大手金融業者で審査落ちのブラックでも借りれる情報

ブラックリストに載ってしまって大手の業者で審査落ちになる人でも借りれる業者を紹介


テーマ:

大手の消費者金融はほとんどが柔軟対応せずに、きっちりと厳しく設定されている審査基準を厳格にまもって、ブラックの人にはます融資をしてくれません。申込後の審査において、早めのタイミングで融資を断られてしまいます。業者側でそもそも融資対象外としているのですから、ブラックリスト入りしている人だとわかってからは審査を進めてもらえません。審査するだけ無駄だからです。

消費者金融の審査基準の厳しさはその規模に反比例しています。大規模の有名消費者金融は審査が厳しく、逆に中小規模の消費者金融であればブラックリスト入りしている人であっても融資対象としてくれる審査基準をもっています。中小のほうが柔軟な対応をとって、できる限りお客さんへ融資をしたいと考えてくれています。
大手の消費者金融は特に他社の借入状況を重要視して審査を行っているので、ブラックリスト入りしている過去があるというのはマイナスとなる要素です。ブラックリスト入りしていなくても、何社からも多重債務をかかえてしまっていると融資を断られることもあります。他社の借り入れが多ければ、それだけ月々の返済額が大きくなっていきますし、今回もし融資をしたとしても、既に契約をしている消費者金融への返済として現金をまわされてしまっては、また自社からの融資を他社の返済へ回れてしまい、自社への返済は後回しとなってしまう可能性があります。

ブラックになってしまった人は生活の上でどうしても様々な制約がでてきてしまい、普通の人のように融資を受けられなかったり、クレジットカード作成が難しかったり、銀行の自動車ローンや住宅ローンが組めなかったりします。本来、金融業者から融資を受けられるはずだった人でも、ブラックの過去があるだけでそのような対応をされてしまいます。


ブラックリスト入りしているのは、過去に長期延滞や自己破産・債務整理をおこなった人ですから、ごのように敬遠されてしまうようになっていまいます。しかし、中小気規模の消費者金融であればまだ借り入れできる可能性が残されています。
ブラックになると一生借り入れできないと勘違いされている人も多いのですが、そのようなこともありません。ブラックの記録は最短で5年、きちんと原因となった問題を解決されているのであればその事故記録が消え、また融資を通常通りおこなうことができるようになります。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

消費者金融もその業者によって金利も違えば、その審査基準自体も大きくことなることがあります。審査基準が違うのであれば、できる限り審査通過し易い、選定基準が甘く設定されているような業者へ申し込みをしたいと考えるのは当然のことかもしれません。ブラックにまだなっていない状態で、収入も毎月安定して勤務している人であればそれほど気にしなくてもほとんどの消費者金融で審査通過し、借り入れする事ができるかと思いますが、ブラックリスト入りしている人は消費者金融へ申し込みをしても融資を受けられずに困っている人が多くいらっしゃいます。多重債務になっている人も現代では多く、社会問題ともなってきていますから、必然的にブラックリスト入りしている人も多くなっているでしょう。消費者金融側も経営を続けていくために徐々に運営方針自体をシフトしており、今までは返済能力の低い人への融資を断っても余裕がありましたが、今ではブラックの人や収入が少ない人であっても貴重なお客様ですから、できる限り融資をしたいと考えます。各業者もそれぞれが少ないお客さんを奪い合っているような状態ですから、すでに他社を受けている人や、他社では融資を受けられずに困ってまた新たに申し込みをしてきた人も多くいらっしゃいます。それらのお客様も無下にはできません。ですから、ブラックの人もきちんと業者選びを行えば融資をしてもらえる可能性はまだまだあります。ブラックの人も借り入れがしやすいようになってきているとも言えるでしょう。


消費者金融の業者もそれぞれがライバルですから、他社に負けない魅力的なサービスを提供しています。なかでもやはり需要が高いのが、申し込みをしたその日のうちに融資を受けられる即日融資です。これには、業者側のスピーディーな審査の判断をする為に、システムがきちんとしているものではないといけませんし、過去の取引データを多く集めてその統計をとりながら判断するケースもありますから、新規参入したばかりのような業者ではまず実現不可です。消費者金融の中には古くから即日融資を実現してきた業者もあり、今やそれらの業者こそが大手の消費者金融として成長していったのです。今では中小規模の消費者金融でも即日融資を実現しています。


つぎに業者選びのポイントともなる、金利の低さも重要です。他社より高くては、やはり競争に負けてしまいます。しかし、あまり低く設定してしまえば、その分多くの融資をして回収しなければ売上が延びません。例え話ですが、20%の金利で貸し出しをした場合と、10%の場合ではそのお客さんから回収できる利息分の金額に倍以上の差がでてきます。少ないお客さんであっても高い金利設定で回収するのか、逆に低い金利で多くのお客さんを集めて売上を回収していくのかはそれぞれ業者の運営方針によって違います。ユーザー側とすればもちろん、安く借り入れしたいですから、低金利で取引してくれる業者を探すでしょう。業者側にとってはまさに薄利多売といった状況ですが、他社に負けて全く利益を回収できないよりはマシです。

ブラックリスト入りしている人であっても、こういった業者を選ぶことによって良い条件で借り入れすることは可能です。ブラックリスト入りしている人はもうヤミ金しか借り入れできないだろうと勘違いして諦めてしまっている人もいますが、このような業者もまだまだ全国に数多く残されていることを頭の角にでもおいておいてください。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

消費者金融からブラックの人が簡単に借り入れすることは可能です。

今までブラックになってしまってからずっと融資を受けられず、何社も消費者金融へ申し込みをしてみたのに全く審査通過できずに困ってしまっている人も少なくありませんが、実はそのほとんどの原因が、申し込みをしている業者を間違っていることがあります。

 

消費者金融はその業者ごとによって審査基準が全くことなります。審査基準のハードルが高い業者もあれば、ハードルが低い業者もありますので、どこの業者へ申し込みをしたのかが重要なポイントとなってきます。ブラックの人にとって厳しい審査結果をだす業者もあれば、ブラックであってもそれほど重要視せずに借り入れできる業者もあるのです。


ブラックでも融資をしてくれるとは言っても審査はあるので、最低限その業者が定めた審査基準を満たす必要はありますが、そもそもその審査基準自体も低く設定されていることがほとんどです。ブラックに対しても融資をしてくれる業者は、全体的に審査基準も甘めに設定されており、他社で断られてしまった人も対象として迎え入れてくれる柔軟対応の消費者金融です。


少規模の消費者金融こそが審査基準を甘く設定していることが多く、大手の業者で断られてしまった人が次の申込先として多数流れてきますから、そういった方たちを対象としながら運営を続けてきたわけです。ですから、ブラックの人や、非正規雇用の方、大手では断られてしまった低収入の人であっても融資をうけることができる審査基準となっています。


ブラックの人が実際に中小の消費者金融へ申し込みをしてみると、意外と簡単に借り入れできたという口コミをよく見ます。大手の消費者金融はほとんどの業者が審査基準としてブラックリスト入りしている人は融資NGとしていることが多いので、そもそもブラックの人に対しては門前払いのようにつめたい対応をとられてしまうことが、どの業者であっても多くなってしまいます。
しかし、ブラックの人でも対象として見てくれる中小規模の消費者金融であれば、より柔軟な対応をとってくれますから、ブラックの過去があったとしても、いまきちんと収入があって、今後も安定して職務を続けられる人であれば融資を受けられることが可能です。中小規模の業者はサービス面においても大手の消費者金融とは差があまりなく、即日融資や低金利による融資などでも提供をしています。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。