7346。

テーマ:
7346歩。
自宅から
「フレーバーコーヒー」までの歩数。


久々に、珈琲屋さんに行きました。
天気が良かった&アシが無かった…で
徒歩で行きました。

歩数的には、少ないけど
時間は以前行った「Rockfish」よりも
懸かりました。

さすがに市内は信号が多くて…
ストップ&ゴーの連続。

以外に「歩行者」って目立ちますから
(そこそこな街なので)
普通に、交通法規に従っての徒歩です。

「Rockfish」さんの方は
堤防をずっと歩いて行くので
ほとんど、止まらないのです。


久し振りのフレーバーコーヒー。

久し振りな人達にも逢えて、
愉しい時間でした。




「drip$(ドリップダラー)」が
普通に売れてるのが、なんか…

イイカンジでした。
AD

ベースレイヤー。

テーマ:
登山等における
アンダーウエア(下着)。


自分は、年間を通して
Tシャツ愛好家です。

夏は勿論、冬場もTシャツ。

しかし…
今言うTシャツはちょっと違う。

タイトルにある様に
「ベースレイヤー」としての
Tシャツ愛好家なのです。

つまり…
一枚では着ない。

重ね着のベース。でTシャツを着る。

冬場は勿論、夏場も重ね着です。

夏は…
ドライ機能のあるTシャツを
ベースレイヤーに
普通のTシャツを重ね着。
ベースレイヤーが汗取りの役目を。


冬場も…
ドライ機能のあるTシャツを
ベースレイヤーに
着たいモノを着る。

極寒の場合は…
ヒートテックなんかの上に
ドライ機能のTシャツを重ね着。


気付いた人もいると思いますが…


「ベースレイヤー」とは、汗取りです。

素早く汗を乾かして、体温を保ちます。

夏なら、見た目がイイカンジ。
冬場は、風邪等の対策に。

自分も、数年前から
採り入れてる、ベースレイヤー。


となると…
やっぱり、色々と…
キテシマイマス(笑)。

基本、ドライ機能のあるTシャツなら
何でもヨロシイと思います。

自分も、有名スポーツブランドから
ファストファッションまで
色々と着てます。

むしろ、数が要るので
ファストファッション系は
助かります。

今、気に入ってるのは
この3タイプ


上から

コンドル(タクティカルメーカー)。
アンダーアーマー(タクティカル仕様)。
JSDF(自衛隊)。

タクティカルは、
「戦略的な」という意味合い。
軍隊や警察、その他執行機関向けな仕様。

因みに、現在は「NIKE」とか「adidas」
なんかも、タクティカル部門があります。


コンドルは…
とりあえず、このメーカーが好きで
サイズ感もあっているので愛用してます。
他のアイテムがあるので、
とりあえず…(笑)。


アンダーアーマーは、
軍隊仕様ならではの「地味さ」がクール
同色のワンポイントが、イイカンジ。
勢いのあるブランドなので注目度大

JSDF、自衛隊Tシャツ。
実際に自衛隊員も愛用している実物。
機能面では言うこと無し。
白/黒/紺色/灰色/OD/迷彩。
とカラバリも豊富。
サイズ感も日本人にあっているので
着ていて疲れない。

因みに、だいたい1着3000円台が相場。
自衛隊は2着1組パック売りです(お得)。




ベースレイヤー。

気になった人は
是非、実践してみてください。


重ね着のポイントは、サイズ感。

ベースレイヤー用に設定されてる
モノは問題ないですが…
一般的に、ドライ機能アイテムは
「ゆったりめ」なシルエットです。
なので…

ワンサイズ落として着る。

といったテクニックが必要な場合も

出来るだけ、ジャストサイズを
選ぶと、気持ちよく「重ね着」が
楽しめると思います。
AD

スイートネス。

テーマ:
sweetness.
甘味。



自分は、珈琲が好きです。
そして「甘い珈琲」が特に好きです。

この「甘い」は、砂糖とかではなくて
珈琲としての甘味。

自分が、珈琲の「味」というものを
認識してから、四半世紀。
美味しい珈琲と、そうでない珈琲は
判っていたけど…

珈琲の甘味。

というものを自覚したのは、
ほんの最近だと思う。



高校生の頃、
喫茶店でバイトして
コーヒーと関わりをもった。

19の時、
地元にあるコーヒー屋さん
「フレーバーコーヒー」で
「松屋式」で淹れたコーヒーを飲んだ。

凄く美味しかった。

それから二十年以上
美味しい珈琲を、沢山戴いた。


でも、その間
「どう美味しいのか…」は
解らなかった(笑)。


いわゆる
スペシャルティコーヒー
と呼ばれる珈琲を、飲んでいくうちに
とりあえず、「美味しい」が
判った。

ただ、それは
自分にとっての、美味しい要素。

そして、それが「甘味」。

乱暴に言って、珈琲の味は
苦いか甘いか酸っぱいか。

この三つに、良いと悪いが…

つまり

良い苦味と悪い苦味。

良い甘味と悪い甘味。

良い酸味と悪い酸味。

マニアな目で見れば、
突っ込み処があるかもしれない…

けど…
普通の人が判るのは、こんな感じ(笑)。

で、自分は「甘味」が好きなので
当然、「良い甘味」推しになるけど
酸味推しや苦味推しが、あるのも
自然当然。

珈琲が

「黒くて苦い飲み物」

という時代は終わった。


これからは
「自分の珈琲」を探す時代。


だから、色々な珈琲があっても
良いと思う。

そうなると…
今は専門的な珈琲屋さんが多いけど
「何でも対応出来る」珈琲屋さん、

総合的な珈琲屋さん。

というスタイルが台頭してくるかも。


昔は「流しの珈琲屋」なんてネタも
アリマシタ(笑)



AD

ブラック・その2

テーマ:
降ってきた「黒」特集。
降ってきたので更新(笑)。




オートバイに乗れなくても
相変わらず、「黒」を選んでます。

前に紹介した、絶讚GUスニーカー。
も…「黒」です(笑)。


そして遂に、入手したのがコレ。

黒いマスク!( ̄▽ ̄)b


その存在を知った時から
「いつかは…」と思ってました。

が…
いつの間にか、忘れてて(笑)。
今は、通院とかで必須アイテム。
なので、忘却せずにいました。
見た目だけではなく、
「竹炭」配合で
脱臭・吸着・抗菌・消臭がバツグン。
「光触媒」も。

街中で見かけたこともありますけど…
正直「あやしい」です(笑)。



そして、もうひとつの「黒」愛用品。

お財布。

前のブログで紹介したウォレットは
いわゆる「普段使い」。
コレは「家財布」。
普段使わないカードとか
現金を入れておく財布。

持ち歩く事を考えていないので…
結構な厚みの「二つ折り」です。
素材はナイロン。

実は、自分はナイロン好き。
デニムやレザー、といった素材の
アウターが多いけど…
実は、ナイロン系が大好き。

年季の入ったナイロン素材も
中々に「味がある」のです!(笑)。
(これに関してはまた、別の機会に…)

因みに。
普段使いの財布がナイロン素材でない。
その理由は…

いい感じのモノに、出逢えていない。

ということです。

仮に。
出逢えたとしても…
機能面で、折り合いがつかなければ
使うことはアリマセン。

今のウォレット。
実は、二代続けて同じ仕様。
色こそ変えましたが、作りは同じ。


なんだかんだで…
「財布」にもウルサイ自分。
その辺りも、いつか書くと思います(笑)。

とにかく今は「黒いマスク」

使うのが楽しみです!(//∇//)

ウォレットチェーン。

テーマ:
ウォレット(財布)と
自身(もしくは何か)を繋げるアイテム。

鎖状の金属製を「チェーン」
それ以外を「コード」という。

個人的には、極めて実用的なアイテム。




常々、家族から追求をうけてた事例。

・いつも「ジーンズ」そしてブーツ。

・服(特に上着)が重くてかさばる。

というのが、あったのですが…
今回の事故で、解消されている現状(笑)。

そんな中、新たな追求が…

「財布のヒモ?」どーして問題。

要するに、
ウォレットコード、なんとかしないのか?
ということ。


一時は、もてはやされ
時代の寵児だった「ウォレットチェーン」
いまやすっかり、マイノリティです。
正直「ダサいアイテム」にも
選ばれています…(笑)。

それでも、自分には必要なアイテム。
むしろ、無い状態が「考えられない」

理由は簡潔。
「財布を落とした」経験があるから。

十代の頃から
ミリタリーやアウトドアアイテムが
好きだった影響で、
「合理的」や「機能美」というもの
に魅力を感じていて、
財布なんかも、その手のアイテムを
愛用していました。

けど…

古着やジーンズ等に傾倒していく中で
「理屈ではないかっこよさ」を体験。
身のまわりを変化させていきました。

そこで、財布も変化。

産まれて初めての「長財布」。
バイカーよろしく、尻ポッケにイン。

しかし…
ウォレットチェーンは装備しなかった。

何故か?



ダサい。



そう思っていました(笑)。

あれは、「パンクス」が着けるモノ。
あれは、「アメリカン」乗りのアイテム。

自分は、音楽もやってないし
アメリカン乗りでもない。

だから、ウォレットチェーンは要らない。

そう確信してました。



そんな中で起こった事件…


財布を紛失(落としました)…


当時は「古着屋さん(雇われ)時代」
財布の中に、セキュリティのキーが…

総務部長をはじめ、
各関係部署から大目玉…

後に、財布は見つかりました。
病院で紛失したので
ちゃんと届けられていました。

が…
現金は無くなった状態でした。
ぶっちゃけ、免許証が戻れば万々歳。

セキュリティは、キーを変えたので
そのまま破棄でした。


ここに至って
必須アイテムに浮上した
ウォレットチェーン。

それ以来、愛用しています。

実は、財布紛失後は数年間
「長財布恐怖症」で…(笑)
ずっと、二つ折り財布を愛用してました。

ところが、前々日?にも書いた通り
「FTR」を購入する訳です。
コレきっかけで、財布を一新。

ウォレットコードの付いた長財布に。

そして、それ以来ずっと
ウォレットコードと長財布。
この組合せで、愛用しています。

オートバイに乗っていて
財布が落ちたこともあります(笑)
だから、これからも愛用。



何故、
チェーンではなくて「コード」なのか?



それは、

やっぱり…ちょっと

「照れ臭い」からかもしれないですね


(笑)。