テーマ:
【エココナαという洗浄剤の使い方シリーズです】

朝っぱらから「揚げ物」をする我が家である。


私自身は 寄る年波には勝てず

「あさから唐揚げとポテトフライ」は食べられないが



今後10年は 子ザル(人間の我が子たち)を飼育するので 揚げ続けることであろう。


「揚げた後の油」は1回で処理する。(まさか、溜めておいて 酸化させておいて いつかまたそれを使うの?!ないないありえない!)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

油まみれの鍋の処理の仕方


(1)油のたまった鍋に例の白い粉少しだけ入れる。


(2)一瞬にして、こんな乳化色になる!↓↓↓


お掃除でラッキーを呼ぼう。キープ・キレイ部-100208_0703431.jpg


※非常に汚い画像にて失礼します

ちなみに、「揚げる専用鍋」ではないので、周りが焦げてしまいました。




(3)ちょっと傾けてみると↓↓ 油と例の粉を混ぜた液体の部分と、その周囲の鍋肌の違いがわかりますかっ!奥様!




お掃除でラッキーを呼ぼう。キープ・キレイ部-100208_0725071.jpg


これね↑↑ 自分でもびっくり仰天だった。一瞬のことよ?


(4)この乳化分離した油は捨てて(いらない牛乳パックに新聞紙をつめて流し込み、しみこませた)


(5)まだ油まみれの 鍋である。

これにお水を張り、エココナαは耳かき1杯いれて、「火にかける」。↓↓


沸騰したら放置。↓↓


お掃除でラッキーを呼ぼう。キープ・キレイ部-100208_0729251.jpg


(6)そのお湯を捨てただけ!!!







お掃除でラッキーを呼ぼう。キープ・キレイ部-100208_1517451.jpg




「エココナ水」に隠されていた部分が きれ~~なステンレス色になったでしょ。


それどころか、「エココナ水」が漬かっていなかった上の部分の鍋肌色をみたまえ。



くすんでるしっ



・・・・・・・・・・・・・・・

エココナαが洗えるもの 「ひどい襟垢」編







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

yu-yu@キレイコンシェルジュ(プロお掃除のキレイ堂)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります