昨晩は劇的な勝利で見事日本一に輝いた福岡ソフトバンクホークス


 

選手・スタッフの皆様一年間本当にお疲れ様でした。
そんなホークスの躍進を先頭に立って引っ張ったキャプテン内川選手、今シーズンは二度の故障により戦列を離れてしまいました。

シーズン終盤に親指を骨折してしまい、当院で身体のケアをしている時でした。
私「クライマックスにはなんとか間に合いそうですね」
内川さん「なんかさぁ…俺がいなくてもこんだけ勝ってるし、治ってはいじゃあすぐ試合に出ますって、今頑張ってるみんなに失礼な気がするんだよね」
自分本位ではなく、チームの事を一番に考えてるからこその言葉なんでしょうね。
これだけ実績のある選手がチームメイトに気を使い、その気配りを周りの選手がパワーに変えて、チーム内での刺激が相乗効果をもたらせた結果がクライマックスシリーズでの活躍、昨日の同点ホームランだったのではと感じました。
ホークスが何故強いのかって、個々の技術や施設の充実ももちろんですが、こういった選手一人一人のチームを想う「気持ち」が根底にあり、団体競技にはとても大切なことなんだなと改めて感じました(^^)
福岡ソフトバンクホークス、本当に日本一おめでとうございます!

FullSizeR




引用元:福岡ソフトバンクホークス日本一おめでとうございます!
AD