横浜きぬた歯科院長ブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

先日、他の歯科医院に通院中の患者様がいらっしゃいました。

何故、転医したのか聞いたところ

(あそこで入れた金属が直ぐ取れた)という理由でした。


見てみると歯の削り方は歯医者として診たところ問題ありませんでした。

いつ金属を入れたか、聞いたところ2年前とのことでした。


偶然ですが同じ日に初診でいらっしゃったもう一人の患者様は他の病院で10年前に入れた金属が取れたと来院しました。

その方は以前、違う県にお住まいで横浜に引っ越してきた方でした。

その方がおっしゃるには10年も治療したところが何事もなく、その歯医者には感謝していますとのことでした。

診てみると、その取れたところは抜かないといけない状態でした。私としては、そこまで削らなくても良かったのではないかと思いました。


この二つの症例は、そして治療した歯医者は全く反対の考え方をする例なのです。

一つ目の症例はなるべく健康な歯を削らずに治療する・・・しかし削っているところが浅く金属が外れやすくなる。

二つ目の症例は大きく削り金属がはずれにくくなり治療が長持ちする。

もちろん歯は削れば削るほど寿命は短くなります。


当然、歯が長持ちすることを患者様は望むのでしょうが、一つ目の症例のように歯自体の長持ちを考えて治療した歯医者は患者様に嫌われ、歯の寿命を考えずに多くの歯を削って金属が長持ちした歯医者は感謝される・・・


どちらの歯医者がいいのか?どのような治療方針がいいのか?これは一概には言えないと思います。

それを選ぶのは患者側で私たちが出来ること、しなければいけない事は自分の歯医者としての考え方を患者に説明することだと思います。

それにより初めて患者は選ぶことが出来るのだと思います。




























AD
いいね!(2)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。