1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-07-30 00:15:18
テーマ:日記

少しというか、遅いよ、ようやくだよ。

デジタル放送の「コピーワンス」が運用見直しへ

2004年4月からBSデジタル放送と地上デジタル放送に導入されている「コピーワンス」が見直されることとなった。29日に開催された総務省 情報通信審議会で中間答申が提出され、コピーワンスに関して、今秋より検討を開始、年内を目処に結論を出す予定が明らかにされた。

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20050729/soumu1.htm


ようやく、使い勝手の悪い、コンテンツ業者の押し付けである、コピーワンスが見直されることになりそうだ。

この場合、コンテンツ業者とは、テレビ局である。


自前でIP放送を始めたりと、慌しかったので、この話が出ても不思議と違和感がない。

それにしても、テレビ局と言うは古いな。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-29 22:49:17
テーマ:日記

警視庁が修正警告、SEX教本『ラバーズ・ガイド』

警視庁が修正警告、SEX教本『ラバーズ・ガイド』
無修正写真50点を掲載

 性のテクニックを紹介し、好調な売れ行きを見せていた性教育本『ラバーズ・ガイド』。ところが、同書の出版責任者が警視庁の呼び出しを受け、再版する場合には修正を加えるように警告されていたことが27日、分かった。今春に発売されて以来、その大胆な露出で大きな反響を呼んでいた同書だが、捜査当局も看過できなかったという過激な表現の中身とは-。

http://www.zakzak.co.jp/top/2005_07/t2005072819.html


警察って、ムッツリなスケベばかりなんでしょうか?

イギリスでは書店から販売拒否されたという話だけど、イギリス人って、どうもムッツリスケベってのが

ネタになりやすいお国柄。

それと比較せずにいられません。

東京都は性教育も避妊を教えないようにするとか考えているみたいだし、どうもタテマエの人ほど反応するんでしょうな。

それにしても、性教育って、どこで教えればいいんでしょうか?学校もダメ、本もダメ、もちろんテレビもダメ。

AIDSも増えている現状で、どうするつもりなんでしょうかね。

今までの性病も若年層に増えているってのにな。

まぁ、この国に未来が無いことは、こんなことに限らずヒシヒシと感じていますから、

そのうち海外にでも移住を考えたいね、このまま進むなら。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-28 12:13:23
テーマ:日記

ニュースで「呪い」の文字を見た

ユダヤ人過激派、シャロンに死の呪い

[エルサレム 26日 ロイター] ユダヤ人の過激国粋主義者たちがアリエル・シャロン・イスラエル首相の厳重な警備は神にしか破れない、として死の呪いをかけたそうだ。ウェブサイトのYnetが26日、報じた。
http://www.excite.co.jp/News/odd/00081122496362.html



古代帝国みたいなものを外国のニュースでみることがあるとは....

万師露観 だっけか?この人、いま、どこにいるんだ?

反社会的で、武器を持たせたら、明らかに危険な点でも同じだし。

ユダヤ教だったね、モーセの十戒って。


・私以外の何者も神としてはならない。

・偶像を作ってはならない。

・主の名をみだりに唱えてはならない。

・週に一度は休日としなさい。

・父母を敬いなさい。

・何をも殺してはならない。

・姦淫してはならない。

・盗みを働いてはならない。

・隣人のことを偽証してはならない。

・他人の物を我物顔で扱ってはならない。


う~~~ん、やっぱり、こいつら アホ だ、自分の信じるところの戒律すら守れない。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-27 22:38:17
テーマ:映画

パッション

東宝
パッション

ポリグラフという機械がある、登場した当時は犯罪捜査のリーサルウェポンだと言われていました。
実際、それなりに効果があったのは事実だが、完全なものではないことが判った為に、
これを使ったデータの信頼性は参考程度とされ、現在では証拠としての能力はまったくない。
「踊る大捜査線」という刑事ドラマで、ポリグラフを使って尋問すると言う悶絶しそうなくらい笑えるギャグがあったが、そんな冗談になるくらい現実世界では参考資料の存在だ。
(似たような存在に自白剤もある)


それでも、明確に嘘をついていれば反応するポリグラフで、まったく判断出来ない嘘というものがある。
(だからこそ、現実の事件では必ず使えるわけではないようだ)
それは、当人が嘘をついているという意識がない状態、自分の嘘を本気で信じている状態である。
こんな人は、とても危険で有ることも多い。
いや、実際に危険だ。
有る種の恍惚感でもあるんだろうか。


こんな人が極めて本当に見える嘘をついたら....最悪だ。
悪意もないから、屈するとは限らないし、どちらかと言えばタフな人種だったりもする。
客観的には見分けがつかない場合も多いから、結構大きな影響力もあるだろうし、
下手な反論をすれば、悪者にされかねない。


そんな精巧に作られた嘘は、映画で良く見ることがある、そんなものの一つが「パッション


これはキリスト最後の12時間を映画化、しかも当時に近い言語で会話をさせて、忠実に再現したという処刑の場面。
しかし、この映画を見ながら、私は妙な違和感を持ち続けた。
あからさまな悪意を感じる登場人物と、あからさまに善意を感じさせる人物。
当時のエルサレムで白人????
これがリアルなのか?と。


そして、疑問が確信に変わったシーンがあった。
それはキリストを十字架に磔にするために、釘を打つシーンだった。
映画では掌に釘を打っていた。
掌に釘を打って磔にすると、掌に体重が掛かった時に支えることができない、
だから、手の付け根に釘を打たれたするのが定説だ。
実際、いくつか、そのような証拠もある。
(ちなみにトリノの聖骸布でも手首に釘の痕がある。コレ自体はかなり胡散臭いが)


確かに数多くの絵画では掌なのは確かだが。
ここで想像したのが、これは製作者にとってのリアルだということ。
そう、これは製作者である、メル・ギブソンにとってのリアルということであれば納得だ。


別に歴史考証に正確だろうとなかろうと、それは関係ない。
「僕の考えたキリスト」という画用紙に書かれた図工の宿題が、映画になっているだけの差。

そして、これがあまりにも大きな影響を与えたこと、そして、これを多くの人がリアルだと感じていること。


キリストの生涯を描いた映画など山ほどあるが、これが真実だと言うのは、そうそうない。
しかも拷問だけの映画となると、これだけであろう。


確かにユダヤ人への悪意と言う方がしっくりくる映画だった。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-27 12:48:14
テーマ:日記

解釈は人それぞれか

広島・原爆死没者慰霊碑にハンマーで傷、自首の男逮捕

広島中央署は、ハンマーを持って自首した同市安佐南区、政治団体構成員容疑者(27)を器物損壊容疑で逮捕した。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20050727i402.htm


私も修学旅行で行った場所だから、慰霊碑の碑文は覚えている。

容疑者は「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」の「過ち」が気に入らなかったらしい。


これが全米退役軍人会だとかなら、容易に理解できるんだが。

あの場所の意味、存在理由、そして地域の社会活動で考えてみると「核兵器使用」という意味にも十分

取れるんだが、彼は「戦争反対」か、「軍国主義反対」と捉えたのかもしれない、推測だが。


想像力の高いところと、低いところの差を見て感じる、いびつな話だ。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-07-26 23:07:13
テーマ:日記

莫迦な発言に馬鹿と返さない

明大教授ら、石原都知事に仏語の参考書贈る

「石原知事。これでフランス語を学んで」

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20050726AT1G2601526072005.html


まさしく、エスプリだねぇ、これじゃぁ、勝てないねぇ。

人を食ったような話だけど、笑いというものは本来、こうしたものだと思う。


莫迦に馬鹿と返しても、しょうがない。

「利口になるように勉強してみて」これはかなりキツイ。

これは、面白いね。


本当にフランス語を勉強してくれば、都知事も見直す価値もあるんだろうけど...可能性は低そうだな。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-07-25 23:02:18
テーマ:映画

スーパーサイズ・ミー

レントラックジャパン
スーパーサイズ・ミー

1ヶ月、同じモノを食べ続けるというのは、楽しいんだろうか?
まぁ、レストランが限定であれば、大分違うんだろうな。
ファーストフードだったら...私は、嫌だなぁ、あんまりおいしくないし。
特にマックは、どうもおいしく感じないからなぁ。

まぁ、何事もものは試しと言うから、試した映画がこれ


スーパーサイズ・ミー


マクドナルドのせいで太りすぎたと訴えられた事件を見て、マクドナルドで1ヶ月過ごすと言う
ドキュメンタリーを思いついた人が製作したという。


この映画を見ているとかなり食欲が無くなります。
有る意味、太りすぎへの脅迫とも言える映画ですが、ダイエットが簡単ではないってことは、
誰もがご存知の通り。
それでも、映画の中でみなさん、軽く言ってくださるんです、「自己責任だ」とね。

この映画で、監督は、一月で13キロも太っているんだから、マクドナルドだけで。
実際、食べるだけで、これだけ増えるのは医者もおかしいと首を傾げるくらいに。


恐いことに30日目くらいには、食べていないと頭痛がするし、食べていないときは頭痛に悩まされるという。
食べているときはえらくテンションが高くなる。
いつもイライラしていて、見ているとなんか中毒患者にしか見えない。


監督は、食べると、また食べたくなるといい、まったく中毒患者にしか見えない。


映画の中で、一番驚いたのは学校の食事、そのなかで、小学生くらいの子供が食べているのは、クラッカーとアイスクリームだけ、野菜を食べていると言いながらフライドポテトだけを食べているのが現実だという。
これは脅威だ、栄養なんかのバランスなんか微塵もない。
なんでも、ファーストフードなんかの食品業界が学校に援助するという名目で、置いているのが彼らのファーストフード、これはどう贔屓目に見ても「刷り込み」という洗脳にしか見えない。
見ていると先生は、明らかに答えを避けている様子が伺える。
なんでも、学校の援助金が食品業界から貰っている手前、見て見ぬフリとか、真偽は定かではないが。


アメリカの給食って恐いなと思う瞬間。
どこかの学校で不登校なんかの問題児の生徒を預かる学校では、自然食にしたことがキッカケか、
生徒が大人しくなり、授業も清聴するようになり、集中力も高くなったという。
やはり、ジャンクフードとはこんなことから言われるのだろうな。


良くも悪くもこれがアメリカ、確かに安くて高カロリーの食品ばかり。


かつて健康的と言えば、高カロリーの食品だったが、今では低カロリーの食品に変わっているが、これも考えてみればかなりイビツな感じだ。
今時は、健康的と言えば、ダイエットのことなんだから。


おかしいねぇ、考えてみれば、肥満に悩むくらいのエネルギー量が、途上国には全くない。

バランス悪いなぁ、世の中って。


マクドナルドは、ここ数ヶ月食べていないけど

、食べようとは思わなくなったな。
食べるだけで、病気になるって食べ物はなぁ。

次の日、マクドナルドの前でドナルドがジョン・ゲイシー(キラー・クラウン)に見えた。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-25 01:30:56
テーマ:DVD

久しぶりに再生出来ないソフトに出会った。

久しぶりに再生出来ないソフトに出会った。

以前、購入していたけど、画質が良くなっているとか、dts で音が良くなっているとか、
様々なものを期待して購入した「ドラゴン 怒りの鉄拳」だったけど、これが自分のDVDプレイヤーでは
再生できない。


自宅のDVD再生機器は、パソコン、PS2、再生プレイヤー、DVDレコーダー、LD/DVDコンパチプレイヤーと、
色々あるんだけど、一番良く使う、再生プレイヤーで再生できない。

パイオニアの DV-S747A がそれなんだけど、これ以外ではプログレッシブ再生をテレビで見られないだけに、
かなりショック。


DVD の購入し始めた時期だと、物凄く沢山、この手のトラブルがあって、アルマゲドンは、交換したし、コンパチプレイヤーは、ファームアップデートをしたこともした。
確か、バック・トゥ・ザ・フューチャー 、ウルトラセブン でもトラブルにあったなぁ。
そういや、AKIRA もあった。


いい加減、ソフトも妙に規格を外れる事も少なくなって、DVDプレイヤーのファームも枯れたせいか、すっかりないと思っていただけに、かなりショック。


早速、ユニバーサルと、パイオニアには連絡したけど、休日だからなぁ。
再生DVDプレイヤー だけにしか、問題が発生しないので、ファームアップかなぁ。


ソフトも少し怪しい気もするけど。


コレから買う人は、少し注意した方がいいかもしれない。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-07-24 01:43:05
テーマ:日記

他人の評価が気になる時代...か

よく見るWebページに、impress のAV Watch がある。
この中の「週刊 買っとけ!DVD」は、なかなか紹介しないDVD の特典も含めて紹介している記事で、
買うときの参考になるときもある。


紹介している作品は、結構バラエティに富んでいるので、興味深く見ている。
単なるヒット作、メジャーの話題作だけではなく、「ホネツギマン」や、「えびボクサー」のような
作品を取り上げているので、結構貴重だ。
普通は、酷評どころか通常は無視されかねない作品だったりするから。

その中でアンケートが有るんだけど、この票数は、あんまり高くない。
そこそこ話題作で600票くらい、通常は300票くらい、LOTR SEE ですら1200票の得票数の中で、
ダントツの得票数を得ている映画を見つけた、それは何か?


スイング・ガールズ? 否
ハリー・ポッター? 否


それは、デビルマン、得票数は4000を超えている。
これは驚きだ、興行収入を考えれば見た人間が多いとは思えない、この映画の関心度がこれほど高いとは。
おそらくDVD の売り上げ、レンタルの回転率、ビデオの売り上げ、どれを考えても、見た人の人数が多いとは思えない、この映画でだ。


・購入済み
・買いたくなった
・買う気はない


この中で一番、圧倒的に多かった選択肢が、「買う気はない」というもの。
つまり、見ていないのに「見る気はない」に近い。
まぁ時間の無駄でしかないのは事実なんだが、それにしても、他人の意見に流されやすいとしか言えない。

そういえば、デビルマンの紹介記事のインデックスに「他人の評価が気になる時代」となっていて、
実に的を得ていて面白い。
映画を採点している人も沢山いるが、採点なんて出来ることが個人的には不思議、
「風と共に去りぬ」と「エイリアン2」の点数を同じくらい面白いからと同じにしたところで、
中身はまるで違うし感動する要素も違うはず。
何でできるんだろ?


他人の評価なんて、当てに出来ない。
ネットでいくら言われているからって、それが自分の体験から来ていなければ、
赤いシリーズで「百恵ちゃん、可哀想ね」ということと差が無いって気がする。
映画は、パッションなんだから、自分で見ないと分からんと思うんだが。


不思議な世界の一端を見る気分だ。
他人の評価を気にして、買うなんてつまらんなぁ。
そう言う自分は、記事がおもしろ可笑しいので、ついつい買ってしまったクチなので、言える立場ではないなぁ。


デビルマン、実際、期待通りの映画で、期待通りに「最低映画として」面白かったな。
人が「つまらん」と言う映画でも面白い観方があるもんだよ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-23 17:44:51
テーマ:映画

バットマン ビギンズ

そもそもの発端に戻って物語を始めるというのは、すっかり定着した気がする。
スターウォーズのEP1があれだけダメなのに、あれだけ当たれば、誰も彼も始めるわな。
そうは言っても、出来がみんな同じってわけではないようだ。
最近の映画では騙されたばかりだからなぁ、期待しているのは「スーパー・サイズ・ミー」のDVDだな、今は。
ちまたの評判がそれほど芳しくなく、なおかつヒットしている様子も見えないが、久しぶりのバットマンに期待する。
「バットマン ビギンズ」


町の中華料理屋、蕎麦屋の「冷やし、始めました」みたいに「バットマン、始めました」というところなんでしょうか?

バットマンの、ブルース・ウェインの犯罪者狩りの動機は、自身の眼前で両親を殺されたことだけど、ティム・バートン版では、シャレたセリフを言うチンピラに殺されていた両親も、今回は町に溢れている貧乏人のニワカ強盗に殺される、今回の両親は慈善事業に家財を投げ打つ覚悟だったという点も含めて、今回は無情だ。
ゴッサム・シティーはゴシック趣味の夜の街から打って変わって、光有る未来都市に変貌したが、一転して地上に目を落とせば、ホームレスが溢れて、サタデーナイト・スペシャルを手にした辻強盗がそこら中に起こる現実的かつ、救いの見えない世界。
一部の金持ちは、銀色のビルに住んで、貧困が溢れる世界とは何の接点もない生活を送っている。

これは漫画と言うよりは、現実の鏡だな、これは。
ブルースが子供の頃事故で落ちた井戸で蝙蝠の群れに出会ったために、蝙蝠に強烈なトラウマを植えつけられてしまう。
それが、両親の殺人の引き金になったことを悔やみ、かつての犯人の仮釈放時に殺そうとしたことをGFに責められ、裏社会の顔役に説教をされ、自暴自棄気味に裏世界を放浪し、そこで出会ったリーアム・ニーソンのグルに東洋哲学と格闘技を教わり、その本部を破壊して、帰国。
帰国後、マイケル・ケインの執事と、モーガン・フリーマンのQの協力で、個性的な犯罪との対決を行う。


ルトガー・ハウアーの社長は、なんだか恐い。
ヒッチャーみたいな悪役だったら、どうしよう?とドキドキしたんだけど、それは無かった。
劇中、社長の犯罪を匂わす場面があるんだけど、これが出てこなかったのは残念。
バットモービルは、リアル志向なので、少しハッタリが少ないけど、十分な活躍場面があるんで良かったな。


あまり手際の良くないバットマンも不思議な魅力があります。
ティム・バートンでないとダメかもしれないと思っていたバットマンも、予想外に良いです。


そういえば、この映画が成功すると「ダークナイト・リターンズ」の映画化されるという話を聞いた。
最後の強敵は、版権の都合で変えざるを得ないけど、それでも「狂ったロビン」というのならOKです。


ヒットしないかなぁ、次も見たいし。
かなり良いですよ、コレ、キャストも魅力的です。


個人的には、DVDは購入決定です。

カメオで誰が出ているか、気になりますし。
イアン・マッケランは、あまりにも分かりやすいのですぐに分かったんだけど。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。