が違うかと思いますので、各項目に優先順位をつけて、矯正相談にいかれると良いかと思われます。矯正治療も治したい項目をあげ、それに従って優先順位をつけ治療方法を決定していく、問題志向型診断が有効です。



子供の歯並び
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:
矯正治療の目標を明確に! 抜歯vs非抜歯?

長い時間や費用をかけて、矯正治療をしたにもかかわらず、あなたが期待していたような結果にならなかったらどうしますか?

ある矯正相談例をご紹介します。

A医院では出来ないと言われたのに、B医院では出来ますと言われた?
技術の違いということもあるでしょうが、それとは違ったところに要因があるのかもしれません。
でこぼこした歯並びで、口元も少し出気味、口が良く開いている。
下顎がやや後方にさがっているため、奥歯の咬み合わせもずれているようにみえるケースです。
A矯正歯科に行ったら、口元をさげるために歯を抜いた上で、ミニスクリューを使って臼歯の咬み合わせを治すことが必要と言われました。でも、歯を抜かないで治療することは出来ないのか、ミニスクリューも使用しないといけないのか、不安に思ったあなたは別のB歯科医院に相談に行ってみました。

別の医院では、まったく異なることを言われたのです。
「歯を抜く必要はありません。歯が並びきらない分は顎を広げてスペースを作れば、並べることが出来ます。」
これは良い所を見つけたと思い、また料金も少し安かったため、B歯科医院で矯正治療を開始することにしました。

治療を始めて1年数ヵ月後、でこぼこした歯並びも少しずつにきれいになり、担当医からも順調に治療は進んでいますとの説明をしてもらえました。

さらに数ヵ月がたって担当医から、「もう少しで矯正装置を外すことができます。」と思いがけないことを言われたのです。

でもあなたは、これで矯正治療が終わりなんて言われても、納得できません。
前歯が治療前よりも出た感じがして、唇が閉じにくい上、前歯で食べ物をかみ切ることができません。確かにガタガタした歯並びはきれいに並んだのですが、治療前よりも出っ歯になったように見えるし、意識していないと口が開いてしまいます。

先生に前歯をもっと引っ込めることはできないのかと尋ねてみても、「咬み合わせが合うように顎を前に出して良く咬んでください。そうすれば出っ歯に見えません。」との説明で、意見が平行線です。それでは、この矯正治療のどこに問題があったのでしょうか?





矯正治療前の相談の内容を振り返ってみましょう。
A矯正歯科では口元をさげた方が審美的に好ましい。咬み合わせを改善するためにも、歯を何本か抜いた上でミニスクリューを併用した矯正治療が必要と説明を受けていました。
B歯科医院の先生の考えは、でこぼこした歯並びをそろえることが矯正治療であり、咬み合わせについては、咬み合う位置にあごを前へ出して、噛めばよいという認識なのです。確かに矯正治療で前歯をさげるとか、咬み合わせを治す必要があるとかいった説明はまったく受けていません。説明が不十分とも考えられますが、治療目標の違うこの先生からすれば予定通りの治療をしたに過ぎないのです。
口元が多少出ていても、咬み合わせがしっくりこなくても、でこぼこした歯並びがきれいになることがB歯科医院の治療目標だったのです。患者さんの治療目標は前歯をさげて、口元のもっこりした感じを改善することだったと思われます。


抜歯をしないで、抜歯したときのように前歯をさげることは、できません。抜歯と非抜歯(歯を抜かない)方法では、同じ結果にすることはできません。それぞれ、治療目標が違ってきます。
A矯正歯科とB歯科医院の治療方法を比較するために、仮にC矯正歯科を受診した場合、両方の治療方法を提示して、それぞれの利点、欠点の説明を行い、治療目標を細部に渡って患者さんと確認しながら進めていくステップをしっかり行っていれば、違った結果になったかもしれません。

この矯正治療で何を一番治したいのか?まずそこを明確にする必要があります。非抜歯や最新~法とか装置に惑わされることなく、今回の矯正治療における治したい項目の優先順位を明確にし、診断をすすめていく必要があります。

最終的にはあなたの歯医者を選ぶ力が問われることになります。
医科も一人の先生で、診療科目が何個もある場合は、何が専門なのか?わかりにくいですよね!
一般歯科をやりながら片手間に矯正治療を行っているところではなく、矯正治療のみを行っていて説明をしっかりして頂ける矯正歯科専門がおすすめです。


ホームページはこちら
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。