あじモン の ≪ 変態 アジング 道♪ ≫

アジングふぇちさん


カラんでね


(*´∀`)♪


テーマ:
いつも?ご閲覧ありがとうございます♪



苦節1年半!



4?本目にして



・水深:0~6m前後
・ジグヘッド:0.4~1.2g前後
・ライン:エステル0.2・0.3号



と言う、極々狭い範囲での




チタンティップのおおよその理想形が見えてきて



最終的なツメの為に



自分が理想と思う

ベンディングデザインの

ティップを2本用意しました






ティップ長:16cm
先径:0.55mm
元径:1.2mm
ブランクス先径:1.2mm




ティップ長:16cm
先径:0.70mm
元径:1.45mm
ブランクス先径:1.6mm



角度を同じにしていなかったので

違うように見えますがすが

カーブはほぼ同じです

※頑張って作りました(笑)




違うのは



反発力です



今回の狙いは



2種類の強さの違うティップで


バイト伝達や操作性を確認し


どのくらいの強さが理想的か見極めをすることです♪



実釣確認して、理想のティップを



数値化出来れば



今後のビルドはかなり楽になる!


と思います♪


※それでも、ブランクスやご要望との最適化は必要ですが…



今回、このティップをテストするのに


用意したブランクスは…



ソルセン
PSSS-73T  



※グリップは使い回してます(-_-;)



ソルセンの面影は


フードナットのみ(笑)





シビアな評価になりますので


一番高感度なブランクスを
選びました♪



感度は、まさに桁違いですよ(笑)




フィールドはやはり?



どぶの海♪


風速は2m程度♪


満潮~下げまでの確認となりました♪



今回は真面目に風速も測定してます♪




結構、マジです♪





様々なアクションを試し、操作性や感度を確認し…









相変わらずなメンツに遊んでもらいました


(^^)d




ザックリ結果は




①のソフトティップは



スローな操作性は素晴らしい反面


1g以上のジグヘッドの操作が重く


しなやか?故に


減衰により取れないバイトもあり





②のハードティップは


早いアクションは素晴らしく良いのに対して

0.6g以下は風があると少し操作しにく


感度は素晴らしく良いのに、弾くバイトもある…





結果書きながら思ったのが…


全くもって当たり前(汗)

トライの意味すら微妙に思えます






狙い通り?適正ティップ強さの上限と下限が分かった気がします…


勿論



数値化しておきました♪





技術の世界では、


感覚と数値

アナログとデジタル


の変換能力はかなり大事だと思っています



データーを残しても感覚的な記述だけだと


今の自分しか分からない


時間と人の両方に、制約のあるデータしか残せません


コレは自己満足のみで、意味がないでしょう…



但し


誰もが分かる数値のデータで残したとして


いざそれを


寸法通り作ったとしても


それがどういった意図を持って作ったか伝わらないと



パーツのばらつき等を調整できずに



狙いのテイストには仕上がらない


と思います




後者は過去の自分のロッドのコピーを


依頼されての経験済みです(笑)




さて、この2本のティップ!


データ取りには有意義でしたが


少し、もの足りませんので


今までと違うアプローチで調整してみます!



ソルセンも新古等の状態の良いものを


数本手にいれましたので


チタンティップ仕様にして出品を予定しています♪


インプレを頂ける方には原価でもいい気がします…


誰か居ないかな(笑)


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。