2006年05月23日(火) 23時59分59秒

vs 安茂里クラブ

テーマ:バスケ
長野市リーグ第2戦。

相手はなかなか勝てない安茂里クラブ。

キャプは前日の練習で○槻のロングパスで突き指中…


1Q
スタートは上から、大槻・信田・舟橋・石田・石川。

なかなか点数が入らないものの石川がゴール下を決めて先制

相手の3Pがよく決まり点差が開いてしまう

そこでガード陣を杉林・大作に交代

流れがスムーズになり舟橋が得点を伸ばす

4点リードで終える

17 - 13)


2Q
そのままのメンバーでスタート

序盤なかなかシュートが決まらない

杉林と大槻、石田と佐藤を交代

佐藤のハイポストにボールがまわり、舟橋が得点

佐藤がうまく機能する

しかし相手の3Pがよく決まり逆転を許す

6 - 15)


3Q
相手の3Pを警戒しゾーンからマンツーに変更

メンバーは上から、大槻・東松・舟橋・石田・石川

大槻・石田がミドルを決めるも得点が伸びない

逆に相手の得点が伸びていく

そこでディフェンスをゾーンに戻し、大槻と杉林、東松と信田を交代

しっかりパスをまわし杉林が3Pを決めるがその1本に終わる

大量リードを許してしまう

7 - 16)


4Q
信田と漢人を交代してスタート

速いパスまわしで相手を崩しにかかる

ゴール下で漢人がファウルをもらう

が、フリースロー入らず

舟橋・杉林の3Pが決まり最後の追い上げをがんばる

相手が控えを投入したところで、石川と信田、漢人と大槻を交代

速攻と3Pを意識する

フロントコートに入った瞬間、舟橋と石田がはさみボールを奪い速攻を決める

舟橋・大槻が3Pを決める

しかし相手の得点を止めるコトができずゲームセット

16 - 18)



*******************************
2006年5月23日@東部中

NIDEC 46 - 62 安茂里クラブ ●
17-13、6-15、7-16、16-18>
*******************************
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年05月20日(土) 23時59分59秒

テクニカルファウル

テーマ:キャプテンのぼやき
書く気はなかったのですが、前キャプの要望により書くことにしました。

大した内容ではないので読み流してください。

けんたろーは相変わらず短気なんだなっていう話です。


NIDECは北信一般の一回戦で敗退しました。

よって負け審で次の試合の笛をふくことになりました。


試合は、Aリーグのチーム(仮にチームAとします)と見たことのない若いチーム(仮にチームBとします)とでした。

チームAはAリーグなだけあって、うまいプレイをしていました。

チームBも若さ溢れるパワーでゴール下の争いを制していました。

しかし時間が経つにつれてプレイが荒くなり、審判のミスジャッジも重なりどんどん試合があれていきました。


途中僕と共に笛をふいていた長工の人のジャッジに対して、チームBのキャプテンが怒ってベンチから飛び出してきました。

(後から思うとここでテクニカルをとっときゃ良かったんです)

仲間に抑えられベンチに戻ったのですが、椅子を蹴り飛ばしていました。


そして試合は進み、4Qの残り数分にチームBがゴール下でファウルをしました。

しかもそれはバスケットカウントで、チームAは同点に追いつきました。

しかしまだ時間もあり、両チームの体力を考えても焦ることのないものでした。

それなのに…


「何がファウルなんだよ?
 どこに目ぇつけてんだよ、審判?!」



カチン…

「ピッ!テクニカル!」



久しぶりにとりました、テクニカル。

まぁこれは普通だと思うし、これで試合も収まるだろうと思いました。

確かにイラっとして笛を吹きましたけど。


するとチームBはまだ時間があるのにファウルゲームを仕掛け始めました。

しかもさっきテクニカルをとったヤツです。

明らかに両手で、ボールを持った相手を突き飛ばしました。

これが続けば危ないと判断し…


「ピッ!テクニカル!」


審判がゲームの勝負を決めました。

テクニカルファウルなのでフリースロー2本とボールの所有権がチームAに与えられます。

時間もほとんどなく、結局チームBは点差を広げられてしまい負けました。

せっかく競った試合で勝てそうなのにバカやなぁと思いました。


と、テクニカルファウルの話はここでおしまいです。



ここからはこの判定に対してチームBの坊主がいちゃもんをつけてきて、おれと喧嘩をした話です。




あ、やっぱめんどいから書くのやめます。


とりあえずクソみたいなチームが1勝して、おれに審判をさせたのがむかついたって話でした。

以上です、失礼しました。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年05月20日(土) 23時59分58秒

vs 長工クラブ

テーマ:バスケ
北信一般の初戦は、長野市リーグトップのチームとの対戦。

前キャプテンのナカジさんに選手兼監督を務めてもらいました。


スタートは上から、大槻・杉林・舟橋・石田・石川

長工はうちのゾーンに対してうまくボールをまわして崩しにかかる

パスミスなどのボンミスが重なり10点差で1Qを終える

2Qになり石田とナカジさんを交代

ハイポストをうまく使いボールがまわるようになり、点差を縮める


後半になり東松・信田を投入し、ゾーンの運動量を増やしてディフェンスをがんばる

もう一度点差を縮めるコトができるも、石田がまぶたを切り流血

最終Qに佐藤・岡村を投入するも流れを変えるコトができずゲームセット



******************************
2006年5月20日@南長野運動公園

NIDEC 50 - 70 長工クラブ
******************************
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年05月19日(金) 23時59分59秒

vs ANTELOPES

テーマ:バスケ
NIDECのBリーグ デビュー戦。

相手は長野県3位のANTELOPES。


スタートは上から、大槻・杉林・舟橋・石田・石川

先制点をあげられるも、ディフェンスをがんばり大槻が速攻を決める

僅差で1Qを切り抜ける

2Qもディフェンスをがんばるがなかなか点差が縮まらない

相手の点数も伸びないもののダブルスコアで折り返す (11 - 22)


後半になり相手の動きがよくなり3Pが入りだす

ディフェンスをゾーンからマンツーに変えるもその流れを変えるコトができない

結局走り負けしてしまいゲームセット



******************************
2006年5月19日@緑ヶ丘小

NIDEC 28 - 55 ANTELOPES
******************************
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年05月13日(土) 22時09分01秒

くじ運

テーマ:キャプテンのぼやき
実は今日、信大OBのチーム「ANTELOPES」のホームページを見て、北信一般大会の詳細が決まったコトを知りました。

メンバーにはまだ発表してませんが、対戦相手は1回戦から長工クラブです。


長工クラブは長野市リーグにおいて、Aリーグでトップのチームです。


以前書きましたが、NIDECはミラクルが起きてBリーグに昇格しました。

春季リーグは、毎試合ギリギリの試合になるはずです。

それなのに北信一般でも強敵と当たるなんて…

出来れば1試合目は勝てる相手とやりたかったな。


でもAリーグのチームと試合出来るなんて滅多にない機会です。

今季はチームプレイを徹底して、安定した試合を出来るコトを目標とします。

強いチームを相手にどこまで出来るか色々試していきたいと思っています。


うちのチームは個人の能力にばらつきがあります。

エースが複数います。

でもその能力をチームとして使いきれていません。

うまくかみ合えばもっと上を狙えると思っています。


「1対1もオフェンスの選択肢の一つにすぎねぇ
 それがわからねぇうちは
 おめーには負ける気がしねぇ」

陵南バスケ部の仙道君の名言です。


こう言うと1対1を否定しているようですが、僕は1対1が好きです。

うちのエースもよく僕にこう言ってきます。


「1対1で負ける気がしないです」


何とかうちのエースたちをうまく使って試合に勝ちたいです。

あ、でも即打ちを容認してるわけじゃないのでよろしく。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。