20周年記念酒の直汲み♪

テーマ:
海鮮居酒屋MARUは明日でちょうど開店から20年を迎えます。

そこで、去年から栃木県小山市若駒酒造のかっしー(蔵の息子で醸造責任者の柏瀬幸裕くん)に若駒でMARUの20週年記念酒を造りたいと相談していました。

当初はタンク1本オリジナルのものを造ってもらいたいとも考えましたが、色々と難しいことも多く、結局造るお酒から搾り方や何かしら工夫して他には出さない限定的なものをということになり、今回第1弾として雄町70を直汲みして来ました。
(雄町70:70%精米の雄町100%で醸した純米酒)

今回のお酒は槽搾りと言って、槽にもろみを詰めた酒袋を並べて、上から加圧して搾る方法。
若駒酒造で使っている槽は佐瀬式と呼ばれる一番オーソドックスな油圧式の槽。

まずは搾る準備。
もろみを酒袋に詰めて、槽に並べます。



もろみをこぼさないように慎重に…

並べている最中ももろみの自重により搾られて、お酒がチョロチョロと出て来ています♪


並べ終わりました♪

若駒酒造ではこのまま圧を掛けずに一晩搾り続けます。
それが無加圧採りシリーズ。

さて、この無加圧採りの部分を直汲みさせてもらいますが、最初は酒袋の目が大きく、濁っているため、ある程度目が詰まってにごりが少なくなるのを待っていよいよ直汲み♪


瓶の上に漏斗と大きな粕が入らないようにザルを載せて槽口から出てくるお酒を直接瓶に詰めます。
直汲みというのは決まった定義があるわけではなく、蔵によってやり方は様々ですが、今回はこの方法でやりましたが、これぞ直汲みって感じですよね(*^_^*)
これを30本と試飲用にプラス1本汲み続けました。


若駒酒造ではお酒を直汲みすること自体が今回初めてという事でしたが、これだけ手間暇掛かるため蔵元も自分たちでやりたくは無いし、製品化することは無いとのことなので超レアなお酒となりました♪

この若駒雄町70の直汲み、明日の20周年当日に解禁しますよ♪
ご来店を心よりお待ちしております。

※動画も加えたいのですが、うまくいかなくて…
後ほど時間が出来たらまた試してみます。

20周年記念酒は今後もバージョンを変えて展開していきます。
次回以降のバージョンはまだかっしーと相談中なのでどんなお酒になるのか…お楽しみに♪

※2月9日はすでに多くのご予約を頂いており、お席は残り僅かです。
10日以降はまだ余裕がございます。

海鮮居酒屋MARU
AD

10月1日日本酒の日♪

テーマ:
本日、10月1日は日本酒の日♪
理由はいくつかありますが、
「酒」のツクリである酉は酒壺を表す象形文字で、昔は酉だけでお酒のことを指していました。
そして、十二支の10番目も酉。
酉の月、10月は新穀の実る月で、新米を使って酒造りの始まる月です。
そこで、以前は酒造年度を10月から翌年の9月までとしていて、酒造元日である10月1日が日本酒の日として定められました。
(ちなみに現在の酒造年度は7月~翌6月…原料米の割り当てを計画する都合上だそうです)

この日本酒の日に全国で一斉に日本酒で乾杯しようというイベントがあります。
http://www.kanpai-sake.jp
MARUでもこれに合わせて19時半に一斉に日本酒で乾杯したいと思います♪
乾杯用のお酒はお猪口1杯お店からサービスします。
なお、乾杯の様子を撮影したいので、ぜひご協力ください。

また、ひやおろしの解禁日を日本酒の日に合わせている蔵もあり、第2段のひやおろし解禁日とも言えます。
また、10月1日は日本酒の日であると共にメガネの日でもあり、メガネ専用酒を本日解禁で出す変わった蔵も♪
そんな本日解禁のお酒もいくつか入荷しますよ。

ひやおろしスタンプラリーも大好評開催中です。


皆様のご来店を心よりお待ちしております。

海鮮居酒屋MARU
AD
毎年書いていますが、MARUでは9月9日重陽の節句に日本酒ファンお待ちかねの「ひやおろし」を解禁しています。

ひやおろしとは?

春先に搾ったお酒は一度火入れ(加熱処理)された後、貯蔵、熟成されます。
程よく熟成した、外気と蔵内の温度が同じになる秋口の頃…火入れせずとも品質が保てるため、一般的な日本酒では行う出荷前、2度目の火入れを行わずに出荷される日本酒の事です。
火を入れず、冷やのまま卸す→ひやおろしと呼ばれるようになったと言われています。
ちなみに日本酒用語で「冷や」とは「常温」の事を指します。

※貯蔵前の火入れは安定して熟成させるため。
 (生のまま低温で熟成させる事も可能だがあまり熟成が進まない)
 出荷前の火入れを行わないのは熟成による風味をそのまま楽しむため。

ただし、本来の語源としては上記の通りなのですが、現在法律で定められたような厳密な決まりはなく、日本酒造青年協議会でも「厳寒期に醸造した清酒を一夏越して調熟させ、秋口に入ってほどよい熟成状態で出荷するもの」と定めていて、火入れを1度も行わない生酒、2度行うものもひやおろしと呼ばれる事があります。
実際、「うちのひやおろしの定義は秋に飲んでもらいたいお酒。それだけ。」という蔵元さんもいらっしゃいます。
これはこれで分かりやすいと言えば分かりやすいですよね(^_^;)

なお、類義語で「秋上がり」というのがありますが、これは秋を迎え、程よく熟成し旨味の増したお酒のことなので、本来のひやおろしの定義から外れるお酒をひやおろしと分け、秋上がりと表記する蔵も多くあります。
自分としては本当はそうして頂いた方がお客様に説明し易いのですが(^_^;)


なぜ、9月9日解禁?
もともと特に解禁日というものは定められていません。
しかし、ワインのボジョレーヌーボーのように解禁日を作った方が良いのではないかという動きがあります。
日本酒を飲む方の中にもひやおろしを知らない方はまだまだ沢山いらっしゃる事でしょう。
認知度を高めるためにも解禁日を設けるというのは有効だと思います。
その流れの中でも有力なのが、日本酒造青年協議会や長野県酒造組合などが主張する重陽の節句である9月9日を解禁日にという動きです。
(重陽の節句についてはここでは説明を控えるので、知りたい方はネットで調べて下さいね。)
MARUではその動きに同調し、9月9日をひやおろしの解禁日としています。

また、10月1日の日本酒の日を解禁日にという動きもあります。
こちらの主張としてはしっかりと熟成させてから、9月9日ではまだ暑いのでもっと秋らしくなってから、また、10月1日は日本酒の日である事をもっと認知してもらうためという事があるのですが…
しかし、すでに秋刀魚など、秋の食材は出回っています。
こういう秋の味覚とともにひやおろしを味わってもらいたい。
そして、10月中には新酒も出て来てしまいます。
新酒が出てしまうと新酒の方に興味を持たれ、ひやおろしが売りにくくなるというおそれもあります。
そういった理由から10月1日解禁というのは遅すぎると考え、9月9日の方を選んでいます。
イベント的に日本酒を飲んでもらえる機会も多い方が良いですし♪

なお、9月13日(日)にMARUの2階お座敷で開催する結の会でももちろん「ひやおろし」をご用意します!
まだお席も残っていますので、ご参加されたい方はこちらをご覧ください♪
https://www.facebook.com/events/951272201603832/

ひやおろしは季節を感じられる秋の旨酒として酒飲みには楽しみのひとつです。
ぜひ、秋の食材と共にお楽しみください。


今宵も美味しいお酒と♪
海鮮居酒屋MARU
AD