セントレア空美女子会、とっても楽しかったです!


こんな写真がとれました。



紀瑠美の創作日記


管制塔と一緒に、大きな飛行機がとれました。


今日は、正面からの風が強いから、離陸が早い、とか。


航空写真家のチャーリー古庄さんが、飛行機についてのお話をしてくれました。


それが、とってもおもしろかったです。


もとパイロットいうこともあり、貴重な情報がもりだくさん。


明るくて、気さくなお人柄なので、たのしくすごせました。


チャーリーさんの撮影注意ポイントに、「地面を水平にすること」


というのがありました。


この写真は、ちょっと地面がななめです。


飛行機に集中していると、地面って、ななめになっていることが多い、と気づきました。


飛行機好きな女性が、21人。


満席のバスにのって、滑走路の向こう側まで移動、


道中は、チャーリーさんのガイド付き。


ここ、という場面では、車内にシャッターの音がひびきわたっていました。


滑走路の真横で、バスから降りて柵のなかで撮影タイム。


すごく寒かったけど、興奮している間に撮影タイムは、終了。


飛行機は、あっというまに通り過ぎていくので、撮影はおもったよりもむつかしかった。


ぜひ、また挑戦したい!


テレビや新聞社の取材もたくさん来ていました。


私もコメントしましたが、どこかでつかってもらえるのかしら?


一緒に行った娘も大満足。


チャーリーさんに作品をみてもらってアドバイスをいただけるときには、


娘は勇気をだして見せにいってきました。


上手に撮れてるね、


と褒めてもらって、喜んでいました。


やさしいコメント、ありがとうございます。


娘は、チャーリーさんがもっていた無線機が気に入ったらしく、


家に帰るとさっそく、紙で作って、ひとり無線ごっこを楽しんでいました。


じゃんけん抽選会で、娘は勝ち残ってチャーリーさんが撮影した飛行機の写真をもらえました。


額を買いに行ってお部屋にかざる予定。


とっても素敵な作品です。


おみあげに、チャーリーさんの撮影された飛行機のカレンダーをいただきました。


さっそく部屋にかざりました。


セントレアのスタッフのみなさんも、あたたかな方々ばかりで、感謝です。


イベントが終了したあとは、


美しい夕日と飛行機、イルミネーションを見て、ショッピングも楽しみました。


とってもいい一日でした。

AD

セントレアで、飛行機好きの女性向けに、

滑走路見学ツアー「セントレア空美女子会」というのを開くという新聞記事を見つけた。


セントレアへは、飛行機を撮影しに、もう何度も訪れている。


写真は、学生の頃から続けている。

飛んでいる飛行機を入れて風景を撮影することはあったけれど、

まさか、自分が飛行場にまで足を運んで、飛行機を撮影するようになるとは、

思っていなかった。

しかし、実際に撮影してみると、ほんとうにおもしろい。

娘が飛行機好きで、セントレアに飛行機を見にいったのが、撮影のきっかけ。

わがやには、飛行機のおもちゃや絵本、雑誌がたくさんある。


ボーイング787がセントレアに初飛来したときには、

早朝から夜までスカイデッキに居座って撮影をした。

このときには、787を撮影した写真を送るとグッズが当たるというキャンペーンをやっていて、

見事、特大ポスターをゲット!

部屋に飾ってある。とっても、美しいですよ。


セントレアフォトコンテストにも、たくさんの作品を応募した。

入賞にはならなかったけれど、作品は、セントレアに展示してもらっているので、

とっても、嬉しい。


なんども飛行機を撮影しにセントレアを訪れていると行っても、

飛行機、かっこいい!

と思いながら、ただ撮影しているだけ。

雑誌や本で、飛行機の情報を多少は見てはいるものの・・・


「セントレア空美女子会」では、航空カメラマンのチャーリー古庄さんのガイド付きで

念願の滑走路見学ツアーができる。

ぜひぜひ、飛行機のこととか、いい写真の撮り方とか、貴重なお話をうかがって、

知識を深め、もっと素敵な作品をつくってみたい。

もちろん、飛行機に関する情報は、飛行機好きの娘に教えてあげる予定。


といっても、このツアー、大人気らしい。

しかも、申し込みは今日の午後3時。

選んでもらえるように、申込書を作成して応募しようと思う。


AD

住所がわからない・・・

テーマ:

引越が終わって、やっとネットをつなぎました。


年賀状をやっと書き終えるところ。


しかし、今回は問題が発生。


友人、知人の住所がわからない。


今年は、引越やらなんやら、お知らせしたいこともあるから


張り切っていたのに・・・。


荷物をほとんど前の家に残したまま引越したので、


点在している住所録を持ってくるのをわすれてしまったのだ。


あぁ、あの人にも出したかったのに・・・。


残念。


このブログを見て下さった私の友人たちへ


お返事は書きますので、


どうか、前の住所におくってくださいませ。


郵便局に転送届けは出してあります。


よろしく!


AD

本を売って750円

テーマ:

紙袋1ふくろ分の本を売って、750円。


重かったけれど、持っていったかいがあった。


本は、本当にすてられない。


これは、友達にあげたら読んでくれるかな~


というのは、友達にプレゼント。


思い当たらないときは、古本屋さんへ。


図書館に寄付してもいいんだけど、


近所の図書館の「持っていっていいですよ」コーナーは、


トイレの前の薄暗い廊下の棚。


なんとなく本を置いておくには気が引ける。


とにかく家の本棚におさまりきらずに床にあふれかえっている本を


なんとかしなければ。


営業の仕事をしていたときの営業関係の本が多い。


このたぐいの本は、文字が大きくて読みやすいので


さっさと目を通して、売ってしまおう。


本は買って読むべし!


という出版社や著者の戦略にまんまとのせられて、


借りて読めばいいような本まで、わんさかある。


大事だと思ったページの角を折って読んでいるので


次に読む人は、あまり気分がよくないだろうな。


さぁ、今晩も読書をしよう。


片岡球子さん、最高!

テーマ:

今日は、栄に行って来た。


目的は、お友達とランチ&美術館めぐり&マッサージオイルの購入。


まずは、開館時間が早い名古屋市美術館に行った。


「版」がテーマの展覧会だった。


写真も「版」に含まれる、というようなことも書いてあり、


興味がわいたのだ。


入り口に、スタンプが置いてあった。


素敵な展覧会パンフレットを頂けて、


その表紙に押して下さいね、というものだった。


記念スタンプを押すのが大好きなので、


とってもウキウキしながら、4種類のスタンプを表紙に押してきた。


展示も、面白かった。


そして、出口にも嬉しいプレゼント。


ドクロのスタンプが24種類。


裏表紙に押して下さい、とのこと。


粋なはからいだわ。


きっちし24個、押してきた。


そのあと、マッサージオイルを購入。


ネットで下調べをしていったから、欲しい物がすぐに見つかったけれど、


なにも知らずにいったら、何をどう選んだらいいのか、


さっぱりわからないくらいに、いろんな種類があった。


店員のお姉さんは、とっても感じがよく


たのしく買い物を終了。


お友達とランチ。


いろんな話ができてたのしかった。


頑張っている人に会うと、刺激をうけますね。


動画を撮りたいなと思ってるけど、


ビデオ買おうか迷ってるんだ、


と言ったら、カメラの動画機能を使えばいいんじゃない、


とアドバイスしてくれた。


そうか!その手があったのか!!


目からウロコ。


ビデオカメラはどうやって選ぼう、


ということばかり考えていたから、カメラの動画機能なんて頭になかった。


カメラは写真を撮るもの、という思いこみ。


思いこみは、こわい。


ビデオカメラの、あのカタチになじめなくて、


どうしようかと思っていたけど、それも解決。


あとは、カメラの説明書を探して試し撮りをしてみよう。


希望の動画が撮れれば、それで良しだ。


10万円の節約。


フフッ。


お友達とお別れした後は、


愛知県美術館へ。


時間をテーマにした、面白い趣向の展示をしていた。


この展覧会は、女の子の顔に文字がかかれているポスターが気になって、


見に行きたい、と思った。


そして、同じチケットで、片岡球子展も同時に見ることができる


お得感にも惹かれた。


行ってみたら、とっても面白かった。


そのなかでも、片岡球子さんの作品が展示してあるお部屋は、


素晴らしかった。


公募展の募集案内をいくつかもらって帰ってきた。


お友達に刺激を受けたのと、たくさんの素敵な作品を見たからだろう。


いつも通り丸栄の地下で食材を大量に買い込んで


帰宅。


美味しいお刺身を頂いた。


大雨

テーマ:

昨夜は、大雨で、雷もピカピカ光って、


夫と、窓の外を見ながら、


「スゴイね~。今回の雷は、稲妻が見えないね。


雲の中で光ってるのかな?昼間みたいになるね。」


なんて、のんきなことを言っていた。


朝、テレビをつけてみてびっくり!


浸水やら、電車の運休やら、河川の氾濫やら、


とんでもないことになっていた。


夫の出勤には、差し障りがなかったので、


いつも通りに会社に向かったが、


私は友達の家に遊びに行く予定をとりやめて、


家にいることにした。


午前中は晴れ間もあって、


出かけてもよかったかな~


とも思ったが、午後になって豪雨。


天気予報はあたった。


外出して、なにが一番困るかというと、


電車がとまってしまうこと。


帰れなくなってしまう。


電車は、あちこちとつながっているから、


自分のいる所では、たいしたことなくても


止まってしまうから、予想がつかない。


お友達のおうちには、来週いくことにしました。


おみあげの桃のもなかの賞味期限がギリギリになてしまうのが


気になるけれど・・・。


お魚屋さん

テーマ:

スーパーに行くと、


パックにないったお魚が並んだコーナーと、


おばさんがいて、氷の上やカゴにお魚が並んでいるコーナーがある。


初めのころは、おばちゃんと話すのに気が引けて、


パックのコーナーばかり見ていたけれど、


最近はおばちゃんから買うようになった。


自ら進んで、というところまではいかないけれど、


私が近くに寄っていくと、おばちゃんが


「300円でいいよ。」


と値札よりも安い値段を言ってくれる。


そうか、安くしてくれるのか、どうしようかな、美味しそうだな。


と思案していると、おばさんが袋を用意して、


お魚を入れ始める。


迷っているヒマはなく、おばさんのペースでテンポよくカゴに入れられる。


焼いたほうがいい?煮たほうがいい?


とおすすめの調理法を聞いて帰る。


パックのお魚よりも美味しい気がする。


お魚があまり好きじゃない彼に


「美味しいお魚だね」


というと


「ふつう」


という返事がかえってくる。


普通、ということは悪くない。


だんだん主婦になってきたわ。


やっぱりPHSがお得?

テーマ:

道をあるいていても、スーパーに行っても


テレビをみていても、新聞の折り込みチラシを見ていても


携帯電話のCMが目に入る。


基本料980円、かけ放題、○○割、


なんて言われると、


「安いっ!」


と思ってしまう。


私が愛用しているのはPHSで、


なぜなら、ずっと前に住んでいたところが


携帯の電波が届かないところだったからなのだが、


それからは、わざわざ変えるのが面倒でそのまま使っている。


この間、PHSの会社から、


長年のご愛用ありがとうプレゼントのお知らせが届いた。


なんと10年以上もつかっているのだ。


驚いた。


ときどき、古い友人から電話をもらうたびに


やっぱり番号はかえられないな、


と思うわけだが、


長期割引を考慮しても携帯よりも高い基本料金に頭を悩ませてしまう。


いよいよ変え時かと思い、


ネットでソフトバンクとドコモのサイトで料金をチェック。


自分の毎月の通話時間やメール回数を想定しながら計算してみると


PHSのほうが、とんとんか若干安くなった。


PHSは、ちょっと通話料が安いのね。


それに長期割引がきいている。


手間暇かけて、携帯電話にかえる意味もなさそうだ。


ということで、ここ数日なやんでいた電話の変更はなしにすることにした。


やれやれ。


禁煙のお店

テーマ:

最近、食事をするお店を探すときに


必ずチェックするのが「禁煙」かどうか。


ホームページをみても、なかなか情報がないので、


直接、電話をすることになる。


全席禁煙は、やはり珍しく


一部禁煙だったり、とくに禁煙にしていないお店が多い。


一部禁煙の場合も、個室になっていたり、フロアが別ならいいが、


小さなお店だと意味がない。


禁煙になっていないくても、灰皿が置いていなくて、


わざわざ持ってきてもらわないと行けないお店だと、まだマシ。


この間、栄のオアシスにいったら、オアシス内は禁煙なんだけど、


飲食店は、喫煙OK。


しかも、それを強調するかのように、


お店のドアに喫煙OKの張り紙がしてあって、


結局、どの店にも入ることができなかった。


ランチをするお店を探すのも大変だけど、


ディナーをするお店となると、さらに大変。


道ばたでタバコを吸う人も、まだまだ多いし、


なんとかならないかな・・・。


煙のでないタバコって、開発されないのかしら?


ムシコナーズのずごい威力

テーマ:

ひさしぶりに実家にかえったら、


玄関にムシコナーズがかけてあった。


日本人の主婦と外国人の主婦が、ベランダ越しで会話をする


あのCMの商品だ。


「これ、けっこう効き目あるよね」


と私。


「そうなのよ。ムシがいなくなってね。ベランダにもかけてあるよ」


と母。


「この間、買ってきてしばらくしたらムシがいなくなったから、


効き目あるなぁ、なんて思ってたのに、


お父さんたらね、『今年はムシがすくないな』なんて言うのよ。


がっかりしちゃう。」


うちの両親は、いつもこんな漫才みたいな会話をくりひろげているらしい。


のどかでよろしいこと。