きらきら針灸整骨院のブログ

『えっ?知らなかった!!』を解消して、カラダの不調や『不安』を『安心』に変えて、様々な症状の対処法や治療法などの情報をお届けしていきたいと思いますので、ぜひご覧ください!!

私たち『*☆*きらきら針灸整骨院*☆*』は地域の方々が、働くスタッフが、みんなが*☆*きらきら*☆*できるように、自分たちでできる限りの貢献をしていきます*☆*


日常のケガや痛みの治療、骨盤矯正、バランス矯正、交通事故治療、巻き爪矯正などなど、そのほかにも幅広く痛みに対する治療法をご用意しております*☆*


テーマ:

某有名美容形成外科でも使用されている最新マシンを導入いたしました!

 

その名も

 

『フリーズファット』

 

こちらの痩身マシンは

 

メスも麻酔も使わず

 

身体への負担を抑えることに重点をおいた

 

脂肪を冷却して脂肪細胞を破壊する

 

先端の痩身マシンです!

 

部分痩せも可能にします!

 

 

 

原理は、

 

『脂肪細胞が壊れる4℃まで脂肪細胞を冷却して、正常な細胞代謝で痩せていく』

 

ということです。

 

写真に写っているカップに脂肪を吸引させて冷却をしていくことでそれを実現します!

 

 

この方法ですと部分痩せも実現できます。

 

 


希望の部位をまず温めて、血液と脂肪を分離してから脂肪を凍結することにより、希望の部位の脂肪細胞を破壊していきます!

 

腰をかけて、ゆったりとリラックスしながら施術を受けることができます!

 

施術時間は約50分

 

最初にカップに脂肪を吸い上げる時に少々引っ張られる感じがあるかと思いますが、その後の痛みはございません。

 

冷たさと温かさが一定の時間で交互に感じられます。

 

とても画期的な『楽してダイエット』と言えます。

 

詳しい料金や予約方法はこちらをご覧ください↓

 

きらきら針灸整骨院ホームページ

 

毎月お得なクーポンや健康情報などをお届けします!

 

クレジットカード各社ご利用いただけます!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近、高齢者施設が巻き爪の矯正や、爪の長さや形の調整を専門家に依頼するケースが多くなってきています🤔

 

というのは、高齢者の爪は肥厚してしまい、通常の爪切りでは刃が入らずに切ることが難しい事例が多くなってきているからです😥

 

爪白癬などの事例もありますが、特に白癬菌が検出されない事例に関しては衛生面も考慮してお手入れをすることが重要です‼️

 

特に糖尿病などをお持ちの方は末梢循環不全により、巻き爪の重症化に伴い趾から細菌感染してしまうケースもあるので注意が必要です‼️

 

 

脳梗塞を発症して、歩行量が激減した方なども急激に爪の巻が進行していき、巻き爪になってしまうケースもこれまでに多々診てきています🤕

 

現在では2つの高齢者施設に入らせていただき、毎月定期的に爪の調整や巻き爪矯正を施術させていただいております。

 

当院で実施する矯正手法はB/S SPANGEという手法で、爪の表面を平らに削り、矯正の板を貼るだけ!

矯正を受ける方にとって非常に負担の少ない手法になります。

 

 

矯正をして爪が戻るのには個人差がありますが、だいたい3〜6ヶ月程度で戻ってきます。

 

 

施術前

施術後

 

施術前

施術後

 

施術前

施術直後

施術後6ヶ月

 

このように戻ってくることがほとんどです。

 

介護をされている方の負担ももちろん、巻き爪が原因で歩行量が減って歩けなくなるケースもありますので、早めの処置をおすすめします。

 

 

お問い合わせ、ご相談はお気軽にご連絡ください。

きらきら針灸整骨院

 

毎月お得なクーポンや健康情報などをお届けします!

 

クレジットカード各社ご利用いただけます!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

きらきら鍼灸整骨院のホームページはこちら

鍼灸治療とは

鍼灸とは、鍼=針や灸を使って崩れてしまった身体のバランスや免疫機能を調整することにより、機能回復を促す治療法です。

 

カラダにある約360以上のツボを針や灸で刺激すると、人が本来備え持っている免疫力と自然治癒力が高まると考えられています。

 

病気になる前の状態「未病」に対しての効果が期待されていて、日本はもちろん、日本国外の多くの医療関係者やWHO(世界保健機関)からの注目を集めています。

 

鍼治療は、鍼を患部やツボに刺して治療する針治療。

 

髪の毛ほどの極めて細い針(直径0.12mm~0.44mm、長さ30mm~80mm程度)を使用します。

 

針を刺す方法として主に行なわれているのは管鍼法。

 

これは金属か合成樹脂製の円形の筒を使って刺入する方法です。

 

また、筒を使わずに針を親指と人差し指でつまんで刺入する方法も一部では行なうこともありますが、当院では合成樹脂製の筒を使って刺入する方法を用いています。

 

施術方法にも種類があります。

・単刺

目的(患部やツボ)の深さまで刺し、刺した針を上下や回旋、振動など一定の刺激を与えてすぐに抜く

・置鍼

刺したまま5~15分ほど置く

・パルス鍼

刺した針に微量の低周波電流を流して、筋肉刺激を入れることで血行促進を図る

 

施術方法は患者様お一人お一人の体質や症状により使い分けます。

では、なぜ効くのか

それはツボに刺した針による刺激が自律神経系、免疫系などに作用して、緊張を緩和し血液やリンパ液の代謝を向上させることにより、自然治癒力をアップさせる働きがあるのではないかと考えられているからです。

 

また、鎮静効果が古来より認められていますが、その理由として、

・針の刺激が脊椎で痛みを抑えるゲートコントロール作用が起こる

・針刺激によって脳内に痛みを抑制するエンドルフィンが分泌される

・針の刺激が末梢神経の痛みの信号を遮断する

・ツボの刺激により痛覚閾値が上がるため、痛みを感じにくくなる

・筋肉の緊張が緩むため血液の循環が改善される

 

などの諸説あります。

灸治療

お灸は世間一般的に広く行なわれてきました。

 

もぐさを使ってツボに熱刺激を加える方法で治療を行います。

 

お灸の施術方法にも種類があります。

・直接灸 → 直接皮膚にもぐさを乗せて着火させる

・間接灸 → もぐさと皮膚の間をあける

 

 

直接灸では、もぐさの大きさも様々で糸状や米粒ほどの小さいものから小指大の大きさのものがあります。

現在ではもぐさを大きくして行う方法は水泡や灸痕が残ることから、患者様の理解と承諾があって初めて行うことができる施術となります。

 

一方、間接灸は、

・台座灸

もぐさと皮膚の間に灸点紙という台紙のようなものを入れ、もぐさが皮膚に直接触れないようにして行います。

 

・円筒灸

円筒状の筒を皮膚に当てて空間を作り、その空間に熱を伝導させて刺激を入れる方法と、さらに二つの方法に分けられます。

 

どちらも熱を和らげるものを挟むため、温和な熱さとなります。

なぜ効くのか

・ツボや患部に熱刺激を与えることによる血行改善効果が期待できる

・血液内の免疫物質が分泌され、造血作用が促進される

 

以上の作用が期待されており、身体の機能改善や抵抗力向上が起こると考えられています。

「鍼」と「灸」の治療効果の違い

鍼治療は比較的、即効性が高い傾向にあります。

 

灸治療は慢性的な症状に対して、比較的ゆっくりと継続的に改善させる傾向があります。

 

ですが、鍼治療も慢性的な症状に効果があることも多く、また灸でもすぐに効き目が現れることもあります。

 

この症状には鍼治療、この症状には灸治療と単純に決めつけることは難しく、鍼治療と灸治療は片方だけの施術を受けることよりも、患者様一人一人の病状や症状、体質などを総合的診て判断し、有効な施術方法やツボを選び、個人個人に合った治療法を行なうことで施術の結果を最大化することができます。

 

 

お問い合わせご相談はお気軽にご連絡ください!

03-6662-9074

きらきら針灸整骨院のホームページはこちら

 

毎月お得なクーポンや健康情報などをお届けします↓

 

クレジットカード各社ご利用いただけます↓

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。