東洋医学鍼灸専門 鍼灸 雅(みやび)

鍼灸 雅(みやび)は大阪府の藤井寺市にある、東洋医学鍼灸専門の治療院です。
当院は特に更年期症状の治療を得意としていますが、他にも様々な症状を、東洋医学ではどのように考え、治療していくのかを中心にブログに書いています。

東洋医学鍼灸専門




鍼灸 雅(みやび)



大阪府藤井寺市小山8丁目15-37 リバーサイド藤井寺106号室



TEL:072-959-8868



(診療時間)


月・火・木・金 午前9時~午後8時


水・日・祝 午前9時~午後2時


土 休診
※完全予約制


訪問治療も行っております。






NEW !
テーマ:

おはようございます!

最近は打鍼(だしん)をもう一度一から考え直そうと思いまして、やり直しております。

打鍼については過去にもたびたびブログで紹介しておりますけれども、主に先の丸い鉄柱のような鍼と木槌を用いまして、刺さずに行う鍼治療です。

私のブログをパソコンで開きましたらトップ画面に出てくるのが、その打鍼をしている風景です。

これは主にお腹に限定して行われ、「腹部打鍼術」と言われるのですが、私はなんでも試したくなるので、全身各所にやっていました。

わかったことは、効果があるところにはあるし、ないところにはないということ。

打鍼が優位になる部位とならない部位があるということ。

そして腹部に限定して行われ、それで一つの治療として完成させられるのは、臍下に施される「火曳きの鍼」という術が一つ決め手になっているのではないかということ。

火曳きの鍼というのは、木槌で叩打することもなく、臍下にただ鍼をあてがっているだけの術です。

見た目にはね。

患者さんにも、火曳きの鍼をやっている時には「先生、何やってるんですか?」とよく言われます。

ただ鍼をあててジーッとしているだけのように見えますから、初めての患者さんからすれば、鍼治療を受けているという感覚はないでしょう。

しかしこれがすごく大事な術なんです。

これは腹部だからこそ生きてくる術であり、この術があるからこそ、腹部に限定した施術が成立する。

もっと言えば、腹部打鍼術で行われるその他の術というのは、結局火曳きの鍼に集約されてくる。

やはり腹部に限定して行われていたのにはちゃんと意味があったのですね。

まぁ私は遠回りするのがクセみたいになっていますが、それによって学ぶことというのはほんとに身に染みますよ。


(本日も当院のブログにお越し下さりありがとうございます。
人気ブログランキングへの投票にご協力下さい。
これを一つの励みにさせて頂いております。)
↓       ↓

鍼灸ランキング
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。