記憶術を使う

テーマ:

記憶術のおすすめは


記憶術はマスターするのが簡単なものがいいのではないでしょうか?

あまり資料が多いと記憶術をマスターするのに時間がかかって、実際の受験勉強 などに時間が費やせなくなってしまいます。

トレーニングは毎日数分程度というのがベストでしょうね。

あまり長くトレーニングするようでは途中で挫折するかもしれません。


覚えるのはまず勉強科目を理解してから覚えないと実際にテストで使えない可能性がありますね。

自分なりの記憶術の活用法をぜひ編み出してください。


>>ジニアス記憶術


その他参考サイトはこちら
英語学習のおすすめ教材
大学受験と勉強の仕方
医学部合格のための受験対策
AD

記憶術の使い方

テーマ:
記憶術を使って勉強しようと思っても、記憶術だけですべてをすませようとするのはちょっと感心できません。

勉強するときは一通り流れや理解が必要ですから、理解をしてから要点を覚えたり、年号や人物名、数式など覚えにくいところを記憶術を使って覚えるというのがいい利用方法ではないでしょうか?

要するに要点を覚えれば良いのです。

ただ記憶術はすぐに使えるというわけではなく、マスターするためにそれなりにトレーニングが必要といわれています。

イメージの仕方や右脳の活用の仕方など基本的なことをトレーニングしてから覚えるという作業をするそうです。


ただマスターするとそれなりにテストの点数は良くなる人が多いようです。

>>ジニアス記憶術


その他サイトも参考に
暗記法で単語を覚える
テスト勉強で暗記法を活用する
大学受験の英語
AD

記憶術の種類

テーマ:

記憶術のおすすめは-学校


記憶術
というのがありますね。

受験資格試験に記憶術が効果的に使えればいいのですが、記憶術だけで試験を突破できるというわけでもないでしょうし、記憶術といわれるものも結構ありますね。

ちょっと調べてみても

渡辺剛彰さんのワタナベ式記憶術
トニー・ブザンが発案したマッピング記憶法
川村明宏さんの、ジニアス記憶術
ゴルゴさんって方の5秒写真的記憶脳覚醒法
津川博義つがわ式記憶法
藤本憲幸の「超」記憶術


これだけ見つかりました。

自分にあった記憶術 というのはどうして見つければいいのでしょうか?




自分にあった記憶術 はレビューなど実際に使った人の感想や評判を見てみると参考になりますね。

それぞれのレビューを見てみるとそれなりに効果があることが分かりますね。




その他参考サイトもどうぞ

受験生のための記憶力アップ法
テストのコツを知りたい
受験勉強での食事
AD