~日々発見~日々感謝~

何気ない日常や趣味の気まぐれ日記です。


テーマ:

前回は青函航路の話題を取り上げたので、

引き続き同地方のお話です音譜


青森と函館を結ぶフェリーには前回の航路以外にもう1航路あるのですが、

そちらはあまり知られていないようですね船


その航路は


大間~函館で、この区間を約1時間40分で結んでいます時計


この大間とはもちろん、

ここ数年高級マグロで人気が沸騰しているあの大間(おおま)ですひらめき電球


最近のグルメ番組では欠かせない存在となり割り箸

年初には石原軍団のドラマでも話題になりましたねテレビ

味はもちろん築地や銀座のお店では値段が高いことでも有名ですアップ



ただ、大間という名前だけがどうしても先行し、

場所まではなかなかわかってもらえないのが現実のようですね。



というわけで場所です。




大間町は青森県下北半島の先端にある本州最北端の町で、

実は青森県では最も函館に近いところにあります。

(直線距離で約20km)


この津軽海峡の大間と函館(瀬棚)の間でとれて

大間港に水揚げされるクロマグロが通称「大間のマグロ」と呼ばれていますうお座



ちょうどこれからの9月から11月あたりが

マグロ漁の最も盛んな時期となるため

町でもマグロの解体ショーなどいろんなイベントを企画していますクラッカー


私は昨年11月に大間を訪ねたのですが

すでにピークが過ぎていたのと

やっぱり東京に多くのマグロを出荷したため

地元にはあまりマグロが残っていないといわれました。


その貴重なマグロ↓


浜寿司さんでいただきました

これが築地や銀座だったらいくらするんでしょうね。


大間の方にお話を聞くと

同じマグロなのに東京だと何倍もするのはいまだに信じれられないようなことをおっしゃってました。

僕の地元三重県の松阪牛などもそうですが、ブランド食品の値段にはわからないことが多いですねヒミツ






大間町のシンボル

マグロの1本釣りをイメージしています




フェリーから見た大間町です

本州最北端と聞くとあらためて雰囲気を感じます




テレビのロケにもよく登場する灯台です



もともと大間は2000年のNHK朝の連続テレビ小説

「私の青空」(田畑智子さん主演)

のロケ地で一躍有名になりましたが、

近くのお店には当時の出演者の写真も飾ってあったりします





マグロではないですがこの日も多くの船が漁をしていました


フェリーで津軽海峡を横断中です

この大間町には公共交通機関が少なく、青森県の空港や駅までかなり時間がかかるために船で函館へ出たほうがはるかに便利だそうですひらめき電球

しかも片道運賃が¥1170(2等船室利用)ですから本当に安いですよね。



前回紹介した高速船「ナッチャンRera」はこの航路に使用されてませんが

青函地方にはまだまだたくさんの魅力がありそうです合格



chikashiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。