南三陸町へ(05)

テーマ:
更新がずいぶん遅くなってしまいました。。

6/25に第五回目の物資支援に行ってきました。
前回の時から、在宅の方々には行政からの支援が全く無くなっている(記事はこちら)、との事でしたので今回は一世帯ごとに袋に分けて持っていきました。


土濃塚隆一郎 (Ryuichiro TONOZUKA) official Blog


まだまだ復興にはほど遠い状態です。。

土濃塚隆一郎 (Ryuichiro TONOZUKA) official Blog


ちょっと外れると殆ど手つかずの状態が続いています。

土濃塚隆一郎 (Ryuichiro TONOZUKA) official Blog


今回は在宅の代表の方の自宅と、避難所にそれぞれ物資を分けて運ばせていただきました。
個々の家に運んで下さる、との事でした。
本当にありがとうございます。

土濃塚隆一郎 (Ryuichiro TONOZUKA) official Blog


僕が物資を届けさせてもらっている場所は

在宅世帯 59世帯、うち避難者受入 25世帯
避難所(体育館)16世帯

のちょうど100世帯の場所です。

もっともっとたくさんの物資を届けてあげたいのですが、1世帯2~3000円の袋を作るのにも2~30万円の資金が必要なのです。。
もどかしい気持ちで一杯です。。
もっと何とかしてあげたい。。


そんな中、6月末で自衛隊の撤退が決まった、との話を聞きました。。

あまりにも無謀すぎる判断。。
まだ避難所で生活している人たちに、『自立をしろ』というのでしょうか。。
在宅の方々も仕事が無かったり、と今までの生活に戻るにはまだまだ時間がかかります。
それなのに、国はこのような判断。。

非常に悲しい。。

義援金もまだほとんど使われていない状況。。
はっきり言います。
不正があると困るのできちんと調査してから配給する、なんて言っているといつになるか分かりません!
被災地のみならず、悪いことをする人はいるのです。
ですので、90%まともに使われるならば、残り10%が不正に使われてしまっても構わない、という気持ちぐらいで、早急に被災地の方々に支援をしていただきたい。
このままでは間違いなく被災地の手に届かずに、莫大なお金が闇に消えていく事になると思います。

『被災地の方々全員に1人1万円を手渡し』

これでも良いではないですか!
何とか早く手を差し伸べて欲しいと思います。

漁業組合の方がおっしゃっていました。

「自分の集落で、どのようにするかの方針を立てるにはまず、南三陸町の方針が決まらなければならない。その為にはまず県の方針、という事は早急に国の方針が決まらないと、何も出来ないのです。。どのような方針でも構わないから、まず一刻も早く方針を決めて欲しい。。」

全くその通りだと思います。


次回の物資支援の予定は7月後半の予定です。


●食料
●殺虫剤、防虫剤、蚊取り線香、等
●衛生用品(ティッシュ、ウェットティッシュ等)
●その他生活用品



皆さんからの物資の支援、支援金、うちわの購入、等、ご協力宜しくお願いします!

詳細はこちらにupしています。


土濃塚隆一郎 (Ryuichiro TONOZUKA) official Blog


AD