消費者金融 ブラックでもキャッシングOK

ブラックで消費者金融の審査落ちしてしまった人でもOKで、キャッシングできる方法や業者の情報


テーマ:

ブラックリストといっても、金融業者にとってデメリットとなるような人の名前が一覧になって書かれている名簿のようなものがあるわけではありません。こういうリストがあるようなイメージをもたれることも多いですが、そのようなものはこの世に存在しません。もしかすると消費者金融の中の1社のみで管理されている名簿はあるかもしれませんが、他の業者とも情報共有されている名簿リストが紙媒体であるわけではありません。


少し話が一旦逸れてしまいますが、個人がキャッシングを消費者金融からうけたり、銀行から住宅ローンを組んだりした記録が情報として残っており、この情報は個人信用情報と呼ばれていて、国内に3つある情報機関に記録されています。加盟している金融業者から情報提供され、各金融業者が申込者個人の情報をデータ照会することができます。この情報は借り入れをした人のほとんどが記録されていますがから、きちんと返済ができている人は問題ないのですが、返済を延滞してしまっていたり、自己破産手続きなどによって業者側の回収で問題となった人が事故情報として記録されてしまいます。この事故情報記録がある状態のことをブラックリスト入りしたと呼んでいます。


ブラックリスト入りしている人でも融資をするかしないかという判断はその業者の判断になります。ほとんどの業者はブラックリスト入りとなる事故情報記録がある人に対して貸し付けをしないと決めていまっていることがほとんどです。しかし、それは全ての業者ではありません。中にはブラックの人でも融資をしてくれる業者があり、過去に金融トラブルとなったような人でも、いまきちんと安定した収入がある人であれば借り入れが可能です。ブラックの人でも貸し付けをしてくれる業者を見つける事はなかなか見つかりづらいのも確かです。あまり数も多くないですし、小規模であることがほとんどですから、ちょっと探さなければすぐには出てきません。決して陰に隠れながらえいぎょうしているわけではなく、広告宣伝費がかけられなくてあまり表にでてこないかわりに審査ハードルを低くして営業しているわけです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブラックリスト入りしてしまった人も、時効制度というものがあります。
借り入れをして支払いの延滞をし始め、その最終支払日となった翌日から5年間がその時効となる年数です。


そもそもブラックリスト入りする原因も人それぞれです。支払いが間に合わず、1日2日ならまだ大丈夫ですが3ヶ月以上経過してしまうと延滞を理由にブラックリスト入りとなりますし、自分の力では返済できなくなってしまって自己破産の手続きをとり、自分の資産を手放す代わりに借金をなくしてしまった人、利息分などをカットする交渉をした債務整理もブラックリスト入りする要因です。また、なかなかご存じない人も多いですが、短期間の間に何社にも申し込みをしてしまうと申し込みブラックといってこれもブラックリスト入りする原因となります。


ブラックリスト入りした記録は個人信用情報機関というところに記録され、金融業者の間で情報共有されてしまっていますから、今まで取引がなかったところであっても、その人がブラックリスト入りしているかどうかはわかってしまいます。ブラックリスト入りしている原因のトラブル情報とともに、過去の借り入れた会社の名前や契約時期、借り入れ額、そしてそこからどのように返済をしていったかまで情報は記録されており、それを金融業者は個人情報と照合してデータを見ることが可能です。ですから、今まで何社からいくら借りていて、残りいくら支払いが残っているかなどの情報は細かく業者側で調べられてしまうので情報をごまかすことはできません。よく申し込みの時に適当に他社借り入れ額を書いてしまったり、多く融資を受けているから審査通過しづらいのではないかと思ってわざと少なく申告してしまったりする人もいますが、このようにデータは見られてしまいますから注意が必要です。

 

時効というのは、業者側からの支払い請求に対して全く応じないことが必要になってきます。少しでも支払いをしてしまえば、その時効のカウントはまたゼロに戻ってしまい、またその時点から5年の経過を待たないといけません。もちろん、業者側からすれば5年間のうちに全くアクションを起こさないわけがありません。時効をむかえるというのは正直あまり現実的な話ではないのかもしれません。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブラックになってしまい、消費者金融のキャッシングや銀行でのローンから融資を受けることができなくなったというネット上の口コミをよくみかけます。そういった業者はブラックに対して大変厳しく、審査時には必ず過去の事故情報を参考にします。そこでブラックリスト入りするような原因となる金融事故を起こしている利用客に対しては融資を行わず、ほとんどの確率で審査落ちとしてしまうケースが多いようです。

しかし、一方でブラックでも借りれる消費者金融情報の口コミも多く書かれています。kの差はなんなのでしょうか。
詳しく見てみるとその理由はすぐにわかります。大手の消費者金融や銀行ではブラックを厳しく見るとさきほど書きましたが、他の消費者金融の中にはブラックでもキャッシングできる業者があるのです。つまり、「大手」の消費者金融などに申し込みをして審査落ちしても、大手以外の消費者金融であればキャッシングできたという口コミが多いです。
ブラックの人が申し込むべきは「中小規模」の消費者金融なのです。大手でキャッシングを受けられなかった人でも、中小の消費者金融であればキャッシングできたという口コミが大半を締めています。

また、申し込む利用客の状況によっても様々で、例えばAさんが審査通過した消費者金融で、他のBさんが申込んだ場合は審査落ちしてしまったという話もありました。
消費者金融はそれぞれが独自の審査基準を設けていますから、ブラックの人でも当然のように審査通過する人と通過しない人にわかれます。借り入れ額や借入件数だけではなく、現在の収入額、勤務先、勤続年数やその他さまざまな要因が審査基準として見られているようで、その基準は一般には決して公開されていません。申し込みをしてみてはじめてわかるのです。
ただし、全体的に審査が甘めの業者も口コミであがっているので、そういった所は狙い目かもしれません。しかしながらその情報全てが正しいものとは限らず、中にはその業者がネット上で自分たちで書いた嘘の情報もあるはずですから注意が必要です。
まずは自分の目についた業者へ相談をしてみることから始めてみましょう。親身になって話を聞いてくれる業者もありますし、誠意を持って返済の意志があることをきちんと伝えれば即日でもキャッシングをしてくれる業者が数多くあります。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。