クエンカ1


サンタ・アナ・デ・ロス・リオス・クエンカ。

ユネスコのサイトで初めて知った。クエンカの正式名称。

エクアドル第3の都市クエンカ。

美しく、穏やかな街である。

活火山としては世界最高峰コトパクシ登山に悪天候のため失敗、

リオバンバで高原鉄道の屋根の上で吹きっさらしになった後、

クエンカに入ったため、よけいに暖かさが心地よかった。


クエンカ2


墓地の前以外でも花を売っているのは

生活に余裕がある証拠なのだと思う。

エクアドルは経済的に豊かな国ではないけれど、

あっちこっちで花売りを見たような覚えがある。


クエンカ3


南米に来る前に立ち寄ったスペインで

首絞め強盗にカメラを強奪されたのだけれど、

その後で気を取り直して観光したのがクエンカという街。

スペインのクエンカも世界遺産だが

そちらは崖の上にあって不安感をあおる街である。

どちらのクエンカも美しいには美しいが

荒涼としたスペインに比べて

エクアドルは初めてなのによく知っているような温かさがある。


クエンカ4

AD