少し前に
高いロブと低いロブの違い☆~2852~
というのを紹介しました

さて
これをちゃんと狙って使い分けられているでしょうか

余裕がある時は出来ても
余裕がなくなってくると出来なくなってしまう
余裕がなくなると狙いを持てなってくる?~2871~
というのはよくある話ですが


「低いロブで攻めておけばよかったのに」
というのであれば
なかなか勝ちきれない
すんなり勝てない
という反省で済みますが


「体勢が悪かったのに
ついクセでロブを低く出してしまった」
というのであれば

ロブを前から上げても
戻りきる前や
構える前に

相手に相手にスマッシュを打ちこまれてしまったり

戻っている最中に
相手にカットを打たれてしまったとしたら

ついクセで失点するということになってしまいます


「ついクセで」が口癖の人がすぐ負ける当たり前の理由♪~2872~
「ついクセで」ピンチを拡大するのが好きな人達☆~2873~
と同じような事態になるわけです


ただそれがミスなのかというと

どれがミスなのかクイズ【回答編】~2855~

シャトルが相手コートに入らなくてもミスじゃない可能性~2856~

で紹介したように

ミスですらない可能性もあるわけです


「狙いを持てない」
「ついクセで打ってしまう」

ということの悲惨さ
わかっていただけたでしょうか


関東でバドミントン強くなりたい方に☆

GW北陸ツアーのお知らせ☆


大切な試合への心の準備~試合の中で起こる事~@広島



☆地方ツアーの決まり方☆

BADMINTON Faunでは
bonnyによるパーソナルトレーニングやセミナーの受付
広告を載せていただける方を募集していますひらめき電球
詳しくはこちらからテレビ

よろしくおねがいしますm(_ _ )m


にほんブログ村

AD