大好きな劇団、ポップンマッシュルームチキン野郎(PMC野郎)さんの緊急公演『こい!ここぞといふとき~男色道中膝栗毛~』の初日を観劇してきました。

本日千穐楽、おめでとうございました。

 

『こい!ここぞといふとき~男色道中膝栗毛~』

http://pmcyaro.com/stage/23_koikoko/sp/index.html

 

いつも本当にハチャメチャな設定や人間ではないキャラクターが出てきて(笑)観終わるまでまったくストーリーが想像できないポップンさんの舞台。

今回のメインビジュアルは私が好きな大正ロマンのレトロな雰囲気。
『こい!ここぞと~』は2008年に上演されて以来、バージョンを変えながら今回が4回目だそうです。私は『こい!ここぞと~』を拝見させていただくのは今回が初めて。さあ、どんな世界が見られるのでしょうか…?

観終わった直後の私の感想。
本当に本当に楽しくあたたかく幸せな時間でした。まさに「ほっこり」という言葉そのままのような、優しくて温かい舞台でした。友人とたくさん、この作品について語り合いました。

それぞれの事情があり、会えなくなった同士たち。
どうしようもなく会いたいそれぞれの『誰か』を探し、会うために北を目指す登場人物たち。
離れ離れになった親子、恋人、親友(仲間)、夫婦…などなど、それぞれの人間関係の糸が、少しずつ少しずつ近づきながら絡まっていきます。

 

純ママ&カツ子ちゃんのおバカっぷりやそれに振り回される真のシーンに大笑いし、

未来人の一場さんの東北訛りに感動しながら黄色い彼との再会と未来の話に笑い、

野菜たちのやりとりに和みつつ最後に悲しみを誘われ(笑)、

マチさんと京太郎の前夜のシーンに優しい気持ちになり、

ユカリちゃんとカツ子ちゃんの可愛い恋模様に思わず応援したくなったり。

マチさんと工藤のシーンでただただ涙し、

男らしさ全開だったアスオの、ラストの戸惑いをじっと見守ったり…。

大正天皇のキャラクターはいつの間にかすっかり可愛くなってしまうのです。
 

そして最後。

言いたいことがいっぱいあった筈なのに、最後はすべてを飲み込んで静かに去る真の姿と、最後の最後に問いかける純ママには本当に心を打たれました。

カツ子ちゃんグッジョブでした!
 

下ネタが随所に入るのもポップンさんならではだと思うのですが、それが下品だなとか嫌だなとかはまったく感じず全部笑いに変えられちゃうところが凄いところだな~と思います。

それから、今回キャストの皆さんが殆ど舞台上にいらっしゃってロードムービーな楽しさがありました♪皆さんの表情もしっかりと見える距離感で嬉しかったです(*^^*)


主に野菜たちに関してはハッピーエンドなのかどうかはさておき(野菜として野菜生を全うしたのでハッピーかしら…?)、観終わった後に本当にじんわりと、皆、良かったね。と胸が温かくかくなりました。ああ、本当に良いものを観させていただいたな、と幸せな余韻でいっぱいでした。
 

 

実は今回、仕事の関係で日程がハッキリできない部分もありチケットを取り損ねており、行かれる日が確定したときには完売になっており涙を飲んだのですが、何と追加席が出ることになり速攻で予約できました。本当に、チケットが取れて観に行けて良かったです!

 

オープニングを担当されている吉田ハレラマさんのアニメーションも、ぬくもりを感じる影絵のようなアニメで素敵でした。

そうそう、カツ子さんは本当に美しく可愛かったです…!パンフレットのお悩み相談室のカツ子さんもめっちゃ美しいのです。
ポップンさんの男性キャストの皆さんの女っぷりには密かに嫉妬を抱きます(笑)

 

 

こちらは小岩崎さんが過去公演のパンフレットで連載していらっしゃった『勅使河原桜子の気づき』のクリアファイル。グッズ販売でこちらがあると拝見して、絶対にゲットすることを決めておりました(*^^*)

DVDも予約済!本当に素敵な作品だったので、一人でも多くの舞台ファンの友人にオススメしたいです♪
次回作も楽しみです!

AD