本年度の大変化

テーマ:
「変化」
と言うキーワードが降りて来た、今年の元旦から半年。


7月10日、何と入籍致しました。
{30B2629B-DBCF-4CCB-A10C-B11B5CA3661E}


私は、4年前に離婚しておりますので、人生2度目の結婚となります。


もしも自分に2度目の機会が有るのなら、こんな人であって欲しいと願っていた、正にその通りの人が突如現れ、本当にあっと言う間にトントン拍子にここまで来てしまいました。


昨年、オーストラリアンタグフットボールと言う競技に出会い、W杯に出場した事がきっかけで、競技の普及強化に協力する事を始めて、今年1月から始めた練習会で出会い、生涯のパートナーとなりました。
{BE8D6085-15F0-4032-8195-AAB531517407}

{25891947-083B-43FA-AAA1-248EA556C02C}

奥さんになった人が、その練習会に来たのは、後にも先にもこの1度切り(^ ^)笑
とても運命的な何かを感じております。


全ては必然であり、導きだと思いますので、私に全ての準備が整ったので、生涯のパートナーとなる人と出会わせてくれたのだと思います。


人生折り返し。


残りの人生を共に歩み、分かち合い、協力し、尊敬し、労わり合い、慈しみ合いなぎら、ゆっくりと寄り添って行きたいと思います。

そして2016年の後半、どんな変化が待ち受けているのでしょうか?


その変化を又楽しみにして行きたいと思います(^ ^)


AD

人工股関節手術不要論

テーマ:
練馬区の整体&酸素カプセル「ねりま健友館」のkinopeeです。


今年も忙しく営業させて頂いております。

7月に入り、梅雨明けも間近。

今年も又暑い夏がやって参ります。

暑さに負けない、強い身体作りを日々実践しましょう( ̄^ ̄)ゞ

{FE32ABBA-D6EA-4CE7-BD68-C016C128AEC9}

さて去る4月16日に、私の師匠でもある鶴田昇先生が、自身4冊目となる書籍を出版されました。

これ迄に発行された著書と、内容は近いのですが、より辛辣に書かれています。

この著書の反響は大きく、発行されてから間も無くして、読者の来館者が相次いでおります。

その患者様のほとんどが、整形外科で手術を断言、又は勧められた、若しくは既に手術してしまわれた方で、杖をついていらした方も多くいらっしゃいましたが、腸腰筋の手当てを行うことで、全ての患者様が快方に向かわれております。

何年も病院や治療院に通ったのにもかかわらず、悪化の一途を辿って来られた方々が、僅か1〜2ヶ月で痛みも無く、通常の日常生活に戻られております。

これは、鶴田先生の院でも私の院でも、普通の事です。


何年も通う必要も無く、薬も必要無く、当然副作用も無く、治ってしまえば、もう何処にも通う必要も無くなるのです。


決して特別な事をする訳ではないのです。


然し、年間で55000件にも及ぶ、人工股関節への置換手術が、日本全国で行われ、その全てが障害者となり、尚且つ治る事無く、痛みに苦しんでいるのです。

この著書を切っ掛けに、1人でも多くの患者様が救われるよう、切に願うばかりです。


AD

2016年の折り返し

テーマ:
6月も半ばを過ぎて、早いモノで1年の半分が経過しました😅

つい先日、明けまして~~と言っていたと思いきや、もう梅雨に突入☔️

時の経つのはホントに早いです。

光陰矢の如しとは、先人はかくも良く言ったものです( ̄^ ̄)ゞ


さて2016年の折り返し、この半年で劇的に変化しております。

5月、3月に引越したばかりですが、又引越しをし、1K→2DK→3LDKと、随分と変化しました(笑)

6月、新生活が始まり、 16年間使い続けて来たdocomoから、家のTV、NETをJ-COMと契約した事をキッカケに、auにキャリア変更しました。
auから、これまで持った事の無かったタブレットを貰い、アナログな私は悪戦苦闘しております。

高校の時、お袋が作ってくれて以来、作って貰ったお弁当を持って行く事があります(^ ^)
{96B71C11-6A51-45A9-9410-E4827A7FAC5E}

{8C8244A9-14D6-4C62-9B0B-768D3E057417}



{4763D61A-B26D-4FAE-9471-CDF39BDF5250}

{98D73844-22A9-43D1-A9C5-2CE33FFAFAFD}


治療技術に関しては、新たにクラニアルテクニックと言う、頭蓋骨矯正技術を習得し、健友館の全身矯正技術、鶴田式腸腰筋手当療法、自律神経免疫療法と併用する事が可能になり、更なる治療実績に繋げられるようになりました。

これにより、難病指定疾患やアレルギー等、更に治療実績が上がることに繋がって行くものと期待しております。

2016年の後半は、どの様に変化するのでしょうか?


その変化を楽しみながら、更に多くの方々を救って行ける様、精進して参りたいと思います。
AD