またまた1泊3日でメキシコに行くことになった。

今度はヌエボ・レオン州州都のモンテレイ。

とはいえ、またも空港とホテルとの往復なので

メキシコのどこであろうが場所はあんまり関係ない。


新宿のリムジンバス乗り場で

大きなスーツケースをいくつも広げて

荷物の整理をしているインド人の3人組がいた。

スーツケースにはインドの食材がぎっしり。

20分ほどかかってなんとかまとめると

タクシーでどこかに向かっていった。

3人のうちの1人の眉毛が

完全につながっていたのが印象的であった。

ここまで見事につながっているのは、

チリ以来久しぶりであった。


機内は成田経由でヒューストンに行くとおぼしき、

韓国人の若者がたくさん乗っていた。英語学校に行くのだろうか。

ところで、ヒューストンってどこか見どころあるのかね。


それからHISかどこかの主催のペルーハイライトツアーご一行様。

隣に座っていた、見ているだけで気分が悪くなるほど

ずっとスナック菓子を食べ続けていたデブのにいちゃんもその一員らしかった。

ペルーの歩き方を読んでいる、英語さえもかなりつたない彼を見て、

これはリマに着いたら格好の餌食やなあと他人事ながら心配していたら

ヒューストンでちゃんと添乗員が待っていた。


昨日、ヒューストンから帰ってきた便の乗務員が今日も乗っていた。

1往復したら休みなのだろうが、それにしても連続2日では疲れるだろう。

前回、成田からヒューストンでは日経新聞しか日本語の新聞がなかったが、

今日はスポーツ新聞と朝日に読売があった。

しかも、機内食が同じメニュー。

まあ、こんなに連続して乗る客がいるとは想定外だよね。


映画は久しぶりに『棚の隅』 という邦画を観た。

主演の大杉漣に惹かれたのだが、正直いまいち。

あまりにおもしろくなかったので、

大こけした柳楽優弥の『包帯クラブ』 は観るのをやめて寝る。

今日もヒューストン往きはほとんど満員で

横になって寝ることができなかった。


トレオン往きの飛行機は横3人がけと小さかったけれど、

さすがにモンテレイ往きは6人がけのもうちょっと大きな飛行機。

それにしても、勝手に乗り場が変わってアナウンスもなしかよ。

ニカラグアの首都マナグア往きのところで4時間ほど寝て、

空席の目立つモンテレイ往きでは

横になって着くまでさらにずっと寝ていた。


やはり横になると全然違う。疲れがとれる。

漫画喫茶のリクライニングで寝るのはよくないということだ。

ずっと飛行機に乗っていると

ネットカフェ難民ってこんな感じなのかなと思った。

AD