2005年01月11日

新しいテノールリコーダー

テーマ:リコーダー
 今日、リコーダーアンサンブルの指揮者Kさんから電話があった。新しいテノールリコーダーを購入したので、ケアをして欲しいというのである。
 木のリコーダーは、プラスチックの楽器と違って生き物であるから、買ってすぐに何時間も吹くと、慣れていないのであっという間に疲れて音が出なくなってしまう。最初は1日5分、そのうち時間を長くして…というように、慣らし吹きをしてあげないと、いい音が出るようにはならない。湿気や乾燥対策に、アーモンド油で管の中を拭いてあげる必要もある。そのケアがちゃんと出来る人間が、他にいないというので私に電話がかかってきたわけだ。高い楽器を任されるんだから責任重大である^^;
 「木曜日の練習時に楽器を託すので、お願いね」と言われてOKしたのだが、つまりKさんは木曜日にアンサンブルの練習をやる気なのだ。肋骨が折れてるのに!!!本番も終わったし、この際少しぐらい休んだらいいのになぁ…と思うのだが、やはりこれは彼女の生きがいなのであろうか…。まぁ、ともかく木曜日に新しいリコーダーを見るのが楽しみである^^
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年01月09日

第1回マティネー当日

テーマ:コンサート
 いよいよ今日は第1回マティネー。といっても礼拝は普通どおりあって、それが本番直前なので何となく気が散ってしまう。
 礼拝は10時からなので、9時15分ごろからサキソフォーンのB氏と最後の合わせ。テンポが途中で変わらない曲は最初の部分だけ、変わる曲はその部分も入れて、少し長めに合わせる。あっという間に礼拝開始5分前になって、私は礼拝準備に頭を切り替える。いつものように前奏を即興するので、始める前に一番集中力が必要なのだ。
 ホイマーデン教会の礼拝は、我らが牧師の「簡潔でわかりやすく無駄のない」説教(これが3拍子そろった説教というのはすごいとしか言いようがない!芸術の域に入っていると思う)のため、他の教会に比べて短い。10時45分には礼拝が終わり、B氏がオルガンのところにやってきた。調律をしたりしながらひと休憩入れる。オルガンは2階席にあって、そこにはほとんど人がいなかったのだが、1階席の方を見たら意外とたくさん座っていたのでほっとした。

 11時5分前、牧師が「もういいだろう」といった感じで合図して出てきて、挨拶をしてくれた。その挨拶でマティネーをすることになった経緯を説明したのだけれど、「去年、うちのオルガニスト(注:私のこと)が僕のところに来て言うに、礼拝と昼食会の間の空いた時間を埋めるのに、僕が長く説教するか、マティネーを行なうかどっちかにしたらどうだろうというので、即座に『マティネーの方がいいと思う』って答えたんですよ」だそうで(爆、そんなこと言ってないっちゅ~に)。そうやって適当に集まった人を笑わせて、雰囲気を和らげてくれ、このマティネーが今年は継続して行なわれること、また今日の収益の行き先等、肝心なことをアナウンスしてくれた。
 スマトラ島沖地震のことを意識していたため、1曲目はコレルリの「アダージョ」という静かな短調の曲だったのだが、その最中に11時の鐘が鳴ってしまったのは残念だった。やはり11時の鐘が鳴り終わってからマティネーを始めるべきなのだろう。フランソワ・クープラン、ラモー、マルティーニ、ルクレール、グルックの曲を次々に演奏した。上手くいったもの、事故のあったものといろいろで、長かったような、あっという間だったような…。最後はヘンデルだったのだが、あまりにその準備のために時間がかかったので、サキソフォーンが吹き始めると同時に拍手が入ってしまって、もう一度やり直すというハプニングも。
 終わった後、拍手が結構長く続いて、それだけで聴衆が喜んでいることが伝わってきた。実際、この後でみんなから「良かったよ~」「普段あまり聴く機会がない曲ばかりで興味深かったよ~」と声をかけられた。唯一言うなら「オルガンが2階席の後ろにあるから、演奏者の姿が見えないのが残念」だそうで。B氏が冗談で「次の時は祭壇にスクリーン設置して、ビデオカメラで写しながらやろうか」とか言っていたが、確かにパイプオルガンの問題点は「絶対に移動できない」ことかもしれない…^^;

 牧師曰く「マティネーの企画自体、すごく評判がいいよ」とのこと。今回は実は、私も教会のみんなも完全にクリスマスボケしていて、教会の行事予定表には載っていたものの、宣伝らしきことは3日間ぐらいしかやっていないのである。休暇の期間中で、家にいない人も多かった。それでいて、牧師が数えたところによると35人来ていたというからいいスタートである。マティネーだけに来ていた人もいたそうだ。
 更に、昼食会だけに顔を出した人に「ねえ、この次は11時においでよ!マティネーがあるんだよ。今日すっごく良かったよ~」と宣伝してくれている人もいた。ポスターを貼るよりもずっと強力な宣伝方法がこの「口コミ」である。次回マティネーは2月6日、プログラムは「イタリアのオルガン音楽」なのだが、もしかしたらお客が増えるかも!?とちょっとだけ期待。

 マティネーを終えてお腹がぺこぺこになったところで、自分で料理しなくても美味しい昼食を頂けるというのは、演奏者としてと~ってもありがたい。今日のメニューはミートローフと幅広パスタ、マッシュルームのソースつき。デザートにはレモンソースつきチョコムース。しっかりとお味を堪能させていただいた。昼食のご褒美つきマティネーは嬉しいかも(笑)

 と嬉しい成功だったが、マティネーの録音を聴いて、あとで結構滅入ってしまった。「こんな風に聴こえていたのか!!ごめんなさいm(_ _)m」って感じである。昔、大学のオルガンの教授が「オルガンの一番嫌なところは、演奏台ではほんのちょっとしたタッチの違いが、大きな差となって聴衆に届くこと」だといっていたが、全くその通りだと思わざるを得ない_ _;この失敗は、次の時に活かさねばなぁ…。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年01月04日

第1回マティネーの打ち合わせ

テーマ:コンサート
 今年はいよいよ、私が企画を担当する「ホイマーデン教会マティネー」が始まる。マティネーとはお昼の公演・コンサートのこと。
 ホイマーデン教会では月に1回、礼拝後に昼食会をする日があるのだが、10時の礼拝のあと12時の昼食まで、少し時間がある。その空いた時間を狙って、私が30分枠のマティネーの開催を提案したというわけだ。第1回は1月9日、サキソフォーンと一緒にやることになっている。どんな風になるのか、どのくらい人が集まるのか、皆目見当がつかないだけに今からドキドキものである。

 さて、コンサート5日前の今日、ようやくサキソフォーンのB氏と打ち合わせ。B氏は私と同じくらいの年代で、ホイマーデン教会の教会役員を務めており、アマチュアではあるがゴスペルバンドなどの活動もやっていてかなり吹ける。だから全く心配せずに、こんな遅くになって打ち合わせなどしているわけだが、さすがに今日は時間がかかった。
 まずはB氏が図書館から借りて、持ってきた楽譜を片っ端から初見で合わせて選曲。クラシックな曲はほとんどが編曲ものだが、なかなか上手くアレンジされている。たまにはどうにも退屈なものがあって、それを候補から取り除いていく。B氏はジャズ系現代曲の楽譜も借りてきていたのだが、これは曲としていまいちだった。本当にいい曲であればプログラムに新風を吹き込んでくれたであろうに、残念である。
 結局、残った候補曲は9曲。もう一度ざっと合わせながら、1曲1曲の時間を計って合計してみたら、全部で31分という結果が出た。練習したあとでテンポの取り方が変わるかもしれないし、曲と曲の間に少し間が必要なことを考えると、少し長めだがなかなかいい感じである。
 問題は曲をどうやって並べるかなのだけど、B氏は遠慮してるのか「僕よりあなたの方が経験を積んでるだろうから」とか言って、全然意見を言ってくれない。ドイツ人にしては珍しいというべきなのか、専門家を尊重するという意味ではドイツ人らしいというべきなのか、ともかく何にも言ってくれないので私は内心頭を抱えてしまった。曲の性格や調性を考えて「この曲はこんな性格だから最初にどう?」とか、きちんと私の考えたことを伝えて、B氏がどう思うか聞きながらようやく一応並べたが、土曜日の最後の合わせの時に一通り演奏してみてもう一度考える、ということになった。
 結局、ここまで2時間半もかかってしまい、もう少し短く終わるかと思っていただけにびっくりした。でも、そんなものかもしれない。

 このマティネーは入場無料であるが、入場無料のコンサートでも必ず、聴く人が何かしらお金を置いていくのがドイツの常である。今回の第1回マティネーでの収入を、スマトラ島沖地震での津波の被災地支援のために寄付したい、と思い立ち、B氏に相談したら「うん、いいアイディアだと思う」と言ってくれた。あとは牧師と他の役員とに話を通すだけだが、もし事前に何か役員会で決まっていたのでなければ大丈夫だろうと思う。もっともいくら収入があるかは全くわからないのであるが、雀の涙であってもお役に立てるなら嬉しく思う。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年01月01日

後戻りはできないのね^^;

テーマ:オルガン・即興
 1月1日、新年礼拝。年末のスキーで右足をいためた私であるが、そこは何せ元々ピアニスト。「奏楽の仕事を始めたとき同様、手だけで弾けばいいのよね」とタカをくくっていたのだけど…

 前奏はいつものように1番目の讃美歌を即興。今日の讃美歌はEG158番「おおキリストよ、明けの明星よ」。いつもなら派手で元気な即興をしてもいいところだが、年末にスマトラ島沖地震の津波で大災害があったばかりで、世界中がいわば「喪に服している」状態での年明けである。私も礼拝出席者もとてもそういう気分ではない…と判断し、暗闇に星の光が輝いているイメージで、黙想が出来るような静かな即興にした。この時は足鍵盤も動きがほとんどなく、左足だけで弾いていた。
 しかし、讃美歌の伴奏を始めた時に自分でも驚いた。足が勝手に動くのである!!伴奏のバスの動きが足の動きとして反射的に出て来ているのだ。
 ドイツで教会音楽の専門教育を受けると、即興の授業で「伴奏譜なしで」讃美歌の伴奏をする訓練をさせられる。讃美歌のメロディーだけを見てそれを和音進行として把握し、その和音を両手と足に分けて弾くという、ある意味器用なことを自動的にやれるようになるための訓練である。これに慣れていろいろなパターンの和音づけができるようになると、もう伴奏譜は退屈で使えなくなる。私もご多分に漏れず、もう何年も伴奏譜は使っていない。
 私は結構長いこと、足鍵盤を使うのが怖くて手鍵盤だけで和音づけをして伴奏していたのだけれど、それでは大学の試験に通らないので、おそるおそる足を使い始めた、という過去がある。今も足鍵盤を使うことに一番自信がない。だから逆に足を痛めても、礼拝の仕事は問題なく出来ると思っていた。だが今回、いつの間にやら訓練の成果が出ていて、足の動きがきちんとインプットされているのを実感した。自分でも正直なところ驚いたと同時に、後戻りは出来ないんだなぁと感じた。やっぱり足は使えた方がいい!!気をつけて、早く治そうと思う。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。