⚡雨の(前の)日にはクラブをみがいて…

ブログタイトルは好きな小説の題名、五木寛之さんの「雨の日には車をみがいて」を捩りました。                               朱鷺の台C.C.眉丈台コース16番522ヤードPar5

NEW !
テーマ:






YouTubeで最終日の1番ホールをチェックしていたら、ちっちゃいオッサンが世界のシュワーツェルと同じ画面に納まっていました(笑)



さて、大町昭義プロの解説で、今年プロ転向した物理学者ブライソン・デシャンボーによりますと、アイアンのロフトが4度違うと飛距離がキャリーで12ヤード違うそうで。


そう、"ワンレングスアイアン"で話題の人です。


ロフト20度の3アイアンから60度のロブウェッジまで、計10本のアイアンのシャフトの長さがすべて同じ37.5インチ(6Iか7Iの長さ)で揃えてあるんです。


20数年前、我が街高岡のメーカー「ゴリラ」にもありました。


すべてのアイアンが6アイアンの長さで統一されたセットが…


でも、あの頃はあんまり話題にならなかったし、流行らなかったんですよね(笑)


普通は、ロフトが大きくなるほどヘッドは重くなるので、長さを短くして同じ感覚で振れる様にバランス調整している訳ですが…


そこで、デシャンボーくんのアイアンセットはヘッドの重さを280グラムで統一してあるんですって。


ゴリラのワンレングスアイアンはどうだったんでしょう?


たぶん、ヘッドはそのままで長さだけを統一してあったのではないでしょうか(笑)


知りませんけど…


いやぁ、でもボクは、距離が短くなればなるほど、短いクラブで飛距離を調整するトラディショナルなやり方の方が道理に合っていると思います!


だって、20ヤードのチップショットとか、37.5インチのウェッジより35インチ前後のウェッジで打つ方が易しくないですか?


ちなみに、ツアープロの平均も大体4度で1213ヤードぐらいのインターバルだそうで…


よくゴルフをされるアマチュアの方が5年ほど使うと、アイアンのロフトは少し開くらしいですよ。


そう思います。


下が固い練習場でよくボールを打つ方とか尚更ではないでしょうか?


よくダフる人や、ドーンと打ち込むタイプの人とかも開いて行きそう(笑)


ボクも以前、6年使ったアイアンセットのロフト・ライ角をチェックしてもらったら、随分狂っていました…


まっ、そもそも最初がどうだったのかも怪しい昨今の現状ですけど(笑)


なので、それ以降ボクは新品のアイアンセットもR&Dさんでチェックしてもらう様になりました。





AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:






ISPS ハンダグローバルカップ最終日。


「ゴルフは観るもんじゃない、やるもんや」と仰る方もいらっしゃいますが、ボクは"観る"コトにも充分価値はあると思っています。


しかも今回はもう2度と見るコトはないであろう世界の一流ゴルファーがそこに居たんです。


自分が所属しているコースに、今季も3勝しているマスターズチャンプや、全英OP連覇の全米プロチャンプ、フランスのゴールデンハンズに、PGAツアーのデビュー戦で勝利したアルゼンチンの新鋭が…


それも、タダ(無料)で見せていただけるなんて!


それに、ボクは元々プロゴルフのトーナメント会場の厳かな雰囲気が大好きで!


この世で一番幸せなところと云っても良いぐらいな場所なんです。


と云う訳で、昨日見たコト、感じたコト、どうでもイイコトを勝手に色々書きたいと思います(笑)



最終日はややのんびりと出動。


午前7時ぐらいに現地到着しましたが、練習場の直ぐ横のメンバー専用駐車場のおかげで楽々入場♪


ありがたいです。


今日の目的、シャール・シュワーツェルの登場までまだ1時間30分ぐらいありましたので、まずはギャラリープラザをプラプラ。



※スタッフに許可を得て撮影致しました。



釣り堀があったり、大道芸人が居たり、テレビモニターでは薬師寺アナウンサーがこの大会の素晴らしさを熱く語っておられました。


ドライビングレンジへ向かうと、片岡大育選手がボールを打っていたのでしばし鑑賞


あっ、ボクの感覚ではツアープロの美しいスウィング、打つボールの美しい球筋・弾道、美しい音は芸術なのです。


だから、鑑賞(笑)


特にアイアンショットのインパクト音はイイですね!


ずっと聴いていたいです。


出来るならスマホで録音して鬼リピしたいぐらいです。


テレビ中継ではちゃんと伝わりません。


コレは生じゃないと…


お日様も出て来て、良い天気になりました。


しばらく練習場をウロウロして、8時ちょっと前、優作さんがそろそろ出て来るかな?と云う時間を見計らって、クラブハウスのマスター室前へ。


ここで待ち構える物好きなギャラリー、さすがにボク独りです(笑)


一般人は誰も居ません。


ガードマンひとりと、運営のスタッフが2人ほど…


まず、この日テレビ中継の解説を務める水巻善典プロと佐藤信人プロが談笑しながら現れました。


優作さんは前日同様スタート時刻の1時間ちょっと前にマスター室前へ出て来て趣味の葉巻を1本。


キャディのちゃんや、他のタバコを吸うプロと談笑。


ちょうど1時間前に練習場へ向かいます。


ボクも一緒に、まるでチーム宮里の一員の様に(笑)杉ちゃんの後をついて朱鷺の台のチャンピオンズロードを行きます。


ボクの背後から「宮里選手、ガンバってください」と声が掛かりましたが、聞こえなかったのかスルー…


他に杉ちゃんに話し掛ける人もいましたが、こちらには「はい、そうです」とリアクション。


鍛造さんに、「杉ちゃんに話し掛ける」と約束しましたが、やっぱ無理です(笑)


ヘタレですみません…


パッティンググリーンでは、この日ラウンド解説を務める佐藤信人プロが優作さんに近付いて来てまず握手。


全米オープンでの2イーグルの話題で盛り上がっていました。


「現地でもスゴい注目されていたよ」と佐藤プロが云えば、


「でも昨日、ヨーロピアンツアーでガルシアがホールインワン」って(笑)


と、後を振り返るとそこに、前日7番ホールでお話ししたボランティアの方が!?


「あっ!昨日7番のセカンドにいらした方ですね?」と声を掛けましたら、


「はい、昨日はありがとう御座いました」とお礼を云われました。


「今日は?」と伺いましたら、


「今日は選手誘導です」と。


「お疲れ様です、ガンバってください!」と声をお掛けしてお別れです。


さぁ、時刻は830分。


シュワちゃんのスタート1時間前です。


またマスター室前へ移動(笑)


相変わらず誰も居ません。


ひとつ前の組の勇太ハリントンを見送り、この日も同じ組で回るトメちゃんも行きます。


シュワちゃん、中々出て来ません…


ひとつ後の組のデュビッソンや、最終組のクロンパも行きます。


45分前になって、ようやくシュワちゃんのキャディさん登場。


先に練習場へ向かいます。


その後、やっとシュワちゃん登場!


けっこうのんびりです。


片手でアイフォンを操作しながら、ボクと並んでチャンピオンズロードを歩きます(笑)


イイ臭いがします(笑)


途中、傍で見ていた女性陣達から、


「カッコイイ~♪」「背が高ーい」「顔ちっちゃーい」と、黄色い声が上がります。


まず、パットをじっくり20分ぐらい掛けてやります。


次に、チッピンググリーン(能州台コースの18番グリーン)でチップショットとバンカーのエクスプロージョンショットを5分程度。


左サイドのドライビングレンジ(能州台コースの18番ホール)で、ウェッジからアイアンを10分。


この時、隣の打席にはデュビッソンが。


"ここはホントに朱鷺の台なのか?"と感じました。


アイアンのインパクト音も、シュワちゃんのはちょっと違って聴こえました。


一段、他のプロより上の様な気がします。


"精密機械"と称される、シンプルでまったく余計な動きのない美しいスウィング。


ボクはマスターズで優勝するちょっと前から注目していました(笑)


クラブの動きを、体の動きは視界から消してシャフト・ヘッドの動きだけをジーッと見てみました。


キレ~イにスウィングプレーンをなぞって上がって行き、キレ~イに下りて来て、抜けて行きます。


ホントに、まったくバタバタせず、おとなし~く最小限の範囲だけを行ったり来たり。


それから見ると、他のプロは捻じれたり、逸れたり、傾いたり、スウィングも一段違うなと思いました。


日本人プロでは、優作さん、晋呉、トメちゃん辺りが匹敵するぐいらいクラブがバタバタしませんが、質はちょっと落ちますね(笑)


知らんけど…


でも、ボクはそう感じました。


つづいて、右サイドのドライビングレンジ(能州台コースの1番ホール)へ移動してドライバーを2発だけ。


ナイスフェードボールと、ややプルショットでした(笑)


今回、ティーインググランドに向かって打つ18番ホールでアイアン、グリーンに向かって打つ1番ホールでドライバーを打つ選手が多かったです。


その心理、なるほどと思いました。


スタート6分前、1番ホールのティーインググランドへ向かいます。


途中、南アフリカの国旗を持った日本人のギャラリーがその国旗にサインを求めましたが、快く応じていました(笑)


ボクは、セカンド地点へ向かおうとしましたが、クロスウェイのローピングスタッフが向こうへ渡らせてくれません…


仕方なくそこからティーショットを見て(シュワちゃんはこの日も3ウッドでした)、ロープが解かれた瞬間にダーッとダッシュ!


するとそこで、シングルのメンバーKちゃんから「○○○さん!(ボクの本名)」と声を掛けられ、


「オッ!Kちゃん!!やっぱこの組?」と云うコトで、その後はKちゃんとそのお連れさんと3人で18ホール観戦。


厳密に云うと、この日も6番ホールはパスしたので17ホール(笑)


その6番で3ウッド持って右にOB打ったんですよねぇ…


後から思うと、アレと11番ホールの「お先」をペロンと外したのが痛かった…


その3ストロークがなかったら…


ドライバーのスウィングは、練習場とコースではその振るスピードが変わります!


日本では飛ばし屋の部類に入るトメちゃんより1020ヤード前に行きます…


たぶんアマチュアの飛ぶ人と同じぐらいの太田選手より3040ヤード前です。


そりゃそうですよね…


ホントに330340ヤード行ってるんですから…


例えば、2番430ヤードPar4


GPSで測ったら、残り94ヤード…


以前、センパイの息子くんがカート道を使って行ったところより前までキャリーで行ってます(笑)


11番419ヤードPar4では、残り95ヤード…


14番398ヤードPar4では、残り70ヤード…


16番511ヤードPar5では、佐藤信人プロ曰く(スピン量の足りないドロップしたイマイチの球)で残り190ヤード…


ボク等がヒィヒィ云うフルバックティーのPar4を、軒並みセカンドはウェッジでチョン!


まぁ、これでも全米オープンのドライビングディスタンスでは47位と云う(笑)


バッバやダスティンがこの朱鷺の台を回ったら…


ショートコース、ミニコースですな…


アイアンの精度も、ハマり出したらピタッ!ピタッ!


13番からの4連続バーディは、観ていて楽しかったぁ~♪


ちなみに、4番331ヤードPar4はこの日の3人もドライバーをチョイス。


Kちゃん、中継視ました?


シュワちゃんのティーショット、どう見ても右に飛んだのにフェアウェイセンターにあったじゃないですか?


あれ、右の木に当たってあそこまで出て来たんですって(笑)



ただですね…


最も考えさせられるのは、優勝したパク・ジュンオンくんのドライバーの平均飛距離は252ヤードでツアーの111位…


キム・キョンテから、限界のある飛距離アップよりも、フェアウェイキープとショートゲームの努力を説かれ続けたとか…


だって、本戦の18番とプレイオフの18番のティーショットの距離見ましたけど、あれマジでボク等と変わんないですよ…


ミズノオープン時代にこのコースで3勝したブライアン・ワッツも、飛距離はボク等と同じぐらい…


18番でセカンド200ヤード残っていましたもんね。



ゴルフって、やっぱり…


そんな感じで、一旦終わります。






AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:





最終日は素晴らしい天気になりました。

ゲームの方もたいへんオモシロかったです。

半田会長の長いスピーチが続いておりますが(笑)

是非、この後17時からBSフジでご覧になってください。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:






以前なにかで見た記憶では、ツアープロでも2メートルのパットが入る確率は50パーセントぐらい?


2メートルが入るか入らないかで大きく成績が変わってくる?


昨日の優作さんは、正にそんな感じのラウンドでした。


ついて行くと云うより、ティーショットの時はセカンド地点、セカンドショットの時はグリーンサイドと、ずっと先行して17ホール回りました。


インスタートの10番410ヤードPar4


10時方向からの風に18度のハイブリッドで一番先のフェアウェイをキープ。


セカンドを左やや上2メートルぐらいのバーディチャンスにつけましたが、惜しくも入れられずパー


11番419ヤードPar4

フェアウェイセンターから普通に乗せて2パットのパー


12番180ヤードPar3

右手前からのチップをガッツきピンを2メートルぐらいオーバー…

入れられずボギー。


13番537ヤードPar5

ドライバーのティーショットを右に曲げ、あわやOB…あと50センチでした…

崖の下からナイスリカバリーでしたが、3打目をショート…

チップを寄せて、ナイスパー


14番398ヤードPar4

左のフリンジからチップでカップインを狙いましたが惜しくも入れられずパー


15番431ヤードPar4

ティーショットが右のラフだったので、セカンドをエプロンまで運び、1パットのパー


16番511ヤードPar5

ドライバーショットは完璧、フェアウェイセンターからアイアンで2オンを狙いましたが、少しショート。

チップを寄せて、1パットのバーディ

多一選手は長いのを入れてナイスイーグル


17番180ヤードPar3

奥のピンに、ピンハイ左2メートルぐらいにナイスオン!

惜しくも入れられず、パー


18番443ヤードPar4

ティーショットは右のラフ。

セカンドをエプロンまで運び、寄せて1パットのパー


変な音のするピンのデカヘッドドライバーは、イイ感じのフェードボールも出るんですが、右曲がりのミスも多く…

飛距離も彼の本来のものとは思えず、多一選手と同じぐらいかちょっと前。

薗田選手には10~20ヤード置いていかれてました。

飛距離を犠牲にしてでもフェアウェイキープができるならそれはイイんですけど、けっこう右ラフに外すショットも…

時として左に飛ぶドライバーより安心して使えるんでしょうか…


1番517ヤードPar5

ドライバーは完璧。

2オンを狙ったアイアンショットは左手前のフリンジ。

チップを寄せて、1パットのバーディ

多一選手はまた長いのを入れてイーグル


2番430ヤードPar4

ドライバーは完璧。

セカンドは…

どこに乗せたか忘れました…

2パットのパー


3番420ヤードPar4

ドライバーは完璧。

ここはティーインググランドの後方間近から見ました。

美しい球でした。

しかし、セカンドを右奥にオーバー…

下りの難しいアプローチも2メートルオーバーし、入れられずボギー。


4番331ヤードPar4

ここはみなさん何で打つのか興味がありました。

3人共ドライバーでした。

昔、ミズノオープンの頃はドライバーで打つより3ウッドやアイアンでレイアップする人の方が多かった様な…

他の2人は左ラフでしたが、優作さんはフェアウェイセンター残りフロントエッジまで20~30ヤードと云ったところ。

ピッチショットを2メートルぐらいに乗せましたが、入れられずパー


5番173ヤードPar3

グリーンにキャリーしましたが、ポーンと跳ねて左奥にオーバー、左脚下がりのラフへ…

技を魅せました、思いっ切りフェイスを開いた見事なフロップショットでしたが、ちょっと落としどころが手前過ぎて寄って行かず…

ボギー。


6番405ヤードPar4

すみません…

ちょっと脚に疲れがきたので(笑)

6番ホールをパスして7番のセカンド地点へショートカット…


ここで、フォアキャディのボランティアさんと選手が来るまでしばし雑談を。

なんでも東京からいらしてる方で、昨年の山梨の大会もボランティアをされたとか。

ボクが隣の富山県だと云ったら、

「初日はスコアラーで18ホール歩いたんですが、良いコースですねぇ~特徴的なホールばかりで似たホールがひとつもない」

とお褒めいただき、「ボク会員なんです」と云えなくなってしまいました(笑)

「いやぁ、でも狭くて短いですよ…スコアが示す通り、今のプロトーナメントをやるにはちょっと…」

と謙遜しておきました。

でも、嬉しい話です。


7番479ヤードPar4

通常営業はPar5です。

ドライバーが珍しく左に飛んで、あわやOB!?

ラッキーキックでこっちに戻って来て、セーフ!

フォアキャディさんより先に、横に手を伸ばしてセーフっとティーインググランドの優作さんに知らせてあげました(笑)

セカンドは当然出すだけ…

3打目で乗せましたが、けっこう残っていたので2パットのボギー。


8番173ヤードPar3

ここのグリーン奥で、昨年一緒に回った会員のKさんと遭遇。

ここもナイスオンでしたが、入れられずパー


その後しばらくKさんと雑談。

昨日は某予選落ち選手のキャディをやったそうです(笑)

飛ぶ方の部類のシングルさんですが、

「飛距離が違い過ぎてなんの(自分がプレイする時の)参考にもならんかった」

と云っておられました。


と云う訳で、9番ホールは見ていません…


結果


IN


--△ --- -- 36 (13)


OUT


-△ -△- △-- 37 (17)



OBなし、1パット6回の30パット。


パット率42.3パーセント


初日が27パット(38.0パーセント)、2日目が28パット(40.5パーセント)ですから、昨日はやっぱ入ってなかったですね…


ホント、だから結局"そこだけ"なのかなと思ってしまいました。


改めて勉強?になりました。


飛距離はまったく違うので参考になりませんが、このコースは絶対手前から。


そして、ポーンと上げるアプローチをする選手をほとんど見ません。


みんな、低く出てキュキュっと止まるヤツか、コロコロ転がすヤツか。


間違って奥に外してしまった時は(下りの砲台なので)フワッと上げるフロップショットしかありませんが、プロでも中々距離が合いません…



まだまだ書きたいコトはいっぱいありますけど、もう時間がないので一旦終了~


単独トップのグリジョくん、ノリもイイのか、ホールアウト後たくさんのサイン攻めに合う超人気モノになっていました。





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:






え~、ボクごときの尺度で予想してしまってすみません…

優作さんはダメダメでしたけど、上位は伸びてます(笑)

でも、風は朝より弱まってる様な…



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:






帰宅してからセカンドラウンドを録画しながら視聴開始。


でも、全編4時間半もあるのですべては無理…


と云う訳で、センパイから教えてもらいました、予選ラウンドを優作さんと回った"マレーシアの怪物"ことギャビン・グリーン選手の超絶飛距離をチェック!


1番ホール517ヤードPar5のドライバーショットの飛距離、およそ360ヤード!?






クロスウェイの直ぐ後まで来ています…


残りは150ヤードぐらい?


クラブは9番アイアンかピッチングウェッジ?






50ヤードほど置いていかれた優作さんも笑っちゃっています(笑)


なんでも、軽井沢で行われた世界ジュニアで、押立コースの186百何十ヤードかのPar62オンしたそうですよ…


アルバトロスパットですって(笑)


バッバやダスティンなんかもこんな感じなんですかね?



さぁ、とりあえず優作さん、予選通過ありがとう御座います。


正直、全米疲れでダメかと思っていました(笑)


明日は裏街道(10番スタート)ですが、こちらもボクの好きな薗田峻輔くんとのグルーピング。


この組について行きます!



と云う訳で、明日も早いのでもう寝ます。





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:






ISPS ハンダグローバルカップ初日。


宮本"トメちゃん"勝昌選手、16番511ヤードPar5にて自身2度目のダブルイーグル(アルバトロス)達成!


追い風のセカンドは192ヤードを7アイアンだったそうです。





う~ん、さすがに御満悦(笑) 後の時計台は、確かに朱鷺の台。


5アンダーは、一緒に回ったチーム芹澤の兄弟子藤田"ビッケ"寛之選手と共に4位タイの好発進!



一方、ディフェンディングチャンピオンの武藤"ムトチン"俊憲選手は、7番479ヤードPar4(通常営業時はPar5)で10の大叩き…




まず、ティーショットを左にOB…

打ち直しの3打目も左に飛んで、木に当たって運悪くOBゾーンへ…

5打目も左の林に行って、6打目は出すだけ…

7打目もミスって手前のバンカーへ…

8オンの2パット。


1番イーグル発進したのに、12番のボギーで一時6オーバーまで落ちてしまい…


でも、その後4つバーディを獲って復活して来ました!


ホントに7番ホールだけです。


今日の爆発に期待です。



全米帰り陣は、予選落ちして早く帰国していた池田勇太選手が5アンダー4位タイ。


(このコースなら)パープレイみたいなもん!」と豪語していました(笑)


期待の宮里優作選手は、一時3オーバーまで落としましたが、その後盛り返しなんとかイーブンパー。


谷原秀人選手もイーブンパースタート。


このコンディションですと予選カットラインはアンダーパーになりそうなので、今日は爆発お願いします。


雨でグリーンのコンパクションは軟らかく、それでいてそこそこのスピード(スティンプメーターで12フィート)が出ているので、ツアープロにとっては絶好。



さぁ、今日もYouTubeのライブ中継は始まっています。



ISPSハンダグローバルカップ 1番ホール中継 2日目 (←クリック)



英語ペラペラの薬師寺アナと大町昭義プロ。


和製ゴルフ英語は使わない様にしていると仰っていました。


ロングホール・ミドルホールにスライスライン・フックライン、ペアリングじゃなくグルーピングだそうです。






こちらも全米からの弾丸ツアーですが3アンアダー22位タイとまぁまぁの発進、シャール・シュワーツェル選手。


スタート前のパット練習は、左に曲がるライン(所謂フックライン(笑))から始めるそうです。


ニック・ファルドもパット練習は左に曲がるライン(所謂フックライン)から始める。


その訳は、大町さんが解説しておられましたが、ボクにはうまく説明できません(笑)


イメージです、イメージ。


今度から真似してみよっ!



日本が大好きだと云うフランス人のビクター・デュビッソン選手も3アンダー22位タイ。


最近の趣味は盆栽と鯉だそうで。


このコース内のすべての木が盆栽だと(笑)


気に入ってくれたみたいで嬉しいです。









いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:






昨日は好天の下プロアマ大会が行われた様です。 


イヨッ!杉ちゃん!!



そして、今朝は雨です…


それも、けっこう大きいです…


と云う訳で、






グリーンに水は浮いていない様ですが、バンカーには水たまりが出来かけてるみたいで、スタートを1時間遅らせるそうです。


1組のスタートが、630分から730分へ変更です。



インターネットのライブ中継は、こちら ↓



ISPSハンダグローバルカップ 1番ホール中継 1日目 (←クリック



オッ!?

薬師寺アナに、解説はこのコースのミズノオープンで優勝経験のある大町昭義プロ!


この雨ですと、ツアープロでも左のダブルバンカー越えてこないですね…


えっ!?2つ目越えるのに282も要るんですか!?



8時過ぎ、雨はほぼ上がったみたいです。






通常のドライビングレンジは臨時の駐車場に。


ゲームで使用しない能州台コースの1番と18番ホールが練習場になっている様です。




追記

薬師寺アナはプロアマでデュビッソンと回ったそうですが、1番のセカンド157ヤードだったそうです!

そう、左のダブルバンカー越えるとダウンスロープをどんどん転がって距離出るんですよね。

ボクも、白マークからなら残り160ヤードを7アイアンで2オンしたコトあります(笑)







オッ!次は額賀くんです!!


どこまで飛ぶんでしょうか?






おぉ~っ!?

キャリーでフェアウェイ右サイドの平らなところまで来ましたよ…






セカンドは、(たぶん)6アイアンで2オンを狙いましたが、惜しくも右手前のバンカーでした…




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:






さぁ、いよいよです!


ボクの今年のメインイベント(笑)、朱鷺の台カントリークラブで行われる国内男子ツアー


「ISPS ハンダグローバルカップ2016」が明日開幕致します!



昨日、初日の組み合わせが発表されました。


注目組は、ここら辺






全米オープン帰り、Par4での2イーグルと2回のヒメネスダンスは見事でした宮里優作選手。


その後に、ゴールデンハンズビクター・デュビッソンに、初優勝オメ!ボク推しのひとり塚田陽亮選手。


その次に、タイガーに勝った男パドレイグ・ハリントンと、ディフェンディングチャンピオン武藤俊憲選手もボク推しのひとり。


そして、こちらも全米帰り谷原秀人選手に、今回一番見たい人、今大会の超目玉マスターズチャンプシャール・シュワーツェル!


なんと!?この組のもうひとりはアマチュアの中学生?


え~っ!?


ボクの記憶が確かなら、朱鷺の台をプレイするマスターズチャンプはサンディ・ライルにつづいて2人目。


楽しみです♪


すみません…


その後の藤田寛之選手と宮本勝昌選手のチーム芹澤の御2人は北陸オープンでもう見飽きてまして(笑)


あっ、ムトチンもか(爆)


ボクは中日クラウンズ3度ほど伺っておりますが、実はまだ優作とタニハラは生で見たコトないんですよね…


特に、優作さん&シュワーツェルさんはお願いですから予選は通過してください!



月曜日の朱鷺の台さんのフェイスブックを見ると、





練習ラウンドをしている選手が…


そして、スタンドにギャラリー3人!?(笑)


まっ、一般人ではなく関係者さんだと思いますけど…


いや、一般人だとしたら月曜日からスゴい!


羨ましいー(笑)



さて、テレビ中継は




BSフジで土日と…


あとインターネット中継で、





残念ながら、今年も地上波での放送は一切なさそうです…






いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。