寒い日が続いていますね。

テーマ:

寒波や大雪が降り、朝の送迎も細心の注意を払って行っております。

 

「今日は格別に寒いねー」

 

がお馴染のご挨拶になりました。

 

4日から営業されたデイサービスですが、ご近所の箭幹神社への恒例初詣、きねと臼を使ってのお餅つき、年末に販売したきらら年末ジャンボ宝くじの当選番号の発表などにぎやかに新年のスタートを切りました。

 

「年末年始はどうしてたの?」

 

「うちにずっとこもってたわよ」

 

「きららでやっていた体操を家でもやっていたよ」

 

「毎年きららの年賀状を楽しみにしているよ。」

 

「手書きの年賀状は嬉しいね。私宛のハガキなんてなかなか来ないからね」

 

など年末年始の休業で少しだけ久しぶりの皆さまもお話が弾み、そのようなやりとりに職員も嬉しく聴かせて頂きました。

 

極寒の季節ですが皆さんと元気にきららでお会いできるよう、今年もはりきって参ります。                                                                      

 

相談員 齋藤

 

 

AD

お食事特集!!

テーマ:

 きららのお食事は前月の皆様から頂いたリクエストを元に、調理師が栄養バランスを考え、旬の食材を取り入れて考えに考えた献立です。調理師の‘こまちゃん’が皆さまの笑顔を糧に、下ごしらえから手作りでお昼の出来たてを目指し、愛情込めてお作りしています。

 調理場まで声をかけに来て下さるご利用者様もいらっしゃり、お料理だけでなく人柄でもご利用者様を魅了しています❤「あなたの味付け、とても私に合っているの」「筑前煮の調味料の配合を教えて」「手ごねのハンバーグなんて食べたの久しぶりだよ」など、ご利用者様の胃袋をがっちりつかみ、利用者様の栄養を陰で支える縁の下の力持ちです。美味しいお食事で自然と笑顔になる心身共に健やかにの大切な第1歩ですね。

 

 定番の和定食や洋食・中華を中心に、時には巷で流行りのアジアンメニュー(ガパオライス、鶏飯、生春巻き、フィリピン春巻き など)やハワイ在住歴のあるスタッフの本場の手作りハンバーガーなど、皆さまの知的好奇心を刺激する「冒険メニュー」や本格流しそうめん・お雑煮・夏祭り夜店メニューなど四季の行事食などお食事にもレクリエーション要素を取り入れています。

 1回のご利用の際、昼食代500円、おやつ・お茶代100円の飲食代の実費とお安く設定させて頂いています。ご利用しやすいよう、お食事の好き嫌いやご事情により、お食事のお持ち込みも可能です。一口大、あら刻み、刻み、薄味などにも対応させて頂いています。

 

AD

スペインの想い出

テーマ:

ご利用者のK様がスペイン旅行の想い出を書いて下さいました。

許可を得て、こちらに掲載させて頂きます。

 

チューリップ黄 チューリップ赤 チューリップ紫 チューリップピンク チューリップオレンジ チューリップ黄 チューリップ赤 チューリップ紫 チューリップピンク チューリップオレンジ チューリップ黄 チューリップ赤 チューリップ紫 チューリップピンク チューリップオレンジ チューリップ黄 チューリップ赤 チューリップ紫 チューリップピンク チューリップオレンジ チューリップ黄 チューリップ赤 チューリップ紫 チューリップピンク チューリップオレンジ 

 

スペインで電車に乗った。

ガウディの建築物を見学してスペイン広場に戻ったのは午後3時ごろだった。

 

ガイドさんが「今夜のホテルが変更になりました。学会が開かれるので市内のホテルには泊まれません。少し中心街から離れたホテルに泊まります。バスで案内しますからご心配なく。 電車でも行かれますが。。。」とのこと。

 

珍しい電車に乗れると 早速申し出た。私一人だった。

 

手書きの簡単な地図を渡されて皆はいなくなった。

 

珍しい事なのでわくわくした。人は大勢いるが電車らしいものはない。

 

文字は読めないしわからない。とにかくトイレに行こうと思って見まわしたけど、それらしいものはない。

 

目の前にデパートらしい建物があった。デパートならあるはずだからと、店内に入った。

 

見渡したところ、それらしい文字も見当たらない。

奥の方にあるだろうと ぐるっっと歩いてみたが全然みつからない。広場に戻って見渡したら遠くにマクドナルドの看板を見つけた。

 

やれやれ。

狭い店でごった返していたが奥の方にトイレがあったので用をたすことができた。

 

小さなリュックひとつでなにも持つものがないので、身軽。コーヒーを飲んで日本と同じに過ごす事ができた。

 

駅らしい建物もないが人が大勢降りてゆく階段があったので降りて行くと地下鉄の駅だった。広くもないが大勢の人がいる。切符売り場がすぐわかった。

 

地図を書いた紙をみせたら、すぐに切符が買えた。

 

3本くらいの路線の始発だ。

 

紙を眺めていたら誰かが乗る線のホームを教えてくれた。広い空間もないし近い。明るい電車は3両ぐらいでガラガラ。

若い3人グループの女性がいたりして車内ものんびり。

 

やさしそうな髪の毛のうすい色のおばあさんと、向かい合った席に座る。地上に出て田舎といえるどこまでも広い景色が続く。

 

片言の英語きり知らないけどスペインのおばあさんとは何とか話ができた。歳は同じ70才との事。

 

孫娘に教えてもらった「孫」という英語でも話しは通じた。2人いるとのこと。手帳をやぶいて、鶴を折った。

 

2羽をあげたら、すごく喜んでくれた。

 

英語だったら少しは話しが出来ただろうに。

現地通訳言っていた「英語よりスペイン語は難しい。」と。

 

降りる駅を教えてくれて サヨナラを言った。

 

駅と言っても日本ではないような小さいホーム。

 

階段を上がった駅舎も小さい。

 

地図通りに目の前に広い道路がある。見渡しても家はそんなになくて本当の郊外だ。

 

少し上り坂の道をゆっくり歩いた。地図通り15分歩いたら左手にホテルがあった。不安もなく のんびり一人別行動ができて嬉しかった。あとで聞いたら同行のバスの人たちは随分心配したらしい。

 

歩いてくる私を見つけて3階の窓から手を振ってくれたとか。気がつかなかった。

 

キャッシュバックは4000円くらいだった。

 

 

写真:だるま作り

AD