Going My Way!!! - カナダ高校留学日記-

みんなが知ってるあの女の子が
なんと、カナダの高校に入学することに!!
そのために日記を書くことになったみたいΣ(゚Д゚;)

そんなかとーがみんなに
世界のこと発信しちゃうよ('∀'*)

旧 I LiKE Me(*'-'*) カナダ正規高校留学


テーマ:




Twitterでは、もう、書いたのですが・・・
結果は、Okもらいました♡!


ということで、幸せなニュースはみなさんとshareしたいんです。
かなり、詳しく話していきたいと思います。

そして、すごーく長くなっています。
このブログの記事の作成時間は約1時間となっております。
普段は、20分とかです。

では、読んでいってみましょう。


前回のプロムについての記事は、
ここをクリックして読んでみてください。

まっしゅるーむというのは
私のプロムデートのあだ名です。

友達の友達大作戦で、
お友達がいろいろ働いてくれて、
結果成功を収めることができました( ;∀;)

はじまりは、3ヶ月くらい前からで、
彼氏が欲しい!っていろんなひとに言いふらしていたんです。
そして、いろんな友達が、いろんな写真を持ってきて、
こいつは、?こいつは、?こいつは、?と
見せてくれるんですが、どれも、なんか、しっくりこないんです。

まっしゅるーむもその一人で、
腹筋があるっていっても、髪型がまっしゅるーむすぎる。と言って、
却下リストだったんですね。
(また、私みたいなブスがなにをしているんだ。という話なのですが、)


しかし、私がマッシュルームというニックネームをつけた。ということを
友達が面白い。と思って、彼が居る前で彼の友達に知らせてしまったんですよ。
そこから、三日後、マッシュルームは髪型を変えます。笑
(今は髪が伸びて、若干マッシュルームっぽいけど・・・。)


髪型を変えた写真を見せられて、顔は変じゃない。と、
見直すのです。

そこから、毎晩寝る前にホストシスターと私のあいだで開かれる
プロムデート会議の候補リストにマッシュルームがのります。
他にも私のリストには、日本人留学生、カナダ日本ハーフ、熊みたいなカナダ人、おにぎりみたいなフィリピンカナダのハーフ、サッカーするカナダ人、中国人、・・・と
いろいろだしてたわけですね。(本当に失礼ですね、ごめんなさい。)


そこで、選ばれたのがマッシュルームなんです。


いや、この中で一番良かったんです。
理由は、この時点では彼と直接話したことがなかったので、
ホストシスターと友達からの噂しか分からず、かなりのいいやつ。という噂を信じて、
誘ったら、絶対OKもらえるだろう。と謎の自信満々な仮定をして、決まりました。
けど、ここからが大変だったんです。


早速、友達に、彼とプロムに行けたらいいなあと伝えてみると、
友達は、よし、じゃあ、私が聞いてみるね!と、ノリノリです。
で、聞いてくれたはいいんですけど、
最初は、友達にNOって言ってるんですよ笑 
彼がNOっていった理由は、
まず話したことがないからわからないし、気まずいよ。とのことです。
私も、そこで、確かに!と納得します。
ということで、話そうとしてみますが、コミュ障にはそんなことできません。

ここで、諦めかけていたところに、チャンスがやってきます。
学校でちょうどミュージックフェスティバルが開かれてて、
いろんな学校の吹奏楽部がコンクールのために、うちの学校に来てたんですね。
それで、私の学校も演奏するということで、
私のホストシスターもマッシュルームも吹奏楽部の一員なので、
ホストマザーと友達と一緒に見に行くことにしました。
その帰りに、ずーっとホストシスターが終わるのを待ってて、
グループ写真をとったら終わるかなんかで、
その写真の待ち時間に初めてマッシュルームと話すきっかけがあって!!笑 
話すといっても、コミュ障なので、得意のセクハラしかできませんでした。
腹筋キャラです。腹筋好きだから、ちょっと触らせて?という、
・・・文字にするとすごいやらしいけど、
・・・まあ、初めて話す人と何話していいかわからないときの、
必殺技です。
周りにも盛り上がって、そこから友達になれる人もたくさんいます。

友達が後日私のセクハラについてマッシュルームに聞いてみると、
That was weird...(気味が悪かったよ。。。)と、
ドン引きされてたことに気がついて、もうこれはダメだ。と
かなーりの反省+諦めモードに入っています。

もうどうしよ、、、と思っていたところに、
なぜか朗報。

友達が、多分私の話を私のいないところでしてるんだと思うんですね、
で、なにがあったんだっけなー・・・なんかのきっかけで、友達が
マッシュルームにまた、私とプロムに行くのか、いかないのかを
聞くんですよ。。。

そしたら、マッシュルームが
“PROBABLY I WOULD SAY YES."
となんか、NOの0%から
Probablyの75%くらいのイエスって答えるだろうに
変わってるんですよ・・・!笑

ここで、友達は、毎日のようにプロムに誘え。と
私を攻めてきます。が、しかし、私は、答えが100%のYESじゃなきゃ嫌だったんです。
10年前のバレンタインデーに男の子に告白して、逃げらた身としては、
100%でもない限り、絶対、自分から誘ったりしない。と
決めていたんです。

友達には、彼はきっといい人だから、私のことを可哀想だと思って、
いいよって言ってくれてるんだよ。
そんなんだったら、マッシュルームに悪いから
私からは誘えない。とチキンなりに考えた
ちきってることがバレないようないい人がいいそうな言い訳を言いふらしてて、
うまーく自分からは誘わない方向で行こうとしてたら、
また友達がマッシュルームに直接聞いて、真実を確認したら、
マッシュルームもそんなんじゃないよ!と、友達に言っていて、
この時点で、わたし的にはもう誘いたんですけど
直接なんて無理なので違う方法を探しています。

そして、マッシュルームのFacebookを見つけたりして、
軽くネット弁慶な私は、1時間考えたあと、
がっつり友達申請を送ります。
そこで、申請が承認されて、なんか、
私のステータスにLIKEとかしてくれちゃってて
イケそうな気がする!ってなります。

ここまでが、マーチブレイクの始まる前の話です。


マーチブレイクが始まってからは、お話したとおり、
いろいろな人に背中を押されながら、
一日かけて、Facebook chatでマッシュルームに
Hi:)ということに成功します。
そして、会話が続くんです!!!(´゚∀゚`;)

なんだ、私話せるじゃん。と自信がでてきて、
ホストマザーに、Facebookでどうやって、
プロム誘えばいいかなーと相談してみると・・・
オンラインで誘うなんて失礼よ!!と激怒され、
条件を突きつけられたんです。

もし、直接マッシュルームにあって、プロムに誘わないのであれば、
私(ホストマザー)は、マッシュルームの家族をディナーに誘って、
そのとき、強制的にMizukiがマッシュルームのことを
プロムに誘わなければいけません。という・・・

なんというね!


でも、このおかげで、マッシュルームと
遊びに行くことを考えはじめます。

それを、ホストシスターに相談してみると、
火曜日に私たちが見に行くCinderella/Frozenにさそう!となって、
そうしよう!と言ったものの、
私が、誘えないで、うじうじしてると、
泊まりに来ていた友達と、ホストシスターは、
私のパソコンを華麗に奪い取って、
オンラインのマッシュルームと会話を始めます。

そして、本題に入って誘ってみると
こないのかと思ったら、
また、PROBABLY I COULD GOとか言っちゃって、
なんかの弾みで、映画館までみんなで行くことになり、
それまでの時間をうちで過ごすことになり・・・
会話は終わって、今日になります。


今日も、マッシュルームが家に来るまでは
もう、パニック状態ですよ。
どうしたらいいのかわからなすぎて笑

とりあえず、どのタイミングで、プロムの話すればいいのかなー、
誘い文句はなにがベスト?みたいなことをずーっと考えています笑
検索履歴が、Yahoo Answerで埋められてます。

ストレスでできたニキビ面で、まじで、本当に、
なんで今日なの!?と思いながらも・・・
お化粧して・・・、もう、この辺からは気力で頑張ってます。

マッシュルームが家にきたあとは、
もう、とりあえず、マリオカートに頼るしかないみたいな。。。
友達とホストシスターもいたけど、どうしていいかわかりません。
マリオカートには本当に感謝しています。
あれしかないですからね、できることといえば。。。
恥ずかしすぎて、話せないので( ;∀;)


そして、映画の時間になると、チケットを買って、
映画に一緒に来てくれた私のホストシスター含めた友達三人は、
うまーくプランを立て、
私とマッシュルームを隣に座らせ、
三人は三人で固まって座って、
・・・もうなんか、気まずいなんてもんじゃないですよ!


何話すんですか、あーゆうときって・・・
話したら話したら目見て話せないし、・・・
ってか、映画のとなりっていがいと近いし・・
もう、なんなんですか、本当に!

とにかく、いろいろごちゃごちゃうじうじしてたら
Frozenが始まります。
映画の感想はまたあとで違う記事にしますね。


そして、映画が素敵な感じで終わって、
ホストシスターと友達が私に合図を送ってきます。

「今だ!誘え!」と・・・

首を横に振る私ですが・・・
映画良かったねーなんて言ってたら、いきなり、
ホストシスターたちが、私とマッシュルームを無視して、
置いていく。というもう、意味のわからない作戦にでて、
何を話しても無視されるので、もう、ここで誘うしかないと思ったんです。

で、もう、なんて言っていいかわからないから、
ってか、ここからあんまり覚えてなくて、
友達とホストシスターによると、

“So um... the prom.. you wanna go?"という感じで
私は誘ったみたいです。
で、マッシュルームは、“Sure!”というかんじで、
あまりにも返信が早かったので、なんか、夢か現実かよくわからなって、
うざかとー発動します。
うざかとーとは、なんどもしつこく確認です。
とにかく、信じられなかったので、
Are you sure? とか、本当に、うざいくらい確認したあとに
何回も感謝しているらしいです。

本当にあんまり覚えてないし、
顔とかもちゃんと見てないと思う・・・。

そして、もう、まわりの私のことを無視していた
お友達も笑っちゃってて、おめでとー!って感じで、
とりあえず、車に乗りこんで、
今日のところは、解散です。


で、帰ってきて、ホストファミリーに報告すると
よくがんばった!の合唱です。
日本の友達で相談に乗ってくれていた人たちにも
報告して、そして、マッシュルームにFacebookで
直接伝えられなかったメッセージを送って、
今ブログに状況を記入しているところです。

本当に、マッシュルームさん
いい人過ぎて、辛いです。( ;∀;)


プロムデートって、お付き合いってワケじゃないと思うので、
彼氏♡ってわけじゃないし、これから学校始まって、
どうやって話すのかわからないし、本当に
わけのわからないことばかりなのですが、
憧れていたプロムには憧れていたシチュエーションでイケそうです。

ここで多分疑問なのが、プロム誘うのって
男からが普通なんじゃないの?と思われると思うのですが、
時代は2015年です。誰が誘ったっていいじゃないですか。とか言ってみますが、
本当はこのまま誘われないで、
あこがれのシチュエーションにならない!と思ったので、
ドルヲタな私、がんばりました。


そして、友達にはなんど感謝しても足りないくらい、
本当に助けてもらいました。

みなさん、ありがとうございました。

すごーく長くなってしまいましたが、
留学しているのになぜかモテないそこの日本人高校留学生さん、
勇気を出して行きましょう。みなさん!
逃げるんじゃなくて、追いかけるんです。

今日から、ぐっすり睡眠ができそうです。笑
ずーっと寝れてなかったので笑


おやすみなさい。














AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

みずっきーに。(元:かとー)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。