森累珠オフィシャルブログ「るいすのきらきら成長日記」

毎日更新がもくひょうなのだぁ(<●>ω<●>)b
がんばるゾぉ!(^ω^)

るいすの日々の成長をわくわくしながら見てくれればうれしいですッ(∩゚∀`∩)

うっへーぃ☆←


テーマ:
6月1日~3日まで、
無事に6公演を千秋楽まで
やりきることができました。




ご来場いただいたみなさん、応援してくれたみなさん、ありがとうございました!

スタッフのみなさん、出演者のみなさん、ありがとうございました!

photo:01




私はこの一ヶ月後、
小春として生きていました。




昨日やっと心を落ち着かせて、小春が身から抜けてくれました。

足の震えが昨日やっと止まりました。



私はピアスの穴を空けているのだけど、小春は空けていないので、


10日間くらい、ピアスをつけることを忘れて、一年間空いていた穴が塞がってしまいました。


どうしようか、これだけは悩みどころですw



盲目だったから、この一ヶ月で
視力が最大限に低下してしまい、
コンタクトをしないと
もう何も見えない状態になってしまいました。




これもかなりの悩みどころです。
悩んでも、もうどうもできませんがwww



千秋楽の次の日、朝起きたら
大泣きしてしまいました。



明日どう生きればいいんだろう。
昨日はずっと部屋にこもってました。



正気になれるまで
小春ちゃんとお話してました。

photo:02




小春は、私の心の中にずっといます。
でも私はもう森 累珠です。




小春とお別れをしました。




辛かった。
小春は、私にとって尊敬する存在だった。


自分が尊敬する役を演じるというのは、稽古のときはすごく複雑な気持ちでした。





小春は、人の目を見て話さないと感情を感じられない私と違って


純粋で賢くて聡明で心の優しくて、
誰よりも人の気持ちを感じとることが
できる存在だった。



書いてると涙がでてきちゃうから困ったなぁ。。




私は小春みたいに強くない。
何度も逃げたいと思った。




小春と自分を比べると
いつも苦しかった。




盲目でガンな小春に
同情してた自分がいたんです。




小春はどんなことがあってもくじけたりしない。



ただただ純粋に
いつも何かを感じて
一生懸命生きてた。




温かい心で、綺麗な目で
みんなを見ていた。



みんなのことを
心の目で見ていた。

photo:03


photo:04


photo:05




私たちは、目に見えるものに
惑わされて生きている。



表面で見えるものがあれば
それを信じて、
一番大切なものを見れていない。




私たちが一番見なければいけないのは、人の心と愛だ。




私たちはただ生きてるだけじゃ
もうだめなんだ。




生きてるだけじゃ、
今日と同じ明日なんて
永遠と来るわけない。





満足しちゃいけないんだ。





満たされて生きちゃいけないんだ。





この世の中には、
目が見えてない人がいっぱいいるよ。






大事なものは、
目に見えないんだ。





現実を見ないで生きてる人は
この世にごまんといるよ。




現実を見るのは辛いですか?




現実を受け止めるのは辛いですか?




受けとめたら疲れちゃいますか?





戦うんだよ。





現実を見て、
苦しい気持ちになるのはわかります。





だから、現実と向き合える
精神力と戦うんだ。





みんなが考えないとだめなんだ。

明日をどう生きればいいのか?

日本に生まれて、
日本人として生きてるあなたは


それを考えないと。




現実から背ければ
幸せを感じられるかもね。




でもそれじゃだめなんだ。





みんながみんな、
きちんと考えないと
いけない時代になってしまった。





それは誰のせいでもない。




時の仕業かもしれない。
神様の試練かもしれない。




心の目を開くときがきたんだ。




目に見えるものだけを
信じてはいけない。




私は、小春ちゃんから
教わったことを胸に、


今日も生きています。





小春、ありがとう。


photo:06



小春と出会えたこの一ヶ月
永遠に忘れません。





私は小春みたいにまだまだ
強くない。



だから、私ももっと頑張る。




ごめんね、小春。




あまりにも悔しくて。
小春を最後まで力いっぱいに演じられなくて。

photo:12



まだ10公演くらいやりたいよ。




やれるものなら、
全世界の人に観てもらえるまで
舞台に立ち続けたいよ。






運動会を休んでやった、二日目のマチネ。カーテンコールで拍手をいただいたとき思った。

photo:08



誰かが小春を演じなければならなかった。
誰かが小春として生きなくてはならなかった。

それが私だった。
偶然じゃなくて必然。

運動会を休んだのも必然。

自分の役割。
自分のやるべきことを頭から足先まで全身に感じた。


明日小春と同じ死因で死ぬかもしれない。


そんな人生を、私は無駄にしたくない。


だから伝える。
だから届ける。
これが私の人生。

今をどう生きるか、
日本人としてどう生きるべきなのか。


明日死んでもいいように、
私は幸せを心の底から感じたい。



今日も日本を愛してます。
明日も日本を愛してます。
どんな日本も愛してます。


どんなことがあろうとも、何がこの世にあろうとも、私は負けない。

死ぬとわかってても逃げずに戦う。




こんなにも成長する力を
与えてくれた作品。



一生忘れない。



客席で感動してくれた
お客さんの涙を一生忘れない。



アンケートを忘れない。



不快だったと書いてくれた
アンケート、忘れない。




私たちが一番怖いのは、
反対意見じゃなくて


無関心


だから。




あの作品を見て
賛否も思わず何も感じ取って
くれないのが一番悲しいことです。




でもそんな人はアンケートに
いなかった。



伝わったんだ。


photo:11




私は幸せ者です。


素敵な仲間と温かい作品、観に来てくださるたくさんの方々。



心の底から幸せを感じます。


私はこの気持ちを忘れずに、
死ぬまで役者の仕事で食べていきたいです。



みんな愛してます。感謝!



photo:10


大好きな出演者のみなさん
出会えたことに感謝です。




愛をこめて。。。




森 累珠
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

森累珠さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

同じテーマ 「ブログ」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。