きらきら星のつぶやき☆

東京→鯖江できらきら☆生活
☆鯖江市地域活性化プランコンテスト☆


テーマ:

福井銀行と福井新聞社が主催する「考福塾」で講演してきました。
考福塾とは、県内の企業や団体で働く若者の中から、次世代を担う人材を育成することを目的とした「若者リーダー育成事業」。だそうです。

 

普段は、福井出身で東京などで活躍する人に講演してもらうらしいのですが、今回は県内で活動している人に。ということで、福井駅前の活性化を手掛けている「美のまちプロジェクト」の竹本さんと、若狭梅を使った梅酒を作って販売している「エコファームみかた」の藤本さん、私の3人が講演しました。

 

1人50分。×3講演。

みなさんよく聞いてられますね。(笑) なんと熱心な。

最初は、エコファームみかたの藤本さん。

福井の梅、全国の梅生産量のたった2%だそうです。もっとあるかと思ってました。

地域の梅を使った梅酒で全国販売。

稼ぐ。

 

 

2人目が私でしたが、地域活性化プランコンテストの話しから、Hana道場。そしてしっかり稼いでいかないと地域経済は回らないよ。そして実践者が他の地域にやってること伝えながら広めていかないと地方創生にならないよ。というような事をお話し。

稼ぐ。

 

そして3人目。竹本さん。

美のまちプロジェクトも、補助金もらわずに自分達の資金でやって、今や空き店舗がほぼ埋まってます。商店街、店舗、自分達がお客さんが来るように努力して、行政が何かイベントしてくれたら、当たり前。じゃなくて「ありがとう」だよ。という事を熱く語っていました。

稼ぐ。

 

3人に共通していたことは、全く示し合わせていませんでしたが、「稼ぐ」ということ。

 

竹本さんとは、参考にしている本も同じで前から共感していましたが、改めて考えが同じなのでうなずきまくってました。(注意:でもキャラは全く違います)

 

講演、懇親会のあと、聞きに来てくれていた県(総務省)の松尾さんと竹本さんとで福井商店街のおしゃれテラスで飲みながら熱く語りましたが、福井商店街おしゃれになったし夜でも活気出てきましたね。

竹本効果ですかね。

 

隣同士、いろいろ情報交換しながらお互いのフィールドで頑張っていきたいと思います。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

7月22日(金)、プランコンテスト実行委員会!

1回目の実行委員会ではまだスタッフTシャツが全員分揃っていませんでしたが、今回はみんな統一スタッフTシャツで!気合!

 

 

学生団体withで組織された営業部、企画部、広報部からそれぞれ報告。

営業部はかなり頑張って過去最高。スポンサーになってくださった企業さんありがとうございます!

企画部はこれから忙しくなります。作り物たくさん。

今年のプランコンテストのコンセプトは「カラフル」だそうです。

(今年からテーマを設けました)

そして広報も大変。エントリー募集はもちろん、次からは観覧者募集の広報をしなければ!みんな頑張りましょう。

 

実行委員会の皆様にもアドバイスいただき、当日の流れを確認。

鯖江市商工政策課、商店街、商工会議所、観光協会。

強力なバックアップの元、学生団体withものびのび運営できます。

 

今後の予定としては、8月6日にエントリーの受付を締切、

8月8日の週に1週間かけて選考。(書類&電話面接選考)

選考結果を8月16日にエントリー者全員にメールで通知します。

 

全国の学生さん、あなたのプランが明日の地域活性に繋がるかもしれない。自分の可能性に挑戦し、日本を元気にしたい学生のご応募をお待ちしています。

https://sabae-plancontest.jp/

 

 

福井新聞さんにも掲載されました!

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

1月に開催したYahoo! JAPANさんによるマーケティング講座。

ひらめき電球Yahoo! JAPANによるマーケティング基礎講座~売る仕組みを考える~開催!

とっても好評で、急きょ5人ぐらい定員増やしたのですがすぐオーバー・・

参加できなかった方もいらっしゃったので、同じ内容で第2弾開催しました。

今回は、Hana道場でアットホームに。

 

優しいYahoo! JAPANさんが、今回もお越しくださいました。

美人講師!金田さん。

 

こんなスタイルいい人鯖江で見たことないので、運転しながら金田さんが歩いているところ見かけましたがすぐわかりました。大声で後ろから声かけましたが人違いせず。

 

まずは、マーケティングについてスライドを使った説明。

 

みんな真剣。

 

そして、2人1組になって、Yahooショッピングですごい売上を上げているサイトを見ながら成功要因を探していきます。

ターゲットが明確だから?サイトがキレイだから?価格が安いから?

 

 

発表!

 

 

2人1組だと、じっくりサイトも見れるしかなり深いところまで考えられますね。

どこもたくさん要因をみつけていました。

 

最後に答え合わせしていましたが、みんな「なるほどー」の声。

その他にも成功事例を見せてくださって、とてもわかりやすかったです。

 

終わったあと、美人講師と挨拶をする皆様。美人はやはり人気です。みんなにこにこ嬉しそうでした。

アットホームだったので、金田さんも皆さんとお話しできて良かった!とおっしゃっていました。

 

翌日、早速リスティング広告を出した!や、はじめたばかりのヤフーショッピング動かしてみた!など。すぐに実践したという声が。

さすが鯖江人、みんな熱心です。

 

お忙しい中、ヤフー金田さん本当にありがとうございました!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

7月11日(月)、第9回鯖江市地域活性化プランコンテストの委員長、副委員長と牧野市長表敬訪問に。

 

鯖江市役所商工政策課の皆さんも。

プランコンテストについては冒頭少しお話しし、後は商店街のことや鯖江のことをお話し。

 

今回も市長には合宿初日の講義たっぷり1時間+質疑応答20分と、審査員をお願いさせていただきました。

宜しくお願いいたします!

 

 

「 市長をやりませんか? - Be a Mayor of Sabae City - 」

 

リーダーとは何かと考えたことはありますか?
本当のリーダーに求められる資質は何か考えたことはありますか?
その答えがここにあります。

日本が抱える最も大きな問題の一つ、地域活性。
その難問にチャレンジしませんか。
政策を考えるのは、政治家だけではありません。
自ら動き、自ら考え、市民・市長に直接政策を提言し、プランが具現化、実現するイベント。
それが、鯖江市地域活性化プランコンテスト。

あなたが鯖江市長になって地域活性化プランを考えるコンテストの第9回。
全国から明日のリーダーになる人材を募集。
あなたのプランが明日の地域活性に繋がるかもしれない。
この経験があなたを大きく変えるかもしれない。
自分の可能性に挑戦し、日本を元気にしたい学生のご応募をお待ちしています。

▼開催日
 2016年9月10日(土)~12日(月)
▼開催場所
 福井県鯖江市(決戦会場: 鯖江市誠照寺)
▼応募期間
 2016年6月20日(月)~8月6日(土)
▼応募資格
・自分の能力を開花させたい
・日本のために何か大きなことをやりたい
・明日の日本を背負うリーダーになりたいと思う全国の大学生、大学院生
▼参加費
無料(宿泊費も無料です。)
※鯖江までの交通費は自費となります。
▼定員:最大24名 (3名1チーム×8チーム)
※応募が多い場合は選考を行います。
▼チーム応募、個人応募とも受け付けます。
エントリーはこちらから。
↓↓↓↓
https://sabae-plancontest.jp/
チーム応募の場合でも、チームメンバーそれぞれ個別にエントリーをお願いします。
※必ずチームメンバーの名前の記入をお願いします。
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

森。

入ったことありますか?散策したことありますか?

私も一応鯖江の田舎育ちなので、近所の空き地で虫と遊んだり土で遊んだりしました。ミミズも触れます。 西山公園が近くにあるので、どんぐり拾いもしたし、セミ獲りやクワガタ、カブトムシを獲ったりもしました。

山登りも、家族で白山や立山に登ったりしたことあります。

 

でも、「森」について考えた事もなかったし、「森」を学びながら散策したことはありませんでした。今回の西粟倉。牧さんによる森でのお話しもとても楽しみにしていましたが、思っていた以上。森の深さ、自然の深さを知る事ができました。

 

西粟倉、2日目。

春名さんの愛情たっぷり朝食をいただきながら朝から癒され、春名さんのご自宅を後に。

牧さんがお迎えに来て下さり、春野ちゃんも一緒に森へ。

 

西粟倉は、2008年に百年の森林構想というのを掲げました。

詳しくは西粟倉村のページと、牧さんの記事を読んでいただけたらと思いますが、森の再生です。間伐をしっかりやって、光の差し込む森をつくる。

牧さんの記事、2010年のものですが感動したのでご紹介。

ひらめき電球地域資源を循環させていくたくらみ:人口1,600人の村の挑戦

 

間伐をやっている森と、何も手を入れていない森。

その境目です。左は真っ直ぐに木が伸びてます。これはちゃんと光が届いているから。

 

自然のままの森に入って行きました。

時々止まって、牧さんが丁寧に説明してくれます。

これはブナの芽。

 

教えてもらわなかったら、完全にスルーします。雑草だとしか思いませんでした。

ブナの木が近くにあって、そこから種が落ちて芽が出る。そしてここからが戦いです。日差しを浴びないと光合成ができず成長できません。

1年で1メートルぐらい成長するのかと思っていたら、たった数センチしか成長しないというスピード感。2メートルぐらいのブナの木でも、長い年月をかけて、日差しを求めて成長し続けています。若い木と、日差しを遮る老木との戦いです。

 

木漏れ日をうまくキャッチして成長できるか否か。

 

苔だらけの一体。ここは日差しが入って来ないのでしょうね。

 

牧さんの説明、おそらくメンバーのほとんどが経営者だったので、経営者に合わせた例えを使って話してくださいました。大手企業がおこなっている事業の隙間をどうベンチャー企業は攻めていくのか。隙間(日差し)をうまくみつけて成長していく。

とても面白かったです。

 

 

ぐにっと曲がった木。

鹿に食べられても、じゃあこっちから。と新たな芽を出して伸びていく。日差しが当たらなくなったら、日差しの方に曲がって自ら日差しを浴びる環境に向かう。

全てが生きているんだと生命力を感じました。

影の中で生きていると思うなら、日があたるところに行けばいい。日があたるようにすればいい。どの世界でも同じです。

 

 

倒木の根の裏の前で撮った写真。住吉さんが撮ってくれたのですが、とても好評なのでお気に入りです。

倒木の根の裏から、新しい生命が誕生していました。

 

森、深い。

そして牧さんも深い。

 

今回、西粟倉村に来て思った事は、牧さんは「活かし方」が上手だなと。

牧さんの人柄がとても大きいと思いますが、森の活かし方、よそ者の活かし方、地域の方の活かし方、地域資源の活かし方。

私はまず自分が活かしきれていないので、まずは自分ですが、鯖江でまだまだ活かせるコト、モノ、ヒトはあると思います。再度見直して、そしてどう活かせいて行けるのか。考えるより実行していきたいと思います。そして稼ぐ

 

今回の旅。改めて思ったことが2つ。

地域再生、地域活性とは、本気になって、どんな逆境にも負けず現場で這いつくばって実行する人達がいるからできるということ。やはり現場です。

そして、現場を見ることの大切さ。

おととしから鎌倉はじめ他地域に行くようになりました。外に出ることで、見えてくることがたくさんあり、そして何より人の縁がつながって思いもよらなかった事ができたり、できるようになりました。現場に行く。現場の人の話を聞く。そして得たことはすぐに取り入れる。同じ日本。地域のあちこちに地域活性のヒントがあって、そしてそのヒントを組み合わせることで新たなイノベーションが生まれる気がします。

地方創生。どれだけの人を巻き込むか。そして地域と連携するか。企業と連携するか。やはり協創していかないといけません。

 

何年も前から、「美樹ちゃん、出ないとだめだよ!出ていいんだよ!」とおっしゃってくださっていた、エル・コミュニティ理事の勝屋さん本荘さんに改めて感謝したいと思います。なるほど、こういうことか。と今さらながら実感しています。

そして、私を引っ張り出すきっかけをくれた鎌倉、松尾市長、カマコンの皆さんにも大いに感謝です。

 

今後も、鯖江に地に足はしっかりつけながら、あちこち飛び回りたいと思います。

鯖江内だけではなく、あっちもこっちも巻き込んでいきたいです。

 

たくさんの気づきと、たくさんの愛情と、たくさんの感動をくださった牧さん、西粟倉の皆さん。

ありがとうございました!

 

そして宮田さん、柳澤さん、住吉さん、中島さん、内田さん。

一緒に旅ができてとても楽しかったし嬉しかったです。

ありがとうございました。

 

ひらめき電球もりもり西粟倉の旅 Part1

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。