もう一枚

テーマ:
おはようございます


明日、母の日なので

今日と明日は

がっつり販売応援です。

\(^o^)/


昨日は、あるお店に

面接の為

伺ってたのですが

メンズ服を

ひとりわちゃわちゃ

売ってました。


今日の気付きは


もう一枚をおすすめする。って

意味なく「もう一枚いかがですか?」と

言っても

まあ、無理なんだな(笑)と、いうこと。


ファーストフードの

ポテトいかがですか?

みたいな物で。
(最近、言われないですが。)


あれ、受け流すのが普通。

みたいな

空気がありませんか?


だから



受け流されないためには

テキトーに

「もう一枚いかがですか?」と

言わない。



こちらもお客様には、

お似合いになると思うのですが

こういう感じはよく着られますか?



今着てらっしゃるパンツに合わせるなら、

こちらもお見せしたくて。


あくまでも、主体はお客様で。

もう一枚ではなく

お客様の一枚を増やす。


売りつけるのではなく

お客様の為に

ベストを尽くす。


テキトーな

もう一枚より

あなたの為の

もう一枚を

理由付けで伝えてみてはいかがですか?


それにしても、

いい天気ですねぇ。


頑張りますー




AD

勘違い

テーマ:
昨日の事なんですが、


Facebookを見ていて

たまたま、

心屋さんの記事を読み、、、

ひとりウケてました。


内容は

「店員さんが、私(お客様)を無視する」

というお話でした。


店員さん側から見る事が多い

私としては


まー、お客様から無視される方が

圧倒的に多いんですけども(笑)


でも、こういった

「無視された」というお客様からのお声

意外と、よくあります。


販売する側からしたら

声かけないで!と言われたり

無視される事が続くと


あ、声かけない方がいいんだな、、
、と

お客様の事を思って

最低限の挨拶しかしない。


すると、お客様から

「無視された」と言われる。


どうしたらいいんだよー!!(T-T)


って、なる。(笑)



で、何がおかしいのか?

どこがおかしいのか?というと


お客様の事、思って

声をかけないって、、



それ、本当?


ひとつは

自分が、無視されたくないから

声をかけないんじゃないかなーと。


誰だって、無視されたくないしねぇ。


さらに

面白いことに

無視されるかな?嫌がられるかな?って

思いながら声をかけると

無視されたり、嫌がられます。(笑)


お話したいな。お手伝いしたいな。って

話しかけると

意外と無視されないし

たとえ、無視されても

「あれ?タイミング悪かったかなぁ?」と

思える。


同じ事柄なのに

受け取り方が違うと

次の行動が変わってきます。



無視されたから

声をかけない。



タイミングが悪かったから

タイミングを考えて声をかける。


すると、どんどん

声かけの差が出てきます。


自分に心を開いて欲しいなら

自分から心を開かないとね。


この話、深すぎて

止まらないので

今回はこれで終わります
ヾ(≧∇≦)















AD