あじモン の ≪ 変態 アジング 道♪ ≫

アジングふぇちさん


カラんでね


(*´∀`)♪


テーマ:
試行錯誤の繰り返しで


かなり手間取り(楽しみ?)ましたが…


あと2回のコーティングで完成です♪



自分的にはギリギリのセッティング!



昨晩は、他のロッドの修正も入りましたが…



いい感じで風が吹いていましたので…



どぶの海へ♪






先ずはピンキーから♪


予想通り、風速4mでも0.4gジグ単が楽勝に操作できます♪



お次は、フジノラインの0.05号♪




感度は別格です♪



0.2gジグ単でも、リグの存在がキッチリ分かります♪



あと、2回コーティングが残っていますが、簡単なスペックは…


ブランクス:
マタギスーパートラウト  TR60
全長:177cm
継数:2
仕舞:95cm
自重:52g
ガイド数:8
(オールトルザイト)



このロッドは、超絶フィネスロッドとして作成しています



テーマとして


①ノーシンカー~0.5g程度のジグ単をターゲットとして


・風速7m位なら扱える操作性

・ 弱い流れも捉える流速感度

を高いレベルで実現すること



②超極細ラインでのやり取りも安心な、しなやかなベリー


③尺アジでも余裕のある、バット


④0.2gジグ単のフォールをロリメバルが喰わえただけで、ビンビン伝わる反響感度


以上4点を特化させたロッドを目指しました♪



結果は、まあまあの出来でしょうか  (^^)d


この手の超ライトブランクスでチタンティップロッドを作る手順&コツは


①ティップ制作

適合リグ操作とバイトの力を意識して、最低限のティップを作ります


②ブランクスの接合部決定

①のティップと同じくらいの反発力と言うか、ベンディングが綺麗になる太さを探します


チタンティップが弱い場合は、接合部がへの字に曲がってしまい、チタンティップ折れに繋がる可能性が…


逆に、ブランクスが弱すぎる場合は、キャストや操作時に、ベリーがグニャグニャな感じになります


③チタンティップ接着


④大まかなガイドセッティング(仮止め)


⑤リールシート位置決定

弱いブランクスを使った場合、どうしてもロッドの長さは短くしか作れません!
それでも、可能な限り長くして、バランスが良くなる位置を見つけるのはかなり重要なんです…


以下は割愛しますが


AJX5917で作るより、遥かに面倒です…


今回、途中で14ガイドのトライをして、ガイドを外しながら確認していましたが


それは、そのブランクスが、どの部位までが狙いの感度を出せるか!の確認でした


今回の接合部Φ1.7mmは、このブランクスでの感度の限界かと感じました…


客観的には、かなり感度いいのですが、まだまだ気に入りません(笑)


よって


次のロッドに着手します(笑)



目指すは…


3㎝のメバルバイトを取れる感度と

30㎝のメバルをいなせるパワーのロッドでしょうか(笑)


レガーメの我突で良い気もしますが…


あと、今晩…



ソルセンのチタンティップロッドが完成します♪


お楽しみに♪

AD
いいね!(50)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。