HIV(エイズ)である事を隠して性行為を行なったら…


HIV (エイズ )である事を隠して性行為を行なったら
「傷害罪」に問われることがあります。


エイズは未だ特効薬が見つかっていない為、一度感染してしまうと、治すことはできません。

HIVに感染していることがわかっていて、感染を拡大させるような行為をするのは、相手をだます事と同じだと思います。


傷害というより、殺人に近い行為ともいえますよね


そんな時でも、コンドームを使用することで100%とはいえなくても、高い確率で感染を防ぐ事はできます。

セックスを行なう時は、必ず感染の危険がるという認識を持つこと。だって誰もあなたを守る事はできませんから。


HIVの予防に、コンドームの使用は大変有効です。

パートナーが変わるたびに検査を受けるのが欧米でのエチケットになりつつあるそうです。

AD

HIV第4世代の抗原抗体検査は、現在主流のHIVのスクリーニング検査です。


前世代以前のスクリーニング検査は

HIVの抗体だけを検出するタイプでしたが

第4世代からHIVの抗原、抗体、両方を検出できるようになった為

ウインドウピリオド が30日になっています。


…それは

感染の可能性のある日から30日以降、

「陰性」「陽性」がわかるようになったということです。


ただしHIV1型に関してのみで

HIV2型は、以前同様日以降の検査でしたかわかりません。


現在国内で感染者が見つかっているのはhiv1型なので

抗原抗体検査を受ける意味は大いにあるといえます。


HIVは検査を受ける以外、感染の有無を知る方法はありません。

症状で感染しているかどうかを知ることはできないということです。


第4世代の抗原抗体検査 は最短17日から陽性反応がでるので、どうしても不安な場合はとりあえず検査を受けてみることです。


HIVは早期発見でエイズの発症を伸ばしたり抑えたりできるようになってきています。

だから検査はとても大事です。


AD
イーモバイルとは

コストパフォーマンスの良いデータ通信の会社なんですが

最近は携帯電話やスマートフォンも取り扱ってます。


キャンペーンの時はとってもお得で

通話定額オプション」月額1400円で10分以内の通話なら

毎月300回まで通話料無料というサービスを な・な・なんと


25ヶ月間無料



という太っ腹なキャンペーンやってました。

通話定額オプションの無料は10/31で終了したのですが、

今度は「月額割 」という割引サービスもやってて、

イーモバイル 頑張ってるなぁ


と思います。

だって他の携帯電話の会社、

スマートフォンの月額料金高いもんね!


今まであった携帯電話は

今からは減る一方のようで、

これからはスマートフォン が主流になるというし


月額使用料金抑えようと思ったら

イーモバイルのスマートフォンも検討の余地ありです。


ちなみにオススメプランの一押しは

シンプルにねんで「スマートプラン 」契約して月額割

⇒月々のデータ通信料3480円っていうのがお得だと思う


スマートプランライト 」だと毎月上限いっぱいの請求

くるのは目に見えてるので…


Web購入で待ち時間ゼロ!イー・モバイルのスマートフォン


Web購入で【最大15,000円】キャッシュバック!イー・モバイルのスマートフォン


【イー・モバイル】テザリング搭載スマートフォン
 今ならWeb限定 ギフト券【最大15,000円】プレゼント!






AD