マニラにて(3)

テーマ:

オルテガスのSMメガモール(サドマゾではない。シューマートという

大きなスーパー、デパートのチェーン店)に行ってみたら、

新宿でいつも2時間待ちは当たり前のドーナッツ屋があった。


フィリピンには他に日本資本のミスタードーナッツや

日本から撤退した、アメリカのダンキンドーナッツがあるが、

その2店はドーナッツひとつが10~17ペソくらい。

新宿で長蛇の列のドーナッツ屋はひとつ30ペソと倍である。

要するにおハイソなのである。


それなりに人は入っているが別に行列はできていない。

前にいた韓国人が家族へのおみやげなのか

大量に買っていたため、ちょっと待った。

待っている間にひとつドーナッツをもらった。

甘い! もうそれだけで注文する気が萎えたのだが、

もらっただけで買わずに帰るわけにもいかない。


一番甘くなさそうなのを頼んだのだがそれでも甘い。

おまけに一緒に頼んだアップルティがどうしょうもなくまずい。

この店はどこの国でもレシピを変えずに営業しているそうだが、

これのために2時間も並ぶなんて信じられない。

ミスタードーナッツやダンキンドーナッツは、

本国よりもフィリピンのほうが油っこくて甘いが

それでもこの店よりおいしい。


次来ることはもうないだろうからと

ロゴ入りTシャツと帽子を買った。

ドーナッツはともかく、かわいかったんだもん。

なんのかんの言ってもミーハーなのだ。

でも、新宿で並ぶくらいならマニラまで来るけどさ。

こんなドーナッツが日本に上陸するくらいなら

ダンキンドーナッツの復活を祈る。

AD