コンプレックスが魅力に変わる ~私が好きな私で生きていくメンタルトレーニング~~

コンプレックス改善専門メンタルトレーナーが贈る
読むだけでちょっとずつ自分に自信がつくブログ

こんにちは。
コンプレックス改善メンタルトレーナー 長谷部真実です。
ご訪問いただき、本当にありがとうございます。

このブログでお届しているのは
自分でできるコンプレックスを魅力に変えるコツです。


コンプレックスや性格、苦手意識は改善できます。

これからは
自分の好きな自分で生きていきませんか。

■プロフィール■

information&menu

矢印読むだけ。 簡単 セルフメンタルトレーニング
矢印ラジオでおしゃべりしてます
矢印個人セッションのご案内
矢印セミナー・講座のご案内
矢印クライアント様変化のご様子

テーマ:

ごきげんいかがですか?
 

コンプレックス改善メンタルトレーナー 

長谷部真実です。




今日は

自分メンテと自分ご褒美の一日でした。

友人に心理学のセッションをしてもらって

心のメンテナンス。

 

そのあとは
自分ご褒美の
ジャズコーラスグループ jammin'Zeb
のライブへ。


ライブはやっぱりいいなぁ。

(それにしても 

ライブハウスで前から2列目って

近すぎってくらい近かった(笑))



自分の心の状態を 

なるべく いい状態に保つためだったり

なるべく早く もとの状態に戻すために

自分メンテナンスや

自分ご褒美というのは
とても 効果的です。

自分メンテナンスは

例えば

部屋をきれいにする

ゆっくりお風呂に入る

いつもより早めに寝る

マッサージやエステに行く

何もしない日や時間をつくる

など。

疲れたりして

自分のパフォーマンスが落ちているときに

有効です。

普段ならしないような

単純作業でのミスが増える とか

同じ作業でも 効率が上がらないなど

そういったことが続いたり

頻度が上がったりし始めたときの

対策として

あらかじめ選択肢を用意しておきます。

すると

そういった状態になったときに

すぐに対応できるので
早く元のいい状態に戻ることができます。


そして

自分ご褒美は

もちろん 言葉通り

自分へのご褒美。

ご褒美は 自分の頑張りややってきたことに対してのねぎらいです。
自分を認めることにつながります。

そして また 前に向かって進む原動力にもなりますよね。
 

ちなみに自分ご褒美は

セルフイメージを上げるものがおススメです。

自分メンテと同じように

ちょっとしたものから大きなものまでいろいろあると

その時々にあわせて使えるので

ご褒美リストとか作ってみるのもいいかもですね。

 




 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ごきげんいかがですか?

コンプレックス改善メンタルトレーナー
長谷部真実です。






いろんな考え方があって

いろんなメソッドがあって

いろんな意見があって

いろんな価値観があって

いろんな条件や制限があって

いろんな関わりがあって。


どれもそれなりに
正しかったり
重要だったりする。

そんな毎日だけど


ほんとのホントに

大切にしたいものや

大事なものは

そんなに多くない。



世の中の真実は
複雑かもしれないけれど

きっと
自分の中の真実は

シンプルだ。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ごきげんいかがですか?

長谷部真実です。

本日2017年4月12日

ブログリニューアルしました!

新しいタイトルは

 

 

コンプレックスが魅力に変わる

私が好きな私で生きていくメンタルトレーニング

 

です。

 

 

私は

2013年に コミュニケーション心理学とコーチングを学び始めました。
それは 仕事と家庭のバランスが取れなくなって

どうしようもなくなっていたから。

それらを学び、実践している今と

知らなかった頃の私の大きな違いは

 

コンプレックスとの付き合い方が変わったことです。

コンプレックスや好きではない性格、苦手意識など

一度 作られてしまったものは
もう二度と直らないし、直せないと思っていました。
 

でも気が付かないうちにそれらが改善されていたり

気にならなくなっていたり、

さらには 自分らしさだと思えるようになっていました。

 


今回 ブログリニューアルにあたり
その思いをこめた

このタイトルにしました。

また

今日から

このブログを通して

その秘訣をお伝えしていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)