2005-03-23 00:51:15

3連休の過ごし方

テーマ:セレブな出会い
連休になると、仕事がないから「出かける」という人と、仕事じゃないから「出かけない」という人がいると思う。
私の場合は、もちろん、わざわざ人ごみなんか歩きたくないから、基本的には出かけない。でも、家にいてもたいくつなときにはジムに行く。

ジムといえば、以前会員になっていたところはバブルのころにできた超高級ジムで、タレントや有名人の人専門のような感じで、女優さんたちがサウナで、近所のセレブなおばさまと世間話をしていたり、ちょっとした異空間で楽しかった。

そこではランジェリーは絶対インポートなのね。さりげなく、「ちょっと違うな」っていうレース使いなんかがよいわけで、なのでジムに行くと言っても「勝負下着」以上に気を使う。女同士の視線のほうが、男性よりも厳しいかも・・・
当然、スポーツ・ウエアもバッグも凝っててあたりまえだし、なかには「いかにも」なブランドものを身につけている人もいるけれど、ほんとうのセレブっていうのは案外、見てわかるブランドは「ダサイ」と思うみたい。
だからなおさら「いいもの」を選んで、身につけるのって、センスが試されるのよね。 で

も、そのジムはあるとき経営者が倒産して持ち主が二転三転して、いまでは超カジュアルになって、雰囲気最悪。やたらぎゃあぎゃあ騒いだり、マナーがなってない客ばかりになって、おまけに薄利多売路線になってしまったからロッカーも狭くなってしまった。
やっぱりニューオータニのクラブとかのほうがいいのかなあって思うけれど、なんとなく年配が多そうだし、それもまたなんだかねえ・・・。

今回の連休は、1日めはおうちでごろごろ(これが最高!)
2日目は、電車で郊外まで行って、あるファイン・アーティストのアトリエを訪問。作品の説明をうかがったりして、展覧会などの協力をお約束。
そのあと、実家に帰り、3日目は実家でお墓参り。

そんなわけで、混雑を避けて過ごしました。
みなさんはどんな連休でしたか?
3連休の過ごし方いろいろ、トラバさせていただきました。どうぞよろしく。
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005-03-17 17:52:06

「オペラ座の怪人」といえば

テーマ:セレブな出会い
「オペラ座の怪人」が映画になったという話。
評判はなかなかだそうだけれど、私はロンドンで観ました。

ロンドンの劇場って、すごくこじんまりしていて、でも、歴史を感じるような重厚な造りが雰囲気をかもし出しているんですよね。

ロンドンならではっていうのが、幕間にアイスクリームを食べること。
チョコレートがかかったアイス・バーを食べていると「はぁ~、ロンドンのミュージカルだわぁ」と思うんだそうです。

ミュージカルといえば、こんなこともあった。
ひとりで観劇しにいった私の横に、すごーくステキな青年が座ったのね。
彼もひとりで来ていたみたいで、ショーが始まる前にちょっとだけお話。
彼はイギリス出身なんだけれど、ビジネスをリタイアしたご両親がラスベガスに家を買って、いつもはそちらでショー三昧なんだとか。
「でも、やっぱり、ロンドンで観ないと観た気にならないんだよね」という彼は、投資ディーラーで、エンターテイメント系が強いとか。
「ショーが終わったらバーでもどう?」なんて言われたけど、お断りして帰っちゃった。
ステキな人だっただけに、余韻を楽しみたかったのよね、私は。
(ちょっとあとから後悔したけど)
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-03-16 21:08:56

『銭金』がおもしろい!

テーマ:ブログ
『銭金』という番組。貧乏な人が貧乏自慢しているけれど、ちっとも苦にしていないのがいい。
お金がないだけに、生活のなかにいろいろな工夫があって、特に、貧乏クッキングはなかなか。
今日は、炊飯ジャーでご飯を炊くときに、インスタントラーメンと干しわかめを入れるというワザ。なんだかおいしそう。インスタント食品NGの私も、ちょっとそそられました。

以前エジプトに行ったとき、エジプトって、貧乏な人がたくさんいる。
で、観光客を見ると、子供でも大人でも、物をねだりにくるんだけれど、「ねだる」という行為がちっとも恥ずかしいことだと思っていない。
イスラム経の教えには「喜捨」というものがあって、これは日本語では「喜んで捨てる」というそのものの意味なのだけれど、富める者が貧しい者に与えることも、貧しい人が富んだ人から与えられることも「信仰」の行為なのだ。
「財産を築くことは、それ自体が目的ではなく、有効に使うこと を考えなくてはならない」というイスラムの教えには、喜捨の目安もちゃんと規定されている。それから、施しを受けていい人の規定もある。

宗教法人イスラミックセンター・ジャパンのイスラム入門「ザカート」(喜捨)のサイトから転載させていただくと、喜捨を受ける人はこんな人たち。

(1)貧者:働けない者、自分と家族を支えるだけの充分な財産を持たない者。アッ ラーの道を求めて努力しているのに、生計の道を得られない者で、その様な状態にいながら、なお自分から進んで物乞いをしない人たちは、特に優先されるべきでしょう。
(2)羅災者:災害のために財産を失ってしまった者は、生計を得る手段としてこの ザカートの基金で救済しなくてはなりません。
(3)ザカートを集めて管理する者:この道にたずさわる人の給与はこの基金から支 払われます。ある権威者の所見によるとこの該当事項は、イスラーム国家の国税庁または公共財団の職員に入れるべきであるとしています。
(4)イスラームへの改宗者:イスラームに改宗したために資産を失った者は、当然 救済され、正常な生活に立ち直るように配慮されなくてはなりません。
(5)自由を束縛されている者:それには、ムスリムの人質及び戦争捕虜を釈放する 身代金の支払いが含まれます。
(6)責務者合法的な必要経費がかさんで生じた債務の返済が出来ずに苦しんでいる 者。しかし大げさな結婚や、その他財力や虚飾を人に誇示しようとする目的の演目によって出来た債務は、このザカートの基金の救済を求めることは出来ません。
(7)旅行者イスラームの布教、学間の修得、商売などの正当な理由で外国にあって 困っている者は、この部類に入ってザカートによる救済を受けられます。ザカートの金は、この種の救済に従小している福祉団体に対しても給付されます。
(8)アッラーの道に奉仕する者この項目はもっぱらアッラーへの道のために努め励 む人々や、一般的救済をも包括して大体次のように適用されます。
A、イスラームの布教活動に従事する者。
B、学生・学者および探究者
C、社会のために有益な組織を作り、または組織の改善に従事する者。例えば、病院 、孤児院一教育研究所、図書館、マスジド(モスク)、イスラーム奉仕団又は知識の普及に役立つような団体とその職員を指します

日本では「働かざるもの、食うべからず」というけれど、ところ変わればこんな考え方もあるということ。特に「生計の道を得られない者で、その様な状態にいながら、なお自分から進んで物乞いをしない人たちは、特に優先されるべきでしょう」というところはグッとくる。
私はイスラミックじゃないからすべてを知っているわけではないけれど、「貧乏はちっとも恥ずかしいことじゃない」し、仕事をしないのだって恥ずべきことだなんて考えないほうがいいと思う。
やりたい人がやって、豊かな人が貧しい人を支えるっていうのは、本来はあたりまえのことなんだと思う。お金のことだけじゃなくてね。
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005-03-15 23:06:30

ダイヤモンド付きの高級携帯電話「Baby Phat」

テーマ:今日のお買い物
身の回りになくてはならないものだけれど、いまひとつオシャレになりきらないもののひとつに携帯電話がある。
女子高生のように、ホンモノのジュエリーで「デコる」という手もあるけれど、もともとのデザインがかっこ悪くてはねえ・・・

なんていうセレブの女性の声を聞いたのか、アメリカの携帯電話会社Motorolaは、ファッションブランドのBaby Phat、米高級デパートのBloomingdaleとタイアップして、ダイヤモンドをちりばめた携帯電話「Baby Phat by Kimora Lee Simmons i833」を発表した。
Baby PhatのクリエーティブディレクターKimora Lee Simmons氏がデザイン。本物のダイヤモンドとピンクのきょう体という派手なデザインが特徴ということで、こちらに詳しい記事がある。

お値段は700ドル弱。ダイヤモンドがついていて10万円以下というのは安くない?
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-03-14 22:57:32

ダイヤモンドが欲しい?

テーマ:ブログ
一番シンプルで、どんな服にもコーディネートしやすいという点では、やはりダイヤモンドは宝石のなかの宝石。高価なジュエリーの代表といえば、ダイヤモンド、と誰もが思っているけれど、産出量的にはそれほど少なくないらしい、それでも一番算出するのは南アフリカで、同国のデビアス社がイギリスに「中央販売機構」(CSO)という取引市場をつくり、ここで世界の7割から8割のダイヤモンドを管理することで、ダイヤモンドの希少価値やブランド力を高めていったのだそう。おそるべし、デビアス社!
しかし、ダイヤモンドの原石の在庫は年々15から20%くらい増えているそうで、買うなら今がよいという噂も・・・

きのう、渋谷のデパートの宝飾品売り場を歩いていたら、ダイヤモンドのセールをやっていた。
結構リーズナブルな価格だなあと思って見ていたら、店員が近寄ってきて、
「どうぞ、手にとってみてください。お手頃な価格になっていますよ。10万円くらいのものもありますから」

お気づかい、ありがとう。
私、50万円でも、100万円でも買えますから。

ぼろっちいジーンズとノーブランドのTシャツ着てたら、「ダイヤモンドなんて持っているはずない」って思われたかな。
人は見かけによらないのになー(´∇`)

ダイヤモンドについてのマメ知識はこちら。目利き的知識はこちら、がオススメです。
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。