銀河英雄伝説の原作小説を、ついに私は10巻まで読破いたしましたビックリマーク


しかし、10巻まで書けないので、今回は8、9巻までにさせていただきます(^^;




ネタバレ注意


ヒルダたちの反対を押し切り、回廊の戦いが勃発。

・回廊の戦いの意図は、ヤンを直に倒したいという、ラインハルトの私情であることは、明白。

・この戦いで、帝国軍はシュタインメッツファーレンハイト、イゼルローン革命軍はフィッシャーが戦死。

・やがて、ラインハルトが発熱を起こし、更にフィッシャーの死で艦隊運用が難しくなったので、戦闘は停止。

・帝国から和平を持ち掛けられ、巡航艦レダⅡ号で向かうことになったヤンたち。

・その途中、武装商船が襲い掛かり、搭乗してるのは、元同盟軍准将のフォーク

・やがて、帝国軍の駆逐艦が武装商船を撃破し、レダⅡ号と接舷。

・しかし、乗り込んできたのは、帝国軍人に成り済ました地球教徒で、フォークはただの囮。

ロムスキーらエルファシル独立政府の面々はおろか、パトリチェフブルームハルトが殺害され、スールは負傷。

・そして、ヤンまでもがブラスターで左太腿を撃たれてしまい、2時55分、遂に出血多量で死亡(享年33歳)。

・フォークによる武装商船での襲撃の報を聞き付けたユリアンたちが、戦艦ユリシーズで駆け付けるも、既に後の祭りorz

・ヤンの死を知ったユリアンは、怒りに任せて、地球教徒たちを次々に討伐。

マシュンゴに止められ、悲しみにくれながらも、ヤンたちの遺体を収容し、ユリアンたちはレダⅡ号から退却(ただし、ロムスキーを始めとする文官たちの遺体は、収容できず、後で批判を受けるはめに)。

・イゼルローン要塞に帰還後、ヤンの死に愕然とする革命軍幹部たち。

キャゼルヌ夫人に諭され、ユリアンは意を決して、風邪で寝込んでるフレデリカに、ヤンの死を報告。

ムライは、ヤンの死で戦意を失った者たちを纏めて、イゼルローンから離脱。

・ヤンたちを守れず、自分だけ生き残ってしまったことを、負い目に感じていたスールだが、彼だけ救えたことが唯一の慰めとなってるユリアンたちは、激励。

・イゼルローンからの通信で、ヤンの死を知り、そのことを報告しに来たヒルダに対し、一時取り乱すほど、悲しみに暮れるラインハルト。

・ヤン亡き後の司令官に、キャゼルヌらの後押しで、ユリアンが就任。

・フレデリカも、政治指導者として、ユリアンをサポートすることにし、イゼルローン共和政府が成立。

トリューニヒトは、ラインハルトに仕官を求め、新領土総督となったロイエンタールの高等参事官に就任し、惑星ハイネセンに帰還。

・これは常人なら、絶対に拒否すると確信したラインハルトによる、嫌がらせとも言える人事だったが(拒否した場合、公職追放という形で排除)、自らの保身の為に、多くの同盟市民を裏切ったにも関わらず、トリューニヒトは何の躊躇いもなく了承。

・「こんなはずでは」と言わんばかりに、トリューニヒトの厚顔無恥ぶりに頭を抱えるラインハルトに、ダメ出しするヒルダ。

・フェザーンの戦没者墓地の完工式の最中、ラインハルトの命を狙おうとした弑逆未遂犯が現行犯逮捕。

・その人物は、故ブラウンシュヴァイク公が引き起こした惑星ヴェスターラントへの熱核攻撃で、妻子を喪ったことをカミングアウトし、激しく動揺するラインハルト。

・ラインハルトを『金髪の孺子』と罵り、虐殺を黙認したことを激しく糾弾するも、オーベルシュタインはラインハルトを庇い、改めて正当性を主張。

・弑逆は、未遂でも処刑され、憲兵隊に連行された男は、獄中で自殺。

・ヴェスターラントの件で、未だショックから立ち直れないラインハルトは、様子を見に来たヒルダに、帰らないで欲しいと懇願し、2人は一夜を共にすることに。

・翌朝、責任を感じていたラインハルトは、大量のバラの花束を直に贈り、プロポーズを試みるも、実質返事は保留。

・気を紛らわすべく、諸提督たちと共に、無理に芸術鑑賞を行い、結果は不評。

・惑星ハイネセンにて、グエン・キム・ホア事件が勃発し、逮捕者の中に、シトレ退役元帥の姿が。

・イゼルローン司令官になったばかりのユリアンに、酩酊した兵士が絡み、司令官になったことへの不満及びヤン救出失敗をなじり、更にヤンのことまで侮辱。

・それが地雷を踏む結果となり、ユリアン激昂(ポプランが宥めてくれたが)。

シェーンコップの娘であるカリンは、当初ユリアンのことを刺々しく接していたが、次第に気にかけてあげることが多くなった様子。

・旧同盟領である惑星ウルヴァシーにて、視察に訪れていたラインハルトが襲撃を受け、その際ルッツが死亡。

クリルパルツァーの調査により、地球教徒の仕業であることが判明するも、出世願望の強い彼は、己の野心の為に、敢えて隠蔽。

・ルッツの死も重なり、追い詰められたロイエンタールは、ベルゲングリューンミッターマイヤーの制止も聞かず、自主的に反乱を起こし、第2次ランテマリオ会戦が勃発。

・イゼルローン共和政府に対し、旧同盟領の返還を餌に、帝国軍のイゼルローン回廊通過を妨害することを要求。

・更に、取引材料として、『民主共和政治の裏切り者』であるトリューニヒトの身柄を引き渡すことまで告げられ、1度は躊躇ったユリアンだったが、結局要求を拒否し、メックリンガー艦隊は無事に通過。

・双璧の戦いは、当初は五分五分であったが、ロイエンタール軍に属していたグリルパルツァーは、同調者のクナップシュタインと共に(半ば強引であったが)、ロイエンタールを裏切ることを画策。

・しかし、中々裏切りの機会が来ず、更にミッターマイヤー艦隊の攻撃で、クナップシュタインが戦死。

ビッテンフェルトの率いる黒色槍騎兵艦隊には、故ファーレンハイトの残存艦隊と合併したばかりで、不十分な統率力を、ロイエンタール艦隊に付け込まれるも、ビッテンフェルトの叱咤で、辛うじて統率に成功。

ワーレン艦隊も、負けじと奮戦。

・メックリンガー艦隊がハイネセンに向かいつつあることに気づいたロイエンタールは、遂に撤退を決意。

・撤退の最中、遂にグリルパルツァーはロイエンタールを裏切り、彼の座乗する旗艦を砲撃した結果、ロイエンタールは左胸を負傷。

・しかし、グリルパルツァーの艦隊全てが裏切りに同調しておらず、更に同調者であった亡きクナップシュタインの残存艦隊から(無論、彼らはクナップシュタインが同調者であることを知らない)、激しい返り討ちに遭うという、皮肉な結果を引き起こすことに。

・それでも、何とか投降できたグリルパルツァーだったが、その相手がミッターマイヤーではなくワーレンの艦隊であった為、更に彼の信頼はがた落ち。

・ロクに治療を受けなかったせいで、死期が迫りつつある中、軟禁場所からトリューニヒトを呼び出したロイエンタール。

・反乱が失敗に終わり、彼が死にかけてることに気づいたトリューニヒトは、意気揚々と自身の本音をカミングアウト。

・自身の野心のためなら、民主共和政治や地球教なども利用することも辞さず、更に彼らだけでなく、ラインハルトでさえ見下す言動を取ったことで、未だ彼への忠誠心を捨てていなかったロイエンタールは激昂し、隠し持っていたブラスターで、トリューニヒトを射殺。

・その後、エルフリーデが赤ん坊を抱き抱えて訪れ、その赤ん坊が自分の子であることを確信。

・やがて彼女は赤ん坊を、ロイエンタールの従卒のランベルツに託した後、行方不明に。

・ミッターマイヤーたちが駆け付けたときは、既にロイエンタールは絶命しており、ベルゲングリューンは絶望の余り、ラインハルトへの伝言を残して、ブラスターで自殺。

・その後、メックリンガーの再調査で、隠蔽工作が明るみになったグリルパルツァーは、痛烈に糾弾された挙げ句、自裁させられることに。

・ロイエンタールへの私怨から、ルビンスキーと共に、彼を陥れようとしていたラングは、幾多の背任及び虐殺の罪で処刑。

・妊娠が発覚したのを機に、ヒルダは前々から保留していた、ラインハルトからのプロポーズを受け入れ、遂に結婚を決意。





以上です。
AD
昨日、フジリュー版銀河英雄伝説の単行本4巻を、購入しました!!






ネタバレ注意


第六次イゼルローン攻防戦の続きをやってましたが、雷神の鎚(トゥール・ハンマー)恐るべしビックリマーク

トゥール・ハンマーで、同盟軍の将兵たちが無惨にやられるシーンは、ガチで慄然としましたガーン

その功績により、ラインハルトミュッケンベルガーと共に、皇帝フリードリヒ4世から、勲章と星系を授与。

大貴族たちは、当然ながら不満たらたら。

ヘルダー大佐(故人)を影で操り、ラインハルトとキルヒアイスの暗殺を図ろうとしていたベーネミュンデ侯爵夫人の素顔が、遂に初公開。

OVA版及び道原かつみ版と比較しても、30歳過ぎてるとはいえ、若々しく見えますね。

ラインハルトの姉、アンネローゼへの激しい嫉妬心を抱いてるようですが、皇帝の子である男児を死産し、以後も3回も流産していたという彼女の過去を考えると、ちと複雑な気分です(-""-;)

そのベーネミュンデ侯爵夫人を、ブラウンシュヴァイク公爵の甥であるフレーゲル男爵が、影で操ってるみたいです。

第六次イゼルローン攻防戦から無事に帰還したヤンは、准将への昇進を果たすも、ロボス元帥の不興を買ったからか、第三次ティアマト会戦には不参加。

世間やマスコミから、英雄扱いされてるホーランド中将は、OVA版とはかなりキャラデザが異なってましたが、トリューニヒトと比べれば、まだマシな方ですね(^_^;

第三次ティアマト会戦には、ホーランド率いる第11艦隊の他に、第5艦隊と第9艦隊も配置されており、ここで第5艦隊提督のビュコック中将と、第9艦隊提督のウランフ中将が初登場。

一方の帝国側は、ミュッケンベルガーの意向で、ラインハルトの艦隊は、予備兵力として、後方に待機。

しかも、参謀長のノルデン子爵は、大貴族の息がかかってるとされてますが、ラインハルトに睨み付けられ、あっさり引き下がるという、小物ぶりを露呈ww

ホーランドが、独断で帝国の艦隊に向けて出撃し、第11艦隊の部下たちも、自主的に付き従う形で出撃していたことから、かなり人望が厚い人物でしたね(;・ω・)

臆することなく前進するホーランドら第11艦隊に対し、ラインハルトは自ら率いる艦隊を後退させたところで、第4巻は終了しましたね。
AD
そう言えば今日は、銀河英雄伝説でヤン・ウェンリーを演じた富山敬さんと、ジョアン・レベロを演じた家弓家正さんの誕生日でしたね。














既に故人ですが、お誕生日おめでとうございますクラッカー
AD
宇宙歴268年、銀河連邦の軍人家庭に生まれた、後のルドルフ大帝ことルドルフ・フォン・ゴールデンバウム(声:大塚周夫さん)は、宇宙歴288年に士官学校を首席で卒業後、少尉に任官。


法務士官として、軍内部の綱紀粛正を徹底的に実施し、宇宙海賊討伐の時も、苛烈極まりない手法で行い、当然ながら民衆の中には批判の声は少なくなかったものの、それ以上に賛意を寄せられていました。





28歳で少将に昇進した彼は、退役後に政界入りし、自ら結成した国家革新同盟のリーダーとして、自身の下に若手の政治家を集めて政治的手腕を発揮し、徐々に勢力を拡大していきました。





やがて、憲法に明確な禁止規定こそないものの、不文律によって禁じられていたはずの、銀河連邦首相と国家元首を兼任したルドルフは、権力を掌握後に終身執政官を自称することで、独裁政権を確立。


宇宙歴310年【帝国歴元年】には自ら『神聖にして不可侵たる』銀河帝国初代皇帝に即位し、遂にゴールデンバウム朝銀河帝国が、ここに誕生したのです。





深刻なまでに、銀河連邦の腐敗に疲弊していた人々は、合法且つ民主的なやり方で独裁体制を敷いていったルドルフを、大いに歓迎してましたね。


当初は立憲君主で進めていましたが、後に議会は永久解散、憲法も全面停止し、ゴールデンバウム朝は次第に専制君主へ移行。





自らの政治的な信念の下に綱紀粛正をはかり、社会を覆っていた停滞的な悪弊を取り除いた事で民衆の支持を得ていったルドルフでしたが、後に劣悪遺伝子排除法で弱者及び反対者弾圧を徹底したり、更にカイゼル単位の導入を試みるなど(後に断念)、次第に自己神格化を推し進めるようになり、その結果、多くの人命が失われていったのでした。


その一方で、功臣を中心に貴族階級を創設し、軍・官僚・貴族による強固な支配体制を確立させるも、その多くが白人ばかりで、かつゲルマン風の姓名を与えていたことから、後世の歴史家の中には、ルドルフの知的衰弱を疑う声が上がってましたが、真偽は定かではありません。


帝国歴42年、ルドルフは83歳で亡くなり、皇后エリザベートとの間には、4人の娘ばかりで、後継者たる男児はいませんでしたが、長女カタリナの息子であるジギスムント1世がルドルフの後を継ぎ、以後ゴールデンバウム朝は、ローエングラム朝に取って代わられるまで、490年も銀河を支配し続けていったのです。




因みに、ルドルフのモデルについてなんですが、田中芳樹先生によれば、ピョートル大帝フリードリヒ大王をイメージしたのだそうです。
銀河英雄伝説の藤崎竜ver.のコミカライズにハマってる私なんですが、現時点で不満をいだいてるところがあります。




それは、ヨブ・トリューニヒトのキャラデザについてですビックリマーク





OVA版はもちろんのこと、道原かつみver.コミカライズとは、大分かけ離れ過ぎですうーん







他の銀英伝キャラと比べても、かなり違和感を覚えずにいられませんえー?


もう少し、OVA版に近づくことが出来なかったのでしょうかはてなマーク